春の運動会・親子遠足、ママは何を着てく?おしゃれママ達のコーデ特集

春は運動会や親子遠足など、親も参加するイベントがある地域もあります。動きやすければいいか…と思う反面、ママも周りの目は気になるもの。できるのならおしゃれなコーデで参加したいですよね。ママがどんな服装か気になっている方必見です。運動会や親子遠足でもおしゃれに着こなす、ママコーデ特集をご紹介します。

138230

目次

  1. 運動会ママコーデの鉄則!
  2. 使えるママコーデ【チェックシャツ】
  3. 使えるママコーデ【ボーダー】
  4. 使えるママコーデ【ユニクロ・GUのジョガーパンツ】
  5. アイテム選びのポイント
  6. おしゃれも大事だけど、子どもの成長を楽しみましょう
  7. あわせて読みたい

運動会ママコーデの鉄則!

基本は動きやすい服装

ママだっておしゃれしたい!という気持ちも分かりますが、運動会や親子遠足ではママも動きやすい服装にすることが鉄則です。カジュアルを基本にTシャツとジーンズの組み合わせが、最も基本のスタイルではないでしょうか。

寒さ対策にパーカーやシャツも準備しておくと良いでしょう。腰巻や肩にかけると今風になります。スカートは競技に参加する場合は控えた方が良いかもしれませんね。

大ぶりなアクセサリーはNG

やはり動きやすさ重視なのを忘れてはいけません。ネックレスやブレスレット、ピアスなどは大ぶりなものではなく華奢なデザインのものにしましょう。ネックレスをしている男性も、運動会ではパパが参加する競技もあるかもしれません。

子どもも一生懸命頑張るパパを応援したいですよね。明らかに邪魔になるようなアクセサリーは控えましょう。

スニーカーが一番!

おしゃれは足元からと言いますが、運動会や親子遠足では歩くということを忘れてはいけません。最近は、スニーカーがおしゃれアイテムの定番となっています。

ヒールやパンプスを履いて、のちのち後悔してしまわないよう、動きやすいスニーカーを選びましょう。パパも楽だからとサンダルなど脱げやすい靴は履かないようにしましょう。

使えるママコーデ【チェックシャツ】

シャツワンピースを羽織に

ロング丈が流行している今期はシャツワンピースのボタンを開けて、羽織ものにして着こなすのがおしゃれです。シャツワンピースの中はTシャツとジーンズでシンプルながら、流行をしっかり押さえているママコーデです。

ギンガムチェックシャツは定番

定番のギンガムチェックを取り入れたコーデです。動きやすさと流行の両方が取り入れられ、おしゃれだけど頑張りすぎていない組み合わせが、ママ達の好感度もアップします。

腰巻でワンポイント

羽織り物としても使えるシャツは、腰巻にすることでワンポイントにもなります。チェックシャツの色合いも、腰巻なら少し派手な色にも挑戦しやすいのではないでしょうか。普段は気ない色でも運動会では子どもの目印にもなり、少しくらい明るい色に挑戦してみてはいかがでしょう。

使えるママコーデ【ボーダー】

無印良品のボーダー

昨年の秋ごろから、無印良品のボーダーがママ達の間で人気となっています。定番のボーダーだからこそ、運動会や遠足にも取り入れやすく、ニット帽やスニーカーなど小物使いでおしゃれ度をアップできます。

サスペンダーでカジュアルオシャレに

ボーダーにジーンズというスタイルでも、サスペンダーを使ってワンポイントを作るだけでオシャレ感がぐっと増しますね。ボーダーコーデだけではなくさまざまなシーンで使うことができるので、サスペンダーはオシャレアイテムとしてひとつ持っておいてもいいかもしれませんよ。

細ボーダーは大人で上品

ボーダーというとカジュアルなイメージが強いと思いますが、ボーダーの太さにより印象もだいぶ変わります。細ボーダーであれば、華奢な雰囲気が上品で大人のイメージにピッタリです。運動会だからと言っても、同じボーダーでもカジュアルになりすぎない細ボーダーはおすすめです。

使えるママコーデ【ユニクロ・GUのジョガーパンツ】

メンズのジョガーパンツ

ユニクロのジョガーパンツが女子達の間で流行中ですが、そもそもの発端はメンズから発売されたジョガーパンツなのです。今メンズアイテムを着る女性が増えており、ジョガーパンツもおしゃれ女子達が目をつけたアイテムです。動きやすさ抜群!締め付けもなく長時間着ていても楽ちんです。

ストライプは足長効果

ジョガーパンツは柄物もあります。ユニクロやGUではストライプのジョガーパンツが販売されており、縦の線は足長効果もあります。カジュアルだけど品があるストライプのジョガーパンツは、おしゃれママの必須アイテムとなりつつあります。

キッズサイズを着こなす

実はユニクロのジョガーパンツは、メンズが発売された直後に出てきたのはキッズサイズのジョガーパンツです。これだけ女性に人気のジョガーパンツは、一番最後にウィメンズが販売されました。そのため、メンズだけでなくキッズサイズを着こなす女性も増えました。キッズのXLサイズは平均的な女性にも丁度良いサイズで、お値段も1,500円とプチプラです。

アイテム選びのポイント

12671786b4332 afa0 4619 a35f e6ffa638da61 m引用元:retrip.jp

競技への参加の有無

運動会への参加で重要なのは、ママも競技へ参加するかどうかです。もし参加が必要であれば、競技によってデニムなのかガウチョパンツでもいいのか、ボトムを選ぶポイントにもなります。観戦だけであれば、ロング丈のスカート×ガウチョパンツが組み合わされた「スカウチョ」も流行最先端のコーディネートになります。

開催場所

幼稚園や保育園によっては、体育館や競技場などの施設を借りて室内で行われる場合もあります。この場合は、外での砂埃や泥で汚れてしまうという心配がないため、ホワイトのパンツを履いても問題ないでしょう。

ローライズは禁物

運動会や親子遠足では、レジャーシートに座っている時間もあります。ローライズのパンツはかがむと下着が見えてしまう可能性もあります。見せるつもりではなくても、うっかり隣の席で写真を撮っていた家族に移りこんでしまったり、変な心配をするよりもマナーとしてチラ見えするような服装は控えましょう。

おしゃれも大事だけど、子どもの成長を楽しみましょう

運動会や親子遠足の意味は、あくまでも子どもの成長や子ども同士の触れ合いを目的としたものです。おしゃれも大事ですが子どもの1年の成長を感じ、一生懸命頑張る我が子を応援してあげましょう。応援をするうえで多くのママが参加するイベントという観点から、おしゃれを楽しむのがいいのではないでしょうか。

あわせて読みたい

幼稚園の運動会ガイド!時期や時間、プログラム、持ち物やマナーをおさえておこう
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27732
Image
小学校の運動会!時期や時間、服装、場所取りのマナーとは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28128
Image
運動会の準備グッズ一覧!テーブル・シートなどあると便利なアイテム34選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/14212
Image
おすすめのキッズスリッポン10選!かわいいコーデも一緒にご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28338
Image