更新日:2018年04月12日

【関東】GWに子連れでおでかけ!おすすめスポット23選【定番から穴場まで】

GWは長期休暇を取得しやすいことから、日帰りのおでかけを計画している家庭は多いでしょう。しかし、GWにはどこも混雑が予想されるため、さまざまな施設を下調べしてアクセスしやすい場所を選んだほうが良い場合もあります。GWを計画的に楽しめるよう、子連れで行きたい関東のおすすめ施設や穴場スポットを紹介します。

112666
0

【東京】GWに子連れにおすすめのスポット4選

1.葛西臨海公園

Image

「葛西臨海公園」は、東京湾に面した広い芝生と潮の香りが心地良い公園です。園内にはパークトレインや大きな観覧車があり、子どもたちは身体をたくさん動かして遊ぶことができるでしょう。隣接の葛西臨海水族園は別途入場料が必要ですが、さまざまな海の生き物が見られるため、人気の子連れスポットのひとつとなっています。

【施設情報】
▼住所:東京都江戸川区臨海町6丁目
▼TEL:03-5696-1331(葛西臨海公園サービスセンター)
▼営業時間:常時開園
※水族館開園時間/9:30~17:00(特定日は18:00まで)
▼定休日:年末年始
※葛西臨海水族園/大観覧車は定休日有
▼アクセス:
<電車/バス>
・JR京葉線「葛西臨海公園駅」から徒歩1分
・メトロ東西線「西葛西駅」/メトロ東西線「葛西駅」から都バス20分
<車>「首都高速湾岸線:葛西」IC下車すぐ
▼料金:無料
※水族館など一部有料施設あり

葛西臨海・海浜公園、葛西臨海水族園 江戸川区公式ホームページ

2.東京ドームシティ ASOBono!

Mainvisual index 001引用元:www.tokyo-dome.co.jp

東京ドームシティの「ASOBono!」は、雨の日でも親子で楽しめる屋内型のキッズ広場です。赤ちゃんが安心して遊べるスペースから幼児が楽しめる巨大なボールプールやプラレール広場まで、幅広い遊び場が魅力です。

施設内は、海のエリアや森のエリア・街のエリアなどにわかれています。それぞれの特徴をいかした遊具やスペースが充実しているため、閉館間際まで楽しむ親子がたくさんいますよ。

【施設情報】
▼住所:東京都文京区後楽1-3-61
▼TEL:03-5800-9999
▼営業時間:
・平日:10:00~18:00
・土日祝:9:30~19:00
※受付終了は閉館の70分前
▼定休日:無休
▼アクセス:
<電車>
・JR都営三田線「水道橋駅」から徒歩5分
・東京メトロ丸ノ内線/南北線「後楽園駅」から徒歩8分
・都営大江戸線「春日駅」から徒歩10分
<車>首都高速5号線「飯田橋ランプ」または「西神田ランプ」で下り秋葉原方面へ
▼駐車場:有/有料
▼料金:
<大人>930円/1日
<子ども>
・930円/60分
・以降410円(30分ごと/再入館不可)
・5ヶ月以下の子どもは入館無料
<子ども1日フリーパス>
・1,650円/1日(2018年4月1日より)

屋内型キッズ施設 ASOBono! | 東京ドームシティ

3.NHKスタジオパーク

Image

「NHKスタジオパーク」では、子どもたちに人気のNHKアニメやキャラクターの展示や体験など、さまざまなコーナーを楽しむことができます。日にちや時間によっては、お馴染みのキャラクターが出迎えてくれたりイベントが開催されたりすることがありますよ。

アニメのアフレコ体験や懐かしの子ども番組のコーナーも充実しているので、親子で楽しめるスタジオといえるでしょう。

【施設情報】
▼住所:東京都渋谷区神南2-2-1 NHKスタジオパーク
▼TEL:03-3485-8034
▼営業時間:10:00〜18:00(最終入場17:30)
▼定休日:毎月第4月曜日(その他臨時休業があるためHP参照)
▼アクセス:
<電車>JR「原宿駅」表参道口/東京メトロ「明治神宮前駅」2番出口から徒歩12分
▼駐車場:無
▼料金:
・大人…200円
・子ども…無料(高校生以下/18歳未満・65歳以上も無料)

