五月人形を飾る時期はいつからいつまで?収納方法や置き場所、由来やしきたりを徹底解説

5月5日の端午の節句に、五月人形を飾る家庭は多いですよね。初節句に祖父母から贈られることも多い五月人形ですが、いつごろ飾るのが良いのでしょうか。また、飾り終えた後の収納方法も気になりますよね。ここでは人形を飾る時期や由来をはじめ、収納方法や不要になった際の処分の仕方など、五月人形の取り扱いについて詳しく紹介します。

29086

目次

  1. 五月人形とは?意味や由来は?
  2. 五月人形を飾る時期はいつからいつまで?
  3. 五月人形を飾る期間は何歳から何歳まで?
  4. 五月人形は誰が買うしきたり?
  5. 五月人形を飾る場所は?
  6. 五月人形の片付けや収納のコツは?
  7. 五月人形は処分できる?買取は?
  8. 五月人形に関する体験談
  9. 五月人形は飾る時期や収納にも気を配ろう
  10. 楽天・Amazonで五月人形をチェック!
  11. あわせて読みたい

五月人形とは?意味や由来は?

5月5日の端午の節句に、立派なかぶとやよろいなどの五月人形を飾る家庭も多いでしょう。そもそもなぜ端午の節句に五月人形を飾る風習ができたのでしょうか。五月人形を飾る意味や由来について解説します。

五月人形を飾る意味

五月人形とは、5月5日の端午の節句に飾る「かぶと」や「よろい」のことを言います。端午の節句に五月人形を飾る意味として、男の子が強く立派に育ち、かぶとやよろいが事故やケガ、病気から身を守ってくれるようにと願いが込められているのが一般的です。五月人形は、男の子が健やかに成長できるよう、持ち主におこる災いや厄を引き受けてくれると言い伝えられています。

五月人形の由来

端午の節句に五月人形を飾る風習ができたのは、人形を作る技術が発達した江戸時代のころからといわれています。時代が進むにつれて五月人形がコンパクトになり、武家や上流階級だけではなく庶民のあいだでも親しまれるようになりました。

端午の節句のシンボルでもある「菖蒲(しょうぶ)」は、強く成長するという武士の心を重んじる「尚武(しょうぶ)」と読みが同じであることから、戦国時代ごろより武家のあいだで縁起が良い風習とされてきました。武士の防具であるかぶとやよろいは湿気に弱く、梅雨の時期は、傷みを防ぐために座敷に出して手入れをしたそうです。

当時の梅雨入りは五月とされ、端午の節句の時期と重なります。命を守る象徴であるかぶとやよろいを出して安全を祈願し大切に扱ったことが、現在の五月人形を飾る風習につながったとされているようですよ。

Article link icon
端午の節句の意味とは?菖蒲湯や飾りの由来は?なぜ鯉のぼりや五月人形を飾…

五月人形を飾る時期はいつからいつまで?

Image

五月人形を飾る時期

五月人形は、いつからいつまで飾るという明確な決まりはないようです。しかし、一般的に、春分(3月21日ごろ)~4月中旬に飾り、かぶとやよろいを観賞用として楽しむ家庭が多いようです。

五月人形は、両親や祖父母の思いが込められた大切な人形です。時間にゆとりのある湿気の少ない晴れた日を選んで飾りましょう。端午の節句の雰囲気を味わうためにも、1ヶ月~2週間程度は五月人形をお披露目できると良いですね。

五月人形はをしまう時期

五月人形をしまう時期は、飾る時期と同様、明確な決まりはありません。雛人形の場合は、しまうのが遅れるとお嫁に行き遅れる…という言い伝えがありますが、五月人形に限ってはこのようないわれはないようですよ。

五月人形は、昔からケガや病気などの災いから、子どもを守るという思いを込めて飾られています。そのため、厄よけの意味を込め、五月人形を守り神として一年中飾っている家庭もありますよ。

五月人形を飾る期間は何歳から何歳まで?

Image

五月人形を飾り始める年齢

子どもが生まれて初めての節句を迎える「初節句」に、五月人形を購入する家庭が多いのではないでしょうか。五月人形は、子どもの代わりに災いを受けてくれる厄よけの意味もあるため、初節句に向けて購入した場合はその年から飾るのが一般的です。

子どもが少し大きくなってから五月人形の購入を検討している場合は、購入した年から飾るスタイルで大丈夫ですよ。

五月人形を飾り終える年齢

五月人形を何歳まで飾るのか明確な決まりはなく、家庭や地域によってさまざまなようです。「7歳までは神のうち」という言葉があるように、七五三の7歳を迎えると飾らなくなる地域もあれば、昔でいう「元服(げんぷく)」といわれる15歳くらいまでや、「成人」とされる20歳まで飾るという地域もあります。

また、現在では五月人形を飾る期間も多様化してきたことから、子どもが五月人形に興味がなくなるまで飾るという、フリーなスタイルの地域や家庭もあるようですよ。

五月人形は誰が買うしきたり?

