更新日:2018年08月13日

雛人形の飾り方!三段や七段飾りの位置は?イラストで解説!

雛人形を選ぶときに、サイズや価格以外に、どのような点をポイントに選べばよいか迷う家庭は多いようです。子どもの幸せを願って購入する雛人形は、毎年無理なく飾ってお祝いをしてあげたいですよね。ここでは、雛人形の選び方や価格をはじめ、コンパクトやおしゃれなものなど、ネットで購入できるおすすめの雛人形をタイプ別に紹介します。

6315
0

雛人形の飾り方・位置は決まっている?

Image

童謡「うれしいひなまつり」にもあるように、雛人形には殿(おだいり様)と姫(おひな様)の親王様(しんのうさま)のほかに、三人官女や五人囃子などの人形があります。さらに、七段飾りの場合、随臣(ずいじん)や仕丁(しちょう)という、親王様の護衛やお世話をする雛人形も配置されています。

ここでは、一般的な七段飾りの雛人形の飾り方や道具の意味を紹介します。

雛人形の飾り方:一段目 親王様(男雛・女雛)

Image

雛壇の最上段である一段目には、正面から見て左に男雛(おびな:お内裏さま)、右に女雛(めびな:おひなさま)を飾るのが一般的です。男雛は冠(かんむり)をかぶって笏(しゃく)と太刀(たち)を持ち、女雛は十二単(じゅうにひとえ)を着て、桧扇(ひおうぎ)を持っている雛人形がほとんどです。

雛人形の飾り方:二段目 三人官女(さんにんかんじょ)

Image

官女(かんじょ)とは、昔から宮廷で女性に与えられている名称です。宮廷行事のときに給仕をするなど、君主(くんしゅ)や后妃(きさき)の身の回りの世話をする役割がありました。

雛人形のタイプにより、立ち姿2体と座り姿1体、立ち姿1体と座り姿2体など、官女のポーズが違うことがあります。ポーズがそれぞれ違う場合、1体のもの(ポーズがひとつだけ違うもの)を真ん中に置き、2体のもの(同じポーズのもの)を両脇に配置する飾り方が主流です。

両脇の官女は外側の足が前に出るように並べ、三人官女のあいだには高坏(たかつき)という食物を盛る脚付きの器に飾られた餅など、和菓子を供えます。三人官女が持っている道具は以下の通りです。

■長柄(ながえ)
正面から見て右の官女は、盃(さかづき)に酒を注ぐ長い柄のある道具を持ちます。

■島台(しまだい)または三方(さんぽう)
真ん中の官女が祝儀に使う置物を持ちます。盃を持っていることもあります。

■提子(ひさげ)
正面から見て左の官女は、急須のような形の金属性の器を持ちます。

雛人形の飾り方:三段目 五人囃子(ごにんばやし)

Image

現代でいうところの成人前という意味の、元服(げんぷく)前の選りすぐりの美少年や秀才が、楽器や謡(うた)を披露しているのが五人囃子です。五人囃子は、正面から見て左から以下の通りに並べます。

■太鼓(たいこ)
バチを用いて演奏する締太鼓(しめだいこ)を両手で打ち鳴らします。

■大皮鼓(おおかわつづみ)
桜の木で作った胴に馬の革を張った鼓を左手で持ち、左膝に置いて右手で打ちます。

■小鼓(こつづみ)
大皮鼓よりひとまわり小さい小鼓を右肩にかついで、右手で打ちます。

■笛(ふえ)
竹でできた細い笛を持ち、リズムを刻みます。

■謡(うたい)
謡(うた)を歌う重要な役割を担い、右手に扇(おうぎ)を持ちます。

雛人形の飾り方:四段目 随臣(ずいじん)

Image

左大臣(正面から見て右)と右大臣(正面から見て左)のふたりを随臣(ずいじん)と呼びます。随臣は親王様を守る警護係という立ち位置で、剣や弓、矢羽(やばね)を持ちます。