NHKスタジオパーク

4.多摩動物公園

Image

広大な敷地に世界中のさまざまな動物や昆虫が生息する「多摩動物公園」では、動物たちが自由に動く様子が観察できます。園内はアジア園・アフリカ園・昆虫園などにわかれており、それぞれの大陸の動物が楽しめますよ。

とても広い敷地なだけに、シャトルバスが運行していたり無料のガイドツアーサービスがあったりとサービスが充実しています。子どもの年齢や体調によって回り方を選べると良いですね。

【施設情報】
▼住所:東京都日野市程久保7-1-1
▼TEL:042-591-1611
▼開園時間:9:00~17:00
※入園および入園券・年間パスポートの発売は16:00まで
▼休園日:
・水曜日(水曜日が国民の祝日や振替休日)
・12月29日~翌年1月1日
▼アクセス:
<電車>京王線/多摩モノレール「多摩動物公園駅」から徒歩1分
<車>中央自動車道「国立府中IC」から約20分
▼駐車場:無/周辺の有料駐車場を利用
▼料金:
・一般…600円
・中学生…200円
※小学生以下(小学校6年生まで)/都内在住・在学の中学生は無料
※GW中みどりの日(5月4日)は無料開園日

多摩動物公園公式サイト

【神奈川】GWに子連れにおすすめのスポット3選

1.横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

Image

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」は、子どもたちに人気が高いアンパンマンの世界を楽しめる、体験型ミュージアムです。アンパンマンの世界を再現したジオラマや、人形劇やパネルシアター・紙芝居などのイベントが開催されることもありますよ。

ミュージアム以外のモールやレストランは入場料が必要ないため、グッズ購入やアンパンマンならではの食事を楽しみたい方も気軽に入場できます。

【施設情報】
▼住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい4-3-1
▼TEL:045-227-8855
▼営業時間:
・10:00~18:00(最終入館17:00まで)
・ショッピングモール19:00まで
▼定休日: 元日(臨時休業は問い合わせが必要)
▼アクセス:
<電車>
・みなとみらい線「新高島駅」から徒歩7分
・ブルーライン「高島町駅」より徒歩7分
<車> 首都高横羽線「みなとみらい」下りる
▼駐車場:有/有料(最初の1時間520円より)
▼料金:1,500円(1歳以上:小学生以下は記念品付き)

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

2.横浜・八景島シーパラダイス

Image

海と島と生きもののテーマパーク「横浜・八景島シーパラダイス」は、水族館やアトラクション・レストラン・ショッピングモールなどがあり、家族で楽しむことができる施設です。

季節によっては、海の生き物と触れ合える「ふれあいラグーン」や、魚を釣ってその場で食べられる「うみファーム」など、年齢によってさまざまな楽しみ方がありますよ。日帰りのファミリーが多いですが、シーパラダイス内にあるホテルに宿泊し、2日かけて園内を回るプランもおすすめです。

【施設情報】
▼住所:横浜市金沢区八景島
▼TEL:045-788-8888
▼営業時間/定休日:季節による変動があるためHPのカレンダーを参照
▼アクセス:
<電車>シーサイドライン「八景島駅」から徒歩5分
<車>首都高速湾岸線「幸浦」/横浜横須賀道路「並木インターチェンジ」下りる
▼駐車場:1,200円/1日
▼料金:
<アクアリゾーツパス>
大人・高校生…3,000円
小・中学生…1,750円
幼児(4歳以上)…850円

横浜・八景島シーパラダイス - YOKOHAMA HAKKEIJIMA SEA PARADISE

3.ファンタジーキッズリゾート海老名

Image

「ファンタジーキッズリゾート海老名」は、12歳までの子どもとその家族が楽しめる室内型遊園地です。大きなエアー遊具が多く、安心して遊ぶことができますよ。2歳以下が遊べるコーナーもあるため、小さな子どもも安心ですね。

