更新日:2018年11月22日

卵巣のう腫の種類や症状、原因は?妊娠への影響はあるの?

卵巣のう腫という病気を知っていますか。以前、アーティストの宇多田ヒカルさんが19歳のときに手術をしたことで、ニュースにもなりました。10代や20代の女性もかかりやすい卵巣のう腫の種類や原因、妊娠への影響について、医師監修の記事で解説します。

監修 : ままのて 医師・専門家
173324
1

卵巣のう腫を経験した宇多田ヒカルさんが男児出産!

日本の歌姫でもある宇多田ヒカルさんは、2002年4月、まだ19才だった頃に卵巣のう腫が見つかりました。左側の卵巣は直径5cmもの腫瘍で腫れ上がり、手術で左卵巣を全摘出したと発表されました。

それから十数年……。8才年下のイタリア人男性(24歳)との電撃再婚から1年2ヶ月経った日のこと。2015年7月3日に、公式サイトで男の子を出産していたことを明かした宇多田ヒカルさん。32歳の頃でした。

手術の他に宇多田さんが行った卵巣のう腫の治療法は「偽閉経治療法」と呼ばれていて、薬で女性ホルモンの分泌を抑えるという方法でした。閉経したような状況を擬似的に作り出し、卵巣の働きを抑える効果があるのです。

しかし、この薬の副作用により、宇多田さんは長年、頭痛や体のほてり、精神不安など、更年期障害と同じような症状に悩まされたといわれています。

卵巣のう腫とは?

Image

「卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)」とは卵巣の腫れをまとめそう呼ぶのですが、悪性度が高いか、つまり癌かそうではないかによって大きく3つに分けられます。

「卵巣癌」……明らかな悪性腫瘍
「卵巣のう腫」……逆にはっきりと良性腫瘍だといえるもの
「境界悪性腫瘍」……悪性と良性の間くらいの性質を持っている腫瘍

さまざまな原因と状態によって、違った病名で呼ばれることもあります。

「チョコレートのう腫」……子宮内膜症が原因で、卵巣や腹腔内に子宮内膜に似た組織や血液がたまって塊となる。血液変色してチョコレート色になる
「漿液性のう腫」……卵巣の表面をおおう上皮から発生し、中にサラッとした液体がたまる
「粘液性のう腫」……ゼラチンのようにドロドロした粘液がたまる
「類皮のう腫」……「髪の毛」や「歯」「骨」「皮膚」が含まれている

このように、何らかの原因で卵巣が腫れることを一般的に「卵巣腫瘍」と呼び、その中でも「卵巣のう腫」は良性の腫れ物を意味しています。卵巣のう腫には、のう腫の中身によってさまざまな種類があります。

Mamanote icon
卵巣が腫れる原因は?考えられる病気と症状、治療について

なぜ卵巣のう腫ができるの?

Image

卵巣のう腫とは、卵巣内に液体や脂肪がたまってしまう、触ると良性腫瘍のことを言います。大きくなると、こぶし大やそれ以上になることも少なくないので注意が必要です。

しかし、子宮内膜症が原因で起こるチョコレート嚢胞以外は、のう腫がなぜできるのかはっきりとした原因は究明されていないようです。つまり、卵巣を持っているかぎり、どの女性もかかる恐れがあるということです。

卵巣の異常は発見が遅れがち

Image

元々卵巣に何らかしらの異常があったとしても、「沈黙の臓器」と呼ばれるほど症状が出にくいといわれています。一般的な大きさが2~3cmですので少しくらい腫れていてもスペースに影響を与えにくいといえます。

しかも、子宮の両側にハンモックにつるされるような形で位置しているので、痛みも圧迫症状もあまり出ないようです。ただし、卵巣が腫れてこぶし大より大きくなってくると、下腹部が膨らんできたり、違和感を覚えることがあります。

卵巣は腹壁の近くにあるので、卵巣が大きくなるとお腹の内側が引っ張られるような軽い痛みを感じるケースも存在します。時には腰痛の原因になることもありますので、違和感を覚えた場合は注意深く体調をみていくと良いでしょう。

このように、もともとの大きさがそこまで大きくないこと、腫れても痛みをあまり感じられないことから、卵巣に異常があっても自覚症状がでてこない患者さんが大勢いるとのことです。痛みがないからといって放っておくと、卵管が引き伸ばされて卵巣の働きが悪くなり、不妊症の原因にもなってしまうかもしれません。

Mamanote icon
卵巣とは?正常の大きさや位置、病気の種類、手術方法は?

どのような治療方法があるの?

