更新日:2017年11月28日

年賀状の手作りアイデア!スタンプ・マスキングテープやはんこを使って子どもと楽しもう

年末になると年賀状のデザインに悩む人も多いでしょう。もし年賀状を親子で楽しみながら作ることができたら、送る人にも日ごろの感謝や気持ちを伝えやすいですよね。今年の年賀状は手作りしたいという人のために、スタンプやマスキングテープ、紙から作るアイテムなど、親子で簡単に楽しめる年賀状の手作りアイデアを紹介します。

12032
0

子どもと楽しむ年賀状作りのコツは?

Image

子どもの年齢にあわせたアイデアを考えて

子どもの月齢や個性によって、できることや得意なことが変わってきますよね。たとえば、1歳ごろの子どもならシールやマスキングテープを貼る、2歳ごろになると自分でスタンプを押すなど、子どもの月齢や得意なことにあわせてアイデアをだしてあげましょう。

子どもが大きくなるにつれて子どもの上手にできることが増えてきます。親子で楽しみながら年賀状を作るうちに、マスキングテープを貼るだけだったのに、いつのまにかちぎることができるようになったなど、子どもの成長がみられるかもしれませんよ。

親子で楽しめるアイテムを使って

子どもと年賀状を作るには、親子で楽しめるアイテムを使うと良いでしょう。マスキングテープならママの好きな柄を選んで子どもに貼ってもらう、また、ママの好みで消しゴムはんこを作ったら子どもに押してもらうなど、親子で連携できるアイテムを使ってはいかがでしょうか。

親子でわくわくしながら作った年賀状は、送った相手にも気持ちが伝わりやすいはずですよ。

はさみはママと一緒に使って

手作りの年賀状を作るときに、はさみなどの刃物が必要になったら必ず大人と一緒に使用しましょう。子どもが自分でやりたがったとしても、怪我をする前に手を添えてあげるか、少し上手にできるようになっても見守ることが大切です。

カッターナイフは小学校に上がってから使用することになるので、カッターを使う場合は子どもの目の届かないところでママが仕上げると良いですね。

手書きで温かみのある雰囲気づくり

手書きの年賀状は、送り主の気持ちが伝わりやすい不思議な魅力があります。子どもが絵を描くのが好きなら、祖父母や子どもの友達に送る年賀状には手書きの絵を添えても良いでしょう。

また、ママはすべての年賀状を手書きにするのは大変ですが、ひと言を添えるだけでも気持ちは伝わります。「今年もよろしく」「また会いたいね」など、送りたい人あったメッセージをひと言添えてはいかがでしょうか。

以下で、簡単にできる手作り年賀状のアイデアを6つ紹介します。

1.スタンプを使って楽しさをプラス

19648 1

moda inc お正月スタンプ

¥1,058〜(2017/11/28 時点)

台木:8.5×5.5×H2.2cm
素材:木材/ゴム

子どもと年賀状を作るときは、お正月用のスタンプがおすすめです。かわいいものやエレガントなものなど、お好みにあわせたスタンプを押すことで、年賀状に楽しさがプラスされます。

新年のあいさつに温かみあふれるスタンプを使うことで、手作り感がアップするはずですよ。

11602 1

moda inc お正月スタンプ ちび

¥320〜(2017/11/28 時点)

サイズ:1.0cm×1.0cm×6.0cm

大きなスタンプはまだ押せないという子どもには、小さなスタンプがおすすめです。modaのちびスタンプは、子どもに負担のないサイズなので、力が弱くても無理なくきれいに押すことができます。

自分で押して年賀状を作ったという達成感が、子どもの自信につながりますね。

■この商品に関する口コミ
・探していたタイプのスタンプで、小さくてお値段もお手ごろで購入して良かったです。
・小ぶりでかわいく、思った通りの品物でした。種類がたくさんあるので揃えたいです。

引用元:review.rakuten.co.jp
Img56843961

オーダーアドレススタンプ

¥2,400〜(2017/11/28 時点)