遊具の他に、好きな衣装に着替えられる撮影コーナーや室内で砂遊びができるゾーンがあるため、幅広い年齢の子どもが楽しめるでしょう。

【施設情報】
▼住所:神奈川県海老名市中央3-2-5 ショッパーズプラザ海老名3F
▼TEL:046-400-7788
▼営業時間:
・平日…10:00~19:00
・休日…10:00~20:00
※休日は土/日/祝日/国民の休日/学校が長期休暇となる春/夏/冬休みの期間中
▼定休日:無休
▼アクセス:
<電車>
・JR相模線「海老名駅」から徒歩8分
・小田急・相鉄「海老名駅」中央改札口から徒歩3分
<車>東名「厚木」ICから30分
▼駐車場:約750台/5時間まで無料
▼料金:年会費…1家族350円
<ファンタジーパック(遊び放題)>
・平日…990円/1歳以上
・休日…1,200円/1歳以上

ファンタジーキッズリゾート | ファンタジーキッズリゾート

【千葉】GWに子連れにおすすめのスポット4選

1.ふなばしアンデルセン公園

Image

「ふなばしアンデルセン公園」は、船橋市がデンマークのオーデンセ市と姉妹都市であることから、童話作家のアンデルセンがモチーフになっている広大な公園です。大きなすべり台やフィールドアスレチックがあり、元気いっぱいに遊ぶことができますよ。

【施設情報】
▼住所:千葉県船橋市金堀町525番
▼TEL:047-457-6627
▼営業時間:9:30~16:00(特定日のみ9:30~17:00)
▼定休日: 月曜日(祝日、春・夏・冬休み期間は開園)
▼アクセス:
<電車/バス>
・新京成線「三咲駅」からバス15分
・JR線「船橋駅」北口からバス40分他
<車>
・京葉道路「花輪」ICから40分
・東関東自動車道「千葉北」ICから30分他
▼駐車場:有(有料/普通車500円)
▼料金:
・一般…900円
・高校生(生徒証を提示)…600円
・小/中学生…200円
・幼児(4歳以上)…100円
※GW5月5日は中学生以下入園無料

ふなばしアンデルセン公園:TOPページ

2.マザー牧場

File163引用元:www.motherfarm.co.jp

「マザー牧場」は、乳牛の乳しぼりや乗馬など、普段体験できない動物との触れ合いを楽しめます。アトラクションや手作りの体験・イチゴ狩りなどの体験型イベントも充実しているので、自然を楽しみたい方にもおすすめですよ。

【施設情報】
▼住所:千葉県富津市田倉940-3
▼TEL:0439-37-3211
▼営業時間:
<2月~11月>
土日祝/9:00~17:00・平日/9:30~16:30
※季節による変動有
▼定休日:不定期(HPを参照)
▼アクセス:
<電車/バス>
・JR内房線「君津駅」から無料送迎バス(要予約)
・JR内房線「佐貫町駅」から直行バス(有料)
<車>館山自動車道「君津PA」スマートICから約10分
▼駐車場:有/乗用車900円
▼料金:
・大人(中学生以上)…1,500円
・小人(4歳~小学6年生)…800円
※わくわくランド/マザーファームツアーなどは別途料金が必要

マザー牧場|花と動物たちのエンターテイメントファーム

3.佐倉草ぶえの丘

Minisl2引用元:www.city.sakura.lg.jp

「佐倉草ぶえの丘」は、自然の中で農業体験ができたり動物との触れ合いを楽しめたりする公共施設です。ミニ鉄道やフィールドアスレチックなど、子どもたちが遊べるスポットが充実しています。さまざまな種類のバラが植栽された大きなバラ園が人気で、ベビーカーで散歩をするだけでリフレッシュできると評判です。

【施設情報】
▼住所:千葉県佐倉市飯野820
▼TEL:043-485-7821
▼営業時間:
<3~10月>9:00~18:00
<11~2月>9:00~16:30
▼定休日:月曜日(11~3月)/年末年始(12月29日~1月1日)
▼アクセス:
<電車>京成線「京成佐倉駅」から循環バス
<車>東関東自動車道「佐倉」ICより25分
▼駐車場:無料/最大500台
▼料金:
・大人…410円
・小/中学生…100円
・未就学児…無料
※ミニ鉄道などは別途料金が必要

