手ぬぐいズボンの作り方!かぼちゃパンツやステテコも!100均の手ぬぐいを型紙なしで簡単に手縫いできる!?

手ぬぐいはリメイクに人気のアイテムのひとつです。乾きやすく通気性が良いため、暑い時期の子どものズボンの生地に適しています。最近では100均でもおしゃれな手ぬぐいが売っています。ここでは、手縫いでできる手ぬぐいズボンの作り方とおすすめの手ぬぐいを男女別に紹介します。型紙なしでできるので、挑戦しやすいですよ。

304555

目次

  1. 手ぬぐいで子ども用ズボン・パンツを作ろう!
  2. 手ぬぐいで作る基本のステテコの作り方
  3. 手ぬぐいのかぼちゃパンツの作り方
  4. 男の子のズボンにおすすめの手ぬぐい5選
  5. 女の子のパンツにおすすめの手ぬぐい5選
  6. 子どものズボン作りには100均の手ぬぐいがおすすめ!
  7. 手ぬぐいを楽天・Amazonでチェック!
  8. 手ぬぐいでオリジナルのズボンを作ろう!
  9. あわせて読みたい

手ぬぐいで子ども用ズボン・パンツを作ろう!

70~90cmの子どもにサイズがぴったり!

一般的に販売されている手ぬぐいのサイズは、縦90cm×横33~34cmです。手ぬぐいで子ども用のズボンを作ると、70~90cmの子どもにぴったりのサイズができます。生後6ヶ月頃の赤ちゃんから、2歳前後までの子どもに合わせやすいサイズです。

ハイハイやあんよができるようになると、子どもはあちこち動き回りますよね。手ぬぐいのズボンは軽くて動きやすいので、子どもがいろいろなものに興味を持ち動き回る時期におすすめですよ。

ジメジメした夏に涼しい!

手ぬぐいは、木綿の平織り布のことを指し、吸水性・通気性に優れています。手ぬぐいで作られたズボンは、夏の暑い日も涼しく快適に過ごせるため、汗をかきやすい子どもにおすすめですよ。手ぬぐいのサラサラした生地で、赤ちゃんや子どもが着心地良く過ごせそうですね。

洗濯後に乾きやすい

手ぬぐいで作ったズボンは、洗濯後も乾きやすく、家事や育児に忙しいママの味方です。子どもが汗をかいたり汚したりしても、すぐに洗えるので便利ですね。手ぬぐいは速乾性にすぐれ、雑菌が繁殖しづらいという点もおすすめのポイントです。

布の端の処理が不要

一般的に洋服を手作りするときは、布の端が切りっぱなしだとほつれてきてしまうため、端の処理が必要になります。一方、市販の手ぬぐいは、最初から布の端の処理が施されているので、短時間でズボンを手作りできますよ。

手ぬぐいズボンは、手縫いで型紙がなくても作れるので、裁縫が苦手なママにも挑戦しやすいでしょう。

手ぬぐいで作る基本のステテコの作り方

Image

手ぬぐいとウエスト部分に入れるゴムを準備するだけで、簡単にステテコを作ることができますよ。ここでは、基本のステテコの作り方をご紹介します。

■材料
・手ぬぐい 1枚
・平ゴム 7cm幅

■作り方
1.手ぬぐいを横長に置き、半分に折って折り目がついたところを切る。
2.切れた2枚の布を中表に合わせ、チャコペンで生地の両端から3cmのところに20cmの線を書く。
3.チャコペンで書く線は、生地を合わせたときに股上の部分にあたるため、少し曲線をつけて書く。
4.両端のチャコペンで書いた線を縫ったら、縫った両サイドをズボンの形になるよう真ん中に合わせる。
5.まち針で固定して、股下を縫う。
6.ウエスト部分は約1.5cmほどを折り返し、ゴム通しを作る。
7.ゴム紐を通し子どものウエストサイズに合わせ、生地を表面に返したら完成。

■コツ・ポイント
手ぬぐいで作るステテコは、チャコペンを使って縫うところにしっかり印をつけることで、型紙がなくてもきれいに作ることができます。

手ぬぐいのかぼちゃパンツの作り方

Image

かぼちゃパンツは、裾が絞られているのでかわいらしさがアップします。キュートなかぼちゃパンツで、一気に子どもらしさが増しますよ。

■材料
・手ぬぐい 1枚
・平ゴム 適量

■作り方
1.手ぬぐいを横長に置き、半分に折って折り目がついたところを切る。
2.切れた2枚の布を中表に合わせ、チャコペンで生地の両端から3cmのところに20cmの線を書く。
3.チャコペンで書く線は、生地を合わせたときに股上の部分にあたるため、少し曲線をつけて書く。
4.両端のチャコペンで書いた線を縫ったら、縫った両サイドをズボンの形になるよう真ん中に合わせる。
5.まち針で固定して、股下を縫う。
6.ウエスト部分は約1.5cmほどを折り返し、ゴム通しを作る。
7.足を通す部分を約1.5cmほどを折り返し、ゴム通しを作る。
8.ウエスト部分と足を通す部分に子どものサイズに合わせてゴム紐を通す。
9.生地を表面に返したら完成。

