更新日:2018年08月10日

端午の節句の意味とは?菖蒲湯や飾りの由来は?なぜ鯉のぼりや五月人形を飾るの?

5月5日の「こどもの日」は端午の節句と呼ばれ、男の子の成長を喜び健康と幸せを願う日です。かぶとや鯉のぼりを飾ったり、端午の節句にちなんだ料理を食べたりしてお祝いする家庭も多いでしょう。ここでは、端午の節句の意味や飾りの由来、お祝いの仕方や節句に好まれる食べ物などについて詳しく解説します。

4760
0

端午の節句の意味や由来は?お祝いはいつする?

Image

5月5日、「こどもの日」は端午の節句とも言われ、かぶとや鯉のぼりを飾り、男の子の成長を感謝して健康や幸せを願う日とされています。端午の節句はゴールデンウィークの祝日のひとつでもあるため、なかには仕事や学校が休みという方もいるでしょう。

端午の節句は日本の伝統的な文化として定着していますが、どのような意味や由来があるのでしょうか。

端午の節句の起源は中国の文化

端午の節句は、日本では奈良時代から続く伝統的な行事です。「節」といわれる季節の境目には邪気が入りやすいとされ、さまざまな邪気払いが行われていました。

端午の節句のそもそもの由来は、今から2300年ほど前の中国の文化にさかのぼります。紀元前223年ごろに栄えた楚(そ)の国に、屈原(くつげん)という人望のある、王の側近がいました。しかし、陰謀から国を追われた屈原は、5月5日に川に身を投げこの世を去ります。屈原を慕っていた民はとても悲しみました。屈原が身を投げた川に向かって大きく太鼓を打ち鳴らし、ちまきを投げ込み、遺体が魚に食べられるのを防いだといいます。

また、昔から中国では旧暦の5月は、病気が流行りなくなる方が多かったそうです。特に5月5日は「5」が並ぶことから、人々から警戒されていたのでしょう。邪気払いとして重んじられていた菖蒲を家の軒先に吊るし、菖蒲の葉を浮かべた酒を飲み、身を清めたことが端午の節句の由来といわれています。

「菖蒲」と「尚武(しょうぶ)」の読みから男の子の節句に

奈良時代に中国から入ってきた端午の節句ですが、日本ではもともと女性の行事とされていたようです。田植えの時期となる5月に、女性が軒先に菖蒲やヨモギなどを吊るした小屋に入り、身を清めるという風習がありました。

端午の節句はその後一時的に衰退していったようです。しかし、武家時代になると「困難に立ち向かい、強く成長する」という武士の心を重んじる「尚武」という言葉と「菖蒲」の読みが同じことから、武家のあいだで縁起が良いと言われ始めました。これが、端午の節句は男の子がたくましく成長するようにと願う、馴染み深い風習へ変化した由来とされています。

さらに江戸時代になると、幕府が「5月5日を端午の節句」として制定したことから、鎧、かぶと、刀、などをまとった五月人形を飾り、子どもの成長を祝い健康と幸せを願う風習が普及しました。同じころ、関東では端午の節句に縁起ものとされる鯉のぼりを飾るようになり、現在に伝わる端午の節句が定着したといわれています。

端午の節句に飾る花やその意味は?

Image

端午の節句の花といえば「菖蒲(しょうぶ)」を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、葉菖蒲(はしょうぶ)・花菖蒲(はなしょうぶ)・アヤメは別の植物のようです。

・葉菖蒲…池や川など水の多いところに数年にわたりはえるサトイモ科の植物
・花菖蒲…花菖蒲は園芸用に作られた花。6月ごろに白、桃、紫、青、黄などの花を咲かせ、数年にわたり根付くアヤメ科の植物
・アヤメ…花菖蒲と姿が似ていて、山や草地にはえることが多く、5月ごろに紫の花を付けるアヤメ科の植物

端午の節句は、見た目が美しい花菖蒲やアヤメを飾るのが一般的です。しかし、葉菖蒲は昔から邪気を払い、身を清めるアイテムとされているため、端午の節句には欠かせない植物といって良いでしょう。

端午の節句のお祝いの仕方やその意味は?