佐倉草ぶえの丘

4.清水公園

Img main05引用元:fieldathletics.jp

「清水公園」は、フィールドアスレチックや立体迷路、ポニー乗馬など、自然の中で思い切り身体を動かしたり、動物と触れ合ったりすることができるアウトドア・レジャー施設です。キャンプやマス釣りなどの体験施設があるため、子どもから大人まで楽しめます。

【施設情報】
▼住所:千葉県野田市清水906
▼TEL:04-7125-3030
▼営業時間:フィールドアスレチック・ポニー牧場などの時間はHP参照
▼定休日:年末年始(12月30日~1月1日)
※悪天候の場合は施設により休園有
▼アクセス:
<電車>東武アーバンパークライン「清水公園駅」西口から徒歩10分
<車>常磐自動車道「流山」「柏」ICから12km
▼駐車場:有/有料
▼料金:無料
※アスレチックなど一部施設は有料

清水公園 公式ホームページ

【埼玉】GWに子連れにおすすめのスポット3選

1.埼玉県こども動物自然公園

Image

「埼玉県こども動物自然公園」には、コアラやカンガルー・ニホンカモシカなど、関東ではなかなか見ることのできない動物がたくさん生息しています。ポニー乗馬・ペンギンやヤギへのエサやりが体験でき、動物や自然と触れ合うことができますよ。

ピクニック広場や恐竜ゾーン・こどもの城など、幅広い年齢の子どもが身体を動かして遊べるコーナーも人気です。

【施設情報】
▼住所:埼玉県東松山市岩澱554
▼TEL:0493-35-1234
▼営業時間:9:30~17:00(11月15日~2月10日は16:30)
▼定休日:月曜日(休日のときは開園)
▼アクセス:
<電車>東武東上線「高坂駅」から鳩山ニュータウン行きバス
<車>
・東京から…関越自動車道「鶴ヶ島IC」から坂戸方面
・群馬から…関越自動車道「東松山IC」から川越・川島方面
▼駐車場:有/普通車:600円
▼料金:
・大人(高校生以上)…510円
・小人(小・中学生)…210円

埼玉県こども動物自然公園 Saitama Children's Zoo

2.みさと公園

Yuugu4引用元:www.pref.saitama.lg.jp

「みさと公園」は、大きな木製のすべり台やアスレチックで思い切り身体を動かせる公園です。よちよち歩きの子どもも、大きな芝生広場で安心して遊べますよ。年間を通してバーベキュー施設が開設されているため、子どもから大人まで楽しめるのも特徴です。

【施設情報】
▼住所:埼玉県三郷市高州3丁目地内
▼TEL:048-955-2067
▼営業時間:常時開園
※炊飯場は9:00~16:00
▼アクセス:
<電車>
・JR武蔵野線「三郷中央駅」から金町駅南口行きバス
・京成/千代田線「金町駅」から三郷駅行きバス
<車>東京外かく環状道路三郷南ICから10分
▼駐車場:有/有料(2時間まで1,000円)
▼料金:無料

みさと公園 - 埼玉県

3.国営武蔵丘陵森林公園

「国営武蔵丘陵森林公園」には、東京ドーム65個分という広大な敷地に、日本一大きなエアートランポリンやアスレチックコースなど、子どもが楽しめる遊具がたくさんあります。園内には2種類のバスが走っているので、小さな子どもが疲れても移動しやすく安心ですね。

【施設情報】
▼住所:埼玉県比企郡滑川町山田1920
▼TEL:0493-57-2111
▼営業時間:
・9:30~17:00(3~10月)
※季節による変動有
▼定休日:
・年末年始(12月31日/1月1日)
・1月の第3、第4月曜日
▼アクセス:
<電車・バス>東武東上線「森林公園駅」/JR高崎線「熊谷駅」からバス
<車>関越自動車道「東松山」ICから熊谷方面へ約10分
▼駐車場:有/普通車620円
▼料金:
・大人(高校生以上)…450円
・中学生以下…無料
※GW5月4日(金・祝)は無料開園日

