更新日:2018年07月18日

幼稚園・保育園の卒園式とは?日程や流れ・服装は?マナーはある?

幼稚園や保育園の卒園式が近づいてくると、子どもの成長を振り返り感慨深く思うママも多いでしょう。卒園式に向けてさまざまな準備を整えておくことで、当日に慌てることなく子どもたちの晴れの舞台を記憶に刻むことができるはずです。ここでは、幼稚園や保育園の卒園式について、日程や式の流れ・服装や気を付けたいマナーについて紹介します。

26337
0

【幼稚園・保育園】卒園式はいつごろ?違いはある?

3月は、幼稚園や保育園の卒園を迎える子どもを持つ親や祖父母にとって、感慨深い季節といえますよね。我が子が入園したてのころを振り返り、成長の喜びを噛みしめることでしょう。

一般的に、幼稚園や保育園の卒園式は、3月中旬~下旬に行われる園がほとんどです。年度はじめに配られる年間予定表に、あらかじめ卒園式の日程が記載されている園がほとんどです。年間予定表をチェックして、当日は予定を入れず、子どもの卒園式に備えたいですね。

ここでは、幼稚園と保育園の卒園式の特徴や、卒園後の子どもたちの生活に違いがあるのかを紹介します。

幼稚園の卒園式はいつ?

幼稚園の卒園式は、一般的に3月中旬~下旬の平日に行われる園がほとんどでしょう。日程は、全国一律ではなく、同じ市区町村であっても、公立と私立で日取りが違うなど、園によって異なることが多いようです。

幼稚園の卒園式は平日に行われることが多いため、仕事をしているママやパパは、仕事を休んで参加する家庭も多いようですね。

また、幼稚園の卒園後は「春休み」となり、いつものように登園することはありません。そのため、卒園式がクラスや学年・先生と集まる最後の日となります。園の時間が許す限り、先生や親があいさつをしたり、みんなで写真を撮ったりと、別れを名残惜しむシーンが多いのではないでしょうか。

保育園の卒園式はいつ?

保育園の卒園式も、3月中旬~下旬に行われることが多いようです。保育園はママやパパが平日に仕事をしていることが多いため、土曜日・日曜日に卒園式を行う園が多いでしょう。

一部の公立保育園のなかには、平日に卒園式を行う園もあるようです。事前に年間予定表をチェックして先生に尋ねるなど、卒園式の日取りを確認して、仕事とかぶらないように調整しておくと安心です。

保育園は卒園したからといって、翌日から預かりがなくなる…というわけではありません。一般的に、卒園後もママやパパは変わらず仕事があるため、3月31日まで登園する子どもがほとんどです。4月1日からは、お弁当を持たせて学童保育などを利用する家庭も多いでしょう。

【幼稚園・保育園】卒園式の流れ・時間・持ち物

卒園式の流れ

卒園式の式典は園により違いがあるものの、一般的に下記のような流れで行われることが多いようです。

――園児入場
1.開式のことば
2.卒園(修了)証書授与式
3.記念品受与
4.園長式辞
5.お別れのことば(園児代表)
6.卒園児父母代表謝辞
7.卒園児記念品目録贈呈
8.園歌
9.卒園式の歌
10.閉式のことば
――園児退場

卒園式が終了した後、そのまま園のホールなどで謝恩会が行われる園もあるようです。いったん帰宅して、別の場所に集まる場合もあるでしょう。謝恩会は園によってさまざまなスタイルがあるので、場所や集合時間を確認しておくと安心ですね。

卒園式の時間

卒園式の式典自体は、午前中に行われるのが一般的です。だいたい1時間程度を目安にプログラムを組んでいる園が多いといいます。まれに園児が多い大規模の園で、一人ひとりに修了証書を授与する場合は、式典自体は1時間半程度と考えた方が良いかもしれません。

その後、各クラスに戻り、先生や親が挨拶したり卒園記念品が配られたりと、互いに涙を流しながら別れを惜しむ園が多いのではないでしょうか。卒園式当日は、午前中いっぱいで一時解散になる園がほとんどのようです。

卒園式の持ち物

卒園式当日の持ち物は、事前に確認をしておくことで、当日に慌てず会場へ向かうことができますよ。

□ハンカチ※フォーマルなデザイン
□スリッパ・室内履き※フォーマルなタイプがおすすめ
□靴を入れるビニール袋
□カメラ・ビデオカメラ※充電を確認する
□サブバッグ※記念品などを入れる袋
□ひざかけ・カイロ
□卒園式のしおり※事前に配布されている場合

