更新日:2017年12月13日

【2018】年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?いつから受付開始?投函期限は?

日々の子育てに追われ、もう年の暮れ…まだ年賀状ができてない。なんて経験をしたことのあるママもいるのではないでしょうか。年賀状はほかのはがきと値段が違うため、投函の時期にも注意が必要です。いつから年賀状作りに取り掛かろうかと思案中のママのため、いつまでに出せば元旦に間に合うのか、受付はいつからかなどを解説していきます

2367
0

年賀状はいつまでに届けば良い?年賀状の受付期間

Image

年賀状は松の内に届くように出す

年賀状はいつまでに届けば良いのでしょうか。そもそも年賀状は本来、新年のあいさつに出向くところを書面で済ませるというものです。そのため、お正月期間である松の内(1月7日まで)に相手に届く必要があるとされています。

年賀のあいさつに使われる元旦という暦は1月1日の朝を指すものです。なるべく元旦に届くよう投函できると良いですね。

松の内を過ぎるときには寒中見舞いを

年賀状を出していない相手から年賀状が届いたり、事情があって松の内に届くように年賀状を出せなかったりということもあるでしょう。1月8日を過ぎて投函する場合や、もしかしたら相手に届くのが1月8日を過ぎるかもしれないといった場合には、寒中見舞いを出すのが習わしです。

ただし、年賀状とそのほかのはがきでは郵便料金が異なります。12月15日から翌年1月7日までに投函された年賀はがきは、郵便料金が52円とされています。しかし1月7日までに投函されたはがきが年賀はがきではなかったり、投函日が1月8日以降だったりする場合には郵便料金が62円になります。

年賀状の仕様ではないはがきを使う場合には「年賀」と書き入れること、なるべく1月7日までに投函することで回避できます。受取手に差額が請求されたりしないよう要注意ともいえるポイントです。

Mobile favicon

年賀状のマナーや書き方は?お祝いの言葉やあいさつ文の文面をご紹介!

年賀状をいつまでに出せば元旦に届く?

Image

元旦に届くためにはいつまでに投函する必要があるのでしょうか。郵便局では毎年、年賀状は12月25日までに投函するよう呼びかけています。2018年度の配達に関しては、12月26~28日に投函された年賀状についても元旦になるべく届くように取り組むと郵便局のサイトに掲載されていました。確実に元旦に届けたい場合には12月25日までに投函しましょう。

年賀状の投函から配達の目安

Image

年賀状の配達日は?投函日からの目安

12月25日までに投函、受付された年賀状は元旦に届くように配慮されています。12月26~28日に投函された分は1月1日中に届けるように取り組まれていますが、地域などによっては順次到着するというのが実情のようです。12月29日~31日にかけて投函された年賀状については1月3日以降に届くと思ってよいかもしれません。

年賀状の配達時間は?

新年の年賀状の配達は、元旦である1月1日の午前中に届くよう努力されています。しかし、詳細な時刻は地域によって異なります。

1月2日に年賀状の配達はある?

2005年から2016年は1月2日の配達があったため、1月2日に年賀状が届くと思っている人も多いでしょう。しかし、2017年からは1月2日の配達を取りやめています。元旦に届かなかった年賀状は1月3日以降に届くため、なるべく早く投函するように心がけたいですね。

年賀状の受付はいつからいつまで?

Image

郵便局で年賀状の受付を行っているのは、前の年の12月15日から、新年の1月7日までです。年賀状を12月14日以前に出すと普通郵便として年内に届いてしまうケースがあります。受付期間中に投函・受付するようにしましょう。

年賀状はいつからいつまで発売している?

Image

年賀はがきの販売は11月1日から翌年の1月5日までです。年賀状のプリントサービスなどもその期間内での申し込み受付を行っているところがほとんどです。

利用しているサービスや業者がある場合は、事前にいつまで申し込み受付を行っているかを確認しておき、年賀状が足りなくなって困ることのないようにしたいですね。

年賀状には消印がないのはどうして?

Image

年賀状に消印がないのにはふたつの理由があるようです。ひとつは短期間に投函され期日を守って配達しなくてはならない配達物である「年賀状」の量が多いことで、消印を押す作業が間に合わないため、手間を省くこと。もうひとつは、年賀状は投函、配達の期間が限定されているものであり、消印の必要性が低いことです。

消印がないことで再利用ができるのではないか、と考える人もいるようですが、機械で分けられた年賀状には、ブラックライトをかざすと光るバーコードが印刷されています。また郵便局で年賀状を区分するときに再利用に気づけるようにくふうされています。新年の心づくしのあいさつを再利用という形で踏みにじる人は少ないという考えからも、年賀状には消印がないようですね。

ちなみに1月8日以降に投函されたものには消印がつきます。

年賀状をいつまでに出せば良いか事前にチェックを

Image

年賀状は出す人、出さない人と意見がわかれてしまうものですが、年賀状を出すのなら、なるべく元旦に届けたいですよね。なるべく早めに年賀状作成に取り掛かり、いつまでに出せば良いかを確認しておくと良いでしょう。

日ごろからかかわる相手にはもちろんですが、妊娠中のママ、赤ちゃんが生まれたママ、子どもの成長の節目をむかえたママは、遠く離れた地域に住む人や疎遠になった人にも気持ちや状況を伝えられる良い機会です。受け取り相手の笑顔を思い浮かべて、期日を守って投函できると良いですね。

年賀状作成はネット注文で簡単に

年賀状をネット注文できるサービスが今おすすめです。自身でデザインを決めることができ、宛名も印刷してくれるのでとても簡単に年賀状を作成できます。注文後は2~3営業日で配達してくれるため、早くて便利です。デザインと宛先を考えたあとはワンクリックで送付できる状態の年賀状が届くのが嬉しいですね。

■ネットスクウェア

Mainbanner a引用元:nenga.print-netsquare.com

とにかく安く作りたいという人におすすめなのがネットスクエアです。600種類以上のデザインの中から選ぶことができます。早期割引もあり、送料も完全無料です。写真入り年賀状を得意としており、印刷の種類も3種類から選べるので、きれいで安く写真入り年賀状を作りたい方にはネットスクウェアが良いでしょう。

【ネットスクウェアの特徴】
・全国一律送料無料
・デザイン数1,000種類以上
・富士フィルムの写真プリントで品質抜群
・業界最安値を目指し、はがき代が1枚47円
・最短翌営業日発送
・WEB上で管理できる便利な宛名管理機能

公式サイトはこちら
Image

【2018戌年】年賀状をネットで注文!写真印刷がキレイで安いおすすめ業者5選!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29150

あわせて読みたい

Image

サンタの正体を聞かれたら?子どもは何歳まで信じる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27141
Image

クリスマスの部屋の飾りつけのコツとおすすめのアイテムは?装飾のアイデア8選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29238
Image

年賀状の整理・収納のアイデアは?もらった年賀状は処分する?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29134
Image

年賀状の書き方のマナーは?お祝いの言葉やあいさつ文の文面をご紹介!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29128
Image

幼稚園・保育園の先生へ年賀状は出しても良い?文面や宛名の書き方は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29143
Image

家族写真入りの年賀状を送るときの注意点!差出人の書き方は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29158
Image

子育て中のお正月の過ごし方!初詣や旅行・お正月遊びなど

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29294

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

mamanoko編集部

mamanoko編集部公式アカウントです。 【Ins…

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事