Image

五月人形はとても高価なものです。購入する際は、後々のトラブルを避けるためにも、夫婦だけではなく祖父母と相談することも大切です。五月人形を用意する場合、誰が買うのが一般的なのでしょうか。

祖父母が用意するケースが多い

五月人形を用意するときに誰が購入するのかは、地域やしきたりにより異なります。住んでいる地域によっても家柄や家庭のならわしで購入方法が異なるようですが、一般的には下記のようにいわれることが多いでしょう。

■関東地方・北海道
女の子の初節句は母方の祖父母が用意をして、男の子の初節句は父方の祖父母が用意をする
■関西地方
男の子も女の子も初節句は母方の祖父母が用意をする

最近では住居スペースなどの関係で、父方と母方の祖父母が初節句のお祝いを包み、パパとママが気に入った五月人形を買うというケースも増えているようです。気持ち良く五月人形を飾るためにも、まずは購入前に、両家の祖父母に相談するよう心がけましょう。

パパの五月人形を受け継ぐことも

本来、かぶとやよろいはひとりに一体と言われることが多く、お下がりは避けるケースがほとんどのようです。

しかし、パパが使っていたかぶとを子どもが受け継ぐという家庭もあります。パパの「お下がり」という概念ではなく、ひとつの良いものを代々「受け継ぐ」という考えをする家庭が増えてきました。かぶとを受け継ぐ場合は家族で相談して、パパが使っていた、思い出の品を大切に使うという選択を視野に入れても良いかもしれませんね。

Article link icon
五月人形の選び方・相場・種類【完全ガイド】人気商品20選!定番からミニ…

五月人形を飾る場所は?

Image

五月人形はとても繊細な作りをしているため、飾る場所にも気を配りたいですよね。かぶとやよろいを飾る場所は、どのようなことに気を付けると良いのでしょうか。

直射日光を避ける

五月人形に直射日光が当たると、色あせの原因になります。できるだけ直射日光を避けて、温度の変化が少ない場所を選びましょう。

人の目につきやすいようにリビングに飾る場合は、窓際を避けた風通しの良い場所に、リビング以外の部屋に飾る場合は北側の部屋を選ぶなど、できるだけ太陽の光や反射を避けて飾ると良いでしょう。

エアコンの風を避ける

かぶとを飾る部屋でエアコンをかける場合は、直接風の当たらない場所を選ぶようにしましょう。かぶとやよろいにエアコンの風があたると、パーツが傷む原因にもなります。できるだけ、空気の流れが緩やかな場所を選べると良いですね。

水平な場所に飾る

五月人形がすべり落ちて、壊れたりケガの原因になったりしないように、水平な場所に飾ることも大切です。少しでも段差があるなど、ゆがみがある不安定な場所は避けるようにしましょう。さらに、五月人形を飾るスペースに余裕が持てると安心です。

小さな子の手の届かない場所に飾る

五月人形は、どれも見惚れるほど立派なものですよね。すると、なんでも触りたがる子どもの興味の対象になることも多いでしょう。

五月人形のほとんどは、とても繊細な作りをしています。特にケース飾りではないタイプのかぶとやよろいは、子どもが細かいパーツを手にとる可能性があります。なんでも口に入れたがる時期は、ケガや誤飲を防ぐためにも、子どもの手に届かない場所に飾るようにしましょう。スペースがない場合は、祖父母の家に飾らせてもらうなど工夫ができると良いですね。

五月人形の片付けや収納のコツは?

Image

五月人形は、湿気や光に弱くとても繊細です。人形を片付けるときは、どのようなことに気を付けると良いのか、収納のコツなどを紹介します。

直射日光の当たらない場所を選ぶ

五月人形の中には、とても繊細な塗料を使用している人形もあります。片付けた箱の中で温度の変化が激しい場合、かぶとやよろいの色あせや傷みの原因にもなります。かぶとをしまう場合は直射日光を避け、気温の変化が少ない場所を選びましょう。

片付ける前にホコリを落とす

五月人形を片付けるときは、あらかじめホコリを落とすようにしましょう。汚れを放置したまま片付けると、変色の原因となったり虫がわいたりと、人形に悪影響を及ぼしかねません。

かぶとやよろいを片付けるときは、よく晴れた湿気の少ない日に羽や毛ばたきでホコリを払い、柔らかな布で拭いてから収納箱に片付けると良いといわれています。パーツの細かい部分のホコリは、綿棒や脱脂綿を利用すると便利ですよ。