ハンカチやスリッパがフォーマルなものがない場合は、黒やグレーなど、落ち着いた色のものを選ぶと良いでしょう。カメラやビデオの充電は前日から確認し、当日、電池切れということがないように注意したいですね。

また、3月は地域によっては、園のホールや会場が肌寒い場合があります。特に足元が冷えないように、ストールやカイロを用意しておくと安心ですよ。

【幼稚園・保育園】卒園式の子どもの服装や髪型

幼稚園や保育園に制服がある場合は、卒園式は制服で参加することになるでしょう。身だしなみに気を付けて、事前に下記のことを確認しておくと安心です。

□制服やブラウスにほつれがないか
□園指定の靴下のやぶれや汚れが目立たないか
□制服や帽子など、園指定のワッペンがとれていないか
□ブラウス・ズボン・スカートなどにアイロンをかけたか

園に指定の制服がない場合は、家庭ごとにフォーマルスーツやワンピースを用意しましょう。下記で、一般的な卒園式の服装・おすすめのスーツやワンピース・髪型をご紹介します。

男の子の服装や髪型

男の子のフォーマルは、スーツやブレザーを着るのが一般的です。卒園式はおごそかな式典なので、黒やグレー・紺などの落ち着いた色合いを選ぶと安心です。少し遊び心を入れたい場合は、ズボンをチェック柄にするなど工夫をしてはいかがでしょうか。

また、近いうちに小学校の入学式にも着る場合があることから、子どもの気に入ったタイプを選ぶことで、晴れやかな気分で新しい門出を迎えられるかもしれません。子どもの意見を聞きながら、実際に試着ができるお店で購入しても良いですね。

男の子の髪型は、卒園式前にカットをして整えておくと安心です。当日は、園から指定がない場合は、少しワックスでまとめても良いでしょう。長さがある場合は、横わけにして、前髪を流している男の子も多いようですね。

Mobile favicon

卒園式・入学式の男の子の服装!人気のフォーマルスーツ7選

女の子の服装や髪型

女の子は、ワンピースの上にボレロやスーツを着るスタイルが一般的です。色は式典ということを考えて、黒やグレー・紺などが無難といえるでしょう。ワンピースは、ボレロやスーツとセットになっているフォーマルタイプでも、おとなしめの普段使いができるタイプでも大丈夫です。胸元のリボンにこだわり、オシャレな雰囲気を漂わせても良いですね。

女の子も、卒園式前に美容院などで髪型を整えておくと安心です。ショートやボブスタイルならば、カチューシャを用いたり、髪を耳にかけて、かわいらしいピンやバレッタでとめてあげたりしても良いでしょう。ロングならば、子どもが好む髪形を結ってあげられるように、前もって練習をするママも多いようですよ。

また、当日は美容院で髪を整えてもらう子どももいるようです。美容院を予約する場合は、事前に子どもと相談しながら、慌てないスケジュールを話しあうことも大切ですよ。

Mobile favicon

卒園式・入学式の女の子の服装!スーツ・ワンピース・アンサンブル20選

Mobile favicon

【入学式・卒園式・卒業式】子ども用スーツの選び方とおすすめ18選!

【幼稚園・保育園】卒園式のママの服装は

スーツ・ワンピース

卒園式では、フォーマルスーツやワンピースを着るママが多いようです。明るい色や短すぎるスカートなどは避けて、黒や紺など、シックな色合いでまとめましょう。

また、卒園式に礼服で出席する場合は、ジャケットを落ち着いたタイプのものに変えたり、アクセサリーやコサージュでアレンジしたりしましょう。礼服だけ着こなすのでは、悲しみをイメージしてしまうようです。

また、黒のストッキングは避けて、ベージュのタイプにするのがおすすめです。足元にも華やかさを出すよう工夫することで、お祝いをイメージさせるアレンジになりますよ。

Mobile favicon

卒園式のママの服装は?おすすめスーツ・ワンピース12選

Mobile favicon

卒園式や入学式のコサージュの選び方!色や素材は?おすすめ10選!

Mobile favicon

保育園や幼稚園の卒園式は礼服で良い?着こなし方と役立つ小物アレンジ

着物

着付けを勉強しているママなどは、卒園式に着物で訪れる場合もあります。着物の場合は、礼装である、訪問着・付け下げ・色無地を選ぶのが一般的です。色合いは、地域や園の習わしによって選んではいかがでしょうか。卒園式だからと落ち着いた色を選ぶ人もいれば、お祝いや感謝の意を込めて明るい色を選ぶ人もいるようです。

着物での出席を考えている場合は、事前に、例年の着物を着ているママの割合や色の傾向をベテランの先生に尋ねても良いですね。

Mobile favicon

入園式・卒園式に着物を着ていって良いの?おすすめの着物レンタル9選!

