運動会で大活躍!簡単に設置できるテント・タープ10選!レンタルもできる?

最近では運動会でテントを使用する家庭が増えてきました。テントがあれば強い日差しや紫外線を遮断できるので、休憩中も快適に過ごせますよね。ここでは、これから運動会用のテントを購入する方のために便利なテントを紹介します。

862

目次

  1. 運動会で家族で使うテントの選び方は?
  2. おすすめのワンタッチテント5選
  3. おすすめのタープテント5選!
  4. 運動会に使えるテントのランキングを楽天・Amazonでチェック
  5. 便利なレンタルテントもおすすめ
  6. 運動会でテントを使用する際の注意点
  7. 幼稚園や小学校の運動会のポイント
  8. 運動会のその他の準備品
  9. テントは運動会の熱中症対策におすすめ
  10. あわせて読みたい

運動会で家族で使うテントの選び方は?

運動会で使用するテントを選ぶときに大切なのが、テントの大きさです。当日の参加人数を確認し、収容人数に合ったものを選びましょう。

運動会当日は何かと慌ただしいため、組み立てが簡単なものがおすすめです。運動会会場まで徒歩や自転車で行く場合は、テントの重量や収納時のサイズもチェックしておきましょう。

Article link icon
運動会の準備グッズ一覧!テーブル・シートなどあると便利なアイテム34選

おすすめのワンタッチテント5選

ワンタッチテントは初心者でも比較的簡単に設営できるテントです。運動会はもちろん、ピクニックやキャンプなどさまざまな場面で活躍します。商品によってサイズや形状、機能などが違うので、使用目的に応じたテントを探しましょう。

ワンタッチテント【少人数用】

2~3人による使用を想定したワンタッチテントを紹介します。コンパクトなワンタッチテントはママひとりでも簡単に設営でき、とても便利ですよ。

【FIELDOOR】 ポップアップテント フルクローズ サンシェードテント
¥5,281〜(2019/05/21 時点)

サイズ:幅200cm×奥行180cm×高さ135cm
収納時:直径63cm×厚さ11cm
重量:2.5kg

FIELDOORのポップアップテントは、通販サイトで非常に人気がある商品です。ワンタッチで設営できるのでアウトドアに不慣れな方でも安心ですよ。

虫の侵入を防ぐメッシュスクリーンや空気を逃すベンチレーションなど充実した機能がポイントです。「横になって足を伸ばせる」「想像以上に簡単に組み立てられた」など、高評価の口コミが多数寄せられています。カラーバリエーションが豊富なので、お気に入りのデザインがないか探してみてくださいね。

【チャムス】 Pop Up Sunshade ポップアップ サンシェード
¥6,264〜(2019/05/21 時点)

収納サイズ:直径約50cm
重量:約1.4kg

ポップなデザインで男女ともに人気があるチャムスのテントです。遠くからでもよく目立つ鮮やかな色とデザインがポイントです。簡単に組み立てられるのでアウトドアやピクニックなどでも活躍するでしょう。

四隅のスタッフサックに砂を入れれば、重しとして使用可能です。便利な収納袋付きで持ち運びしやすいですよ。

ワンタッチテント【大人数用】

家族でゆったりくつろぎたい、運動会におじいちゃんやおばあちゃんも招待しているという場合は、大人数用のテントがおすすめです。当日来る家族の人数や今後のテントの使用目的に合った商品を選びましょう。ただし、大型のワンタッチテントは総重量が重くなりがちな点に注意しましょう。

【ENDLESS BASE】ワンタッチテント
¥7,989〜(2019/05/21 時点)

サイズ:幅300cm×奥行260×高さ162cm
収納時:18cm×18cm×88cm
重量:約4.5kg

ENDLESS BASEのワンタッチテントは、大型テントの中でも比較的設置が簡単でアウトドアに不慣れな方におすすめの商品です。300cm×300cmのワイドサイズで家族がゆっくりくつろげますよ。

出入り口は2ヶ所あり、内側からも外側からも開閉可能です。熱がこもりにくい上部ベンチレーション、小物の収納に便利な3つのミニポケットなど、充実した機能がポイントです。

【コールマン(Coleman)】 テント BCクロスドーム 270
¥18,090〜(2019/05/21 時点)