デザイン:30種類
フォント:和文7種類 英文12種類

手作りらしさをプラスするには、自分の住所や名前をオーダーできるオーダーアドレススタンプがおすすめです。一枚一枚住所を書くと時間がかかりますが、アドレススタンプがあればポンとひと押しで住所を記載できます。

年賀状のレイアウトやインクによってスタンプの位置や色を変更することができるので、一人ひとり違った年賀状を出したいと考えている人にもおすすめです。

■この商品に関する口コミ
・手紙や年賀状をを送るときに、ひとつあるだけで自分の住所と氏名を書く手間が省けて、しかもおしゃれな感じになります。
・つぶれもなく、きれいに押すことができます。木の部分にゴムをはめてるので、ちょっとしたインテリアにもなり満足です。

引用元:review.rakuten.co.jp

2.マスキングテープでおしゃれ感をアップ

Image

年賀状をマスキングテープでアレンジすることで、おしゃれな雰囲気を演出できます。マスキングテープは100均にもたくさん売られているので、何種類かそろえても良いですね。

Image

マスキングテープのアレンジの方法はさまざまで、どのような年賀状にしようか、またどれくらいのメッセージや写真を載せたいかによってレイアウトを変化させると良いでしょう。

最初にどのようなデザインにしたいか、子どもと話しあっても良いですね。

Image

マスキングテープは基本的にちぎって貼るだけでいろどりを添えられるので、1歳半ごろからの子どもとも楽しく年賀状を作ることができます。月齢によってちぎることが難しければ、ママがちぎったテープを年賀状に貼るだけでかわいいアレンジができますよ。

3.手作りはんこで手作り感をプラス

Image

野菜スタンプ

野菜スタンプは、レンコンやピーマンを輪切りにしたものにインクを付けて押すだけで、雰囲気のある立派なはんこになります。3歳ごろまでの子どもは、野菜のスタンプを押すだけでも夢中になるはずです。

さらに子どもの年齢によってこだわってみたいというママは、じゃがいもやさつまいもを使った「イモ版」作りにチャレンジしても良いでしょう。

イモ版はカッターやナイフを使うので、子どもに土台となる絵を描いてもらったり、クッキーの型抜きでスタンプの絵柄を選んでもらうだけでも大丈夫です。子どもの下書きに沿い、周りを削り取ってあげてくださいね。

■筆者の体験談
筆者は毎年11月の半ばごろになると、子どもたちと年賀状のはんこづくりをしています。イモ版を作るときは、サツマイモよりじゃがいもを使った方がイモの部分が柔らかいのでおすすめです。子どもたちがイモの部分にクッキーの型抜きを押し込んで、筆者が周りを切り取るという作業をしています。

イモ版に限らず、子どもが「自分で作った」という自信を持てるとやる気をおこすな、と感じています。子どもの得意なことにあわせて自信をつけてあげると、年賀状作りを楽しんでくれるのでおすすめですよ。

消しゴムスタンプ

消しゴムはんこはイモ版よりも柔らかい素材なので、小学生くらいになれば大人が付き添いながらカッターを使って掘ることができます。しかし、まだカッターが扱えない小さなころは、子どもがデザインした模様をママが掘ってあげましょう。

また、消しゴムはんこは、バリエーションの豊かさと手軽に始められることから、ママのあいだでも人気があります。ママがデザインして作ったはんこを子どもに押してもらっても楽しいはずですよ。

9784072752050

レトロかわいい消しゴムはんこ。カッター1本ですぐ始められる

¥1,512〜(2017/11/28 時点)

発売日: 2010年12月
出版社: 主婦の友社
ページ数: 95p

消しゴムはんこを手軽に始めたい人におすすめの一冊です。ほのぼのとしたデザインが多めなので、子どもが好みやすいはんこを作ることができます。

四季折々のあいさつ状・年賀状・バースデイカード・お礼状など、さまざまな図案が紹介されているので、年賀状以外でも活躍できる内容になっていますよ。

■この商品に関する口コミ
・カッターの持ち方、彫り方などが写真つきで解説されており、図案集ではないので数は少ないですがクリスマスカードや年賀状の図案などがいくつか載っています。
・とてもわかりやすく、初心者でも消しゴムはんこが簡単に作れそうです。絵柄の見本がいろいろあるので、見ているだけでも楽しいですよ。

