【男の子・女の子別】赤ちゃんのカバーオール12選!かっこいい・かわいい商品は?

赤ちゃんの服の種類の呼び名はいろいろあって、迷ってしまうママも多いのではないでしょうか。カバーオールは何なのか、ロンパースとなにが違うのか、新生児には何がいいのかなど、ちょっと混乱しますよね。ここでは、新生児のカバーオールを男の子・女の子別にご紹介します。

55561

目次

  1. 赤ちゃんのカバーオールとは?
  2. 他のベビー服との違い
  3. 赤ちゃんのカバーオールの選び方
  4. 男の子におすすめのカバーオール6選
  5. 女の子におすすめのカバーオール6選
  6. カバーオールの売れ筋ランキングもチェック!
  7. 赤ちゃんのカバーオールに関する体験談
  8. まとめ
  9. あわせて読みたい

赤ちゃんのカバーオールとは?

トップスとボトムスがつながったベビー服

新生児のカバーオールはトップスとボトムスが繋がっていて、全身をすっぽり包み込む「つなぎ服」のようなウェアのことを言います。繋がっているのではだける心配もなく、お腹もしっかりと隠れて冷えの心配もありません。

Article link icon
【新生児の生まれ季節別】ベビー服の選び方と服装を解説!肌着とウェアの違…

長袖・半袖・ノースリーブがある

カバーオールには長袖・半袖・ノースリーブタイプがあります。暑い夏には半袖やノースリーブタイプを、冬には長袖タイプを…というように使い分けることができます。いずれも上下が繋がっているので、着替えさせるのも楽ちんです。

足は覆われている(長ズボン)タイプが多い

ボトムスは長ズボンタイプが多いです。夏の半袖タイプやノースリーブタイプには足の短いものもあります。季節に合わせて選びたいものです。海外のカバーオールに多く見られる、足先まですっぽり覆える足カバーがついているものも人気です。

袖口と裾口にゴムが入っているものが多い

赤ちゃんの体に優しくフィットするように、袖口や裾口がゴムやリブニットでできているものが多いです。保温性もありますし、しっかりと着せることができるのがいいですね。

いつからいつまで着る?

赤ちゃんの動きにもよりますが目安としては、新生児から3ヶ月頃まで、または首がすわる頃までは、オムツ替えも多くスナップでとめていると大変なのでドレスタイプの2wayオールが使いやすくて便利です。成長に伴いだんだん足の動きが活発になったり、寝返りをするようになってくると、ドレスタイプでは足元がはだけてしまうのでカバーオールに移行していくほうがいいようです。

「いつまで?」ですが、カバーオールはスナップが多いので子どもが活発になってくると着せるのも大変になってきます。いつまでという決まりはないですが、ママが大変に感じてきたらセパレートの服に移行時期ですね。

他のベビー服との違い

Image

ロンパースとの違い

カバーオールとロンパースは何が違うのか、お店によっては同じように扱われている場合もありますが、厳密にいうとちょっと違います。ロンパースはブルマタイプや丈が短いなど、足先まで覆われていないタイプが多いのですが、カバーオールは足首まで覆われているものが主流です。

またロンパースは部屋着や肌着としても使えるタイプを言うのに対し、カバーオールは肌着よりしっかりした生地で、肌着の上に着る洋服、外出時に着る洋服として使用する場合が多いです。

Article link icon
【画像で解説】ロンパースとは?いつからいつまで?春夏秋冬別の選び方やコ…

2WAYオール

2WAYオールとはベビードレスとカバーオールの二通りの使い方ができる服のことをいいます。ベビードレスとは赤ちゃんの洋服の裾部分がスカート状になっている服のことで、足をバタバタ動かすことが少なく、おむつ替えも頻繁な新生児期に重宝するベビーウェアです。

