フェマーラの不妊治療への効果は?副作用や薬価は?ジェネリックはある?

フェマーラは、本来は乳がんの治療に使われる薬です。卵胞の発育を促進し、排卵をうながす作用もあるため、最近では不妊治療の現場でも注目されています。フェマーラにはどのような効果と副作用があるのでしょうか。フェマーラの服用方法、他の排卵誘発剤と比べてのメリット、デメリットを解説します。

52664

この記事の監修

Image
産婦人科医
杉山 太朗

目次

  1. フェマーラとは?
  2. フェマーラの不妊治療への効果と妊娠確率は?
  3. フェマーラの副作用は?
  4. フェマーラの薬価は?ジェネリックはある?
  5. フェマーラの飲み方は?飲み忘れたらどうする?
  6. フェマーラの服用に関する注意点は?
  7. フェマーラは排卵誘発剤のニューエース
  8. あわせて読みたい

フェマーラとは?

フェマーラは閉経後の乳がんの治療に使用される内服薬です。一般名でレトロゾールともよばれます。最近では不妊治療の分野でも耳にすることがありますね。乳がんの治療と不妊治療に、どういった関連があるのでしょうか。

乳がんの中には、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」によってがんが増殖するタイプがあります。エストロゲンは、閉経前の女性では卵巣で生成されますが、閉経後は男性ホルモンである「アンドロゲン」からアロマターゼという酵素の働きで生成されます。フェマーラはこのアロマターゼの働きを阻害する、アロマターゼ阻害剤です。エストロゲンの合成を抑制し、乳がん細胞の増殖を防ぎます。

このようなホルモンへの働きが、閉経前の女性にとっては卵胞の発育を促進させるため、最近では、フェマーラの排卵誘発剤としての効能が注目されています。排卵障害の治療や体外受精での排卵誘発、他の卵巣刺激方法でも成功しなかった人への治療として有効とされています。

フェマーラの不妊治療への効果と妊娠確率は?

Image

短期間の使用で排卵誘発効果がある

フェマーラを短期間服用すると、エストロゲンが一時的に低下し、それをコントロールするためにFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌が増加します。これによって、卵胞の発育が促され、成熟した卵子が排卵されます。

経口排卵誘発剤であるクロミッドとよく似ていますが、クロミッドは薬物の代謝・排泄にいたるまでの時間(血中半減期)が長いので、主席卵胞以外の卵胞が閉鎖されず、複数の卵胞が育ちやすくなります。フェマーラは血中半減期が短いので、自然周期と同じく主席卵胞のみから排卵となることが多いようです。そのため、多胎妊娠の可能性はクロミッドより低くなります。

クロミッド使用時よりも妊娠確率が高い

フェマーラは血中半減期が短いため、内服を終えるとすぐに体内から消失します。クロミッドは血中半減期が長いため、何度も続けて服用すると子宮内膜が薄くなったり、子宮頸管粘液が減少したりする可能性がありますが、フェマーラにはみられません。

そのため、クロミッドよりも妊娠率が高いといわれています。 また、クロミッドの服用が推奨されていない子宮内膜症や、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人にもフェマーラは有効とされています。

フェマーラの副作用は?

Image

血栓症、塞栓症

フェマーラの副作用として、血液中のコレステロール値と中性脂肪の値が高くなることがあります。脂質代謝異常が進むと、動脈硬化が起こり、血栓症や塞栓症につながる可能性があります。

具体的には、肺塞栓症、脳梗塞、動脈血栓症、血栓性静脈炎、心筋梗塞の症状が副作用として報告されています。呼吸困難や手足の麻痺を感じたときは、すぐに病院で検査してもらいましょう。

心不全、狭心症

フェマーラは、心血管系にも影響します。そのため、心不全、狭心症といった副作用も報告されています。心不全の症状としては、息苦しさ、むくみ、頻尿、疲労感などがあります。狭心症の症状としては、胸の広い範囲の痛み、息が詰まるような痛みなどです。

心不全や狭心症は高血圧がひとつの要因となります。心電図や心エコーで検査できますが、普段から血圧を測ってチェックしておくと安心です。胸に痛みや変化があった場合、速やかに医師に報告しましょう。

肝機能障害、黄疸

肝機能障害の自覚症状としては、全身のだるさ、発別、皮膚や白目が黄色くなることがあげられます。同様に、黄疸も白目や皮膚や黄色くなる症状で、尿が褐色になることもあります。

肝機能障害が起こると、血中のAST(GOT)、ALT(GPT)値が大きく上昇するため、症状が気になる場合は血液検査をしてもらいましょう。

中毒性表皮壊死症、多形紅斑

中毒性表皮壊死症(TEN)とは、高熱を伴って、全身に赤い斑点や水ぶくれが出現する病気です。自覚症状としては、38℃以上の発熱、目の充血、唇のただれがあります。多形紅斑は、身体のいろいろな場所に赤い斑の発疹や水疱ができる症状です。

どちらも原因は明らかではありませんが、薬剤の投与や感染症がきっかけとなることが多いようです。フェマーラ使用後は、発疹ができないか注意深く観察する必要があります。肌に変化が見られたときは、速やかに医師に報告しましょう。

その他さまざまな副作用

フェマーラを服用すると、体内のエストロゲンの量が少なくなるため、更年期障害に似た症状が副作用としてあらわれることもあります。たとえば、ほてりやのぼせ、多汗などです。ホルモンに作用するので、頭痛やめまい、吐き気の症状がでることもあります。

また、エストロゲン量の減少にともなって、骨量も減少するので、関節にこわばりを感じたり、痛みを感じたりすることがあります。骨がもろくなり、骨粗鬆症や骨折が起こりやすくなる可能性もあるでしょう。血中コレステロール値や血圧が上昇することも考えられます。

また、精神的な副作用の可能性もあります。うつ病、不安、不眠症などです。その他にもさまざまな副作用が存在するので、気になる症状があるときは医師や薬剤師に相談してみましょう。

フェマーラの薬価は?ジェネリックはある?

