節税にはならない?「ふるさと納税」の本当のメリットとやり方ガイド

使った人たちが声をそろえて「お得でおすすめ!」というふるさと納税。実際にどんな仕組みでどうお得なのでしょうか。今回は、今さら聞けないふるさと納税の仕組みとメリット、住民税や所得税控除の上限額、お肉・お米・おもちゃ…などおすすめの返礼品や申請の方法、注意点を解説します。確定申告は面倒かどうかなど体験談も紹介します。

3264

目次

  1. 今さら聞けない!ふるさと納税の仕組みとは?
  2. 「節税・減税になる」は間違い?ふるさと納税はどこがお得なの?
  3. 自分の場合はいくら?年収や家族構成でも変わる控除の上限額
  4. どんなものがもらえる?おすすめの返礼品
  5. 初めてでも簡単!ふるさと納税のやり方
  6. ふるさと納税を実際に使ってみた感想・口コミは?
  7. お得に「ふるさと納税」を使おう!
  8. あわせて読みたい

今さら聞けない!ふるさと納税の仕組みとは?

ふるさと納税とは、選んだ自治体に寄附をすることができる制度です。自分の生まれ故郷だけではなく応援したい地域など、自治体は自由に選ぶことができます。なかには、ふるさと納税を行った人が寄附金の使い道を選べるようになっている自治体もあります。多くの自治体では、寄附金へのお礼として地域の名産品や観光券などの「返礼品」を用意しています。

また、ふるさと納税の制度を利用すると、確定申告を行うことで寄附金額の一部が所得税や住民税から控除される仕組みになっています。寄附をした金額から2,000円を除いた金額すべてが控除の対象となるのです。たとえば、10,000円のふるさと納税を行うと、2,000円を超える部分である8,000円分が住民税や所得税から控除されます。

引用元:www.soumu.go.jp

「節税・減税になる」は間違い?ふるさと納税はどこがお得なの?

「ふるさと納税は節税になるからお得!」という話をよく聞きますが、実際は支払う額が安くなっているとは言えないでしょう。寄附金として支払っている金額を控除に充てているということは、支払い先が異なるだけで、結局のところ支払う額は変わらないからです。所得税や住民税の還付・控除をしていることにはなりますが、「お得」というわけではありません。

ふるさと納税の本当のメリットは、控除外の「2,000円」の部分です。どんなに寄附金の額を増やしても、実質の負担額は2,000円。しかし、寄附金の額をあげていくと、その分返礼品は豪華になっていきます。つまり、2,000円でその額以上の商品をゲットすることができるのです。還付・控除できる金額には上限がありますが、上限まで払うほどお得に利用できる制度だと言えます。

ちなみに、この2,000円は1回の寄附ごとではなく年間の寄附に対しての負担になります。何度寄附を行っても控除上限額を超えない限り、実質の自己負担は2,000円ですよ。

引用元:furusato.ana.co.jp

写真はANAのふるさと納税に掲載中(2019年9月現在)の佐賀県上峰町の返礼品(寄附額30,000円)、「佐賀牛」ロースしゃぶしゃぶ用500g。なんと、控除上限額内の寄附ならこれを実質2,000円でゲットできます。

注意するべきなのは、ふるさと納税で控除額される額よりも支払うべき税金の額が低ければ、負担額が2,000円を超えてしまう可能性があること。上限額は所得によって変わりますが、たとえば前年よりも今年の所得が減っている場合、前年の所得を参考に設定した上限額だと高すぎることがあるのです。2,000円以上の出費を避けたい場合は、寄附の限度額を守りましょう。

もちろん、ふるさと納税の魅力は金銭的に損をするか得をするかということ以外に、地域の活性化を願う思いも大切です。上記の点を理解した上で、楽しみながらふるさと納税を利用できると良いですね。

自分の場合はいくら?年収や家族構成でも変わる控除の上限額

ふるさと納税の返礼品を探す前に、まず自分はいくらまでの寄附であれば2,000円の自己負担額を守れるかを調べておくと安心です。受けられる還付・控除の上限額は年収や家族構成によって変わります。