2WAYオールは裾のスナップボタンを留めるか留めないかで2種類の着せ方ができるので、とても便利なウェアとなります。まだまだ新生児のときはベビードレスのほうがおむつ替えも楽です。そのあと月齢を重ねて少し赤ちゃんが動くようになってくるとカバーオールのようにスナップをとめて足が動きやすいようにしてあげるのです。買い替えをすることなく使用できるので経済的ですね。

近年では2WAYオールの便利さからカバーオールとほぼ同じ意味になっている場合が多く見受けられます。カバーオールとして売られているものでも「2WAY」と表示があれば2WAYオールであると言えますね。

ボディオール

ボディオールとは赤ちゃんの体をすっぽり包むデザインのウェアでボディ―スーツとも呼ばれます。ロンパースとほぼ同じものでメーカーによって「ボディーオール」と呼んだり「ロンパース」と呼んだりするようです。前開きのものと頭からすっぽりかぶるものとあります。

赤ちゃんのカバーオールの選び方

Image

汚れが目立たないもの

新生児期はミルクをこぼしてしまったり、うんちが漏れてしまったり…とウェアを汚してしまうこともしばしばです。いろいろなアクシデントでカバーオールが汚れてしまっても目立たないように、色の濃いものや柄のあるものを選ぶといいですよ。

繰り返しの洗濯に耐えられるもの

ミルクなどでの汚れもそうですが、新生児は季節に関係なくとにかく汗をたくさんかきます。あんなに小さい身体でも汗を出す穴は大人と同じ数なのです。そんな新生児の衣服はいつも清潔にしておきたいものですよね。毎日洗濯をしてもくたらない丈夫なカバーオールを選ぶようにしましょう。洗濯を何回しても丈夫でないと経済的にもとても困ります。

着替えやすいデザインのもの

新生児の間はまだあまり動きがないですが、とても小さくて身体もやわらかく、壊れてしまいそうな新生児は扱いも慎重になりますよね。ましてや初めての子育てだとしたら…。着替えも楽に着替えさせられる服の方が断然パパ、ママも楽です。手間取って時間がかかるより早く着替えられた方が新生児の赤ちゃんもぐずりません。簡単に着替えさせられそうか、シュミレーションしてみて選ぶのもいいですね。

肌にやさしい素材

生まれたばかりでまだ外の世界に慣れていない新生児は肌もデリケートです。なるべく、肌触りのいい、やわらかい素材を選ぶようにしましょう。ベビーウェアに最適な素材は綿100%です。優しい肌触りで吸湿性・放湿性・通気性に優れており、敏感な赤ちゃんの肌にぴったりですよ。また洗濯にも強いのでおすすめです。

同じ綿でも織り方や編み方でさまざまな生地に変身します。伸縮性・通気性に優れた「フライス」、通気性・吸汗性に優れた「ガーゼ」、通気性が良くサラッとした着心地の「天竺」、伸縮性・保温性に優れた「ニットキルト」など種類も豊富です。夏には通気性の良い素材の服を、冬には保温性や保湿性に優れた素材の服など、季節に合った素材の服を選ぶことも大切です。

男の子におすすめのカバーオール6選

1.【Feidoog】ベビー カバーオール

【Feidoog】ベビー カバーオール
¥1,300〜(2018/12/05 時点)

キリンや恐竜、車などのかわいい柄がデザインされたカバーオールです。春・秋・冬の3シーズン着ることができ、洗濯しても色落ちしにくいので、1着あるだけでも重宝しますよ。前開きなので、おむつ替えや着替えがしやすく実用性もばっちりです。

2.【カーターズ】カバーオール 足つき

【カーターズ】カバーオール 足つき
¥1,512〜(2018/12/05 時点)

人気ブランドカーターズの、足先まですっぽりと覆うタイプのカバーオールです。柄やカラーが豊富なので、好みのデザインを探すのも楽しそうですね。胸元にはそれぞれのデザインに合ったワンポイントがついていますよ。