バッグ

卒園式は何かと荷物が多いものです。そのため、決してフォーマルなバッグを持たなければいけない決まりはありません。しかし、卒園式の服装を考慮して、財布などの貴重品はフォーマルバッグに入れておくなど工夫をすると、スタイルが決まります。また、靴とバッグの色やデザインをあわせることで、まとまりのあるコーデができますよ。

着物の場合も同じように、必ず着物用のバッグを持つ必要はありません。当日の持ち物や同伴者・きょうだいがいるかなどで荷物の量が変わるので、サブバッグを上手く使いながら持ち物をまとめられると良いですね。

Mobile favicon

卒園式や卒業式におすすめのママバッグ10選!

髪型

卒園式では、アレンジよりも清潔感のある髪型を心がけると良いでしょう。事前に美容院で髪を整えたり染めたりと、当日に慌てないよう準備ができると良いですね。

また、華やかで大きなヘアアクセサリーは卒園式にそぐわない場合があります。あくまで子どもたちがメインの式と考えて、控えめなデザインを選んではいかがでしょうか。

Mobile favicon

卒園式・入学式のママの髪型は?おすすめヘアスタイルとヘアアクセサリーの選び方

【幼稚園・保育園】卒園式のパパの服装

卒園式はスーツを着用しているパパがほとんどです。正礼服は園長先生など式典を開催する方が着ることが多いため、避けた方が良いでしょう。日ごろからスーツで会社勤めをしているパパであればビジネススーツを利用しても良いですね。

おすすめは、略礼服である、ブラックスーツと呼ばれるタイプです。略礼服は、「礼服」と呼ばれるスーツの中でも格式が下の方ではあるものの、れっきとした式典にふさわしいスーツと言えます。知人の結婚式に参加したなどの理由で自宅にある場合は、略礼服を着用すると良いでしょう。

Mobile favicon

卒園式の服装のマナーは?幼稚園や保育園で失敗しない服選び

【幼稚園・保育園】卒園式で気を付けたいマナー

卒園式は「正式な式典」と考える

卒園式は、子どもの成長の喜びや仲間との別れがあり、気分が左右されやすいイベントのひとつですよね。しかし、卒園式は、正式な式典だということを忘れてはいけません。子どもだけではなく、親も卒園式に備えて体調を整えたり、当日慌てたりすることがないように、落ち着いた気持ちで出席できるよう心がけましょう。

また、卒園式の最中は、特別な理由がない限り、コートや帽子を脱ぐ・ひざ掛けを持って行く場合は落ち着いた色にするなど、気を配れると良いですね。

スマホの電源を切り私語をつつしむ

卒園式の最中、ママ友と子どもの成長や感動をたたえたいところですが、私語は厳禁です。静かなホールにひそひそ声は響くものです。式が始まる前に、携帯の電源が切られているかも確認してくださいね。

また、式の最中は、カメラやビデオの撮影場所が決まっている場合があります。座席で撮影をしてよいか、よく注意事項を確認しておくと安心です。子どもたちの入場や退場は少しのあいだシャッターの手を止めて、盛大な拍手で迎えてあげるのも親心ではないでしょうか。

我が子だけが主役ではない

私語をつつしむよう心がけていても、我が子のクラスの修了証書授与が終わった途端に気が抜けることがあるようです。主役は我が子だけではないことを念頭において、皆が気持ちの良い式典になるよう心がけましょう。

卒園生皆が主役と考えて、我が子を支えてくれた友達の卒園も心から祝ってあげられると良いですね。

子どもが卒園で「寂しい」と泣いたときは

卒園式に、「先生や友達と離れるのが寂しい」と涙を流す子どももいるのではないでしょうか。なかなか泣き止まなかったりずっと落ち込んでいたり、元気がなかったりと、子どもにどう接してよいか悩むママも多いようです。

子どもが泣いたり落ち込んだりした場合、まずは、子どもが先生や友達と離れる寂しさを認めてあげましょう。子どもが寂しさを感じられることは、心が成長したということです。先生や友達との絆を育んだ証拠でもあるでしょう。

卒園の寂しさは当日だけではなく、幼稚園ならば卒園後、保育園ならば小学校の生活に変化したときに訪れる場合もあります。そのときは、子どもの心の成長と認めてあげて、今後、小学校という新しい生活がはじまり、友達が増えることを優しく教えてあげましょう。