サイズ:270cm×270cm×175cm
収納時:直径25cm×75cm
重量:10.6kg

大手アウトドアブランドであるColemanのドーム型テントです。コード引き込み口やランタンハンガー、メッシュポケットなど充実した機能がポイントです。運動会はもちろんキャンプにも活躍するでしょう。ペグ、ロープ、ハンマーがセットに入っていて、風対策も万全です。

【ロゴス(LOGOS)】 ROSY ドゥーブルXL-AI 71805052
¥22,800〜(2019/05/21 時点)

組立サイズ:440cm×290cm×190cm
インナーサイズ:270cm×270cm×153cm
収納サイズ:70cm×19cm×19cm
総重量:10.5kg

LOGOS ROSYドゥーブルは「広々と使えるテントを探している」「キャンプで使える本格的なテントを購入したい」という方におすすめの商品です。

寝室+リビングの2ルームテントで、別売りのポールを使用すればキャノピーを張り出すことができますよ。内側のインナーテントを外せばタープテントとして使用できる2WAYタイプのテントです。

おすすめのタープテント5選!

タープテントは空気がこもりにくく圧迫感が少ないことから、ワンタッチテントと同様に人気がある商品です。運動会はもちろんレジャーやアウトドアの場面でも活躍するので、今後も使用することをイメージしながら購入してはいかがでしょうか。

タープテント【少人数用】

【ENDLESS BASE】ワンタッチタープテント 2m×2m(サイドシート付き)
¥8,980〜(2019/05/21 時点)

サイズ:幅200cm×奥行200cm×高さ236cm
収納時:幅116cm×奥行22cm×高さ22cm
重量:約10.5kg

ワンタッチで簡単に設営できるENDLESS BASEのタープテントです。初心者の方でも組み立てやすいので、通販サイトでも人気があります。サイドシートが2枚付いていて、横からの日差しを遮断してくれます。紫外線をカットする生地を使用しているので、日焼けが気になる方におすすめですよ。

【コールマン(Coleman)】 シェード インスタントバイザーシェード
¥6,834〜(2019/05/21 時点)

サイズ:シェード270cm×270cm、フレーム220cm×220cm×250cm
収納時:直径18cm×118cm
重量:約13kg

風に強いひさし型のタープテントです。組み立ての簡単さと強度が特長で、「5分程度で簡単に設営できた」「強風でもまったく壊れず風に強いことを実感した」など、口コミでも高評価です。アウトドアやレジャーなどさまざまな場面で活躍しますよ。

【DOPPELGANGER OUTDOOR】自立式タープテント
¥9,450〜(2019/05/21 時点)

サイズ:各辺400cm×高さ210cm
収納時:直径15cm×幅56cm
重量:5.35kg(付属品含む)

デザイン性にこだわる方に人気があるのが、ドッペルギャンガーアウトドアの自立式タープテントです。ポールを三本通すだけで設営でき、アウトドア初心者でも扱いやすいですよ。

強風時は付属のストームロープを使って固定できます。天井高は最高215cmで、大人数で使用しても熱がこもりにくく、圧迫感がありません。

タープテント【大人数用】

大人数で運動会へ応援に行く場合は、大人数用のタ-プテントがおすすめです。商品によって形や機能、設置方法が異なるので、内容をよく見比べてから選びましょう。

【ロゴス(LOGOS)】neos AKUBIタープ-AI 71805058
¥28,080〜(2019/05/21 時点)

サイズ:390cm×390cm×200cm
収納時:66cm×18cm×18cm
総重量:5.6kg

LOGOS neos AKUBIタープAIは、アーチ形状の大型タープテントです。独自の構造により前方に遮るものをなくしているので、運動会の様子を存分に楽しめるのがポイントです。

キャンプでも使用できるように耐風性・耐水圧に優れ、車と連結することもできます。後方ポールは調節でき、時間帯や日差しによってタープの角度を変えられます。

【キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 】ラニーメッシュタープテント
¥13,400〜(2019/05/21 時点)

サイズ:350cm×380cm×H210cm
収納時:80cm×18cm×18cm
重量:8.2kg

キャプテンスタッグのラニーメッシュタープテントは、メッシュテントとタープテントのふたつの機能を持つ便利な商品です。通気性に優れたメッシュを前面に装備し、日差しや虫の侵入を防いでくれます。コンパクトに収納できるので、小型車での持ち運びが簡単ですよ。