国営武蔵丘陵森林公園 | 全国で初めての国営公園

【群馬】GWに子連れにおすすめのスポット3選

1.軽井沢おもちゃ王国

「軽井沢おもちゃ王国」は、大自然をいかしたツリーハウスや迷路のアスレチックが楽しめるテーマパークです。子どもたちに人気のトミカ・プラレールランドやリカちゃんハウスといったおもちゃの部屋、電車の運転体験など、子どもたちにとって魅力的なアトラクションがたくさんありますよ。

施設内にはおむつ替えや授乳スペースがあるだけでなく、ベビーカーが貸し出されていたりお湯が用意されていたり、赤ちゃん連れに優しいサービスが充実しています。

【施設情報】
▼住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
▼TEL:0279-86-3515
▼営業期間2018年4月20日~11月25日
▼営業時間:
・平日:10:00~17:00(11月は16:30まで)
・土日祝:9:30~17:00 (11月は16:30まで)
※GW(4月28日~5月6日)は9:00~17:00
▼定休日:4月2日~4月19日/6月27日
▼アクセス:
<電車>
・JR北陸新幹線「軽井沢駅」より送迎バスで60分(要予約)
・JR吾妻線「万座・鹿沢口駅」より路線バス/タクシー10分
<車>上信越自動車道「碓氷軽井沢」ICから約60分
▼駐車場:有/無料
▼料金:
<フリーパス>
・大人…3,100円
・小人…2,900円(2歳~小学生)
・0歳~1歳は無料

見て、触れて、体験できる「おもちゃのテーマパーク」軽井沢おもちゃ王国

2.群馬県立 観音山ファミリーパーク

Image

「群馬県立 観音山ファミリーパーク」は、全長62mのローラーすべり台や広大な広場があり、小さな子どもが思い切り身体を動かして遊べる公園です。赤ちゃんが遊べるクラフト工房やペダルのない幼児自転車の専用コースなど、普段体験することができないコーナーが楽しめます。

ベビーカーの貸し出しの他に、救護室や赤ちゃんコーナーなど子連れのサポートが充実しているので、いざというときに安心ですね。

【施設情報】
▼住所:群馬県高崎市寺尾町1064-30
▼TEL:027-328-8389
▼営業時間:
・7:30~18:30(4~10月)
※季節による変動有
▼定休日:年末年始
▼アクセス:
<電車>
JR線「高崎」駅から上信バス約30分
※4月~10月の土日祝のみ3便運行
<車>
・上信越自動車道「吉井」IC下りる
・国道17号線/国道254号線からのルート有
▼駐車場:有/無料
▼料金:無料

群馬県立観音山ファミリーパーク

3.るなぱあく(前橋市中央児童遊園)

「るなぱあく」は、日本一懐かしい遊園地をコンセプトに、レトロでどこか懐かしいアトラクションを運行しています。くるくるサーキットやメリーゴーラウンドといった子どもの大好きなアトラクションが充実しており、1回10円~50円とリーズナブルな価格も評判です。

子どもが4歳未満の場合、子どもひとりにつき大人ひとりまでの付き添いが無料なので、小さな子どもも安心して遊ぶことができますね。

【施設情報】
▼住所:群馬県前橋市大手町3-16-3
▼TEL:027-231-6774
▼営業時間:
・9:30~17:00(3月~10月)
※季節による変動有
▼定休日:火曜日
※春休み・夏休み期間は開園
▼アクセス:
<電車>
最寄り駅:JR「前橋駅」/JR「新前橋駅」/上毛電鉄「中央前橋駅」よりバス
<車>国道17号線より「千代田町三丁目」交差点曲がる
▼駐車場:有/無料
▼料金:無料
※別途乗り物は料金が必要

にっぽんいち なつかしい ゆうえんち - LunaPark るなぱあく

【栃木】GWに子連れにおすすめのスポット3選

1.那須どうぶつ王国

Image

「那須どうぶつ王国」はさまざまなゾーンにわかれた動物園で、王国イベント館・アニマルスタジアム・アクアステージなどのコーナーで、動物たちのショーを観覧することができます。王国タウンは屋内施設がメインのため、雨の日でも楽しめますよ。

