おすすめのグレコのチャイルドシート7選!選び方やおすすめポイントをわかりやすく解説

アメリカでナンバーワンの知名度を誇る「グレコ」をご存じですか?グレコからは、赤ちゃんとの生活を楽にするアイテムが販売されています。世界80か国以上で販売されていることからも、人気の高さがうかがえます。ここでは、グレコのおすすめチャイルドシートをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

48991

目次

  1. グレコのチャイルドシートは快適・便利
  2. 60年以上の歴史のある「グレコ」ってどんな会社?
  3. チャイルドシートを選ぶポイント
  4. グレコのおすすめチャイルドシート7選
  5. 人気店とのコラボ限定チャイルドシートで差をつける
  6. グレコのチャイルドシートをRakuten・Amazonでチェック!
  7. グレコのチャイルドシートはママにも赤ちゃんにも快適
  8. グレコのチャイルドシートの関連記事はこちら

グレコのチャイルドシートは快適・便利

グレコのチャイルドシートは、赤ちゃんの身体を守るために、安全や安心を徹底的に追及して設計されているので、赤ちゃんも居心地良く快適に過ごすことができます。「育児をもっと楽に、家族をもっと楽しくする」というグレコのチャイルドシートは、耐久性も抜群で長く使える優れものです。軽くてコンパクトなので、ママにも優しいチャイルドシートだといえるでしょう。

60年以上の歴史のある「グレコ」ってどんな会社?

Image

アメリカNo.1育児ブランド

グレコがアメリカNo.1育児ブランドといわれる理由は、アメリカのママの91%が知っているブランドだからです。2010年にグレコが実施した、米国在住の0~24ヶ月の子どもを持つママ400名と妊婦200名を対象としたアンケート調査によってわかりました。

世界80ヶ国以上で展開

グレコの商品は世界80ヶ国以上で販売されています。言い換えれば、80ヶ国以上のパパやママに認められているということです。子育てをより豊かにすることはもちろん、赤ちゃんの安全を第一に考え、60年以上にわたって製品を開発・製造しています。

日本のSG規格やヨーロッパ安全基準など、各国の厳しい安全基準に適合する製品を作っており、徹底した品質管理や試験が実施されています。グレコは高い品質と高い信頼性のブランドとして、世界中のママやパパに認められているのです。

日本ではアップリカがサポート

海外製品だと「何か問題が生じたときに不安」と思う方も少なくないのではないでしょうか。しかし、日本ではグレコ商品のサポートを「アップリカ(アップリカ・チルドレンズプロダクツ株式会社)」が行っているため、心配する必要はありません。

ベビー用品を長年販売しているアップリカが窓口になっていれば、購入前の相談や、何か問題があったときに対応してもらえるので、パパママも安心ですね。

チャイルドシートを選ぶポイント

Image

適応車種

スポーツタイプの車やコンパクトカー、ミニバンタイプのものまで、車の種類はさまざまです。シートやシートベルトも車によって異なります。「チャイルドシートを買ったのに取りつけられない…」とならないよう、現在利用中の車に、購入したいチャイルドシートが設置可能かどうか確認することをおすすめします。

購入する前に試着させてもらえると、安心して購入することができますね。試着が難しい場合は、 メーカーのホームページにある適合表などを見て、取りつけ可能か確認してみましょう。

対象年齢

チャイルドシートは、子どもの成長にあわせて乳児用・幼児用・学童用と種類があります。チャイルドシートを選ぶ際には、いつからいつまで使用するのか考えておくと選びやすいですよ。

それぞれの時期にあった専用のチャイルドシートは、子どもの年齢や体格にあっているものなので安全性が高いといえるでしょう。しかし、使用期間が短いため、買い替えが必要になります。

チャイルドシートの中には、乳児用・幼児用・学童用と、兼用で長く使用できるものもあります。それぞれの時期で固定方法が変わるものもあるので、正しく使用しましょう。兼用タイプは買い替える必要がないので、経済的な負担が減らせます。

安全基準を満たしているもの

子どもを守るチャイルドシートは、安全基準を満たしているかが重要なポイントです。国土交通省の安全基準を満たしているチャイルドシートには「型式指定マーク」または「型式認定マーク」がついています。マークを確認して購入すると安心です。

