【関東近郊】家族みんなで楽しめる!子連れにおすすめのプール付きホテル7選

夏のレジャーの定番といえば、水遊びですね。海や川で自然に触れるのはもちろん、子ども連れの旅行では天候に左右されにくいプール付きホテルも人気です。海辺のホテルや自然に囲まれた山のホテルなら、プール以外のレジャーも楽しめますよ。スライダーなどの遊具があったり温泉も利用できたりと魅力いっぱいのプール付きホテルをご紹介します。

2409

目次

  1. 子連れの旅行にプール付きホテルが最適
  2. プール付きホテルを選ぶポイント
  3. 関東近郊のおすすめプール付きホテル7選
  4. 関東のプール付きホテルでレジャーを満喫
  5. あわせて読みたい

子連れの旅行にプール付きホテルが最適

夏場の旅行は海に山に川にと、夏にしかできないレジャーを思いっきり満喫したいですよね。でも自然が相手のプランは天気に左右されやすく、子連れでの安全面も気になります。そこでおすすめなのが、プール付きホテルに宿泊する家族旅行です。

ホテル内にプールがあるので時間を気にせずに楽しめ、パラソルなどたくさんの荷物を抱えて移動する手間も省けます。ホテルによっては、宿泊者を対象とした限定サービスが受けられる場合もありますよ。

※2022年7月現在、コロナの影響が気になる地域もあるでしょう。おでかけのプランは、各ご家庭でご判断いただきますようお願いいたします。

プール付きホテルを選ぶポイント

子ども用のプールがあると安心

流れるプールや波のプール、ビッグスライダーはレジャープールの定番です。しかしこうした人気のアクティビティーは大人も楽しめるように設計されているため、水の勢いが強かったり深さがあったりして小さな子どもと一緒だと危ないと感じるシーンも少なくありません。

そこでおすすめなのが、子ども用プールのあるホテルです。子ども用のプールなら水深が浅く、大人の目が届きやすい広さなのでプールデビューにもぴったりです。水遊び専用のおむつを利用できる施設なら、さらに安心ですね。

屋内プールは天気を気にせず楽しめる

旅行の計画を立てているとき、気になることのひとつが天気です。予定日に雨マークがつかないか、ついつい何度もチェックしてしまうという人もいるのではないでしょうか。

屋内にプールがあるホテルなら、天気を気にせずに水遊びが楽しめます。突然の雷雨などに見舞われる心配もありません。夏場の暑い日差しを避けやすく、日焼け対策にもなります。

温泉・クアハウスで大人も満足

温泉リゾートでは、温泉を使った温水プールも珍しくありません。プールと温泉が併設されている施設も多く、プールでひとしきり遊んだ後はそのまま温泉で疲れを癒やせますよ。

関東近郊のおすすめプール付きホテル7選

【千葉】木更津温泉 竜宮城スパ・ホテル三日月 龍宮亭

ゆったり♪ファミリーバイキングプラン
¥16,500〜(2022/07/06 時点)

■スタンダード和洋室(4畳+ツイン)【禁煙】海側
・4名利用時
・バス・トイレ付
・朝食あり 夕食あり

ホテル三日月の本館である龍宮亭は、天から降り立つ龍と鳳凰を模したオブジェが目を引くスケール感のあるホテルです。

プールは3つのエリアに区切られ、東京湾を一望できるオーシャンスパ、ヤシの木に囲まれたガーデンプール、そして流れるプールやスライダーが備わった全天候型のアクアパークという充実ぶりです。

子ども用のプールは夏季限定のガーデンプールにオープンします。水深40cmと30cmの2種類があり、小さな子どもでも安心です。夜に開催されるレーザーショーや噴水ショーも見ものですよ。

併設されたスパ棟では、展望大浴場で温泉が満喫できます。ほかにもボーネルンドプロデュースのキッズガーデン、120点ものトリックアートを集めたお祭りランドがあり、ホテルだけで一日を遊びつくせるでしょう。

【神奈川】マホロバ・マインズ三浦

スパ利用付き1泊2食プラン
¥16,500〜(2022/07/06 時点)

【9階禁煙】トレイン&ファミリールーム|和洋室・2ベッド
・4名利用時
・120平米/バス・トイレ付
・朝食あり 夕食あり

マホロバ・マインズ三浦は天然温泉を水着で楽しむウォータークアパークが自慢のホテルです。お風呂の種類が豊富で幼児用プールはもちろん、ジャグジーや打たせ湯などママ・パパにもうれしい設備が整っています。

25mプールには、巨大ウォーターアスレチックが設置されています。プール横の屋外駐車場には期間限定で「水の遊び場」がオープンし、夏の日差しを浴びながら遊ぶこともできますよ。

子どもの夢が詰まったコンセプトルームも人気です。キャラクターとコラボしたりキッズルームが併設されていたりするので、子どもを遊ばせながらママとパパはくつろいだ時間を過ごせるでしょう。

【栃木】ホテル ブランヴェール那須

【旬の食材が満載!】朝夕の2食付きプラン
¥15,500〜(2022/07/06 時点)

■【禁煙】スタンダード和室10畳(広縁・トイレ付)
・4名利用時
・31平米/トイレ付
・朝食あり 夕食あり

森に囲まれたホテルブランヴェール那須は静けさを感じる景色とは裏腹に、30体以上もの恐竜が設置されているジュラシック温泉ホテルの顔を持ちます。

玄関ロビーには5~6mもあるトリケラトプスが臨場感たっぷりに巨体を揺らし、ガラス張りのプールの外ではティラノサウルスたちがにらみをきかせています。まるで異世界のような世界観に、子どもたちは歓声をあげることでしょう。