引用元:review.rakuten.co.jp

4.写真を使ってスクラップブック風に

Image

年賀状をスクラップブック風に仕上げることで、オリジナリティあふれる存在感を演出できます。普段からスクラップブッキングをしているママは、子どもにレイアウトを考えてもらったり、のりを貼ってもらったりとチャレンジしてはいかがでしょうか。

スクラップブック風年賀状の作り方

1.年賀はがきの4倍の大きさの台紙を用意して、ちょうど良い大きさの材料をレイアウトしていきます。
2.材料のレイアウトが終わったら、のりで貼り付けていきます。
3.材料を貼り付けてできあがった台紙を写真に撮るかスキャナーでスキャンし、パソコンやスマホにデータを取り込みます。
4.家族や子どもの写真を入れたい場合は、スマホやパソコンで挿入します。
5.できあがったデータをはがき大にサイズを変更して、印刷していきます。

台紙に材料を貼り付けていくときは、スクラップブッキングと同じようにテープのりを使用したほうがきれいに仕上がりますよ。

5.紙から手作りする

Natsu39 1

紙すきセット

¥605〜(2017/11/28 時点)

はがきサイズ
・本体わく・本体容器・あみ
・パルプ 2枚・あみ板
・ケナフパルプ 1枚
・パルプはがし・郵便スタンプ

紙すきセットは、付属しているパルプや牛乳パックで手作りのはがきが作れるセットです。毛糸や色紙・落ち葉・絵具などを入れてオリジナルのはがきを作ることができるので、紙質にもこだわりたい人におすすめです。

幼稚園に入園する年齢なら、大人と一緒に楽しめるセットですよ。

■この商品に関する口コミ
・色紙を混ぜてみたり絵具で色をつけてみたり、いろいろ楽しんでいます。
・とても簡単に作れてとても楽しいです。次は牛乳パックなどで作ってみたいですね。

引用元:review.rakuten.co.jp
71oxepixwfl. sl1200

手すき紙用 バージンパルプ

¥454〜(2017/11/28 時点)

サイズ:200×270mm
5枚入り

紙すきセットで使用できるシート状の紙パルプです。水を張った容器に、パルプを手で細かく千切って15分程度浸けてから使用します。用紙1枚で、8枚分のはがきを作ることができます。

71umk2 k8al. sl1156

マーブリング 5色セット

¥540〜(2017/11/28 時点)

容量/5mL
色/5色入(あか、だいだい、き、みどり、あお)
フロート紙12枚付(再使用可)

マーブリングとは、水面に浮かせたオリジナルの模様を紙に写し取る技法のことをいいます。水よりも比重が軽い絵の具を使う必要があるので、マーブリングをするときは専用のインクを使うときれいに仕上がります。

水に垂らした色をつまようじなどでそっとなぞることで模様を作り、デザインした模様を紙に写す過程は親子で楽しめるはずです。作業をするときは、新聞紙をひいたりお風呂場で使用するほかに、汚れても良い服装で行ってくださいね。

■この商品に関する口コミ
・子どもたちが不思議そうな顔をしながら楽しく作業している姿を見ると、購入したかいがありました。
・2歳の息子の工作用として購入しました。ひとりでやるにはまだ早いですが、大人と一緒にお風呂場で使っています。洗面器に水を張って、紙を置いて、不思議な模様にびっくりしていました。

引用元:review.rakuten.co.jp

6.工作が難しい赤ちゃんは手形・足形で成長を伝えて

Image

まだ文字や絵を描けない赤ちゃんは、手形や足形をあしらった年賀状はいかがでしょうか。遠方に住んでいる祖父母がいる場合は、なかなか会えない赤ちゃんの成長を知ることができて喜ばれるでしょう。

