更新日:2017年12月09日

クリスマスリースの意味と由来は?子どもと楽しむ手作りアイデアとおすすめアイテム

12月に入ると、クリスマスの飾りつけを始める人も多いですよね。最近では、クリスマスリースを玄関に飾る家庭も増えています。手作りでオリジナルのクリスマスリースが作れたら素敵ですね。今年は、ひと味違うクリスマスの飾りつけに挑戦してみてはいかがでしょうか。ここでは、クリスマスリースの作り方やおすすめをご紹介します。

6829
0

クリスマスリースの由来と意味

Image

リースの始まりは、さまざまな説がありますが古代ギリシャまでさかのぼります。リースは、もともと結婚式やお祭りの装飾として使われたり、王者の冠としてつけたりしていたようです。古代ローマ人は、葬式のときに石棺にリースを飾るのが風習だったともいわれています。

リースには、もともと「魔よけ」「豊作祈願」「新年の幸福祈願」の3つの願いが込められています。クリスマスリースの形状、色、使う素材によっても、込められた意味が異なるようです。

特別な日に使われるリースとクリスマスとの直接的な関係はわかっていません。しかし、「魔よけ」「豊作祈願」「新年の幸福祈願」を願い玄関に飾ることから、日本のしめ縄のような役割に近いのかもしれませんね。

輪の形の意味

クリスマスリースは輪の形をしており、その形状から「終わりのない永遠」という意味が込められています。とくにクリスマスリースの場合、神の愛に敬意を示し「終わりのない永遠に続く神の愛」をあらわしています。

常緑樹の意味

クリスマスリースは、おもにモミや柊(ひいらぎ)などの常緑樹と柊の赤い実が使われています。常緑樹は1年中枯れないことから、生命力の象徴と農作物の繁栄をあらしているとされます。また、柊の赤い実は、キリストの血と太陽の炎の意味が込められています。

リースに使われる色の意味

最近ではさまざまな色のクリスマスリースが売られていますが、基本の色は「緑」「赤」「白」「金・銀」です。それぞれの色には異なる意味があります。

・緑
永遠の命、生命力、神の永遠の愛

・赤
キリストの血、太陽の炎、大きな愛

・白
けがれのない清らかさ、純粋な心、雪の色

・金と銀
希望、富、キリスト生誕を知らせる星の光、豊かさ

Mobile favicon

クリスマスカラーの由来は?赤・緑・白・金の意味は?

リースに使われる素材の意味

リースに使われる素材には、一つひとつに意味が込められています。

・リボンやベル
魔よけ

・松ぼっくり・麦の穂・姫リンゴ・ぶどうのつる
寒い季節に保存がきくことから、収穫と神へのささげもの

クリスマスリースの飾り方

Image

いつから飾れば良い?

クリスマスリースは、11月30日に最も近い日曜日に飾るのが一般的です。アドベントといわれるキリストの到来を意味しており、11月30日前後はイエス・キリストの降誕を迎える準備期間の始りというわけです。アドベントは、降誕節や待降節とも呼ばれています。

あくまでもキリスト教の飾り方なので、日本では12月に入ってから飾る家庭も少なくないでしょう。

いつまで飾る?すぐにしまう?

欧米では、クリスマスリースを1月6日まで飾るのが一般的です。1月6日は、エピファニーといわれるキリストの出現をあらわした日で、公現日や公現祭とも呼ばれています。

日本では、12月26日を迎えるとクリスマスの装飾をしまう家庭が多いのではないでしょうか。クリスマスが終わると一気にお正月モードとなり、門松や鏡餅、しめ縄の準備を始めるため、風習によってクリスマスリースをしまう時期は違います。

飾る場所は?

