電動バウンサーのママルーはなぜ人気?機能、口コミ、おすすめ商品

電動バウンサーのママルーをご存知ですか?アメリカ発のママルーはママの育児を助ける機能が豊富に備わっています。ママルーは徹底的にママの希望、赤ちゃんが心地良い動きなどが研究され尽されている究極のバウンサーです。ここでは、ママルーの機能、口コミ、人気の秘密をご紹介します。

47742

目次

  1. 電動バウンサーのママルーとは
  2. ママルーの機能
  3. ママルーはこんな方におすすめ
  4. ママルーの口コミ情報
  5. 電動バウンサーロッカルーとの比較
  6. レンタルやオークションで購入する選択肢も
  7. 電動バウンサーをRakuten・Amazonでチェック!
  8. 未来系究極のバウンサー

電動バウンサーのママルーとは

ブランド「4moms」から販売

2005年、アメリカのママルーはママのために、より育児が楽しくなるよう、斬新なアイデアで商品企画を進めました。ママルーは専門知識を持ち得たエンジニアやロボット工学から導き出される仕様などを取り入れ、ママの育児が助かるような商品を開発しています。

ママルー3.0 プラッシュ マルチ
¥43,000〜(2018/12/03 時点)

商品名「mamaRoo3.0 Plush」

mamaRoo™3.0 plushはただのバウンサーとは思えないくらい、いろいろな技術が入っている画期的な製品です。

テクノロジーを駆使したママルーは企画から製造までを、何百人もの育児経験者である親の専門知識と経験を集積しました。それらのデータを元にデザイナー、医者、看護師など、各分野における専門家たちが作り上げたのがママルーです。実際にママとパパが赤ちゃんをあやすときの動作をモーションセンサーで計測して、どんな動きをしているかを調べて、「あなたが動くように動く」電動バウンサーが実現しました。

対象月齢:新生児~腰がすわるまで(体重12Kgまで)
耐荷重:12kg
価格:クラシック:40,00円(税抜)/プラッシュ:43,000円(税抜)

ママルーの機能

5つのモーション

ママルーは下記の5つのモーションが可能です。その動きは実際に赤ちゃんをあやす動きを研究して作られていて、よりあやすのと同じような動きを網羅しているのです。そのため、赤ちゃんはママルーで心地よく安らげるのです。
1:車の動き、8の字を描く
2:木の動き、横を高く真ん中を低く
3:波の動き、大きな円を描く
4:左右にゆらゆら
5:カンガルーの動き

スマートフォンで遠隔操作

ママルーの際立った特徴。それはスマホで遠隔操作ができる点が挙げられます。専用のアプリをiPhoneなどの対応機種でAppstoreから無料ダウンロードするだけで使用可能です。動作・内蔵音の選択・音量の操作が可能なので、ちょっとキッチンに離れていてぐずった時でも、すぐママルーを操作できるからママは楽に家事が続けられますね。

オーディオプレイヤーと接続

ママルーは見やすい操作パネルも使いやすいのですが、その画面を活かして、iPodなどのオーディオプレーヤーを接続して、お好みの音楽や子どもが眠りにつきやすい音楽なども流せます。このように、実はママルーは赤ちゃんだけではなくパパ、ママもスピーカーとして利用できるので汎用性が高い商品です。オーディオプレーヤー接続ケーブルピンジャックが付属しているので、簡単に接続可能です。

自然音の内蔵

ママルーには自然界の音やママの胎内の音など、赤ちゃんが落ち着ける音が内蔵されているので、新生児の赤ちゃんに安らぎのひとときをもたらします。

リクライニング

ママルーのリクライニングはなんと無段階調整!ママルーのシートは140度から160度を自在にリクライニングします。それぞれの赤ちゃんの心地良い体勢を変えてあげられるので、負担とストレスをあたえません。また、ママルーのトイバーには安全なロック機能が搭載されています。さまざまな角度でも問題ありません。

スピードの調整

ママルーの開発において医療エキスパートの見解はより早いスピードで赤ちゃんの内耳を刺激することを推奨し、一方でママはゆっくりとした動きを希望していました。そこで、ママルーは両方の要望を取り入れスピードを調整できるように問題を解消しました。スピードコントロールができるので赤ちゃんの好みに合わせて調整がしやすくなります。