黒の装束を着た年配の男性である左大臣は位(くらい)が高く、置く位置は正面から見て右側です。それぞれの随臣の隣には、掛盤膳(かけばんぜん)という高級なお膳を置き、中央にひな祭りの定番ともいえる菱餅(ひしもち)をふたつ置きます。

雛人形の飾り方:五段目 仕丁(しちょう)

Image

仕丁は、ひな飾りの中で唯一庶民出身の雑用係です。3体のうちの2体は袖に色が付いているので、飾るときは色が付いた腕が外側になるように配置します。正面から見て左から熊手/台傘、ちりとり/沓台、箒(ほうき)/立傘の道具を持たせます。

正面から見て一番左に右近の橘(うこんのたちばな)、一番右に左近の桜(さこんのさくら)を置きます。この右近、左近というのは親王様から見て右、左という意味です。

雛人形の飾り方:六段目 嫁入道具揃(よめいりどうぐぞろい)

Image

六段目は、姫の嫁入り道具として家紋の入った品が配置され、家と家の結びつきが表現されています。正面から見て左から以下の通りに並べます。

■箪笥(たんす)
庶民は衣装が少ないことから「箪笥は上流階級の人だけが持つ道具だ」と言われていました。

■長持(ながもち)
衣装や寝具を入れるための大きな道具で、金具に竿を差してふたりで運びます。

■表刺袋(うわざしぶくろ)
特別な衣装である装束や、日常生活に必要な道具を指す調度品を持ち運ぶための袋で、頑丈でありながら美しく仕立てられています。

■火鉢(ひばち)
中に灰を入れて暖を取るための道具です。

■針箱
現在の裁縫道具箱にあたります。

■鏡台(きょうだい)
化粧道具を入れる箱に鏡を掛けるための柱が付いており、柱に手鏡を乗せて使うものです。化粧をしたり姿見にしたりするために使いました。

■茶道具
茶道は武家の子女のたしなみでした。

Image

雛人形の飾り方:七段目 御輿入れ道具(おこしいれどうぐ)

七段目の御輿入れ道具(おこしいれどうぐ)は、姫や嫁入りの品を運ぶための道具です。正面から見て左から以下のように並べます。

■御駕籠(おかご)
姫を運ぶための道具で、前後から担いで運びます。

■重箱(じゅうばこ)
今でもお正月のおせち料理に使用しますが、昔から食べ物を運ぶ道具として愛用されていました。

■牛車(ぎっしゃ)
人が運ぶ車は御所車(ごしょぐるま)と言いますが、牛が運ぶ車は牛車(ぎっしゃ)と言います。牛に引かせる理由は、機能面よりも権威を表すためと考えて良いでしょう。牛車の種類によって身分や家柄がわかったそうですよ。

雛人形の衣装の着せ方は?段数で飾り方が違う?

Image

雛人形には、雛壇が一段であったり三段であったりと、さまざまな種類がありますよね。衣装の着せ方や人形の数や飾り方など、どのような種類に分けられるのかを紹介します。

衣装の着せ方による分類

雛人形の衣装には、2種類の分け方があります。あらかじめ仕立てた着物を人形にまとわせる「衣裳着人形(いしょうぎにんぎょう)」と、人形の衣服の袖やたもと部分に筋を刻み、布の端を押し込んで衣装を着ているように見せる「木目込人形(きめこみにんぎょう)」のふたつの製法があります。

衣裳着人形も木目込人形も江戸時代から続く伝統的な作り方なので、どちらが優れているという判断はありません。デザインの好みなど、インスピレーションも大切にして選ぶべると良いですね。

人形の数や段数よる分類

Image

・親王飾り(しんのうかざり)
最上段のお内裏様とお雛様の一対を置く飾り方を「親王飾り」と言います。一般的に座っているものを親王飾り、立っているものを立ち雛飾り(たちひなかざり)と呼びます。