クリスマスリースは、よく玄関に飾られているのを目にしますよね。とくにどこに飾らなければいけないという決まりはありません。ローマ時代に新年のお祝いとして友人同士でリースを贈りあい、もらったリースを玄関に飾るようになったという説もあります。

玄関は飾りやすく目にとまりやすいため、一般的に玄関に飾る家庭が多いようです。賃貸で玄関に飾れなかったり、玄関の外側はマンションの共用部となるため装飾を禁止されたりしている場合もあります。自分が気持ちよく飾れる場所を選ぶと良いでしょう。インテリアとして自宅の中に飾るのも素敵ですね。

折り紙クリスマスリースの作り方(1)

リースとなる緑の折り紙とドットの折り紙を交互につなげると、カラフルな手作りの折り紙リースが完成。折り紙の色や柄を変えることで雰囲気も変わります。

材料

・折り紙 16枚(緑8枚、ドット柄8枚)
・リボン

作り方

1.折り紙を2色8枚(緑8枚、ドット柄8枚)ずつ用意します。
2.動画のようにリースとなる部分を1枚1枚折っていきます。
3.すべて折ったら、緑とドット柄の折り紙を交互につないでいきます。
4.輪っかになるようにつなげて完成。好みでリボンなどの飾りをつけても良いでしょう。

折り紙クリスマスリースの作り方(2)

ワンランク上のリースを作りたい方におすすめです。折り紙1枚で作る華やかなポインセチアは、リースにするとより豪華になります。

材料

・折り紙 8枚(緑4枚、赤4枚)
・のり
・パールなどのビーズ

作り方

1.用意した8枚の折り紙を動画を参考にすべてポインセチアの形に折ります。
2.ポインセチアが完成したら、ボンドで花の中央にパールのビーズをつけます。
3.1枚1枚のりづけしてつなげていき、リースの形にします。このとき、色を交互にすると見栄えがきれいです。

紙皿クリスマスリースの作り方

紙皿を使った簡単にできるクリスマスリースです。子どもと一緒に楽しく飾りつけができます。

材料

・紙皿(15cm)
・ひも
・折り紙
・セロハンテープ
・のり(ボンドも可)
・ハサミ
・カッター
・穴あけパンチ
・マジック

作り方

1.紙皿の枠を残し、中央部分をハサミで切ります。カッターで切れ目を入れると切りやすいです。
2.穴あけパンチで、リースを吊るすための穴をあけます。穴にひもを通し、上で結びます。
3.折り紙で星などの形を切り取り、のりで紙皿に貼っていきます。マジックで色を塗ったり、リボンをつけたり好きなようにデコレーションして完成です。

毛糸のポンポンクリスマスリースの作り方

温かみのあるポンポンのリースは、とくに女の子が喜びそうな仕上がりです。ポンポンの色や松ぼっくりなどの飾りは、好きなものを選びましょう。

材料

・6.5cmのポンポン(白3個、赤×白3個、緑3個、赤4個、キャメル3個)
・3.5cmのポンポン(薄緑1個、赤×白1個、白2個、赤2個)
・ペンチ
・ワイヤー(太めのもの)
・松ぼっくり
・クリスマス風の飾り
・グルーガン

作り方

1.100cmの長さにカットしたワイヤーを円形にします。
2.6.5cmのポンポンをワイヤーに通します。色は好きな順番で良いですが、バラバラに入れるのがおすすめ。
3.6.5cmのポンポンをすべて通したら、ワイヤーの両端をねじりあわせて止めます。あまった分はペンチで切りましょう。
4.ねじりあわせた部分が隠れるように、ポンポンをまんべんなく広げきれいな円形にします。
5.6.5cmのポンポンの上に、グルーガンで3.5cmのポンポンを貼りつけます。
6.最後に、好みで松ぼっくりなどを貼りつけたら完成です。

100均の材料を使ったクリスマスリースの作り方

クリスマスリースの材料は、すべて100均で購入できます。自分でいちから作るのとは違い、完成した材料を組み合わせるので、手作業が苦手な人にもおすすめです。

材料

・柳リース
・松ぼっくりリース
・グリーン
・アップルの飾り
・クリスマスボール
・鈴がついた大きなリボン
・ハサミ
・ペンチ
・グルーガン

作り方

1.アップルの飾りは、ハサミですべてばらばらにします。松ぼっくりリースも同様に、ペンチでばらばらにしてわけます。
2.クリスマスボールのツリーに吊るすひもは、ハサミですべて切って取ります。
3.大きなリボンは、動画のようにばらして3つにわけましょう。
4.柳リースに紐がついた鈴を巻きつけ、グルーガンでとめます。リースのまわりにグリーンを巻きつけます。
5.グルーガンで、リースに松ぼっくりやりんご、クリスマスボールを好きな場所に貼りつけます。
6.余った大きなリボンは、グルーガンで動画のように飾り、好みでゴールドのネイルを松ぼっくりやりんごに塗るとよりいっそうクリスマスの雰囲気がでます。