運動会に使えるテントのランキングを楽天・Amazonでチェック

Image

楽天・Amazonで運動会で使えるテントのランキングを確認したい方は、以下のリンクから探してみてください。

便利なレンタルテントもおすすめ

「テントを保管する場所がない」「なるべく安い価格でテントを利用したい」という方におすすめなのが、テントのレンタルサービスです。レンタルならその後の保管に困らず、人気のブランド商品もお手頃価格で利用できますよ。

お手頃価格でレンタルできる!LOGOSナバホタープ

【LOGOS】ナバホタープ
¥1,600〜(2019/05/21 時点)

LOGOSのナバホタープは、おしゃれなデザインで女子会やフェスで人気のアイテムです。視界が広く熱がこもりにくいタープテントは、運動会の応援にぴったりでしょう。低価格でレンタルできるので、運動会にしかテントを使用しないという方におすすめですよ。2~5名用のゆったりサイズです。

紐を引くだけの簡単設営!ワンタッチテント

【FIELDOOR(フィールドア)】ワンタッチテント
¥3,100〜(2019/05/21 時点)

サイズ:W305cm×D240cm×H145cm  
収納時:W25cm×D25cm×H95cm    
重量:4.9kg(本体、フレーム含む)

折り畳み傘のようにワンタッチで開くテントです。4~5人が入れるサイズでゆったりと過ごせますよ。ペグ、ロープ付きで風対策も可能です。使用しないときはキャリングバッグに入れてコンパクトに持ち運べます。

運動会でテントを使用する際の注意点

Image

運動会でテントを使う際に気を付けておきたいポイントを紹介します。

テントが禁止されていないか事前に確認

テント設営が禁止されている学校や園は少なくありません。運動会のお知らせに、テントの使用について記載がないか確認しましょう。事前に先輩ママや先生に確認しておくのもおすすめです。テントの使用が許可されている場合でも、テントのサイズや設置場所が指定されているケースがあるので注意しましょう。

飛ばされないように風対策をする

テントを張るときに重要なのが風対策です。強風によってテントが飛ばされたり、地面に打ち込んだペグが飛ばされたりしては、運動会の進行に影響するだけでなく周囲の人にけがをさせるおそれがあります。

テントを設営する際は、ペグを深くまで打ち込む、水や砂などを重しにするなど、万全に対策しておきましょう。あまりにも風が強い日は、テントを設営すること自体が難しくなります。風がやむまで待機するか、風の影響が少ない場所を探して設営しましょう。

幼稚園や小学校の運動会のポイント

幼稚園や小学校の運動会の時期やプログラム、注意点などが気になる方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

Article link icon
保育園の運動会の実態!お弁当・服装など先輩ママの体験談を紹介!
Article link icon
幼稚園の運動会ガイド!時期や時間、プログラム、持ち物やマナーをおさえて…
Article link icon
小学校の運動会!時期や時間、服装、場所取りのマナーとは?

運動会のその他の準備品

Image

運動会に必要な物やあると便利なアイテムをリストアップしました。運動会シーズンが近づくと行楽用品は品薄になりやすいです。必要なものがあれば早めに準備しておきましょう。

・お弁当
・ウォータージャグ
・クーラーボックス
・箸/取り皿
・コップ
・ウェットティッシュ
・ゴミ袋
・保冷剤
・汗拭きシート
・折り畳みチェア
・折り畳みテーブル
・レジャーシート
・クッション
・うちわ
・ビデオカメラ/カメラ
・三脚
・キャリーカート
・日焼け止めクリーム
・虫よけスプレー
・スポーツドリンク/塩飴(熱中症対策)

テントは運動会の熱中症対策におすすめ

Image

運動会ではつい応援に夢中になりすぎて、熱中症になってしまう保護者は少なくありません。テントがあれば日陰を作ることができるので、待ち時間も快適に過ごせますよ。とくにおじいちゃんやおばあちゃんを招く場合は、座り心地の良い折り畳み椅子やクッションがあると便利です。

運動会当日は何かと慌ただしく、テント設営にあまり時間をかけられない場合があります。たとえ設営が簡単なテントであっても、事前に設営の仕方を練習しておくと当日のイメージがわきますよね。付属品の有無や収納方法についてもよく確認しておきましょう。

あわせて読みたい

【完全版】運動会にはそうめん!くっつかないコツ・容器は?前日準備も紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/31157
Image
春の運動会・親子遠足、ママは何を着てく?おしゃれママ達のコーデ特集
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/22330
Image