赤ちゃんが歩く時期は?個人差がある?歩行器って必要なの?

赤ちゃんがつたい歩きできるようになると、次はいつ歩き出すのか気になるところ。同じ月齢の赤ちゃんが歩いていたりするとあせったり、何かと気になってしまうママも多いのではないでしょうか。早く歩けるようになる子、遅い子、歩く時期は人それぞれです。ここでは、赤ちゃんが歩く時期の個人差についてご紹介します。

38685

目次

  1. 赤ちゃんが歩く時期とは
  2. 赤ちゃんの歩く時期に個人差がある理由
  3. 赤ちゃんは歩くのが遅いと練習が必要?
  4. 赤ちゃんの歩き始めの注意点
  5. サポートに歩行器は必要?
  6. ハイハイなど他の動作も大切
  7. 歩く練習に手押し車がおすすめ
  8. 赤ちゃんの歩行に関する体験談
  9. 歩く時期は赤ちゃんそれぞれの個性
  10. あわせて読みたい

赤ちゃんが歩く時期とは

1歳頃が平均的

赤ちゃんの成長はうれしいもので、毎日いろいろなことが出来てきます。その中で、一人で歩けるようになるのは赤ちゃんの成長でも大きいことです。いつごろから赤ちゃんは歩けるようになるのか気になってきますよね。赤ちゃんが歩く時期はだいたい1歳ごろになります。すぐに立って歩けるわけではなく、ずり這いからハイハイ、何かにつかまって徐々に立てるようになっていきます。

しかし、個人差が大きい

必ず、そのころに歩けるといったことではなく、とても個人差が大きいものです。早い子では10ヶ月頃からちょっとずつ自分の力で立って歩こうとします。遅い子だと1歳半くらいまでと開きがあります。遅くても気にしなくても大丈夫ですね。

赤ちゃんの歩く時期に個人差がある理由

身体や頭の大きさから

歩く動作は、バランスをとって歩くので、身体の大きさや頭の大きさも歩くことに関わってきます。またその子の筋力の発達なども関連してきます。

慎重な性格の子

赤ちゃんの性格もみんな同じではなくて、個性がありますよね。アクティブな赤ちゃんもいれば慎重な赤ちゃんもいます。比較的おとなしめで慎重に物事をしている子は歩く動作が遅い傾向にあるかもしれません。

ハイハイ好きが原因!?

ハイハイの方がまだ楽でハイハイのほうが行きたいところへ行けるようだと赤ちゃんは歩くということよりもハイハイを選ぶので、まだ筋力もそれほど発達していないとわざわざ立つという動作が後回しになるのかもしれませんね。

赤ちゃんは歩くのが遅いと練習が必要?

Image

基本的に練習は必要ない

前でも述べた通り赤ちゃんには個人差があります。性格はもちろんのこと、体つき、筋力の発達などもそれぞれ違います。成長に問題なければ、練習しなくてもそのうちその赤ちゃんのタイミングで立ち上がり歩くことが出来ます。

身体の準備ができれば自然と歩く

その子自身の準備があります。身体の状況が整えば自然に歩くことができます。一度立ち上がり、歩く動作を身体が覚えられれば、そのあとはすんなりと歩く動作が問題なくできますよ。

足腰を鍛える遊びをしよう

歩くためには重い頭も支えなければなりません。それにはやはり筋力が必要になります。足腰を鍛えるような遊びをいれていけば、赤ちゃんにも筋力がつきますので、自分の身体を支えやすくなります。

赤ちゃんの歩き始めの注意点

赤ちゃんは、周りが何が危ないのかまだわかりません。歩き始めた赤ちゃんは行動範囲が広がり、興味があるものが周りに沢山あることに喜びを感じます。自由に楽しんでもらうためにも赤ちゃんの行動範囲に危ないものがないかいつもチェックしておきましょう。

たとえば、家具のコーナーが赤ちゃんに危なくないかどうか、ガラス製品の扉なども確認しましょう。また、床に赤ちゃんが口にいれてしまいそうな小さなものが落ちていないか、いつもチェックしておきましょう。

サポートに歩行器は必要?

Image

歩行器はなくても成長できる

歩行器は必ず必要な物ではありません。赤ちゃんは歩行器がなくとも時期がくれば歩くことが出来ます。

発達の遅れや怪我などの危険性

よく言われるのが、赤ちゃんの骨格形成に問題が見られる、股関節をずっと開いた状態なので影響がある、赤ちゃんは順番にずりばい、ハイハイと筋力をつけていきます。そこで歩行器を使うと必要な筋力がつきにくいといわれています。また赤ちゃんは歩くということがよくわかっていないので、歩行器で歩くときは足の裏をぴったりとつけない状態ですべらせて動かしていきます。つま先状態ということもあり歩行器での怪我も否定できません。

ママの負担軽減になる

歩く準備をしている赤ちゃんは行動範囲が広くなってきています。ママが予期しないところまで動いていたりします。動き出した赤ちゃんはとても大変ですよね。家事もままなりません。そんなとき歩行器をちょっと使用できればその間ママは少し負担が減ります。

短時間の使用として

歩行器を使うときは赤ちゃんの機嫌にもよりますが基本は短時間をおすすめします。まだ十分に筋力もついていない赤ちゃんです。骨格形成されているやわらかい身体でもありますので、20分から30分くらいを目安に使いましょう。

歩行器の役割や使用頻度で選ぼう

赤ちゃんが使う歩行器はいろいろな機能、役割をもったものがあります。歩く補佐だけではなく、遊びも一緒にできるようなものもあります。家でどの程度使用するのかその頻度も重要です。

ハイハイなど他の動作も大切

歩行器は常に使用するものではなく、あくまでも補佐です。大事なのは赤ちゃんが通常行う動作が大事です。自分の力を使って歩こうとする力を養う動作が大事なのです。ハイハイはその歩くための準備動作です。歩くことはバランスが必要になります。筋力がなければ立つこともできません。赤ちゃんの普段の動作を大事にしてあげたいですよね。

歩く練習に手押し車がおすすめ

歩く練習では、手押し車も有効です。まだまだ自分でバランスをとって長く歩くことが難しい赤ちゃんには遊びながら、バランス感覚も養い、歩く練習にもなります。

赤ちゃんの歩行に関する体験談

筆者の赤ちゃんの場合は、歩き出したのが早くて10ヶ月目でした。まだ歩くといった感じではありませんでしたが、自分の意思で立って歩きたいんだなと感じた瞬間でした。筆者の場合は1歳3か月だったので、やはり子供によって違うんだなぁと感じたました。筆者の子どもの時は股関節脱臼もしていたせいもありますが・・・・。毎日、赤ちゃんに変わった様子もなく元気にすごしているようなら歩く時期は問題ないです。筆者の赤ちゃんは最初から脚力があったように思いますので、おもちゃなのでキックをすると音がでるようなものなど、更に積極的にしていました。

赤ちゃんに歩行器はいつから使う?本当はよくない?デメリットもあるの?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26618
Image

歩く時期は赤ちゃんそれぞれの個性

Image

赤ちゃんが生まれて、試行錯誤でお世話をして首がすわるのがいつか、腰がすわるのはいつか、そして、ママも赤ちゃんも慣れてくると今度はいつ歩き出すのかと気になってきます。歩く時期もひとつの個性です。画一的な時期からみんな歩き出したらそれこそおかしいです。早くても遅くても、赤ちゃんがいつも元気で健やかに成長しているのならなんら問題はありません。おおらかに見守ってあげたいですね。

あわせて読みたい

おすすめファーストシューズブランド15選!いつから履く?サイズなど選び方のポイントを紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28288
Image