本格的なクリスマスリースの作り方

本格的なリース作りに挑戦したい方におすすめです。本物のグリーンを使うことで、よりリアルさが伝わります。

材料

・ベースとなるリース
・グリーン(くじゃくヒバ、杉、コニファなど)
・ひも
・リボン
・松ぼっくり
・ハサミ
・グルーガン

作り方

1.ループ状にリボンを折り、中央をひもでとめてリースにつけるリボンを作ります。
2.リースにひもを結び、リースを吊るすことができるようにします。
3.グルーガンで、好みのグリーンをリースに貼り付けます。
4.最初に作ったリボンをリースの上部に取りつけ、グルーガンで松ぼっくりなどを飾れば完成です。

キットを使ってリースを手作りしよう

本格的なクリスマスリースを作ってみたいけど、どのように作れば良いかわからない方や、材料を揃えるのが大変だという方には、手作りのキットがおすすめです。いろいろな種類のキットがありますので、好みのリースを作ってみると楽しいですね。

1.クリスマスリース手作りキット

6 1

クリスマスリース手作りキット

¥4,800〜(2017/12/09 時点)

■セット内容:リース台/ブリザードフラワー/ドライフラワー

ブリザードフラワーとドライフラワーで作るクリスマスリースの手作りキットです。シンプルなクリスマスリースを求めている方におすすめです。サイズは直径17cmほどで、手のひらサイズの小ぶりなクリスマスリースがかわいらしいです。

2.クリスマスリース手作りキット 初霜

1

クリスマスリース手作りキット 初霜

¥5,800〜(2017/12/09 時点)

■セット内容:ワイヤー/フローラテープ/ラフィア/ブリザードフラワー/ドライフラワー

ヒノキ、氷室杉、ブルーアイス、マウンテンジュニパーの4種類の常緑樹を使用し、初霜が冬の始まりを感じさせるクリスマスリースです。わかりやすい説明書つきで、初心者でも安心して作ることができます。希望する方にはラッピング資材をつけてくれるので、プレゼントにも喜ばれそうですね。

3.ブリザードフラワーリース

36

ブリザードフラワーリース

¥2,980〜(2017/12/09 時点)

■セット内容:リース土台/ワイヤー/フローラテープ/ラフィア/ブリザードフラワー

ブリザードフラワーでリースを手作りできるキットです。4色のカラーバリエーションで、クリスマスシーズンには限定カラーが登場します。簡単でかわいいブリザードフラワーのリースは、クリスマスリースだけでなく贈り物としても人気です。

■この商品に関する口コミ
・わかりやすい説明書つきで、初心者でも簡単に作れました。初めての人はグルーガンがあると良いと思います。
・届いたキットは、梱包が丁寧で花の状態もきれいでした。最初は想像より小さいと感じましたが、作ってみると初心者にはちょうど良いサイズ感でした。

引用元:review.rakuten.co.jp

4.花苗で作るフラワーリース

10020

花苗で作るフラワーリース

¥2,980〜(2017/12/09 時点)

■セット内容:特性リースカゴ/水苔2回分/専用土5L×2回分/解説書1枚

自分の好きな花でリースを手作りできるキットです。9cmポットの花を特製のリースカゴにそのまま植えられるので、初めての人にも簡単にできるよう考えられています。上手に育てることができたら、1年中きれいに飾ることができます。

■この商品に関する口コミ
・写真つきの説明書がとてもわかりやすく、初心者でも簡単にできました。
・とても扱いやすい土で、リースの大きさもちょうど良いです。

引用元:review.rakuten.co.jp

おしゃれなクリスマスリース3選

手作りするのは苦手というママには、インターネットで簡単にかわいらしいクリスマスリースを購入できます。クリスマスリースは、シンプルなデザインから他にはない珍しいデザインまで、さまざまな種類があります。かわいらしいクリスマスリースの飾りに、子どもも喜んでくれるのではないでしょうか。

ナチュラルなクリスマスリース

2016wr0

ドライフラワー クリスマスリース

¥4,428〜(2017/12/09 時点)