例えば、年収400万円の独身者または共働きの方であれば控除上限額の43,000円まで寄附ができ、41,000円分が所得税や住民税から還付・控除されます。ご夫婦で暮らす年収600万円の方は68,000円、妻と中学生のお子さん1人を扶養している年収700万円の方であれば77,000円が目安です。

引用元:www.furusato-tax.jp

ふるさと納税での還付・控除の限度額を計算するにはシミュレーションツールが簡単です。ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」では家族構成と年収を入力するだけで計算できる「かんたんシミュレーション」と、社会保険料や医療費控除、住宅ローン控除なども含めて計算できる「詳細シミュレーション」があって便利ですよ。

どんなものがもらえる?おすすめの返礼品

ふるさと納税の醍醐味といえば、なんといっても「返礼品選び」ですね。その種類は多岐にわたり、お肉・お米・ビール・野菜・スイーツ・伝統工芸品などさまざまな商品が用意されています。食材はもちろん、子育て世帯には子ども服やおもちゃなども人気です。今回は、納税サイト「さとふる」から、人気のお礼品例をご紹介します。

大サイズ 国産うなぎ蒲焼 2本セット/和歌山県有田市(寄附金10,000円)

引用元:www.satofull.jp

お礼品「良質な国産うなぎをじっくり丁寧に関西風に香ばしく秘伝のタレで焼き上げました。」

いくら醤油漬110g×5パック 合計約550g/北海道八雲町(寄附金13,000円)

引用元:www.satofull.jp

お礼品コメント「110gのいくらは茶碗でのいくら丼のサイズにぴったりです。使いやすさを実現しました。」

長野市産りんご サンふじ 約3キロ/長野県長野市(寄附金6,000円)

引用元:www.satofull.jp

お礼品コメント「蜜たっぷりの信州産サンふじ小玉3kg(10~16玉)です!」

波佐見焼 一龍陶苑 しのぎシリーズ 中皿5色セット CC18/長崎県波佐見町(寄附金22,000円)

引用元:www.satofull.jp

お礼品コメント「【窯元直送!】一龍陶苑しのぎシリーズの中皿5色セットです!」

木のおもちゃ ころころ動物/香川県三豊市(寄附金44,000円)

引用元:www.satofull.jp

お礼品コメント「地元で製造している、小さいお子様のだれもが大好きな人気の木のおもちゃです。誕生日祝い・出産祝いにおススメです。」

ムーニーマンエアフィット 男の子ビッグ152枚 /福島県棚倉町(寄附金20,000円)

引用元:www.satofull.jp

お礼品コメント「ユニ・チャーム株式会社の子ども用おむつは棚倉町に生産拠点のある福島工場で作られています。元気に動きまわる赤ちゃんにもズリ下がらず、すきまモレ安心です。」

Cheneベビーギフト(スタイ、スワドル、ボディスーツ) /秋田県横手市(40,000円)

引用元:www.satofull.jp

お礼品のコメント「スワドルは秋田県横手市増田町のりんご染め工房の皆様にご協力いただき、リンゴの葉と木の幹のみを使用した100%天然染料/草木染めにて本来の生地の風合いをいかしつつ、染め上げた品となります。」

※居住地の自治体への寄附の場合、お礼品を送らない自治体もあるようです。申請の際に必ずご確認ください。

初めてでも簡単!ふるさと納税のやり方

還付・控除の上限額を確認し、寄附する自治体が決まったら、ふるさと納税の申請を行います。

1.自治体へ寄附を申し込む

納税をしたい自治体が決まったら、寄附を申し込みます。「さとふる」「ANAのふるさと納税」などふるさと納税サイトでは、一般的なネット通販で商品を選ぶ感覚で申請ができます。そのほかに、電話やFAX、メール、直接窓口に行くなどの方法もあります。

支払い方法は、納付書を使う、指定口座に銀行やネットバンクから振り込む、コンビニ支払いをする、現金書留で送るなどの方法がありますが、クレジットカードで支払うことができる自治体も増えていますよ。クレジットカード払いでは申込みと同時に寄附が完了するため便利です。