Image

保険適用外で1錠あたり547.6円

フェマーラを不妊治療で服用する場合、保険適用外となります。フェマーラはもともと乳がんの治療薬として日本では開発・販売されたため、目的が異なる利用法とみなされるのです。

フェマーラの薬価は、1錠547.6円です。1日1錠を5日間飲むと仮定すると、一回の生理周期で3,000円近くかかります。これに、妊娠検査薬代も別途かかるため、事前に病院に確認しておきましょう。

ジェネリックでは半額以下

フェマーラには、いくつかジェネリック(後発薬)が存在します。明治やヤクルト、ファイザーなどが発売している「レトロゾール錠2.5mg」はフェマーラのジェネリックです。添加物に違いはみられますが、有効成分の含有量は同じため、効能もほぼ同じとなっています。

ジェネリックは開発期間が短いのでコストがかからず、先発薬より安価となります。フェマーラのジェネリックであるレトロゾール錠の金額は1錠215円程度であり、フェマーラの半額以下となっています。

フェマーラの飲み方は?飲み忘れたらどうする?

Image

生理3日目から1日1錠を5日間

フェマーラは妊娠中には飲んではいけない薬なので、まずは病院で検査をし、妊娠反応の陰性が確認されてから処方されるのが一般的です。

服用は、生理が始まって3日目から始めます。1日1錠(レトロゾール2.5mg)、5日間連続で服用します。飲む時間帯や、食事の前後かは決まっておらず、いつ服用しても効果は変わらないとされています。飲み忘れを防ぐために、自分で時間を決めても良いでしょう。

その後病院で卵胞の発育を検査し、排卵の有無を調べます。効果が低い場合は、1日2錠の服用を指示されることもあります。フェマーラはhCG注射と併用することも多いようです。卵胞が十分成熟したと判断された日にhCG注射をし、排卵を誘発させ、翌日人工授精やタイミング療法を行います。

飲み忘れたら医師に相談

フェマーラは継続して飲むことが大事な薬です。もし、服用を忘れた場合、同日中であれば、気がつき次第すぐに服用しても問題ないといわれています。

気がつくのが翌日になってしまったときは、忘れた分を一緒に服用しようとはせず、一回分のみにしましょう。一度に2回分を服用してしまうと、卵巣を過剰に刺激してしまう可能性があります。

医師の方針によっても服用方法は変わりますので、飲み間違いや飲み忘れに気がついたときは、すぐに担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

フェマーラの服用に関する注意点は?

Image

妊娠中・授乳中は服用しない

フェマーラは、妊娠中に服用するのは禁止されています。フェマーラを使った動物実験で、胎児の死亡や、奇形、分娩障害が観察されているからです。

授乳中も服用しないように注意が必要です。もしどうしてもフェマーラの投与が必要な場合は、授乳を止めなくてはいけません。動物実験で、母乳を通して成分の移行が認められたほか、フェマーラを服用している母親の母乳を飲んだ雄の子どもは、生殖能の低下もみられます。

フェマーラを服用する前、服用中は定期的に超音波検査や血液検査を行い、妊娠の有無を確かめることが重要になってきます。

重度の肝障害、腎障害がある人は使用しない

フェマーラは、重度の肝機能障害の人への安全性は確立していません。肝炎、肝硬変、肝臓がんなどの重い肝障害を持つ人は、症状を悪化させる可能性もあるため、フェマーラの使用は禁止となっています。

同様に、重度の腎障害の人への安全性も確立していないので、フェマーラの服用は禁止です。腎障害には糖尿病や、腎炎、多発性囊胞腎などがあります。肝臓や腎臓に病気があるときは、事前に医師に相談してみましょう。

高齢の人は慎重に服用

一般的に、高齢の人は免疫力や消化吸収力などの生理機能が全般的に低下しています。そのため、フェマーラが効きすぎてしまうことや、軽い副作用でも重症化してしまうことがあります。

高齢の人が治療でフェマーラを使用する場合、投与量を調整するなど、慎重に服用する必要があります。少しでも「つらい」と思ったら、担当医師にすぐに相談し、治療をお休みして回復を待つようにしましょう。

フェマーラは排卵誘発剤のニューエース

Image

フェマーラ(レトロゾール)は、卵胞の発育を促す効果を持ちますが、子宮内膜が薄くなりにくく、多胎妊娠の可能性も低い薬です。しかし、排卵誘発剤としては保険適応外となり、副作用も存在します。医師と相談してデメリットや効果を知り、十分に検討して治療を進めていきましょう。

あわせて読みたい

クロミッドの飲み方は?飲み忘れや服用の注意点は?飲酒はNG?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19699
Image
デュファストンの効果と副作用、飲み方は?服用中の生理や基礎体温は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21569
Image
着床時期はいつ?自覚症状はあるの?受精卵が着床するまでの期間と流れは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23030
Image
【医師監修】妊娠超初期症状25のチェックリスト!兆候はいつから?(体験談あり)
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18554
Image
妊娠初期症状がない人の特徴は?個人差や胎児への影響について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19848
Image