プールはクアハウス内にあり、水深70cmのキッズ専用エリアや各種お風呂が設けられています。那須サファリパークやりんどう湖ファミリー牧場といったレジャー施設へは車で10~15分と、遊びの拠点として便利な立地も魅力ですね。

【山梨】星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

【スタンダード・1泊】朝食付きプラン
¥39,800〜(2022/07/06 時点)

■スーペリア
・4名利用時
・55平米/バス・トイレ付
・朝食あり 夕食なし

星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳は、南アルプスや八ヶ岳を望む自然の中にヨーロッパの街並みのような石畳の回廊が続くリゾート施設です。夏季には高原の旬の味覚が堪能できるマルシェが開かれます。

イルマーレと名付けられた全天候型の屋内プールには、赤ちゃんから小学校低学年までの子どもも楽しめる水遊びエリアがあり、スライダーや噴水など全部で7種類の遊具が設置されています。

飛び出す水、流れ落ちる水、形を変える水とさまざまな表情をみせる水の様子に、時間が経つのを忘れて遊びに夢中になることでしょう。赤ちゃんもできるクラフト体験や、空中散歩に虫観察といった森のアクティビティーなど充実したプログラムも必見です。

【群馬】草津温泉 ホテルヴィレッジ

【ファミリー】◇スタンダードプラン
¥13,750〜(2022/07/06 時点)

■ファミリーに人気/和洋室タイプのお部屋【ウイング館】
・4名利用時
・46平米/バス・トイレ付
・朝食あり 夕食あり

草津温泉ホテルヴィレッジは、日本でトップクラスの湧出量を誇る草津温泉の自然を堪能できる一大リゾート施設です。

10万坪の広大な敷地の中にプール&温泉施設、空中アスレチック、スポーツ施設が点在し、屋内にはボウリング、卓球、ゲームコーナーと一日では遊びつくせないほどのアミューズメントがそろっています。

プール&温泉施設「テルメテルメ」は、屋内プール、屋外プール、幼児用プールを備えたプールゾーンと温泉・サウナゾーンにわかれています。草津温泉の中でも希少といわれている源泉は、存分に遊んだあとの疲れを癒やしてくれることでしょう。

【静岡】伊豆熱川温泉 ホテルカターラRESORT&SPA

海の幸バイキング
¥14,000〜(2022/07/06 時点)

■スタンダード和室10畳
・4名利用時
・バス・トイレ付
・朝食あり 夕食あり

伊豆熱川温泉ホテルカターラRESORT&SPAは、南国テイストあふれる全室オーシャンビューのリゾートホテルです。源泉かけ流しの温泉を利用した全天候型のプールは海に続くかのような広々とした景色が魅力です。

熱帯植物が茂るジャングルスパでは、13体の動物オブジェがお出迎えしてくれます。大型のエアー遊具も設置され、子どもの冒険気分をくすぐりますよ。

さらに目を引くのは、地域最大級の管内施設です。ボールプールやプラレールで遊べるキッズルームのほか、メリーゴーラウンドが置かれたサーカスの国など流行りのプロジェクションマッピングも体験できます。

【東京】ホテルニューオータニ

【楽天限定】Pool & Stay-29H《1枠付(当日2部)》
¥30,400〜(2022/07/06 時点)

■【ザ・メイン】デラックス ダブル(3名用) 禁煙
・3名利用時
・45平米/バス・トイレ付
・朝食あり 夕食なし

ホテルプールの草分け的なホテルニューオータニのアウトドアプールが今年も期間限定でオープンします。

混雑しているイメージの夏場のプールですが、ホテルニューオータニのGARDEN POOLは完全予約制なので人ごみとは無縁です。遊泳用、子ども用、飛び込み用などの種類に分かれており、子ども連れでも安心して遊べます。

日ごろの喧騒から離れ、優雅な日本庭園に囲まれた都会のオアシスでのんびり過ごせるのはニューオータニならではです。ラグジュアリーな休日を過ごしたいママ・パパにもおすすめですね。

関東のプール付きホテルでレジャーを満喫

子どもにはいろいろな経験をさせてあげたいものですが、旅先での移動は大人にも子どもにも負担が大きいものですね。

プールはもちろん、広大な敷地を利用したアクティビティーが充実しているホテルなら、あちこち動き回らなくてもレジャー気分を存分に満喫できます。プール付きホテルのファミリープランを利用して、プールに温泉にと思い切り羽を伸ばしてくださいね。

※この記事は2022年7月時点の情報をもとに作成しています。掲載した時点以降に情報が変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

【関東近郊エリア】手ぶらで自然体験!子連れで楽しめるグランピング施設6選
https://mamanoko.jp/articles/32209
【忘れ物ゼロ】子連れプールの持ち物リスト!必需品&便利なグッズを紹介
https://mamanoko.jp/articles/28643
【2022最新】子連れディズニーランド・シー完全攻略!先輩ママおすすめのアトラクションや持ち物は?
https://mamanoko.jp/articles/29614
【子連れランチ】添加物の少ない外食チェーン店4選!安心して楽しめる回転寿司や定食、スープなど
https://mamanoko.jp/articles/32239
【地域別】プール開きはいつから?幼稚園・保育園・学校、市民プールの目安
https://mamanoko.jp/articles/27922