飽きさせないトイボールつき

ママルーのトイボールは他のバウンサーと少し形式が異なっています。くるくると回転するおもちゃです。このおもちゃには他にもこだわりがあってクッションのファブリックは、片面は白黒で色の識別が難しい新生児の為に考えられており、小さな子どもにも握りやすいクッション性で、取り外しも簡単にできます。

ママルーはこんな方におすすめ

ママルーはいろんなシチュエーションでママのサポートに役立ちます。例えば体調が悪かったり腱鞘炎などで抱っこが難しいとき。ママだけお風呂に入りたいときは、脱衣所など目の届くところでママルーに乗せていれば安心です。また、車でのおでかけだとすぐ寝てくれるタイプの赤ちゃんにはピッタリです。

ママルーの口コミ情報

姪っ子に送りました!
スヤスヤ寝るし、すっごいおとなしくなったようで喜ばれました(^^)
おすすめです!

引用元:item.rakuten.co.jp

生まれつき抱っこ好きで揺らしながらでないと寝てくれなかったので、こちらの商品を見つけて生後2ヶ月から使用しましたが、なかなか寝てくれない赤ちゃんにはおすすめです。上のぶらさがった恐竜?にも反応を示して今では笑いながら触ったりしてます。5種類の動きが選べるのが魅力です。
また3ヶ月で不良で壊れてしまったのですが、アフターケアも良く迅速に動いてくれて、修理期間もいらずに済み感謝してます。
腰が据わるまで毎日大活躍なので、あとわずかですがこの値段を払う価値がありました!

引用元:item.rakuten.co.jp

複数の動きが選べる事、シート位置が高い事から選びました。しっかりした作りで安心です。 

引用元:item.rakuten.co.jp

デザインがかわいいのでずっと気になっていたのですが、試せる場所がなく、子どもが気に入ってくれるかイチかバチかの賭けで買いました。
そしたら、色々な動きのバージョンがあるし、スピードも選べるので買って正解でした。気に入ってくれてるようです。デザイン性もあり、リビングに置いても問題ありません。

引用元:item.rakuten.co.jp

抱っこして揺れていないと寝ないため、色々探したところこちらを仕様し、寝てくれたと評判がよかったため入しました。静かになって寝てくれる時と全然駄目な時とありますが高い商品なのでこれから慣れて寝てくれる事を期待します。 

引用元:item.rakuten.co.jp

電動バウンサーロッカルーとの比較

4moms 電動バウンサー rockaRoo ロッカルー
¥25,920〜(2018/12/03 時点)

ママルーは5種類、ロッカルーは3種類あります。ママルーはパネルが大きく見やすいですがロッカルーはコンパクト。奥行はママルーより大き目ですがそれ以外はすべてコンパクトにできています。消費電力はママルーのほうが省エネタイプ。耐荷重もママルーのほうがより大き目にできています。ママルーは12kgまで。ロッカルーは11,3kgまでです。ママルーは遠隔操作可能ですがロッカルーはできないなどの違いがあります。また金額もロッカルーの方がママルーよりも15,000円ほど安くなり購入しやすい金額になっています。

レンタルやオークションで購入する選択肢も

バウンサーは赤ちゃんに使用する期間がとても短いものといえますので、どんなに良いバウンサーでも、新品で購入したとしても長期間使用できるわけではありません。それはママルーも同じです。ママルーはスピーカーとしても利用可能ですが、それだけで使ったとしたらちょっと場所ふさぎになりますよね。

次の子どもなどにもと考えているならまた使える可能性はありますが、ママルーのお値段も考えると、レンタルという方法もあります。またオークションで使わなくなった方が出していることもありますので、そういったものも利用すると価格も抑えられて、良いバウンサーが手に入ります。

電動バウンサーをRakuten・Amazonでチェック!

Rakuten・Amazonで電動バウンサーの他の商品を探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

未来系究極のバウンサー

ママよりパパが食いつきそうなバウンサーがママルーです。バウンサーとしての機能が優れているのはもちろん、あらゆるテクノロジーがこのママルーにあるので、短い期間ですが、使いこなす価値はありそうです。ちょっと近未来的な技術が盛りだくさんのバウンサー、ママルー。ママの負担軽減にいかがでしょうか?

バウンサーはレンタルが便利?人気メーカー、レンタル会社まとめ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27223
Image