2.寄附金受領証明書・返礼品を受け取る

自治体から、寄附の証明として寄附金の領収書である「寄附金受領証明書」や「ふるさと納税ワンストップ特例制度」に関する書類と返礼品が届きます。返礼品が届くタイミングは自治体や品ごとに違い、自治体によっては、受領証明書が先に届くところもあるようです。「寄附金受領証明書」は確定申告で必要になるので、大切に保管してくださいね。

3.確定申告をする

控除を受けるためにはふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要があります。また、ふるさと納税以外では確定申告の不要な給与所得者でふるさと納税先の自治体数が5団体以内である場合に限り、ふるさと納税を行った各自治体に申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」という仕組みもあります。

確定申告とは、1月1日から12月31日までに得た所得をもとに納めるべき税金を計算して申告・納税を行うことです。確定申告には、勤務先からの「源泉徴収票」や、寄附先の自治体から送られてきた「寄附金受領証明書」が必要になります。すでに支払った所得税が還付されるので、還付金を受け取る銀行口座や印鑑を用意しておきましょう。期限は寄附をした年の翌年の3月15日です。

ふるさと納税を実際に使ってみた感想・口コミは?

確定申告は意外と簡単。子どものおもちゃももらえました

「お得だから」という両親のすすめでふるさと納税をはじめました。返礼品は、お肉や野菜、子どものおもちゃなどを選んでいます。とくに食材は、普段スーパーなどではなかなか購入できないようなお取り寄せ品を食べられるので、おすすめですよ。返礼品をプレゼントとして利用している友人もいます。

面倒だと思っていた確定申告も、手順を説明通りすすめることできちんと還付金が入ってきました。一度やってみると翌年からは楽に確定申告ができそうです。

お得という意味で、とてもおすすめな制度です。ただ、世の中の流れ的に返礼品目当てになってきているので、本来の趣旨を理解した上で利用してほしいと個人的には思っています。

実質2,000円で半年分の明太子

節税と聞いて始めました。返礼品は、牛肉やうなぎなど自分だと普段は買わないようなものを頼んでいるので楽しいです。明太子3キロは消費に半年くらいかかりました!これが2,000円だなんて、お得でしかないです。

ワンストップ制度だと手間がかかりません

ふるさと納税の返礼品はいつもお肉を頼んでいて、米も少し織り交ぜてます。確定申告の手間が気になっていましたが、ワンストップ制度を用いているので思ったより楽に申告できました。知人や友人とふるさと納税の話題になったときは必ず推奨しています。

返礼品を選ぶわくわく感も楽しい!

CMや広告で見かけ気になっていたときに、友人におすすめされたこともありふるさと納税を始めました。実際に寄附をしてみて、普段自分では買わない少し高級な牛肉や日常的に必要なお米をもらうことができました。確定申告もワンストップ制度を使ったので簡単でしたが、申請に期限があるので申し込みの時期には注意をしていました。お得感はもちろん、返礼品を選ぶわくわく感も含めておすすめです!

お得に「ふるさと納税」を使おう!

2019年10月1日より増税が始まることもあり、家計を見直す家族も少なくないでしょう。寄附をすることでお得に返礼品をゲットできたり、応援したい地域に支援したりすることができるふるさと納税を利用してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

購入額の5%が戻ってくる!増税対策の「ポイント還元」制度の使い方
https://mamanoko.jp/articles/31254
5,000円分お得!子育て世帯対象の増税対策「プレミアム商品券」って?
https://mamanoko.jp/articles/31237
【3分でわかる】軽減税率の対象は?増税後も8%のままの商品一覧
https://mamanoko.jp/articles/31219
【3分でわかる】幼児教育無償化を解説!認可外や預かり保育は対象?給食費は?
https://mamanoko.jp/articles/30667
【知って得する】パパの育休取得率は◯%!期間やメリットを徹底解剖
https://mamanoko.jp/articles/31311