■コツ・ポイント
1~6の工程は基本のステテコと同じ作り方です。かぼちゃパンツは、足を通す部分が窮屈にならないよう、ゴム紐の長さを調節しましょう。

男の子のズボンにおすすめの手ぬぐい5選

四色の兜飾りのかっこいいデザインがおすすめの手ぬぐい

【あいらしか】注染手ぬぐい 四色兜飾り
¥1,080〜(2018/12/12 時点)

■サイズ:約W33×H90cm

注染手ぬぐいとは、注染(ちゅうせん)という特殊な技法で、職人が一枚一枚手作業で染めた手ぬぐいです。手作業だからこそ、手ぬぐいの風合いや色合いを楽しめると、手ぬぐいの中でも人気の染め方です。

四色兜飾りの手ぬぐいは、男の子らしさを一段と感じさせてくれるデザインです。5月の子どもの日に、この手ぬぐいで作ったズボンをはかせてみても良いですね。

豆絞りの手ぬぐいはお祭りにぴったり!

【彩】豆絞り 手ぬぐい
¥378〜(2018/12/12 時点)

■サイズ:約W32cm×H89cm

豆絞りは、手ぬぐいや浴衣によく使われる生地です。お祭りの日には、豆絞りの手ぬぐいズボンをはかせたくなりますね。綿100%で触り心地が良く、日本製なので安心して子どもに使えそうです。

リサ・ラーソンの手ぬぐいは優しい色合いと触り心地が人気

135617出典:tshop.r10s.jp
【リサ・ラーソン】手ぬぐい はりねずみ
¥1,404〜(2018/12/12 時点)

■サイズ:W33cm×H90cm

リサ・ラーソンは、かわいらしい動物や表情豊かなフィギュアを作る陶芸アーティストです。日本でも多くのファンに愛されています。リサ・ラーソンがデザインしたはりねずみは、集めたくなるほどかわいらしいデザインで人気を呼んでいますよ。

そんなリサ・ラーソンのはりねずみがデザインされた手ぬぐいは、日本の手ぬぐい専門店「かまわぬ」の職人が、一枚一枚手作業で染めたものです。使えば使うほど、手ぬぐいの肌触りがふわふわに感じられるとママから好評です。

算盤縞(そろばんじま)の手ぬぐいは親子ではきたくなるデザイン!

【濱文様】手ぬぐい 算盤縞(そろばんじま)
¥864〜(2018/12/12 時点)

■サイズ:W34cm×H90cm

横浜捺染(よこはまなっせん)という型染めは120年の歴史があり、濱文様はその伝統を受け継ぐ捺染工場です。国産糸を使用したこだわりの手ぬぐいは、色落ちが少なく色鮮やかな配色が好評です。

なかでも算盤縞は、モダンな印象を与えるおしゃれな手ぬぐいではないでしょうか。パパと子どもがお揃いではきたくなるデザインですね。

てんとう虫の手ぬぐいは虫好きな男の子におすすめ

【戸田屋商店】梨園染手ぬぐい てんとう虫
¥864〜(2018/12/12 時点)

■サイズ:約W35cm×H98cm

戸田屋商店は、雑誌でも紹介されている人気の手ぬぐい専門店です。ポップな柄からインテリアに使えるおしゃれな柄まで多彩に取り揃えていますよ。てんとう虫の手ぬぐいは、梨園染という伝統工芸に指定された染め方で作られ、手作業だからこそ感じられる風合いが人気です。

手ぬぐいの生地は、木綿素材の高級生地を使っているので、肌触りが良く着やすいですよ。てんとう虫柄は、虫好きな男の子にぜひはかせたいですね。

女の子のパンツにおすすめの手ぬぐい5選

エチノの和柄ガーゼ手ぬぐいは花柄がかわいい

【エチノ】和柄ガーゼ 手ぬぐい
¥972〜(2018/12/12 時点)

■サイズ:W35cm×H90cm

エチノとは、織物デザイナーの古家悦子さんが手がけるブランドです。生活空間の中に温かみのある色をプラスするのが得意なデザイナーで、和柄ガーゼは優しい色合いが人気の手ぬぐいです。サイズ違いのガーゼハンカチとふきんもあるので、同じ柄で揃えるのも素敵ですね。

和布華の手ぬぐいは季節感あふれるデザイン!