Image

・出飾り(でかざり)
一般的に、一対の親王さまと三人官女の5体の人形を飾ることを出飾りと言います。2段、もしくは道具を含む3段で飾ることが多く、ブランドやデザインによって御輿入れ道具(おこしいれどうぐ)などが飾られることもありますよ。

Image

・段飾り
親王さま、三人官女、五人囃子、随臣(ずいじん)、仕丁(しちょう)の15体の人形飾りを段飾りと言います。縁起の良い七段飾りが一般的ですが、商品によっては5段や8段のものもあります。飾る道具の種類が多く、数十万~数百万円まで値段に幅があるのも特徴的です。

飾り方による分類

お内裏様とお雛様2体を平面的に並べた飾り方を「平飾り(ひらかざり)」と言います。平飾りにも屏風(びょうぶ)や道具を使って立体的に見せる飾り方や、ガラスやアクリルケースに入った「ケース入り飾り」、収納と飾り台が一緒になった「収納飾り」などさまざまな種類があります。

Mobile favicon

人気の雛人形20選!選び方や相場は?おしゃれなものからミニチュアまで!

雛人形を飾る時期や場所は?何歳まで飾る?

Image

雛人形は、節分の次の日の立春~2月中旬までの、大安の日を選んで飾ると良いといわれています。体調の良い日や晴れの日を選び、遅くても桃の節句(3月3日)の1週間前までには飾り終えましょう。ひな祭りのお祝いが終わったら、桃の節句以降の晴れた日を選んで片付けると良いですよ。

住居の間取りにもよりますが、雛人形を飾るなら座敷かリビングが適しているといわれています。直射日光や湿気の多い場所は避け、できるだけ皆の目の届く場所に飾ると良いでしょう。子どもやペットがいたずらをしてしまうのが心配な場合は、少し高めの台に置くように工夫してみてください。

一般的に、雛人形を飾る年齢に制限はありません。雛人形は持ち主の災いの身代わりとなるといわれ、厄よけに似た意味があります。大切に保管して、毎年桃の節句の時期にはお披露目してあげたいものです。

Mobile favicon

雛人形を飾る時期はいつ?場所は?片付けのコツや収納グッズをご紹介!

Mobile favicon

【2018】節分の日とは?今年の方角は?由来や正しい過ごし方について

雛人形の飾り方は地方によって違う?

Image

雛人形は、関東雛(関東)と京雛(関西)に分けられ、飾り方が違うといわれています。

・関東雛…正面から見て左がお内裏様(おだいりさま)
・京雛…正面から見て右がお内裏様

現在一般的なのは、関東雛の「向かって左にお内裏様」という並べ方です。これには、日本の歴史が関係しているようです。

雛人形は平安時代の伝記にも記されていることから、日本古来より親しまれていた行事のひとつです。都が京にあったころ、格式が高い人は「左」の席と決まっていたので、雛飾りでもお内裏様は左(正面から見て右)とするのが一般的でした。

しかし、明治時代に皇居が東京に移ってから、大正天皇が日本に入ってきた西洋の文化にならいました。西洋の格式の高い人が「右」という文化に従い、自身が右に立ったと言います。この大正天皇の即位のときのスタイルが関東で広まり、「お内裏様が右」という現在の飾り方になったようです。

そのため、関西では日本古来のならわしから、お内裏様を正面から見て「右」に並べ、関東では大正天皇がとり入れた新しい文化にならい、お内裏様を正面から見て「左」に並べるようになったそうです。

雛壇が三段未満のタイプもある?