設置のしやすさ

せっかくチャイルドシートを買っても、固定方法が難しくてわからなければ、正しく使うことは困難です。ママが使いやすく、設置しやすいチャイルドシートを選びましょう。

使いやすさ

子どもを守るチャイルドシートは、使いやすさも選ぶポイントです。たとえば、チャイルドシートを使いたい車が2台ある場合、設置しやすくて持ち運びが楽なものであれば、2つ購入せずに済みます。また、片手で赤ちゃんを抱っこして車に乗せるとき、回転するチャイルドシートであれば楽かもしません。

インナーパッドが洗えるチャイルドシートを選べば、いつでも清潔な場所に赤ちゃんを乗せることができるので安心です。さまざまなシチュエーションを想像し、理想にぴったりのチャイルドシートを選んでみましょう。

グレコのおすすめチャイルドシート7選

マイルストーン

【グレコ】マイルストーン
¥24,800〜(2018/12/13 時点)

■適応年齢 新生児~11歳まで
■適応体重 2.5kg~36kgまで
■重量 8.3kg

新生児から12年間、買い替えなしで使うことができるチャイルドシートです。子どもの成長にあわせ、新生児からは「後ろ向きチャイルドシートモード」、体重が9kgになったら「前向きチャイルドシートモード」、15kgからの子どもには「ジュニアシートモード」の3ステップで使用できます。

肌触りの良いやわらかいクッションが使われているので、乗り心地も快適です。インナークッションは簡単に外せるため、洗濯機での丸洗いが可能です。リクライニング機能は4段階で、赤ちゃんの成長にあわせて使うことができます。

■この商品に関する口コミ
セットアップも簡単で、生後2ヶ月の子どももぐっすり眠るほどリラックスしていました。

引用元:review.rakuten.co.jp

G-FIX

【グレコ】G-FIX ISOFIX対応モデル
¥33,480〜(2018/12/13 時点)

■対象月齢 新生児~4歳頃まで
■重量 14.5kg

新生児から使える、ISOFIX対応モデルのチャイルドシートです。ISOFIXとは、2012年7月以降に販売されている車に標準装備が義務づけられている取りつけ金具で、車の背もたれと底面の隙間にあります。車に設置されている金具にチャイルドシートのコネクターを差し込めば、簡単に取りつけることが可能です。

もちろん、ISOFIX対応の車でなくても、これまでのシートベルトでの取りつけにも対応できます。

新生児向けのパッドは厚みがあるため、安全性はもちろん乗り心地も快適です。赤ちゃんを乗せたままワンタッチでリクライニングが可能なので、寝てしまっても起こす必要がなく、便利です。

■この商品に関する口コミ
・説明書を読んで数分で設置が完了しました。乗せると気持ち良いのか、スヤスヤ寝ています。
・ISOFIX取りつけに感動しました。カチッと簡単に取りつけできます。

引用元:review.rakuten.co.jp

G-FLOW

【グレコ】G-GLOW
¥12,800〜(2018/12/13 時点)

■対象年齢 新生児から4歳頃まで(体重25.kg~18kgまで)
■重量 5.8kg

コンパクトでとても軽いチャイルドシートです。ママひとりでの持ち運びや取りつけも、簡単に行えます。厚みのある新生児パッドや柔らかな素材のヘッドパッドのおかげで、新生児も安心して乗せることができます。シートの両サイドには大きな通気ホールがあり、素材はメッシュなので通気性も抜群です。

リクライニングの角度は3段階に調節が可能です。シートカバーは取り外しが可能なので、食べこぼしや汗などで汚れてしまっても、きれいに洗えます。いつでも清潔な場所に乗せることができるのは嬉しいですね。

■この商品に関する口コミ
・軽くて設置しやすく、子どももぐずらずによく寝ています。
・取りつけも簡単で使いやすいです。産まれたばかりの我が子もぐっすり眠っていました。

引用元:review.rakuten.co.jp

エアポップ

【グレコ】エアポップ
¥12,509〜(2018/12/13 時点)

■対象月齢 1歳頃~11歳頃まで
■重量 5.2kg

ドット柄がとてもかわいいチャイルドシートです。1歳頃から使用できるので、ベビーシートを卒業した子どもや、下の子が生まれたときにぴったりです。チャイルドシートのいたるところにエアーホールがあるので、汗をよくかく子どもも快適に過ごせます。