各施設では、動物との触れ合いや餌やりが体験できます。広大な施設はリフトやワンニャンバス・トラクターバスで移動することができるため、乗り物が好きな子どもにもおすすめです。

【施設情報】
▼住所:栃木県那須郡那須町大島1042-1
▼TEL:0287-77-1110
▼営業時間:
・10:00~16:30(平日)
・9:00~17:00(土日祝)
・8:00~17:00(GW)
▼定休日:不定期の水曜日(HP参照)
▼アクセス:
<電車>JR東北本線「那須塩原駅」「黒磯駅」などからシャトルバス運行有
<車>
・那須高原SAより15分
・那須ICより30分
・白河ICより15分
▼駐車場:有/普通車700円
▼料金:
<王国パスポート>
大人(中学生以上)…2,400円
子ども(3歳~小学生)…1,000円

那須どうぶつ王国

2.ツインリンクもてぎ

Image

「ツインリンクもてぎ」は、子どもが車やバイクを運転する楽しさを味わえる森の中のモビリティーテーマパークです。屋外だけでなく屋内でのアトラクションも充実しているので、雨の日も楽しむことができますよ。施設内にはHONDAのミュージアムがあるため、車が好きなパパにもおすすめです。

【施設情報】
▼住所:栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
▼TEL:0285-64-0001
▼営業時間:9:30~18:00
※季節による変動有
▼定休日:HP参照
▼アクセス:
<電車>JR東北本線「宇都宮駅」からバス90分
<車>
・常磐自動車道「水戸」ICから40分
・北関東自動車道「真岡」ICから50分
▼駐車場:有/有料(1,000円)
▼料金:
・大人(高校生以上)…1,000円
・子ども(小中学生)…500円
・幼児(3歳以上~未就学児)…300円

森の中のモビリティーテーマパーク ツインリンクもてぎ

3.とちのきファミリーランド

Dscf9839引用元:www.park-tochigi.com

「とちのきファミリーランド」は、栃木県総合運動公園内にある、無料で入園できる遊園地です。E5系はやぶさの形をしたジェットコースターや、バッテリーカー、大観覧車など、小さな子どもから大人まで遊べるアトラクションが充実しています。近隣地域からのアクセスも良く、県外から遊びにくる家族が多いようですよ。

【施設情報】
▼住所:栃木県宇都宮市西川田4-1-1
▼TEL:028-659-1332
▼営業時間:
・9:30~17:00(3月~10月)
※季節による変動有
▼定休日:火曜日/年末年始
※GW中3月20日~5月31日は無休
▼アクセス:
<電車>東武宇都宮線「西川田駅」より徒歩15分
<車>北関東自動車道「壬生」/「宇都宮上三川」ICより約20分
▼駐車場:有/無料
▼料金:入場無料
※アトラクションは有料(ワンデーパス有)

とちのきファミリーランド

【茨城】GWに子連れにおすすめのスポット

1.ミュージアムパーク 茨城県自然博物館

T4t引用元:www.nat.museum.ibk.ed.jp

「ミュージアムパーク 茨城県自然博物館」は、宇宙の進化や地球の誕生から現代までの歴史を学ぶことのできる自然系博物館です。ミュージアムコンパニオンによるガイドツアーや野外ガイドツアー、バードウォッチング、化石探しが楽しめますよ。

自然発見器という自然型の施設「夢の広場」では、遊びながら動物たちの生活や行動を疑似体験できます。双眼鏡・フィールドスコープ・ルーペなどの貸し出しが自由なので、自然観察に興味がある子どもにおすすめです。

【施設情報】
▼住所:茨城県坂東市大崎700
▼TEL:0297-38-2000
▼営業時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
▼定休日:月曜日/年末年始
※月曜日が祝日の場合は火曜日休館
▼アクセス:
<電車/バス>つくばエクスプレス「守谷駅」からバス
<車>
・常磐自動車道「谷和原」ICから20分
・首都圏中央連絡自動車道「坂東」ICから25分
▼駐車場:有/無料1,000台
▼料金:
・大人…530円
・高校・大学生…330円
・小・中学生…100円
※GW2018年5月4日は入館無料日