Image

端午の節句は国民の祝日でもあるため、家族揃ってお祝いがしやすい日でもあります。子どもの日として知られる端午の節句には、主にどのようなことをしてお祝いをするのでしょうか。

かぶとや鯉のぼりを飾る

端午の節句には、五月人形と呼ばれるかぶとや鯉のぼりを飾り、子どもの健康を祈る家庭が多いでしょう。かぶとや鎧は、もともと武士が自分の身を守るために身に着ける防具であったため、事故や病気から子どもの身を守るという意味が込められています。

また、鯉のぼりは、「滝を上った鯉が天に昇り、やがて龍になる」という中国の伝説から、縁起ものとされてきました。逆流にも負けず強い精神を持ち、龍のように立派に成長するようにという願いが込められているそうですよ。この伝説から、鯉は出世の象徴ともいわれているそうです。

Mamanote icon
五月人形の選び方・相場・種類【完全ガイド】人気商品20選!定番からミニチュアまで!
Mamanote icon
鯉のぼりのおすすめ27選!室内外・置物・タペストリーなど【種類別】値段や選び方も徹底解説

菖蒲湯に入る

中国では、5月5日に邪気を払う浴蘭節(よくらんせつ)という風習があったといわれています。菖蒲は、昔から厄よけのアイテムとされていました。季節の変わり目にお湯に浮かべて入り、身体を清めたことから、端午の節句に「菖蒲湯」に入るという風習ができ現代に伝わったとされています。

端午の節句に菖蒲湯を準備するママは、子どもの肌トラブルに細心の注意を払ってくださいね。子どもによって体質はそれぞれ異なるため、菖蒲湯で赤みやかゆみなどを引き起こす可能性もないとは言い切れません。また、妊娠中のママも、においや刺激に敏感になりやすい傾向にあるため、菖蒲湯は控えたほうが無難かもしれませんね。

端午の節句は毎年訪れます。子どもの月齢や体調などを考えて、身体の状態に応じて楽しめると良いですね。

神社に行く

初節句を迎える赤ちゃんは、神社でお参りするという家庭も多いようです。お賽銭をあげて神殿にお参りするだけでも十分ですが、祝詞(のりと)をあげてもらうとより丁寧な初節句を迎えられるでしょう。祝詞をあげてもらう際に予約が必要な神社もあるので、事前に確認すると安心ですね。

また、端午の節句に、鯉のぼり飾りを披露するイベントが行われる神社もあります。事前にイベントが行われている神社をチェックして足を運ぶと、日本の文化を肌で感じることができるはずですよ。

端午の節句の食べ物とその意味は?

Image

端午の節句に食べられる食材には、一つひとつに縁起の良い意味が込められています。端午の節句に好まれる食べ物には、どのような由来と意味が込められているのでしょうか。

柏餅

柏餅とは、うるち米を加工した上新粉をこねたものを丸型に平たくして、餡をのせてからふたつ折りにしたものを柏の葉やサルトリイバラで巻いたものです。端午の節句の定番の和菓子のひとつといっても良いでしょう。

柏の葉は、新芽が出てから古い葉が落ちます。新芽が育つまで葉が落ちないことから、古い葉を親・新芽を子どもに見立てて「子孫繁栄」の縁起ものとされています。柏餅の柏の葉を食べるか食べないかは、個人の好みでどちらでも良いそうですよ。

ちまき

ちまきは、タケノコやしいたけ、豚肉などに甘からい味付けをしてもち米と炊き、笹や茅(ちがや)、竹の皮などで巻いた端午の節句の定番の食べ物です。具材にこしあんを入れたり、もち米のみを葉で巻き具を入れないものであったり、さまざまな種類が楽しめる食べ物です。