毛ばたき・手袋 お手入れセット
¥648〜(2019/01/24 時点)

毛ばたき:約36cm
手袋:白(綿100%)

五月人形の手入れをする際は、人形専用の毛ばたきを使用するようにしましょう。ティッシュやタオルはかぶとに傷がつく可能性があります。布で拭くときは、眼鏡ふきなど傷がつきにくい素材を利用しても良いですね。

湿気の少ない場所を選ぶ

かぶとやよろいの他、五月人形の道具一つひとつは湿気を嫌います。なるべく湿気がたまらない場所に片付ける工夫をしましょう。湿気を吸い取ってくれる、防湿剤を使用しても良いですね。

湿度を調節する「調湿剤」や虫によるダメージを防いでくれる「防虫剤」を使用する場合は、人形専用のタイプを選び、使用量を守ることも五月人形をきれいに保つコツですよ。

人形用調湿剤
¥520〜(2019/01/24 時点)

成分:パーライト・ケイ酸ソーダ

「人形用調湿剤」は、湿気によるカビやひび割れから人形を守るアイテムです。五月人形は作りが繊細なため、湿度が高くても低くてもカビやひび割れのトラブルがおこる場合があります。五月人形を湿気から守るためにも、適度な湿度を調整するために調湿剤を使用してはいかがでしょうか。

人形用防虫剤
¥583〜(2019/01/24 時点)

8個入り

五月人形を1年間きれいに保存するために、「防虫剤」を使用する家庭もあります。ムシューダの「人形用防虫剤」は、独特なにおいもつきにくく使いやすいと評判です。防虫剤の入れすぎは人形の衣類や素材を傷つける可能性があるため、使用量を守ることも大切ですよ。

パーツを包む・つめ紙をする

五月人形を片付けるときは、何らかしらの衝撃で傷がつきにくいように、一つひとつのパーツを天然素材の和紙などで包んで丁寧にしまいしましょう。きつく巻きつけるよりも、パーツを優しく包むように片付けるのがコツですよ。

また、収納箱にしまったかぶとやよろいが揺れないように、箱と道具の隙間に新聞紙などで詰め紙をすると安心ですね。

五月人形は処分できる?買取は?

Image

五月人形が不要になった場合、どのように処分したら良いか迷う方が多いようです。また、五月人形は処分するほかに、買取をしてもらえるのでしょうか。

五月人形は処分できる?

五月人形は思い出があったり高価なものであったりするため、いざというときの処分に困るものです。実際に処分をする場合、一般的に下記のような方法があります。

■供養をする
五月人形は、両親や祖父母、持ち主である子どものさまざまな思いがこめられていることが多いでしょう。そのため五月人形を処分する場合は、神社などで供養してもらう方法が一般的です。また、人形供養の代行をしているサービスもあるので、五月人形のお役目が終えたなら、感謝の気持ちを込めて丁寧に供養することを検討しても良いですね。

■人に譲る・寄付をする
不要な五月人形がある場合、人に譲ったり寄付をしたりする方法があります。親せきや身内の子どもに譲る、近くの子どもが集うセンターや園、老人ホームなどに寄付する方もいるようですよ。まずは、身の周りに、五月人形を必要としている方がいないか探してみてはいかがでしょうか。

■ゴミの日に出す
不要になったかぶとは、ゴミの日に出すことができます。自治体によっては粗大ゴミや不燃ゴミで出すなど、分別が必要になるので注意しましょう。まずは、住まいの自治体でどのようなゴミの出し方をすれば良いか、役所に電話をしたりホームページを確認したりすると安心です。

五月人形は買取してもらえる?

五月人形は、基本的に持ち主が決まっている縁起物とされていますよね。そのため、人の思いや念が込もっている品は、買取を避けるリサイクルショップや業者が多いようです。実際に、誰が使用していたかわからない五月人形を購入する客も少ないようです。相当高価なものや骨董的な価値のある五月人形以外は、買取は難しいと考えて良いでしょう。

しかし、なかには五月人形を買い取ってくれる業者も少なからずあるようです。買取を希望する場合、まずは目ぼしい業者をネットで調べたり直接問い合わせたりと、詳細を確認してはいかがでしょうか。また、時間に余裕があるのならば、五月人形をネットオークションに出品するという方法もあるため、あらかじめ下調べをしても良いですね。