Image

様子をみて良い場合

卵巣が腫れてきていることがわかっても、大きさが4~5cm以下で成長スピードが遅い場合は、症状がない限りは定期検査のみで様子を見ても良いでしょう。ただし、急な痛みや違和感を覚えた場合は必ず医師の指示を仰ぐ必要があります。

手術の場合

卵巣の大きさが5cmを超えていたり、どんどん大きくなっている場合は早めに処置をした方が良いでしょう。

治療は手術となることがほとんどです。チョコレート嚢胞の場合は薬の治療で小さくなることがありますが、その他ののう腫はのう腫だけを切り取るか卵巣全体を切り取る手術が必要になります。

腹腔鏡手術の場合

腹腔鏡手術とは、開腹手術に比べて傷が小さくてすみ、術後の傷跡も目立ちません。また、おなかを大きく切らないのでからだへの負担が少なく回復が早いのもメリットです。最近は、腹腔鏡手術が行われることも多くなりましたので、もし自分がこのような立場に立たされてしまった場合は、しっかりと医師と相談することが必要になってきます。

このように、小さい腫れであれば、経過観察がすすめられるケースが多いようです。しかし、5センチ以上の大きさであれば、手術を考えなくてはなりません。卵巣のう腫のみの摘出か、卵巣そのものの摘出かは、症状や妊娠希望の有無によって変わります。

また、手術も従来の開腹手術だけでなく、腹腔鏡手術(炭酸ガスで腹部を膨張させて行われる手術)も行われるケースが増えており、患者さんへの体の負担が少ない処置も選択できるようになっています。

ちなみに宇多田さんは、片方の卵巣は薬によって卵巣の働きを抑えることで、のう腫の増大を防いだようです。こちらは手術によって体に傷はつきませんが、相当な副作用があるので医師との相談が必要です。

Mamanote icon
卵巣腫瘍の治療・手術の費用と時間は?保険の適応と妊娠中の手術について

予防方法は?

Image

卵巣のう腫は、女性であれば誰にでも起こりうる可能性がある病気です。ただし、発症したほとんどの場合で生活習慣に関わっていないことが多いです。そのため卵巣のう腫を事前に予防することは難しいともいわれています。

特に、初期には自覚症状が無いことからも、定期的に子宮がん検診を受けて、卵巣の状態を診てもらうことが症状悪化の予防に繋がるということなのです。

卵巣のう腫は、食事や運動などの日常生活で防げるものではないようです。定期的に婦人科の検査を受けることで早期発見が可能となります。初期に見つかった場合は、医師により適切な対応が行われるため、最悪のケースを防げることがほとんどです。

卵巣のう腫になっても妊娠はできるの?

Image

片方の卵巣を取り除いた場合

卵巣は腎臓と同じように、左右にひとつずつある臓器です。ですので、片方の卵巣を摘出してももう片方の卵巣が正常に残されていれば妊娠が可能です。

このように、卵巣がひとつになったら、「妊娠の可能性が半分になるのでは?」と思うかもしれませんが、心配はいりませんよ。残ったほうの卵巣がしっかり働いてくれますので、月経や妊娠の可能性はふたつあったときと変わらないのですよ。

Mamanote icon
右卵巣が腫れていました。私の妊娠7週目の体験談

両方の卵巣を取り除いた場合

ただし、両方の卵巣を全部摘出してしまった場合は、卵子のもととなる原始卵胞がなくなってしまうため、妊娠はできなくなります。上記のように、卵巣を摘出することになったとしても、ふたつある卵巣のうち、ひとつが残っていれば通常通り生理がやってきますし、妊娠も可能です。

また、のう腫を摘出し米粒ほどしか卵巣が残らなくても、卵巣は機能しているので生理の継続、妊娠もできるようです。ただし、再発するリスクを考慮して、閉経後の女性は全摘出するケースが多いそうです。

まとめ

卵巣のう腫は、卵巣をもつ女性である限り、かかる恐れのあるものです。また、事前に予防するすべはなく、早期発見により最悪の事態を引き起こさないように経過を見守るしかありません。

のう腫により、卵巣を摘出することになったとしても、卵巣をどのように残すかによって妊娠の可能性も、術前と変わらず継続させることができます。

これまで筆者は、卵巣のう腫は芸能人のような激務をこなす女性しかかからない病気だと思っていましたが、すべての女性に発生する可能性があると知って驚きました。女性であれば、婦人科検診を定期的に行う必要がありますね。

あわせて読みたい

Image
生理ではないのに、生理痛のような痛みが起こる原因は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/18914
Image
卵巣がんになったら妊娠はできないの?卵巣がんの症状と原因、治療法
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/22284
Image
卵巣痛の症状と原因は?生理前後に起こる場合は?妊娠している?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/20221
Image
卵巣の主な病気は?種類や症状、不妊への影響は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28526
Image
卵巣機能不全の原因と症状は?検査や治療方法は?不妊になる?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28585
Image
卵巣炎・卵管炎の原因や治療方法は?自覚症状はある?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28581
Image
放置しないで!多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因と治療法、妊娠への影響
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/19305
Image
子宮の病気をチェックしよう!11種類の子宮の病気の症状・原因
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28779
Image
不正出血が止まらない!続く原因は病気や更年期?子宮筋腫や子宮内膜症かも?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28601
Image
不正出血の原因を解説!腹痛を伴うことも? 鮮血が出ると危険?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28574

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊活・不妊のカテゴリ

おすすめの記事