端午の節句にちまきが定着したのは、5月5日に川に身を投げた屈原(くつげん)の遺体を魚から守るために投げ込まれたという、中国の風習が起源とされています。また、5月は昔から病気が多い「毒月」とされていたことから、ちまきを毒蛇にたとえて、食べると免疫がつき病気や災難を跳ねのけるという意味が込められているそうですよ。

草餅

草餅とは、餅をつくときにヨモギなどの葉を練り込んだものに、餡などをはさんで丸めた和菓子としても親しまれている餅です。

ヨモギは菖蒲とならび、昔から邪気や災いを払う植物とされていきました。5月の田植えの時期に菖蒲やヨモギを家の軒先に吊るし邪気を払ったことから、端午の節句にヨモギが用いられるようになったとされています。

鰹(かつお)

日本の食文化のひとつとして、季節のものをいち早く食べて味わうことで、大地の恵みを身体に摂り入れるという風習があります。鰹(かつお)は、5月に初鰹の時期が重なることから、端午の節句に食べられるものとして定着していきました。

また、乾燥した鰹を削ってできるかつお節には、「勝つ男」「武士」という意味があるそうです。強い男の子に成長するようにとの願いが込められ、端午の節句に親しまれる食べ物のひとつとされています。

鰤(ぶり)

鰤(ぶり)の旬は、一般的に12~1月です。しかし、鰤は大きさにより名前を変える出世にまつわる魚として、季節を問わず祝いごとに好まれています。端午の節句には、男の子の出世を願い食べられるようになったようです。

タケノコ

タケノコは、すくすくと真っすぐに伸び、成長が早いことから「元気に大きく育つように」「心が真っすぐな子になるように」という願いが込められています。

また、タケノコは4月~5月が主な旬の時期です。旬の食材を食するという意味でも、端午の節句に好まれる食材として定着しました。

Mamanote icon
こどもの日のメニューや食べ物は?簡単レシピやお菓子・ケーキなど人気商品をご紹介【献立に迷ったら必見!】

端午の節句に定番の飲み物とその意味は?

Image

菖蒲酒

菖蒲酒は、邪気を払い長寿を願うという風習から、端午の節句に好んで飲まれているお酒です。

菖蒲酒は、菖蒲の根をきれいに洗ってからスライスして、日本酒に30分程度ひたす方法が一般的な作り方とされています。菖蒲の香りが酒にしみこみ、味だけではなく香りも楽しめる飲み物ですよ。

菖蒲酒のアルコールに注意

菖蒲酒はアルコールを用いているので、子どもは飲むことができませんよね。子どもには菖蒲酒に変わり、菖蒲の葉を少しジュースに浮かべたものを飲ませてあげてはいかがでしょうか。

菖蒲酒に用いられる根の部分は、子どもにとってはにおいがきつい場合があります。菖蒲の葉を飲まないように大きめに切ってジュースに浮かせて、雰囲気を楽しむだけでも特別なお祝いになるはずですよ。

16963 1
出典:thumbnail.image.rakuten.co.jp
菖蒲
¥580〜(2018/08/10 時点)

ニオイショウブ
ビニールポット3号(9cm)
草丈 50cm~120cm

庭に植物を植えるスペースがあったり、ベランダにプランターの設置が可能だったりするならば、菖蒲を栽培することができます。菖蒲は種から売られているものもありますが、あらかじめある程度葉が伸びているタイプのほうが失敗がないでしょう。

自宅で栽培すると根の部分まで使うことができます。菖蒲酒などを楽しむために購入する家庭もあるようですよ。

端午の節句に関する体験談

ままのて編集部に寄せられた、端午の節句に関する体験談をご紹介します。

Image

Comment icon端午の節句にちなんだ食事をして、菖蒲湯にチャレンジしました

長男が初節句のとき、夫の祖父母から立派な鎧かぶとを贈ってもらいました。こどもの日はちょうど夫がゴールデンウィークの休暇だったので、かぶとを飾り、生後8ヶ月の長男に陣羽織とハチマキをして端午の節句をお祝いしました。夫婦と子どもだけのお祝いです。

