乳幼児は要注意!知らないと怖いRSウイルス感染症とは

RSウイルスは秋から冬に流行する感染症ですが、季節に関係なく発症することがあります。乳幼児にかかりやすく、重症化すると入院ということもあります。赤ちゃんがいるなら知っておきたいRSウイルスについて、感染の原因や治療、予防法について解説します。

28312

この記事の監修

目次

  1. RSウイルスとは
  2. RSウイルス感染症の主な症状
  3. 赤ちゃんのRSウイルス感染に要注意
  4. RSウイルスの感染源は?
  5. RSウイルス感染症の治療
  6. RSウイルス感染の予防法

RSウイルスとは

ほぼ2歳までに100%感染

RSウイルスとは秋から冬にかけて乳幼児が感染しやすい呼吸器感染症のことをいいます。RSウイルスは感染力が非常に強く、1歳までに半数以上、2歳までにはほぼ100%がRSウイルスに感染するといわれているのです。

赤ちゃんはRSウイルスにかかりやすい

風邪の原因となるウイルスはたくさんありますが、その中でも最も赤ちゃんが感染しやすいのがRSウイルスです。RSウイルスは一度感染しても免疫が十分にできないため、何度も感染を繰り返してしまいます。しかし、感染の都度免疫ができることで次第に症状が軽くなっていきます。

RSウイルス感染症の主な症状

Image

鼻水

RSウイルスに感染すると、初期症状として鼻水が出るようになります。鼻水は、鼻に入ったウイルスを外へ排出しようとするために出ます。そのため鼻水が出たときはすすらず、鼻をかんでウイルスを外へ出しましょう。

発熱

一般的にRSウイルスによる感染症はウイルスに感染して2日から8日ほどの潜伏期間のあとに発症するといわれています。RSウイルスに初めて感染した乳児の場合、約7割は発熱などの風邪症状が見られます。しかし、鼻水やくしゃみ、発熱といった上気道炎症状が数日見られた後はほぼ回復していきます。RSウイルスは高熱に弱いため、発熱することで体内のウイルスを抑えようとしているのです。

RSウイルスに感染すると、咳がひどくなる場合や長引くこともあります。気道に侵入したウイルスを体外へ排出しようとするため、咳や痰といった症状があらわれます。また、気道に炎症が起こると粘り気のある痰が増えます。

喘鳴(ぜんめい)

RSウイルスは、悪化すると喘鳴という症状があらわれます。喘鳴とは、呼吸をするときに「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」と音がすることを言います。咳き込んだり呼吸が苦しくなったりすることで夜に眠れなくなってしまうということもあるようです。

肺炎・気管支炎

RSウイルスに感染すると、約30%の乳幼児は肺炎や気管支炎を併発するといわれています。特にRSウイルスに初めて感染して免疫がない乳幼児の病状は悪化しやすく、喘鳴の症状から気管支炎や肺炎へとつながることも。しかし一度でもRSウイルスに感染したことがある場合は、肺炎や気管支炎まで重症化することは少ないといわれています。

急性細気管支炎

急性細気管支炎は、RSウイルスに感染した場合に発症するのが典型的で、大人ではマイコプラズマ肺炎から急性細気管支炎を併発することもあります。咳が続き呼吸が苦しいといった症状が見られ、喘息発作のような状態になることもあります。

赤ちゃんのRSウイルス感染に要注意

Image

初めてRSウイルスに感染した場合

初めてRSウイルスに感染した場合、赤ちゃんは免疫がないため症状が重症化しやすいといわれています。先ほど述べたように、何度も感染を繰り返すことで免疫ができ、次第に症状が軽くなっていきます。

生後3週間未満は特に注意

特に生後3週間未満の赤ちゃんがRSウイルスに感染した場合、細気管支炎や肺炎といった重い病気になりかねません。また、症状が重症化すると無呼吸発作や突然死となる危険も考えられるため、低月齢の赤ちゃんに風邪のような症状がある場合は早めに受診することが大切です。

早産で産まれた赤ちゃん

早産で産まれてきた赤ちゃんはママからもらえる抗体が少なく、呼吸器官が十分に発達していない可能性もあるため、呼吸器感染症であるRSウイルスによる症状が重症化しやすいといわれています。

基礎疾患がある赤ちゃん

心臓や肺、神経、筋の疾患を持っている赤ちゃんや免疫不全の赤ちゃんは、RSウイルスに感染すると重症化するリスクが高まるそうです。

RSウイルスの感染源は?

Image

飛沫感染

RSウイルスに感染している人が咳やくしゃみをして、その飛散したウイルスを直接吸い込むことによって感染します。ウイル氏は鼻や咽頭の粘膜で増殖し、潜伏期間を経て発症します。

接触感染

鼻水や痰に含まれるRSウイルスは、外に排出されたからといっても4~7時間はウイルスが生きています。そのため、RSウイルスに感染している人の鼻水や痰に触れることで感染することがあります。おもに目や鼻、喉の粘膜に付着することで感染します。

RSウイルス感染症の治療

RSウイルスには対抗できる抗生物質がありません。そのため解熱剤や痰を切る薬を飲んだり、食事がとれない場合は点滴を受けたりと、多くの場合は症状を抑える対症療法となります。そのため自宅で安静にして、水分をしっかり摂ることが大切。脱水があり薬が飲めなかったり、呼吸困難があったりする場合、二次感染が重篤な場合は入院となる可能性もあるでしょう。

RSウイルス感染の予防法

手洗い・うがい

風邪の予防として当たり前のことですが、手洗い・うがいは習慣づけることが大切です。赤ちゃんがうがいをするのは難しいため、RSウイルスの感染源を作らないためにも家族がしっかりうがいをするようにしましょう。

風邪をひいている人との接触

RSウイルスに感染し症状が良くなったからといっても、外出や家族との接触には注意が必要です。RSウイルス感染症は症状が消えた後も、1~3週間は人へ感染する力を持っていると言いわれています。そのため、風邪をひいている人の接触は控えるようにしましょう。

予防薬の投与

RSウイルスを予防するワクチンはありませんが、シナジスと呼ばれる予防薬を月一回注射することで、RSウイルス感染による肺炎などの重篤な症状を抑えることができます。シナジスは高額で、体重による使用量により1回の注射に8~25万円程度かかります。健康保険が適用となる場合には早産児、低出生体重児などの条件があり、大人の場合は保険が適用されませんが、乳幼児医療証が適用されることもあります。