【和布華】夏模様手ぬぐい それいゆ
¥1,296〜(2018/12/12 時点)

■サイズ:W33cm×H90cm

和布華の手ぬぐいは、季節に合わせた柄が豊富に取り揃えられています。伊勢型紙という伝統工芸品に指定された型紙を使用し、糸の一本一本まで染め上げています。それいゆはフランス語で「ひまわり」をあらわしており、夏にぴったりのデザインです。女の子の手ぬぐいズボンにおすすめですよ。

ボボショセスの手ぬぐいはかわいいイラストがおすすめ

B81mb014 img1出典:shop.r10s.jp
【ボボショセス】手ぬぐいハンドタオル
¥972〜(2018/12/12 時点)

■サイズ:W35cm×H92cm

ボボショセスは、スペインで生まれたベビー・キッズ向けのブランドです。童話に出てきそうなかわいらしいデザインが、ヨーロッパを中心に人気を呼んでいます。バナナ・リンゴ・梨・パイナップルのイラストは、キッチンやインテリアのアクセントとしてもおすすめですね。

両面ガーゼ手ぬぐいはリバーシブルで断然お得!

【京都くろちく】両面ガーゼ手ぬぐい
¥756〜(2018/12/12 時点)

■サイズ:約W34cm×H88cm

両面ガーゼの手ぬぐいは、リバーシブルなので気分に合わせて表裏を変えられます。手ぬぐいのズボンを作れば、万一汚しても裏面に変えられるので便利ですよ。

京都くろちくの両面ガーゼ手ぬぐいは、三重構造のガーゼで吸水性の良さが特徴です。使えば使うほどふわふわの肌触りになります。

カラーバリエーションが豊富なので、1枚持っているだけでコーディネートの幅が広がるでしょう。手ぬぐいの端はしっかり処理されているので、手ぬぐいのズボンも作りやすいですよ。

トランパランの手ぬぐいは涼しくて蒸れにくい

【トランパラン】手ぬぐい
¥420〜(2018/12/12 時点)

■サイズ:約W35cm×H90cm

トランパランの手ぬぐいは、手ぬぐいの産地で有名な大阪泉州で作られています。手拭いに描かれるデザインは、だんじりや泉州たまねぎなど、どれも泉州に関わりのあるものばかりです。

裏面にも同じ柄がプリントされているので、涼しいのに透けにくい手ぬぐいズボンを作ることができますよ。薄くて蒸れにくいトランパランの手ぬぐいは、パジャマにもおすすめです。

子どものズボン作りには100均の手ぬぐいがおすすめ!

Image

子どものズボンを作るときは、100均の手ぬぐいでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。セリア・ダイソー・キャンドゥなどの100均では、さまざまな柄の手ぬぐいが購入できます。

毎年暑い時期になると、豊富なデザインの手ぬぐいが販売されるので、子どもと一緒にお気に入りのデザインやカラーを選ぶのも楽しいでしょう。子どもが自分で選んだ手ぬぐいであれば、完成したズボンを喜んではいてくれそうですね。

手ぬぐいを楽天・Amazonでチェック!

楽天・Amazonで他の手ぬぐいを探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

手ぬぐいでオリジナルのズボンを作ろう!

通気性・吸水性にすぐれた手ぬぐいは、汗をかきやすい子どもにおすすめの生地です。夏の日を快適に過ごせるアイテムとして、手ぬぐいのズボンを手作りするママは少なくありません。

100均の手ぬぐいは口コミで人気を呼び、現在では多くのデザインが販売されています。失敗してしまうことが心配な場合でも、100均の手ぬぐいであればチャレンジしやすいですよ。

手ぬぐいのズボンは、型紙なしで手縫いで作ることができます。ぜひ好きなデザインで、オリジナルのズボンを作ってみてくださいね。

あわせて読みたい

ベビー服のサイズ早見表!韓国・アメリカ・ヨーロッパのサイズ比較表もご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29541
Image
ベビー服ブランド一覧!かわいい、かっこいい、安い、高級などタイプ別にご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28195
Image
【男女別】人気のキッズパンツ・ズボン12選!春夏秋冬季節ごとにご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28101
Image
「水遊びパンツ」の選び方。紙タイプと布タイプのメリットとデメリット
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28649
Image
水遊び用おもちゃを手作りしよう!ペットボトルや牛乳パックを使ったアイデア5選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27218
Image
水遊び用おもちゃ16選!プール・お風呂・外遊びにおすすめの人気の商品は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27979
Image
ビニールプールの人気11選!滑り台付き・大型・小型など子ども用プールのおすすめをタイプ別にご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28040
Image