ミュージアムパーク 茨城県自然博物館

2.国営ひたち海浜公園

Image

「国営ひたち海浜公園」の広大な敷地では、ネモフィラなどの四季折々の花を楽しむことができます。園内にシーサイドトレインというミニ電車が走っており、乗り物好きの子どもにおすすめです。プレジャーガーデンエリアでは大観覧車やジェットコースターなどのアトラクションが充実しているため、親子で一日楽めるでしょう。

【施設情報】
▼住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
▼TEL:029-265-9001
▼営業時間:
・9:30〜17:00(3月1日〜7月20日/9月1日〜10月31日)
※季節による変動有
▼定休日:月曜日
※GW中は無休
▼アクセス:
<電車>JR常磐線「勝田駅」からバス
<車>北関東自動車道/常陸那珂有料道路「ひたち海浜公園」ICから約1km
▼駐車場:有/普通車510円
▼料金:
・大人(高校生以上)…450円
・中学生以下…無料

国営ひたち海浜公園 –茨城県ひたちなか市にある国営公園

3.牛久大仏・ふれあい動物公園

Image

「牛久大仏・ふれあい動物公園」は牛久大仏の側にある動物園で、ウサギやヤギなどの動物と触れ合いが楽しめます。特定日には「お猿の曲芸ショー」が催され、子連れのファミリーで賑わいますよ。

牛久大仏の胎内見学ではさまざまな体験をすることができます。胎内の展望台からは天気によってスカイツリーや富士山を眺めることができ、大人も子どもも貴重な経験ができるスポットといえるでしょう。

【施設情報】
▼住所:茨城県牛久市久野町2083
▼TEL:029-889-2931
▼営業時間:
<3月~9月>9:30~17:00(平日)/9:30~17:30(土日祝)
※季節による変動有
▼定休日:年中無休
▼アクセス:
<電車>JR常磐線「牛久駅」東口2番乗り場からバス
<車>圏央道「阿見東」ICを下りて竜ヶ崎方面
▼駐車場:有/無料
▼料金:
・大人…800円
・4歳~小学生…400円

小動物公園|牛久大仏

GWの子連れ関東旅行に関する体験談

mamanoko編集部に寄せられた、GWの子連れ関東旅行に関する体験談をご紹介します。

Image

Comment iconおかあさんといっしょファミリーコンサートに行きました

去年のGWは、渋谷の「おかあさんといっしょ」ファミリーコンサートに家族で参加しました。「おかあさんといっしょ」のファミリーコンサートは歌のお兄さんやお姉さんに会える貴重なチャンスなので、事前にチケットを購入しました。

ファミリーコンサートのチケットは入手が難しいようですが、座席によってはリーズナブルに楽しむことができます。ホールには授乳スペースや、子どものおむつ替えスペースが用意されていて、赤ちゃん連れでも安心できました。

私が参加したのはこどもの日だったこともあり、コンサート終演後に隣のスタジオパークで「子どもの歌」のラジオ公開生放送をしていました。歴代の歌のお兄さんやお姉さんといっしょに手遊びや歌を楽しむことができ、貴重なゴールデンウィークになりました。

Comment icon八景島シーパラダイスへ行きました

去年のゴールデンウィークは、家族で八景島シーパラダイスへ行きました。子どもたちが魚好きのため、水族館であるアクアミュージアムでイルカやセイウチのショーを見た後、ふれあいラグーンで魚との触れ合いを楽しみました。私たちが遊びに行った日はちょうど暖かかったため、気持ち良く水遊びができましたよ。

アトラクションも乗りたいと思いましたが、日帰りの場合、水族館のみの入場券でも一日十分に遊ぶことができます。子どもが大きくなったら、アトラクションも楽しみたいため、シーパラダイス内にあるホテルを予約して2日間かけて遊んでも良いなと思っています。

Comment icon日帰りの場合は、早朝に出発して渋滞を避けています

我が家のゴールデンウィークの一日は、渋滞を避けるために早朝から、日帰りで行けるスポットへ出かけます。高速道路を利用する場合は、朝の4時ごろに自宅を出発をすることもありますよ。子どもが眠りやすいよう、車内にはクッションやブランケットなどを完備しておきます。

