赤ちゃんの散髪はいつから?自宅散髪のメリットとカットのコツ

個人差はありますが、赤ちゃんもだんだん髪が伸び始めて、前髪を切ってあげたり、後ろ髪を揃えてあげたりしたくなりますよね。美容室でも今では切ってくれますが、まだまだ少ない髪なので、ぜひお家で切ってみませんか?難しい点もありますが、コツをつかめば短い時間でできるようになりますよ!

29592

目次

  1. 初めての赤ちゃん散髪はいつから?
  2. 自宅で散髪するメリット
  3. 散髪の際に準備するもの
  4. 赤ちゃんの髪を上手に切るコツ
  5. 失敗しないカットのコツ
  6. 慣れるまではゆっくり切りましょう
  7. あわせて読みたい

初めての赤ちゃん散髪はいつから?

赤ちゃんの髪の量は、生まれたころから個人差があり、1歳でもまだ毛が少ない子もいれば、半年くらいにはふさふさの子もいます。ママの目安で切ってもよいかなとタイミングを見計らっても良いですが、一般的には、生後10ヶ月頃から1歳にかけて、初めての散髪をする子どもが多いようです。

しかし、まだまだ危ないことやママの言葉が分かる年齢ではないため、気を付けるべきことがあります。自宅でのカットは難しい印象がありますが、コツをつかめばかんたんにできるでしょう。筆者は、子どもの髪を結んであげるのさえ上手にできませんでしたが、散髪はだいぶ慣れ、現在では5分程度でできあがるようになりました。

自宅で散髪するメリット

Image

費用が安い

美容室で、赤ちゃんや幼児の散髪をお願いすると、1000円くらいから3000円ほど費用がかかります。少ない髪の量なので、実はママでもできてしまいます。道具は揃えなければなりませんが、費用は0円なため、ぜひトライしてみましょう。

好きなときにカットできる

美容室は予約する必要がありますが、自宅でカットするのであれば、赤ちゃんの機嫌が良いときや、ママの気が向いたときにカットができます。好きな時にできるため、忙しいママは助かりますね。

赤ちゃんが緊張しない(自宅でリラックスできる)

美容室でカットすると、知らない人や場所で、赤ちゃんはとても緊張してしまいます。家であれば、赤ちゃんにそのようなストレスを与えることもないため良いでしょう。

散髪の際に準備するもの

Image

ヘアカット用はさみ

大人用のはさみは先が尖っており危険なため、ベビー用のカットはさみをおすすめします。先がまるくなっているため、安全にカットすることができます。

すきバサミ

すきばさみとセットになったものがあります。髪の量が多い赤ちゃんやお子様は、すきばさみで少し髪の量を減らしてあげれば、夏のあせもなどの対策にもなるため、ぜひ使ってみてください。

バリカン(男の子向け)

男の子の髪をすっきりと切ってあげたいときには、ベビー用のバリカンもあります。長く使用できるため、1本あるととても便利です。

顔についた髪の毛を払う道具(ガーゼ、チーク筆)

顔や耳回りについた小さな髪の毛を払う際には、100円ショップなどでも販売されているチークブラシが便利です。美容室でも美容師さんが使っている場合がありますね。

あれば便利なもの(コーム、ケープ、水スプレー)

その他に、くしやケープ(大きなビニール袋でも代用可)、髪を整えるための水スプレーなどがあると便利ですが、用意できない場合も問題はありません。

赤ちゃんの髪を上手に切るコツ

Image

注意を引きながら切る

赤ちゃんをはじめ、小さな子どもたちはじっと静かにするのは難しいものです。他のママたちは、どのようにわが子の髪を切っているのでしょうか。まずは、何かで注意をひくのはいかがでしょうか。

例えば、好きなテレビやDVDを見せる、特別なおもちゃやお菓子で気を引く、じいじやばあばに気を引いてもらう、寝ているときに少しずつ切るなど、「自分の髪が切られている」と意識させないことが重要なようです。

一気に全部切ろうとしない

慣れてくれば、一気に全部カットしてもよいのですが、慣れるまでは、時間もかかるため、ママも疲れてしまいます。「今日は前髪だけ!」等、何回かに分けて切っていきましょう。

浴室や屋外でカットする

室内でカットする場合、細い髪はふわっと飛んで行ってしまうことがあります。洋服にもつきますね。そこで、浴室やベランダなどの屋外でカットしましょう。

失敗しないカットのコツ

Image

ハサミは頭と平行に持つ

赤ちゃんが動いた際に危険があるため、できるだけ赤ちゃんに対して平行を保つようにはさみを持ちましょう。赤ちゃんには向けず、平行を保ったままの状態で、少しずつ切りましょう。

サイド、後ろ、前髪の順で切る

初めての体験のため、赤ちゃんにもリラックスしてもらえるように、まずはママの顔が見えるようにサイドからゆっくりと整えましょう。その後、後ろをサイドに合わせて揃えるようにカットし、最後に前髪を切ります。3日くらいにわけて切っても良いでしょう。

前髪はラインを決めて少しずつカットする

前髪は斜め、もしくはまっすぐになってしまうことが多いのではないでしょうか。ラインをしっかりと決め、少しずつ切るようにしましょう。まっすぐにしないためには、はさみを縦に入れることがポイントです。縦にいれて切り、最後に長さを整えましょう。

耳の周りは2つに分けてカットする

耳回りは、前側と後ろ側にわけて切ります。まずは前側を手に取り、耳の周りの形に合わせたカットをして、そのまま後ろ側もカットしましょう。

襟足はサイドとのつながりを意識する

襟足とサイドの髪はつながるように切っていきましょう。まずはサイドを切り、その後、襟足を切ります。襟足とサイドの髪がガタガタになると、後で合わせるのが大変なため、しっかり意識して切りましょう。

女の子はブロッキングしてから切る

女の子がボブや長めの髪に揃える際には、髪をわけてヘアピンやゴムなどで留めておく「ブロッキング」という方法でカットしましょう。揃えやすく、失敗も少なくなります。

慣れるまではゆっくり切りましょう

自宅でのカットは、初めては特に、どきどきしてしまいますが、回数をこなすうちにだんだんと慣れるものです。慣れるまでは慌てず、何回かにわけて、ゆっくりと楽しんでカットしてくださいね。

あわせて読みたい

赤ちゃんの爪切りのコツや注意点!新生児にも使えるおすすめ商品は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26246
Image