子どもが卒園するときに読んであげたい絵本

おおきくなるっていうことは

出典:shop.r10s.jp
おおきくなるっていうことは
¥1,404〜(2018/07/18 時点)

発売日: 1999年01月
著者/編集: 中川ひろたか, 村上康成
出版社: 童心社

「おおきくなるっていうことは」は、子どもの新しい門出や節目の時期に贈りたい絵本のひとつです。「大きくなるっていうことは…」というテーマをもとに、着ていた洋服が着られなくなったり歯が生えてきたり、身体的な成長から心の成長まで描かれています。

卒園式ではなぜか泣きたくなったけれど、その理由がわからない…と自分自身の心に問いかける子どもたちに、読んであげたい一冊ですよ。

■この商品に関する口コミ
・卒園を控えていようものなら、感情が込み上げてきて読んでるこちらがホロリと泣けてきます。
・卒園式の日、先生が読んでくれました。なんて素晴らしい内容の絵本なんだろうと思い、購入しました。

引用元:review.rakuten.co.jp

1ねん1くみの1にち

出典:images-na.ssl-images-amazon.com
1ねん1くみの1にち
¥1,728〜(2018/07/18 時点)

発売日: 2010年09月
著者/編集: 川島敏生
出版社: アリス館
ページ数: 40p

「1ねん1くみの1にち」とは、小学校に入学するにあたり、1年生の登校から下校までを写真付きで1冊にまとめた絵本です。授業の様子だけではなく、給食の様子や下校後の学校のことまで紹介されているので、小学校の生活のイメージがつきやすいでしょう。

子どもにとって新しいランドセルを背負って登校するのは、とても緊張するはずです。子どもが入学してから「あ、この授業の風景、絵本で読んだ」などと安心できるように、卒園と同時に読み聞かせるママも多いようですね。

■この商品に関する口コミ
・入学準備として良い本です。学校の様子が、登校から下校までよくわかります。
・年長の息子が、小学生になる不安を和らげるかのように、かじりついて見ています。

引用元:review.rakuten.co.jp

おおきな木

出典:images-na.ssl-images-amazon.com
おおきな木
¥1,296〜(2018/07/18 時点)

発売日: 2010年09月
著者/編集: シェル・シルヴァスタイン, 村上春樹
出版社: あすなろ書房

「おおきな木」は、読み手の年齢やそのときの感情により、さまざまなとらえ方ができる絵本です。卒園を控えた幼稚園児に読み聞かせるには少し早いかもしれませんが、子どもが年齢を重ねたときに読み返して欲しいと、卒園などの節目に贈る親も多いようです。

絵本は、無償の愛がテーマになっているともいいます。さまざまな愛のかたちがあり、与えられる側、受け取る側、そして、受け取ったものを返す側となったとき、どのような愛の形があるのか…と大人も考えさせられる一冊ではないでしょうか。

■この商品に関する口コミ
・とても内容が深い名作といえます。大人でも考えさせられるところが多いと思います。
・娘の保育園の先生がすすめてくれて、保育園から借りて子どもたちに読み聞かせました。いろいろ考えさせられる素敵な絵本です。

引用元:review.rakuten.co.jp

【幼稚園・保育園】卒園式の体験談

Comment icon式の最中下の子がグズり、卒園式のDVDを購入しました

我が家が通う幼稚園の卒園式は、毎年3月20日前後です。長男の卒園のとき、下の子は1歳。預けられる人がおらず、一緒に連れて行きました。卒園式には、下の子を連れてくる家庭も多く、保護者の席が自由だったので、子どもが泣いたらすぐ退席できるよう後ろのほうに座りました。修了証書授与のときなどは、子どもたちがりりしく見えて自然と涙があふれてきましたよ。

しかし、後半に下の子がグズリ出したので、ホールの隣に設けられていたベビールームへ移動しました。そこには同じように10人ほどのママと下の子たちがいました。後半を見ることができなかったのは残念ですが、卒園式をまとめたDVD販売を利用して、子どもの卒園式を振り返りましたよ。

卒園式は、いつもの園とは雰囲気が違い、とてもおごそかです。できるだけ落ち着いた気持ちで出席できるよう、持ち物や服装の事前準備や式のマナーには気を付けた方が良いかもしれません。その方が、子どもたちの成長や先生の言葉を噛みしめることができて、心に残る卒園式になると思いましたよ。