Image

地域によっては、雛人形の一つひとつに込められた意味を重んじていたり、住居スペースに余裕があったりすることから、七段飾りを購入する家庭もあるでしょう。

しかし、飾るスペースや収納の関係で、現在ではコンパクトな雛人形に人気が集まっています。お内裏様とお雛様のみ飾る「親王飾り(しんのうかざり)」や、内裏雛(だいりびな)と三人官女・御輿入れ道具(おこしいれどうぐ)などを飾る「三段飾り」を購入する家庭が多くなっているようですよ。

親王飾りや三段飾りにおいても、一般的な雛人形の飾り方に違いはありません。七段飾りの上段や、御輿入れ道具と同じ並べ方で良いでしょう。その他、五人囃子などが付属している場合は、それぞれの雛壇にあわせた並べ方で大丈夫ですよ。

さまざまな雛人形が販売されていますが、どのタイプを選んだとしても子どもの健やかな成長を願う親の気持ちは同じです。自宅のスペースや収納場所、引っ越しが多いかなど、家庭のライフスタイルにあった雛人形を選べると良いですね。

【吉徳】小三五親王飾:一段(親王飾り)

Hny 322 057
出典:thumbnail.image.rakuten.co.jp
吉徳大光 小三五親王飾
¥57,800〜(2018/08/13 時点)

お手入れ3点セット(けばたき、手袋、クロス)
名入れ木札

吉徳大光は、特に人形の顔にこだわりを持った日本の老舗の人形店です。吉徳の小三五親王飾は、上品な顔と作りが丁寧と評判の親王飾りです。元々ケース入りのタイプなので、出し入れや収納や手入れが簡単に済むことから、住居スペースが限られた家庭にも人気の雛人形です。

【一秀】木目込人形飾り:二段飾り

Ii 015
出典:thumbnail.image.rakuten.co.jp
一秀 木目込人形飾り
¥78,000〜(2018/08/13 時点)

サイズ:間口48×奥行32×高さ38.5(cm)
(社)日本人形協会認定 優良店
木村一秀作 安土雛 21号 桐収納

一秀の木目込人形飾り は、一般的に馴染みのある雛人形より丸く、かわいらしさが漂う顔が特徴です。コンパクトでありながら見栄えの良い五人飾りで、ケースに入っていないタイプなので、飾る楽しさもあります。

全体的に小ぶりなことから収納に場所を取りにくく、アパート暮らしや第二子以降の女の子への雛人形として購入する家庭も多いようです。人形や小物が一つひとつ手作りされているため、あたたかみが感じられます。

【久月】三段飾り

H243 k 2122
出典:thumbnail.image.rakuten.co.jp
久月 三段飾り
¥198,000〜(2018/08/13 時点)

2018年
サイズ:間口75×奥行67×高さ76(cm)

江戸時代からの歴史を誇る久月の三段飾りは、丁寧かつ上品に作られた雛人形が部屋の中をあでやかに彩ります。雛人形の大きさはそのままに、飾り台が引き出し式に仕立てられているため、収納スペースが最小限に抑えられますよ。ブランド・雛人形・収納のすべてにおいて、満足度と評判の高い雛人形のひとつです。

雛人形の飾り方に関する体験談

Image

Comment icon実家では、毎年七段飾りを出していました

私の実家があるところは、ひと世帯の敷地面積が広く、しきたりを重んじる地域です。私が生まれたときに祖父母が七段飾りを購入してくれたと聞いています。そのため、毎年桃の節句が近づくと、座敷に七段の雛人形を飾るのがステータスでした。

幼いころは雛人形を飾るのが楽しく、飾った後の背丈より高い雛壇をどれだけ見つめても飽きなかったのを覚えています。とてもきらびやかで、祖父母が雛人形に込めて贈ってくれた思いが伝わるようでした。

しかし、年を重ねるうちに、七段飾りは収納スペースや飾る手間をかける時間に余裕が必要だと感じました。そのためか、今では実家の地域でも三段飾りや親王飾りを選ぶ家庭が増えてきたとそうです。確かに七段飾りはとても立派で目を見張るきらびやかさがありますが、時代や住居スペースを考え、ライフスタイルにあわせた雛人形を選ぶことも大切だと感じました。

