ノルバデックスで乳がん治療の副作用は?生理が止まる?飲み忘れたら?

ノルバデックスは乳がんのホルモン療法に使われるホルモン剤です。エストロゲンの作用を抑えることから、副作用としてホットフラッシュなど更年期障害のような症状が出ることがあります。ここでは、ノルバデックスの効果や副作用、飲み方の注意点について解説します。ジェネリックもあるので、薬価を参考に検討してみてくださいね。

38054

この記事の監修

Image
産婦人科医
藤東 淳也

目次

  1. ノルバデックスとは
  2. ノルバデックスの飲み方と注意点は?
  3. ノルバデックスの副作用
  4. ノルバデックスの薬価
  5. 長期的に服用するからこそ正しい理解が必要
  6. あわせて読みたい

ノルバデックスとは

「ノルバデックス」は、アストラゼネカが販売するホルモン剤です。「タモキシフェン」とも呼ばれています。ノルバデックスの後発薬品(ジェネリック)には、沢井製薬の「サワイ」やマイランEPDの「MYL」があります。

乳がんのホルモン療法に使う

ノルバデックスは乳がんのホルモン療法に使われます。乳がんの約7割は、女性ホルモンのエストロゲンを取り込んで増殖するホルモン依存性のがんだといわれています。乳がんの手術後の病理検査で、エストロゲンを取り込む「ホルモン受容体」があると判明した場合に、ホルモン療法を行います。

ホルモン療法は、体内のエストロゲンの量を減らしたり、がん細胞がエストロゲンを取り込むのをさまたげたりすることで、がんの増殖や転移を減らします。ノルバデックスは、がん細胞のエストロゲン受容体とエストロゲンが結びつくのをさまたげる「抗エストロゲン薬」の一種です。

男性の女性化作用を防ぐ

ノルバデックスは、男性ホルモン作用を持つ「アナボリックステロイド」という筋肉増強剤の副作用を改善するために、男性が服用することがあります。男性が「アナボリックステロイド」を使うと、体内で過剰になった男性ホルモンの一部がエストロゲンに変換され、乳房がふくらむといった女性化作用が起こることがあります。ノルバデックスはエストロゲンの働きを邪魔して、女性化作用を引き起こさないように働きかける効果が期待できます。

ノルバデックスの飲み方と注意点は?

Image

ノルバデックスの飲み方

ノルバデックスは1錠10mgと20mgがあります。成人は通常、1日20mg分を1~2回にわけて、同じ時間に経口内服します。

ノルバデックスは通常5年間服用します。乳がん患者が手術後にノルバデックスを5年間続けて服用すると、再発の危険性を半分近くに減らせるといわれているからです。最近の研究により、10年間の服用で再発率がさらに低くなることがわかっており、副作用を考慮のうえで服用期間を延ばす場合もあります。

飲み忘れたときは?

飲み忘れた場合は、飲み忘れに気がついた時点で服用するようにしましょう。ただし、次の服用時間が近い場合は1回分とばし、通常の服用時間に1回分を飲みます。2回分を一度に服用してはいけません。

妊娠中は服用できない

妊娠前期にノルバデックスを服用すると、胎児奇形や流産が起こるリスクが高まります。そのため、妊娠を希望する場合や、妊娠している可能性がある場合は、服用を避けなければなりません。また、授乳中の服用もできません。

ノルバデックスの服用中に性行為をする際は、経口避妊薬(ピル)以外の方法で避妊するようにします。ノルバデックスは服用をやめてから薬が完全に抜けるまでに2ヶ月間かかるといわれています。そのため、服用終了後2ヶ月間は妊娠を避けましょう。

飲みあわせに注意が必要

ノルバデックスは、他の薬を一緒に飲むと、効果が強まったり弱まったりするほか、副作用があらわれやすくなる可能性があります。とくに、一部の抗うつ薬や結核の薬との飲みあわせには注意が必要です。また、健康食品やサプリメントを利用する際は、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

定期的に検査を受ける

乳がんのホルモン治療は基本的に通院による外来治療です。ノルバデックスの服用中は、効果や副作用を調べるために、定期的に血液検査や肝臓の検査を受けに行くことになります。

ノルバデックスの副作用

Image

ノルバデックスは抗がん剤に比べると副作用は少ないとされていますが、まれに重い副作用が起こります。副作用の症状や程度、出る時期には個人差がありますが、更年期障害のような症状や目の異常を訴える人が多いようです。

更年期障害のような症状

ノルバデックスにより、体内のエストロゲンの作用が抑えられると、ホルモンバランスと密接な関係にある自律神経も乱れ、更年期のような状態になります。そのため、ほてりやのぼせ、発汗といった更年期障害に似た症状が出やすいです。通常、服用開始から数ヶ月程度で軽快していくとされています。

目の異常

ノルバデックスに特徴的な副作用として、目の異常があります。視力低下、目のかすみ、視野の異常などがみられます。

無月経・生理不順

生理が止まったり、遅れたりします。おりものの増加や 腟の乾燥といった症状があらわれることもあります。

体重増加

体重増加は、もともと太り気味の人に多い傾向があります。脂肪組織からはエストロゲンが生成されるため、太ると乳がんが再発するリスクが高まるといわれています。

子宮の病気

ノルバデックスを2年間以上長期服用すると、子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜症、子宮体がんといった子宮の病気が発生する可能性が高まります。不正出血や下腹部の強い痛みといった婦人科系の症状がみられた場合には、医師に報告してください。

血栓塞栓症(けっせんそくせんしょう)

血液が固まりやすくなるため、ごくまれに、血の塊が血管をふさぐ「血栓塞栓症」を発症することがあります。手足の痛みやしびれ、むくみ、頭痛、めまい、息苦しさといった症状が前触れです。タバコは血栓塞栓症のリスクを高めるので控えましょう。日ごろから水分補給をこまめにして、長時間同じ姿勢にならないようにすることも大切です。

その他の副作用

ノルバデックスの副作用はその他、脱毛、筋肉痛、うつ症状、食欲不振、下痢といったものがあります。

ノルバデックスの薬価

Image

薬価

ノルバデックスと主なジェネリック医薬品の薬価(2017年7月現在)は以下のとおりです。

□ノルバデックス錠20mg:291.2円/錠
□ノルバデックス錠10mg:150.1円/錠

□タモキシフェン錠20mg「サワイ」:66.1円/錠
□タモキシフェン錠10mg「サワイ」:36.9円/錠

□タモキシフェン錠20mg「MYL」:182.7円/錠
□タモキシフェン錠10mg「MYL」:88.4円/錠

薬代の目安

ノルバデックスやジェネリック医薬品は保険が適用されます。患者が支払う薬代の目安は、ノルバデックスならば1年間で約3万5千円(3割負担の場合)となります。

長期的に服用するからこそ正しい理解が必要

ノルバデックスを使った乳がんのホルモン治療は5年以上行なうのが一般的です。長期服用になるため、薬の副作用や服用の注意点について自分自身がよく理解しておくことが大切ですよ。重い副作用はほとんど出ないとされていますが、日ごろから自分の身体の変化に敏感になり、気になる症状があらわれたらすぐに医師に相談しましょう。また、もしも経済的な負担が大きくなりそうなら、ジェネリック医薬品を検討しても良いかもしれませんね。

あわせて読みたい

授乳中のおっぱいに「しこり」!?授乳中も乳がんになるの?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/8282
Image
妊娠していないのに母乳が出る原因は?4つの原因と対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18147
Image