端午の節句にちなんで、ちまきや柏餅を用意して、赤ちゃん用にホットケーキと水切りヨーグルトでケーキを作り食事をしました。長男が後追いの時期だったので、手作りで用意できるものが少なく、ほぼ購入したものでのお祝いでした。本来なら、祖父母を食事会へ招くべきだったのですが、子育ての大変な状況を知ってか偶然か、元々来られないと夫に連絡があったようで、少し安心した面もあります。そのぶん、かぶとのお礼に心を込めた内祝いを贈りましたよ。

その日の夜は、長男が初めて菖蒲湯にチャレンジしました。まれに赤ちゃんの肌にあわないと聞いたので、さっとつかりよくお湯で洗い流す入浴でしたが、邪気を払い健康に成長できるよう願掛けができたようで嬉しかったです。
Mamanote icon
初節句の内祝いに喜ばれる商品16選!相場、マナーやのしの書き方は?

端午の節句の意味を理解し、お祝いしよう

Image

端午の節句は、男の子の成長を祝い、健康と幸せを願うためのとても歴史が深い伝統行事です。伝統にならい、かぶとや鯉のぼりを飾り、節句にちなんだ特別な料理を食べて子どもの成長を祝ってみてはいかがでしょうか。菖蒲や柏餅、かぶとなどに込められた意味を知ることで、より端午の節句を楽しめるはずですよ。

ママの仕事の都合やきょうだい育児などで、家庭によってはなかなか手の込んだお祝いが難しいこともありますよね。料理を用意したり部屋の飾りつけをしたりと、節句を祝う準備で疲れてしまうママもいるでしょう。自宅で端午の節句を祝う場合は、家族に協力してもらい、料理は市販のものや通販を利用するなど、無理なく楽しい一日を過ごせると良いですね。

あわせて読みたい

端午の節句(こどもの日)

Image
男の子の初節句のお祝いは?兜は誰が買う?料理や服装、プレゼントなど!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28988
Image
こどもの日の由来は?子ども向けに簡単に説明するには?女の子は何をする?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29870
Image
五月人形を飾る時期はいつからいつまで?収納方法や置き場所、由来やしきたりを徹底解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29844
Image
鯉のぼりはいつからいつまで飾る?何歳まで?矢車や吹き流しとは?名前や由来、おすすめイベントなど詳しく解説!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28969
Image
かぶとや鯉のぼりの折り紙の折り方は?【こどもの日】新聞紙やフェルトで簡単に手作りするには?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29770

ゴールデンウィーク

Image
【2019】ゴールデンウィークはいつからいつまで?家族旅行におすすめのプランとGWの過ごし方
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29752
Image
【監修記事】赤ちゃんの旅行はいつから?関東・関西のおすすめホテル20選!人気スポットも紹介
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29874
Image
子連れディズニーランド・シー完全攻略!2018年版【先輩ママおすすめのアトラクションや持ち物は?】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29614
Image
子連れ海外旅行におすすめの国5選!持ち物やぐずり対策も【体験談】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/21870
Image
赤ちゃんと飛行機にいつから乗れるの?座席や持ち物は?【体験談あり】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/2785
Image
赤ちゃんの新幹線デビューガイド!授乳・ベビーカー・おむつ替えは?【体験談】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29631
Image
赤ちゃんの温泉旅行はいつからがおすすめ?マナーやおすすめの宿、入れ方など
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/19997

子どものお祝い

Image
ハーフバースデーのプレゼントに困ったらこれ!生後半年のお祝いにおすすめのおもちゃ
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28062
Image
1歳誕生日には一升餅でお祝いを!食べ方、由来、人気商品、風呂敷の包み方
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/25069
Image
【写真あり】1歳の誕生日のご飯6選!簡単かわいい離乳食プレートをご紹介!!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/12508
Image
1歳の誕生日ケーキはどうする?先輩ママがおすすめする通販ケーキとレシピ
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/21677

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

元気いっぱい7歳(男)5歳(男)3歳(女)のママです。音楽…

おすすめの記事