Comment icon長女には親王飾りを購入しました

我が家の長女には、兄がふたりいます。兄たちは祖父母にかぶとを買ってもらったのですが、長女の雛人形をどうしようか夫婦で悩み、自分たちで購入することにしました。マンション住まいのため、十分な収納スペースがないことから、お内裏様とおひな様のみの親王飾りを購入しました。

現在3歳の長女は、雛人形を出すとずっと見つめているので、気に入ってくれているのだと思います。しかし、もしかしたら雛人形を購入する時期は、焦らなくて良いのかもしれません。

ママ友の家では、物心ついてから子どもが気に入る雛人形を選んだり、つるし雛をメインにしていたりとさまざまな選択があると感じています。夫婦や祖父母だけでなく、子どもと話しあって雛人形を決めても、また違った雰囲気の素敵な雛人形が選べただろうと思いました。

雛人形の売れ筋ランキングもチェック!

楽天・Amazonで雛人形のランキングを確認したい方は、以下のリンクから探してみてください。

楽天売れ筋ランキング
Amazon売れ筋ランキング

雛人形の飾り方を知ってひな祭りの歴史を感じよう

Image

ひな祭りは平安時代の書物にも記されており、日本古来の伝統文化のひとつです。なかでも雛人形は、厄や災いを払い、女の子の健やかな成長を願うものといえるでしょう。もともとは七段で飾られていた雛人形も、現在ではさまざまなライフスタイルから、親王飾りや三段飾りを選ぶ家庭が多くなっています。

日本で古くから伝わる七段飾りの人形の並べ方や歴史を知ることで、雛人形に込められた意味や願いを感じることができるかもしれません。自宅の雛人形や写真を見ながら、子どもに雛人形の飾り方を教えてあげたり、日本の歴史を学んだりしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

ひな祭り・雛人形

Image

雛人形の由来やひな祭りの意味は?子どもに簡単に説明するには?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29011
Image

桃の節句の由来や意味とは?飾る花や料理は?お祝いの仕方をご紹介!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/26386
Image

ひな祭りのお菓子おすすめ20選!簡単レシピもご紹介!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29018
Image

ひな祭りの絵本おすすめ15選!0歳、1歳、2歳、3歳~年齢別でご紹介!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29694
Image

【動画】ひな祭りの和装に!100均グッズで作る手作り髪飾り5選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18711

女の子の初節句

Image

女の子の初節句!お祝いの仕方や料理は?いつ何をする?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28993
Image

初節句の内祝いに喜ばれる商品16選!相場、マナーやのしの書き方は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/26994
Image

女の子の初節句の写真!撮影場所やタイミング、服装について

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27136

男の子の初節句

Image

端午の節句の意味とは?菖蒲湯や飾りの由来は?なぜ鯉のぼりや五月人形を飾るの?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29775
Image

かぶとや鯉のぼりの折り紙の折り方は?【こどもの日】新聞紙やフェルトで簡単に手作りするには?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29770
Image

男の子の初節句のお祝いは?兜は誰が買う?料理や服装、プレゼントなど!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28988
Image

五月人形の選び方・相場・種類【完全ガイド】人気商品20選!定番からミニチュアまで!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28961

赤ちゃんや子どものお祝いに関する記事

Image

お宮参りの食事会は行うべき?外食?内食?相場や注意点を解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28878
Image

お食い初めのメニューは?自宅で簡単!お祝いレシピ5選や宅配料理も

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/26858
Image

ハーフバースデー(生後6ヶ月記念)の離乳食!おすすめ8選とお祝いプレートについて

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/26672
Image

1歳誕生日には一升餅でお祝いを!食べ方、由来、人気商品、風呂敷の包み方

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25069

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

りんこ

元気いっぱい7歳(男)5歳(男)3歳(女)のママです。音楽…

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事