3.【ネクスト】足付きカバーオール

【ネクスト】足付きカバーオール
¥1,880〜(2018/12/05 時点)

機能性とデザイン性を兼ね備えた「ネクスト」の足付きカバーオールです。赤ちゃんに優しいコットン素材なので安心ですね。股下まで開くデザインなので着替えも簡単。頻繁なおむつ替えも楽々でき便利です。

■この商品に関する口コミ
サイズがたっぷりしているので体格のい息子に最高でした。

引用元:review.rakuten.co.jp

4.【ボンシュシュ】タータンチェック長袖前開きカバーオール

【ボンシュシュ】タータンチェック長袖前開きカバーオール
¥1,296〜(2018/12/05 時点)

秋のお出かけにぴったりのタータンチェック柄のカバーオールです。まるで上下に分かれた服を着せているように見えますが、セットアップ風の一体型ですよ。トップス部分には程良い厚みのスムース生地を使用してあり、ボトムスはミニ裏毛が使用されています。少し肌寒い季節でも暖かく過ごせそうですね。着替えさせるのも簡単な前全開タイプです。

■この商品に関する口コミ
・綿100%で素材もしっかりしているのでとても気に入りました。
・画像通りかわいかったです。

引用元:review.rakuten.co.jp

5.【コンビミニ】半袖カバーオール

U31708 04 1出典:tshop.r10s.jp
【コンビミニ】半袖カバーオール
¥2,527〜(2018/12/05 時点)

コンビミニの夏らしいカバーオールです。海を連想させるセーラー衿とブルーの生地がとても爽やかですね。胸元には旗とロゴマークが刺しゅうされています。マリンスタイルが1枚でキマるおしゃれなカバーオールですよ。素材は綿100%で、暑い夏でも汗をよく吸収してくれます。

6.【エルフ ベビー(Fairy Baby) 】新生児服 カバーオール

【エルフ ベビー(Fairy Baby)】 カバーオール
¥1,472〜(2018/12/05 時点)

大きなくまのデザインがかわいいカバーオールです。肌触りや通気性が良い綿素材なので、デリケートな肌の赤ちゃんでも着心地良く過ごすことができますよ。春や秋の過ごしやすい季節だけでなく、夏は冷房対策として、冬はインナーとして着ることができるので、1着あれば1年中活躍しそうですね。

女の子におすすめのカバーオール6選

1.【アンナニコラ】水玉柄ジャガードカバーオール

【アンナニコラ】水玉柄ジャガードカバーオール
¥6,068〜(2018/12/05 時点)

レースの襟がとってもキュートな水玉柄のカバーオールです。普段使いにももちろんですが、ちょっとしたお出かけにも使えそうな上品なカバーオールですね。上から下までの前開きタイプで秋冬にぴったりの素材です。

2.【カーターズ】足付きカバーオール

Ca 115g458出典:shop.r10s.jp
【カーターズ】足付きカバーオール
¥2,376〜(2018/12/05 時点)

「カーターズ」のいちごのデザインがかわいい足付きカバーオールです。鮮やかなボーダー柄がキュートですね。生地は敏感肌の赤ちゃんにも安心な綿100%です。首周りにタグがついていないのでチクチクせず、赤ちゃんに優しい作りになっています。足付きのカバーオールは肌寒い日のおでかけに便利ですよ。

3.【ネクスト】足付きカバーオール

【ネクスト】足付きカバーオール 3枚組
¥3,542〜(2018/12/05 時点)

イギリスブランド「ネクスト」の春向きのカバーオールです。足まですっぽり包んでくれる暖かいカバーオールの3枚セットです。デザインの異なるうさぎ柄が2枚と花柄が1枚と春らしい印象のカバーオールですよ。赤ちゃんに優しい綿100%素材で程よい厚みがありごわつきの少ないカバーオールなので、赤ちゃんの動きを妨げることなく快適に過ごてもらうことができそうですね。