水性絵の具を手や足に塗り年賀状にまんべんなく当てるだけで、きれいな手形・足形をつけることができます。終わった後は赤ちゃんが舐めてしまわないように、しっかりと絵の具を洗い落としてあげてくださいね。

Image
■赤ちゃんの手形の年賀状に関する筆者の体験談
筆者の祖父母は遠方に住んでいてなかなか会うことができないため、毎年、子どもの成長がわかる年賀状を送っています。子どもの写真入り年賀状も良いですが、手形や足形の年賀状は子どもの成長をリアルに伝えることができるのでとても喜ばれました。

写真は1歳半ごろの子どもの手形ですが、はがきにおさまる大きさだったので手形の年賀状を送りましたよ。祖父母は数年たった今でも大切に取っておいてくれています。

年賀状の手作りは大変?

Image

最近では印刷サービスが普及して、スマホやパソコンで簡単に年賀状が作成できてしまうと、一枚一枚手作りするのは大変なイメージがあります。また、子どもと作業をすると余計な手間がかからないか心配になりますよね。

手作りの年賀状にチャレンジするときは、祖父母や親しい友人など特別な人だけ手作りにしても良いでしょう。また、印刷した年賀状の空いているスペースにオリジナルのはんこを押したり、マスキングテープでアレンジするだけでも立派な手作り年賀状です。

子どもと一緒に無理のない範囲で手作りのアイデアを取り入れることで、いつもより温かみを感じられる年賀状になるはずですよ。

年賀状で感謝の気持ちを伝えよう

Image

最近ではメールやSNSで新年のあいさつが手軽にできるだけに、年賀状を出すのは「特別な人」という意見が増えてきています。だからこそ、手作りの年賀状で日ごろの感謝や、これからも仲良くしたいという気持ちを伝えたいですよね。

ほかにも、親子で年賀状を作りにチャレンジすことは、手先を使ったりレイアウトを考えたりするので、子どもの成長ややる気につながります。また親子で楽しむことは、貴重な触れあい遊びのひとつにもなるでしょう。

親子で楽しみながら作った年賀状は、きっと受け取った人の心に響くはずですよ。

年賀状作成でおすすめはネット注文

年賀状をネット注文できるサービスが今おすすめです。親子でデザインを決めることができ、宛名も印刷してくれるのでとても簡単に年賀状を作成できます。注文後は2~3営業日で配達してくれるため、早くて便利です。デザインと宛先を考えたあとはワンクリックで送付できる状態の年賀状が届くのが嬉しいですね。

Mainbanner a引用元:nenga.print-netsquare.com

とにかく安く作りたいという人におすすめなのがネットスクエアです。600種類以上のデザインの中から選ぶことができます。早期割引もあり、送料も完全無料です。写真入り年賀状を得意としており、印刷の種類も3種類から選べるので、きれいで安く写真入り年賀状を作りたい方にはネットスクウェアが良いでしょう。

【ネットスクウェアの特徴】
・全国一律送料無料
・デザイン数1,000種類以上
・富士フィルムの写真プリントで品質抜群
・業界最安値を目指し、はがき代が1枚47円
・最短翌営業日発送
・WEB上で管理できる便利な宛名管理機能

公式サイトはこちら
Image

【2018戌年】年賀状をネットで注文!写真印刷がキレイで安いおすすめ業者5選!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29150

あわせて読みたい

Image

【ママに人気】スマホで簡単!無料で作れる年賀状アプリ5選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29104
Image

年賀状で出産報告をするときの文例や注意点!喪中のときは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29139
Image

年賀状の書き方のマナーは?お祝いの言葉やあいさつ文の文面をご紹介!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29128
Image

年賀状はいつまでに出せば元旦に配達される?いつから受付開始?年賀状の受付期間と投函期限

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29154
Image

わが子の写真を素敵に残そう!写真撮影のポイントは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/20193

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

りんこ

元気いっぱい7歳(男)5歳(男)3歳(女)のママです。音楽…

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事