子どもの成長にあわせて「チャイルドシートモード」「ジュニアシートモード」、背もたれを外した「ブースターシートモード」に変更できます。コンパクトなチャイルドシートなので、コンパクトな車でもすっきり使えます。5.2kgと軽いため、持ち運びも簡単です。

■この商品に関する口コミ
・本体もしっかりしていて、取りつけも簡単で大満足です。
・メッシュなので暑くないのか、機嫌良く乗っています。

引用元:review.rakuten.co.jp

ジュニアプラスDX

【グレコ】ジュニアプラスDX
¥7,980〜(2018/12/13 時点)

■対象月齢 3歳頃~11歳頃まで(体重15kg~36kgまで)
■重量 3.8kg

子どもが成長してもしっかりフィットするチャイルドシートです。ヘッドサポートは6段階に、アームレストは2段階に調節が可能です。頭部と座面には衝撃吸収素材が使われています。

乗り心地が良く、衝撃を和らげる構造になっているのが特長です。背もたれは取り外しが可能で、付属の肩ベルト調節クリップを使えば、子どもの肩にシートベルトをしっかりフィットさせることができます。

■この商品に関する口コミ
・取り扱いが簡単で、すぐに使用できました。
・作りもしっかりしていて安定感があり、買って正解でした。

引用元:review.rakuten.co.jp

ポータブルジュニア

【グレコ】ポータブルジュニア
¥7,800〜(2018/12/13 時点)

■対象年齢 3歳頃~11歳頃まで(体重15kg~36kgまで)
■重量 3.8kg

使わないときは小さくたためるチャイルドシートです。持ち運びが楽になるので、他の車につけ変えるのも簡単です。

ヘッドサポートの高さを調節すれば、子どもの成長にあわせて長く使うことができます。面ファスナーを外すだけでシートカバーの取り外しができ、手洗いも可能なので、清潔に使い続けられます。

■この商品に関する口コミ
使わないときはトランクに置けるし、運ぶのも楽です。品質も良いです。

引用元:review.rakuten.co.jp

コンパクトジュニア

【グレコ】コンパクトジュニア
¥3,576〜(2018/12/13 時点)

■対象体重 15kg~36kgまで
■重量 2.5kg

座面だけのタイプのジュニアシートです。アームレストは子どもの成長にあわせて2段階に変えることができ、シートベルトが子どもの首にかからないよう、肩ベルト調節クリップがついています。

シートは丸洗いが可能です。食べこぼしや汗などの気になる汚れも洗い落すことができ、いつまでも清潔に使い続けられます。また、両サイドにカップホルダーがついていて便利です。シートの柄もかわいいので、ドライブの時間が楽しくなりそうですね。

■この商品に関する口コミ
・設置も簡単でずれることもなく、とても満足しています。
・両サイドのポケットにおもちゃや飲み物が入れられるので喜んでいます。

引用元:review.rakuten.co.jp

人気店とのコラボ限定チャイルドシートで差をつける

【グレコ】ジュニアプラスDX ハローキティ マイメロディ
¥9,980〜(2018/12/13 時点)

■対象年齢 3歳頃~11歳頃まで(15kg~36kgまで)
■重量 3.8kg

グレコは、西松屋や赤ちゃん本舗、ベビーザらスなどのお店とのコラボチャイルドシートや、かわいいキャラクターのチャイルドシートがあるため、子どもの好きなチャイルドシートを選びやすいブランドです。値段もリーズナブルなものが多いので、ぜひお気に入りのチャイルドシートを選んでくださいね。

グレコのチャイルドシートをRakuten・Amazonでチェック!

Rakuten・Amazonでグレコのチャイルドシートの他の商品を探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

グレコのチャイルドシートはママにも赤ちゃんにも快適

安全性だけでなく、デザイン性にも優れているグレコのチャイルドシートは、乗り心地や使いやすさも抜群です。赤ちゃんや子どもが車内で気持ち良く過ごせるだけでなく、ママも快適に使えるのはうれしいですよね。赤ちゃん用品を扱っているお店やネット通販でも手に入れられるので、ぜひママと赤ちゃんにぴったりのグレコのチャイルドシートを探してみてくださいね。

グレコのチャイルドシートの関連記事はこちら

人気のジュニアシート13選!チャイルドシートからの切り替えはいつ?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24548
Image