■サイズ:30~34cm

シンプルでナチュラルなクリスマスリースを選ぶなら、全13種類から選べるドライフラワーのクリスマスリースがおすすめです。ハンドメイドなので一つひとつ風合いが異なり、温かみがあります。インテリアに馴染みやすいと人気があります。

■この商品に関する口コミ
・2種類のリースを購入しましたが、とてもきれいな状態で木の皮でできた飾りがリアルです。玄関に飾るのにぴったりです。
・30cmとそれほど大きくはありませんが、上品で存在感があります。玄関が一気に明るくなりました。

引用元:review.rakuten.co.jp

リボンがポイントのクリスマスリース

8f8445d6fb7e307769630d1ca39f1181

クリスマスリース 30cm ワイン

¥3,240〜(2017/12/09 時点)

■サイズ:約30cm

ワイン色の高級感あふれる大きなリボンが特徴のリースです。松ぼっくりの粉雪やローズのラメなど細部にまでこだわっており、おしゃれで落ち着いた印象を与えてくれます。

■この商品に関する口コミ
・クリスマスリースといえば、緑、赤、白、金などの配色が定番ですが、こちらはなかなかないデザインでゴージャスです。
・派手すぎず、上品で華やかなクリスマスツリーを探していたのでぴったりです。

引用元:review.rakuten.co.jp

ホワイト系のクリスマスリース

Witemb293kaz

ポインセチア クリスマスリース

¥4,644〜(2017/12/09 時点)

■サイズ:直径32cm×奥行10cm

珍しい白いポインセチアが目をひきます。普通のクリスマスリースでは物足りないと感じる場合、ホワイト系のクリスマスリースでインパクトを与えてみてはいかがでしょう。

■この商品に関する口コミ
・32cmだと小さいかなと感じましたが、実際目にするとポインセチアの花が一つひとつボリュームがあり大きく見えました。
・あまり見かけないリースが欲しかったので白いポインセチアを選びました。初めは造花っぽさを感じましたが、花びらの向きを変えて少しずつ広げると、立体的でとてもきれいです。

引用元:review.rakuten.co.jp

クリスマスリースは思い出作りに最適

Image

今年のクリスマスは、クリスマスツリーだけでなくリースも加えて、クリスマスを演出してみてはいかがでしょう。子どもと一緒に、クリスマスリースを手作りするのもおすすめです。折り紙や紙皿を使って簡単に作ることができるので、子どもとクリスマスの思い出作りになりますね。

なかには手作りが苦手というママもいるでしょう。子どもと一緒にクリスマスリースを選ぶだけでも楽しい気持ちになります。リボンが大きいリースにしようか、松ぼっくりがたくさんついているリースにしようかと、子どもとの会話も弾みそうです。思い出に残る素敵なクリスマスリースを選んでくださいね。

クリスマスプレゼントを選ぶ

Image

クリスマス会「500円のプレゼント」子ども目線で選ぶとコレ!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18074
Image

【月齢別クリスマスプレゼント】赤ちゃんにおすすめのプレゼント36選!先輩ママは何をあげた?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29164
Image

かわいい&長持ち!1歳の誕生日・クリスマスにおすすめプレゼント24選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/6705
Image

【男女別】2・3歳におすすめのクリスマスプレゼント33選!先輩ママは何をあげた?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29168
Image

【2017最新版】男女別4歳・5歳におすすめのクリスマスプレゼント28選!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29157

あわせて読みたい

Image

クリスマス スワッグとは?リースよりも簡単に作れる?!作り方をご紹介!【動画あり】

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29252
Image

クリスマスツリーの選び方・飾り方のポイントは?おしゃれなツリー6選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29205
Image

クリスマスの部屋の飾りつけのコツとおすすめのアイテムは?装飾のアイデア8選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29238
Image

クリスマスに真似したいテーブルコーディネート7選とおすすめアイテム

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29246
Image

しめ縄・リースでお正月を迎えよう!お正月のしめ飾り7選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29297
Image

お正月の花の意味は?いつ飾る?おすすめアレンジメント5選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29307
Image

お正月を折り紙で楽しもう!子どもと一緒に楽しめるアイデア12選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29265

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

niconicopun

小学生の女の子と幼稚園の男の子のママをしています。毎日育児…

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事