4.【コンビミニ】ラップクラッチ夏丈 カバーオール

【コンビミニ】ラップクラッチ夏丈 カバーオール
¥3,110〜(2018/12/05 時点)

「コンビミニ」の胸元のチェリーがおしゃれな夏向きのカバーオールです。腰回りのスカート部分はカットソーとチュールが2枚重ねになっていますよ。チェリーのリボン部分にもチュール素材が使われています。ラップクラッチはワンタッチで脱ぎ着せができるので、おでかけ先でのおむつ替えも手間なく行うことができますよ。

5.【BABYDOLL】MY FIRST BABYDOLL 切替ボーダー2WAYオール

【BABYDOLL】MY FIRST BABYDOLL 切替ボーダー2WAYオール
¥2,721〜(2018/12/05 時点)

ドレス型とロンパース型の2タイプで着ることができる2WAYオールです。動きの少ないねんね期の赤ちゃんはおむつ替えがしやすいドレス型で、足が活発に動く時期になったらまたのスナップボタンを閉めてロンパース型で使うのがおすすめです。シンプルなボーダーと胸元の刺繍がおしゃれで飽きのこないデザインといえるでしょう。

6.パステルドット長袖前開きカバーオール

P2872 01
衿付き裏起毛長袖前開きカバーオール
¥2,484〜(2018/12/05 時点)

ドット柄とボーダー柄がかわいい前開きカバーオールです。胸元のワンポイントがアクセントになっています。グレー基調のボーダー柄とブラウン基調のドット柄の2種類で、落ち着いたカラーが魅力ですね。身体を覆う部分には保温性のある裏起毛、袖と衿にはざっくり素材のブークレーを使用していて肌寒い季節にぴったりです。

カバーオールの売れ筋ランキングもチェック!

楽天・Amazonでカバーオールのランキングを確認したい方は、以下のリンクから探してみてください

赤ちゃんのカバーオールに関する体験談

そもそも赤ちゃんの服の呼び名がメーカー、ブランドで違ったり、育児本によっても違うので筆者も最初はまったくわからなかったです。なので、まずはひとつのブランドで着させて、慣れていってから何がいいのかがわかるようになりました。

ついつい見た目のかわいさで選んでしまいがちなのですが、そこはやはり抑えて、自分が手間取らないで着させてあげられること、また赤ちゃんにとって快適なカバーオールであるかどうか…ということを優先に考えて選ぶといいですよ。一枚で簡単に着せられて機能性抜群でかわいいカバーオールはとってもステキです。

まとめ

カバーオールはメーカーによってもサイズ感も違ったり、呼び名が違ったりしますので最初は混乱を避けるためにも、まずはメーカーを絞ってみましょう。そして、サイズ感もわかったところで、他のメーカーの商品を試してみると比べる対象が出来るのでわかりやすくなります。また国内メーカーと違い、特に海外メーカーはサイズ表記も違うので注意してくださいね。まずは、国内メーカーで選んでみることをおすすめします。

あわせて読みたい

ベビー服ブランド一覧!かわいい、かっこいい、安い、高級などタイプ別にご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28195
Image
【徹底比較】人気の子供服通販サイト30選!安い・高級・可愛いなどの特徴を紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28191
Image
【春夏・秋冬別】コンビ肌着のおすすめ15選!いつまで着せられる?選び方・着せ方をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26517
Image
いつから・何枚必要?春夏秋冬別!赤ちゃんのパジャマの着せ方や洗濯頻度を紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/5621
Image
キッズキャップの人気ブランド13選!無地で安く買える商品もご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28305
Image
おすすめファーストシューズブランド15選!いつから履く?サイズなど選び方のポイントを紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28288
Image
べビーにはニット帽がオススメ!選び方とおすすめ帽子15選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27358
Image
【ベビーソックス】赤ちゃんの靴下はいつから必要?サイズ表とおすすめ商品15選!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28083
Image