5,000円分お得!子育て世帯対象の増税対策「プレミアム商品券」って?

2019年10月1日より消費税率および地方消費税率が従来の8%から10%に引き上げられ、子育て世帯への増税対策のひとつとして「プレミアム付商品券事業」が実施されます。プレミアム商品券は誰を対象とし、いつから、どこのお店で使えるのでしょうか。地域振興の効果も期待されるプレミアム商品券の仕組みや使用条件について解説します。

6938

目次

  1. 「プレミアム商品券」とは?制度の仕組みと期待される効果
  2. 「プレミアム商品券」の対象世帯は?
  3. 「プレミアム商品券」はいつからもらえる?
  4. 「プレミアム商品券」の使用期限は?
  5. 2019年最新版!「プレミアム商品券」が使えるお店・場所は?
  6. 子育て世帯の注意点
  7. あわせて知りたい

「プレミアム商品券」とは?制度の仕組みと期待される効果

Image

「プレミアム商品券(正式名称:プレミアム付商品券)」は、子育て世帯や低所得者への消費増税対策のひとつであり、消費税率アップと同時に内閣府が発行する商品券です。その名の通りプレミアム(割増価格)が付いていて、地域における消費の喚起・下支えの効果も期待されています。

そのため、購入や使用にあたってはいくつかの縛りがあるようです。「プレミアム商品券」の仕組みと使用の条件についてみていきましょう。

Experience icon
「プレミアム商品券」制度の概要

・要するに、額面25,000円の商品券を20,000円で購入できるという制度(注1)
・お得分5,000円を国が税金でまかなうため、使えば実質減税となる
・ただし、対象世帯・使用期限・使える店や場所の制限などの条件あり

(注1)原則として1枚「額面500円/価格400円」で、10枚1セットで販売される。対象者ひとりあたり最大5セットまで購入可能なので「額面25,000円/価格20,000円」が上限。

「プレミアム商品券」の対象世帯は?

Image

「プレミアム商品券」の対象者は、子育て世帯や低所得者のうち次のいずれかにあてはまる人です。

子育て世帯については当初は0~2歳の子どもがいる世帯が対象でしたが、より幅広い層の負担緩和のために条件が拡大され、消費税率引き上げ日の前日である2019年9月30日時点で学齢3歳未満(0~3歳半)の子どもがいる世帯となりました。

Experience icon
「プレミアム商品券」の対象者

1.0~3歳半の子どものいる世帯
  (2016年4月2日から2019年9月30日までに生まれた子どもがいる世帯)
2.2019年度の住民税非課者(※2)
  ※住民税課税者と生計同一の配偶者・扶養親族、生活保護被保護者などを除く

(※2)「住民税非課税者」とは次の1~3のいずれかにあてはまる人であり、住民税の「所得割」および「均等割」がかからない。
1.生活保護法により生活扶助(生活保護)を受けている
2.障害者、未成年者、寡婦または寡夫で前年の合計所得金額が125万円以下
3.前年(1月~12月)の合計所得金額が区市町村の条例で定める金額以下

「プレミアム商品券」はいつからもらえる?

「プレミアム商品券」は対象者に自動的に送られてくるわけではありません。9月ごろから自治体が対象世帯に「引換券」を郵送し、対象者はその引換券をもとに地方自治体が販売する商品券を購入するというシステムです。

「プレミアム商品券」の具体的な購入方法は居住地域により異なるようです。人気殺到で行列ができたり抽選方式になったりすることを見越して、どこで、いつから購入できるのかを事前にお住いの自治体の公式ホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

一例として東京都品川区の場合は9月中旬から引換券を郵送し、対象者は区内の郵便局で引換券と本人確認書類を提示してプレミアム商品券を購入するという流れを予定し、詳細は7月中旬から区のホームページで発表されるとのことです。

「プレミアム商品券」の使用期限は?

購入するにも使うにも、期限は2019年10月1日から2020年3月31日までの半年間です。ムダにならないよう計画的に使い切りたいですね。

2019年最新版!「プレミアム商品券」が使えるお店・場所は?

Image

「プレミアム商品券」が使えるお店や場所は、それを発行している地方自治体内の小売店に限定されます。「プレミアム付商品券制度」には地域振興の目的もあるため、利用が大都市圏に集中するのを回避する狙いでしょう。

使えるお店・場所を公開している自治体はまだ多くはありません(2019年6月現在)。増税が近づくタイミングで具体的な情報が出てくるのではないでしょうか。

子育て世帯の注意点

おつりが出ない

対象者がおつり目当てで少額商品を購入し、そのおつりを地域で消費することなく貯蓄に回すとなると地方経済の活性化につながりません。そのため、おつりは出ない仕組みとなっています。

期限を過ぎると使えない

期限は半年間、2019年10月1日から2020年3月31日までです。うっかり使い忘れないようにしたいですね。まさかの購入忘れにも要注意です。

20,000円の初期投資が必要

最高で5,000円分得するとはいえ、そのためにはまず20,000円で商品券を購入しなければなりません。また、購入にも若干の手間がかかります。

そもそも「5,000円しか得しない」?

消費増税が家計に与える影響を考えるとお得感は薄いのではないか、と制度自体を問題視する声もあります。

プレミアム商品券の対象者となっているママやパパは、使う際の注意点をふまえつつ、いつ・どの店で・何を買うかまでを具体的に決めてから購入できると安心ですね。

あわせて知りたい

【3分でわかる】消費税10%はいつから?増税後も8%のままの商品一覧
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/31219
Image
増税対策の節約術!キャッシュレス決済での「ポイント還元」がお得
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/31254
Image
増税前に子育て世帯が買っておくべきもの・買わなくてよいものリスト
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/31268
Image
【1分でわかる】幼児教育無償化を解説!いつから?我が子は対象?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30667
Image
産休中の社会保険料免除はいつから?住民税はどうなる?手続きや免除期間、年末調整について解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30001
Image
出産費用の医療費控除!対象や確定申告の方法、知って得する活用術
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29578
Image
手作りで楽しく!簡単・便利な赤ちゃんグッズを節約準備
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/12275
Image
育児休暇・休業中の給料・ボーナスは出ない?育休中にもらえるお金はいつ・どこから?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30577
Image
赤ちゃんが生まれたら使いたい無料アプリ16選!赤ちゃんの成長や写真を上手に記録しよう!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30513
Image