Comment icon卒園式後も保育園に通い、学童へ…

娘が0歳のころからお世話になった保育園の卒園式は、3月の一番最後の土曜日でした。園のホールで卒園式を行い、その後、別の部屋で父母会主催の謝恩会が開かれました。0歳のころから一緒だった友達との関わりを振り返り、ママ友たちと成長をたたえあうなど会話が弾みましたよ。

しかし、翌週も同じように保育園へ通い、3月31日が本当の卒園です。私は、3月31日の方が先生への感謝や友達との別れに寂しさが込み上げて、自然と涙があふれました。

そんな寂しさを感じたのもつかの間…翌日、子どもはお弁当を持って学童保育に通い始めたのです。幸いにも、学童には保育園からの友達が数名いたので、楽しく過ごせたようで安心しました。しかし、慣れ親しんだ園からの突然の変化に、子どもがストレスをためないか心配でした。一緒にいる時間は、できるだけ心のケアを気にかけて過ごしましたよ。

気持ち良い卒園式で子どもの成長を感じよう

卒園式は、正式な式典です。卒園式当日は、忘れ物がないように事前に持ち物をチェックしたり、時間や式の流れを確認したりと、慌てずに会場に向かえるように環境を整えましょう。卒園式は、服装を整えて私語をつつしむなどのマナーに気を配ることも大切ですよ。

子どもにとっても、長く過ごした園や成長を見守ってくれた先生方との別れは寂しいものです。泣いたり落ち込んだりしたときは、まずは、子どもの心の成長を認めてあげてはいかがでしょうか。卒園式を通じて、改めて感謝の気持ちや友達や先生の大切さを学んだはずです。心も身体も成長した子どもたちをたたえあい、気持ちの良い卒園式が迎えられると良いですね。

出張撮影で思い出を残そう

出典:fotowa.com
fotowa(フォトワ)出張撮影マッチングサービス
¥19,800〜(2018/07/04 時点)

fotowa(フォトワ)は、厳選されたプロカメラマンの中から、写真テイストや得意ジャンル、口コミから自分の好みに合ったカメラマンを指名できます。
料金:追加料金なしの一律料金
撮影が平日の場合19,800円(税抜)、撮影が土曜日・日曜日・祝日の場合23,800円(税抜)※料金には75枚以上の写真データ、フォトグラファー指名料、60分の撮影料、出張料が含まれています。

一生に一度の子どもとの思い出の瞬間を、プロの手で素敵な写真に残してみませんか。fotowa(フォトワ)は子どものお祝い事やイベントなど、希望の場所・時間で子どもや家族の写真を撮ってもらえる出張撮影サービスです。

普段は家族の誰かが撮影することが多く、子どもだけの写真が多くなりがちですよね。出張撮影サービスなら、家族全員が写った写真が増えるだけでなく、プロのフォトグラファーが自然な笑顔を引き出してくれますよ。イベントの臨場感をそのままに思い出を残すことのできる、おすすめのサービスです。

思ったより緊張しないで撮影の時間を過ごすことができました。フォトグラファーの方に撮ってもらわないと、家族三人で写っている写真はあまり残せません。ずっと残せる美しい写真でとてもうれしいです。スマホで撮影したのとは訳が違います。

引用元:https://fotowa.com/

あわせて読みたい

卒園に関する記事

卒園ソングのおすすめ!卒園式や謝恩会の歌の選び方のコツ

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/20271

卒園アルバムの作成方法は?無料素材やテンプレートがあるおすすめの業者

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/23288

卒園アルバムを手作りしよう!アルバム作りのコツと注意点

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29392

先生への卒園メッセージとは?例文とメッセージカード14選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29477

卒園文集とは?親から子どもへ贈る心のこもった文集の例文16選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29465

卒園記念品の人気商品は?選ぶコツと子どもが喜ぶ記念品8選!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/20272

幼稚園・保育園の謝恩会とは?企画の流れとおすすめの余興・歌・ゲーム

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29503

入学に関する記事

小学校の入学準備品リスト〜必需品からあると便利なものまで〜

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27989

【女の子編】小学校入学式におすすめの服装は?レンタルもできる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27990

【男の子編】小学校入学式におすすめの服装は?レンタルもできる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27991

【両親編】小学校入学式の服装は?おすすめアイテム&注意点

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27992

入園式・入学式のママバッグ!色・柄・人気のブランドやおすすめ商品をご紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29081

ジャンル別!小学校の入学祝い特集。ギフトに最適で喜ばれるものはこれ

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27986

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

りんこ

元気いっぱい7歳(男)5歳(男)3歳(女)のママです。音楽…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事