開園前に目的地のレジャー施設に着くこともありますが、駐車場が開いていることが多いため、車を停めてしばらく休むことにしています。帰りは渋滞があっても、夫婦で運転を変わりながらゆっくりと帰るようにしています。GWに日帰りで施設などへ遊びに行く際は、渋滞を避けるために時間をずらして行動するのがおすすめです。

GW子連れのおでかけは計画的に

Image

関東には、GW中に子どもも大人も楽しめる施設やテーマパーク・公園がたくさんあります。家庭のライフスタイルや体調により、少し遠出をしたりアクセスしやすい施設を選んだりと、遊びに行く場所を決めてはいかがでしょうか。

GW中はほとんどの施設で混雑が予想されます。車ではなく公共交通機関を利用したほうが良いこともあるでしょう。GWのおでかけは、事前に混雑状況や渋滞情報を確認して、計画的に楽しめると良いですね。

※本記事は2018年4月3日時点での情報です。掲載した時点以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

ゴールデンウィーク

Image

【2018】ゴールデンウィークはいつからいつまで?家族旅行におすすめのプランとGWの過ごし方

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29752

赤ちゃん・子連れおでかけ

Image

【赤ちゃんの飛行機デビュー】いつから乗れる?座席や料金、耳抜き方法や持ち物などを徹底解説!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/2785
Image

赤ちゃん連れ旅行はいつから?【関東・関西】おすすめスポット20選!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29874
Image

赤ちゃんの海水浴はいつから?海水は大丈夫?持ち物やおすすめグッズ5選もご紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29900
Image

飛行機のバシネットとは?座席や予約方法、体重制限は?【体験談あり】

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29849
Image

沖縄子連れ旅行のおすすめ観光プランは?ホテルはどこが良い?持ち物は?【体験談あり】

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30036
Image

赤ちゃんのプールはいつから?おむつは?持ち物やおすすめグッズもご紹介!【体験談あり】

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29876
Image

赤ちゃんの温泉旅行はいつからがおすすめ?マナーやおすすめの宿、入れ方など

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19997
Image

赤ちゃんの電車移動はいつから?料金は?ぐずり対策や体験談をご紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29865
Image

赤ちゃんの新幹線はいつから?【完全ガイド】座席や授乳は?ベビーカーやおむつ替えはどうする?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29631

おでかけ・外遊びグッズ

Image

子連れのお出かけ定番グッズとは?車や長時間での持ち物リスト

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/22744
Image

子どもとのおでかけに必要なものとは?赤ちゃん、幼児、季節別の持ち物リスト

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21443
Image

赤ちゃんと初めてのおでかけ~持ち物・服装・おすすめプラン~

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/9937
Image

年齢別!外遊びのおもちゃ特集!子どもが夢中になるお外グッズ

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28018
Image

軽くてコンパクトに折りたためるベビーバギー10選!ベビーカーとの違いは?いつから使える?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28207

端午の節句・こどもの日

Image

端午の節句の意味とは?菖蒲湯や飾りの由来は?なぜ鯉のぼりや五月人形を飾るの?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29775
Image

鯉のぼりはいつからいつまで飾る?何歳まで?矢車や吹き流しとは?名前や由来、おすすめイベントなど詳しく解説!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28969
Image

五月人形の選び方・相場・種類【完全ガイド】人気商品20選!定番からミニチュアまで!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28961
Image

五月人形を飾る時期はいつからいつまで?収納方法や置き場所、由来やしきたりを徹底解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29844
Image

鯉のぼりのおすすめ27選!室内外・置物・タペストリーなど【種類別】値段や選び方も徹底解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28968
Image

かぶとや鯉のぼりの折り紙の折り方は?【こどもの日】新聞紙やフェルトで簡単に手作りするには?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29770
Image

こどもの日のメニューや食べ物は?簡単レシピやお菓子・ケーキなど人気商品をご紹介【献立に迷ったら必見!】

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29785

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

mamanoko編集部

mamanoko編集部公式アカウントです。 【Ins…

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事