五月人形に関する体験談

Image

ここでは、ままのて編集部に寄せられた「五月人形」に関する体験談を紹介します。

Experience icon
五月人形を購入する際は、話し合いが必要だと学びました

我が家にはマンション住まいで、男の子がふたりいます。長男には、かぶととよろいがセットのもの、次男にはケース入りのかぶとだけのものを夫の祖父母がそれぞれの初節句に購入してくれました。特に長男のかぶととよろいのセットはとても立派で、取り扱いに気を付けなければいけないな…と思っていました。

初節句のころは長男が動き回る心配がなかったので、子どもの日にかぶとを飾りお祝いができたのですが、1歳や2歳ごろは高価なかぶとを壊さないか、また、パーツを口に含んで誤飲のトラブルがおこらないかが心配で出すのを控えました。その代わりに雰囲気だけでも…と、2歳年下の次男のために購入してもらったケース飾りをメインとして飾っていました。

かぶとを飾る年齢は、地域によっては7歳まであったり興味がなくなるまであったりと期間が短いといいますよね。いくら高価で立派なかぶとを購入しても、時間や気持ちに余裕を持って飾ることができなければ、とてももったいないなと思いました。そのため、かぶとを購入する際は、毎年無理なく飾ることができるように、住居スペースやライフスタイルを考えて話し合いをするべきだったな…と少し後悔しています。

しかし、ようやく下の子も聞き分けられる時期になったので、今年は長男のよろいとかぶとのセットも大々的に飾り、端午の節句をめいっぱい楽しむつもりですよ。

五月人形は飾る時期や収納にも気を配ろう

武士が「かぶと」や「よろい」といった防具で命を守ったように、五月人形は男の子をケガや病気などの災いから守ってくれるという意味や由来があります。鑑賞用としても楽しむことができる五月人形は、見惚れるほど美しいものであったり繊細に作られていたりするため、取り扱いにも気を配りたいですよね。

五月人形を飾る際は、直射日光やエアコンの風、汚れの原因となるホコリなどに気を付けましょう。端午の節句に間に合うように、できるだけ時間にゆとりがある日に飾ることができると安心です。

また五月人形は、男の子の健やかな成長を願うためにも毎年飾るものです。また来年気持ち良く飾ることができるように、片付ける際は直射日光や湿度に気を付けて、収納方法にも気を配ることができると良いですね。

楽天・Amazonで五月人形をチェック!

楽天・Amazonで五月人形の他の商品を探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

あわせて読みたい

端午の節句

男の子の初節句のお祝いは?兜は誰が買う?料理や衣装、プレゼントなど!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28988
Image
こどもの日のメニューや食べ物は?簡単レシピやお菓子・ケーキなど人気商品をご紹介【献立に迷ったら必見!】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29785
Image
鯉のぼりはいつからいつまで飾る?何歳まで?矢車や吹き流しとは?名前や由来、おすすめイベントなど詳しく解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28969
Image
かぶとや鯉のぼりの折り紙の折り方は?【こどもの日】新聞紙やフェルトで簡単に手作りするには?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29770
Image

桃の節句

桃の節句の由来や意味とは?飾る花や料理は?お祝いの仕方をご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26386
Image
【2019】人気の雛人形20選!おしゃれでかわいいブランドは?親王飾り・ケース飾りがおすすめ?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28995
Image
【女の子の初節句】お祝いの仕方や料理・衣装は?ステキな記念日にしよう!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28993
Image
【2019】雛人形の片付け方は?飾る時期はいつからいつまで?収納の手順や場所も紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28994
Image
ひな祭りの衣装おすすめ15選!初節句の女の子の服は?着物が定番?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29648
Image

ゴールデンウィーク

【2019】ゴールデンウィークはいつからいつまで?家族旅行におすすめのプランとGWの過ごし方
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29752
Image
子連れディズニーランド・シー完全攻略!2018年版【先輩ママおすすめのアトラクションや持ち物は?】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29614
Image
子連れ海外旅行におすすめの国5選!持ち物やぐずり対策も【体験談】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21870
Image
赤ちゃんと飛行機にいつから乗れるの?座席や持ち物は?【体験談あり】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/2785
Image
赤ちゃんの新幹線デビューガイド!授乳・ベビーカー・おむつ替えは?【体験談】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29631
Image
赤ちゃんの温泉旅行はいつからがおすすめ?マナーやおすすめの宿、入れ方など
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19997
Image

子どものお祝い

ハーフバースデーのプレゼントに困ったらこれ!生後半年のお祝いにおすすめのおもちゃ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28062
Image
1歳誕生日には一升餅でお祝いを!食べ方、由来、人気商品、風呂敷の包み方
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25069
Image
【写真あり】1歳の誕生日のご飯6選!簡単かわいい離乳食プレートをご紹介!!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/12508
Image
1歳の誕生日ケーキはどうする?先輩ママがおすすめする通販ケーキとレシピ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21677
Image