更新日:2015年08月05日

意外!?疳の虫(かんのむし)の正体は○○だった!!

「疳の虫(かんのむし)」という言葉を聞いたことありませんか?「疳の虫が騒ぐ」なども言いますが、そもそも疳の虫の正体をご存知でしょうか?そんな言葉としての認知度は高いけれども、実際のことろ何なのかよく分からない疳の虫について調べてみました。

160055
6

この曲、聞いたことありませんか?

筆者が疳の虫と聞いてまず思い出したのがこのCMでした。このCMは1989年に放送されていたものですが、耳に残るメロディーが印象的で今でも覚えていました。他の年代でもアレンジされて流されているようですよ。

歌詞の内容ですが、

♪赤ちゃん夜なきで困ったな~。かんむし、乳はき、弱ったな~。 ひや、ひや、ひやの、ひや・きおーがん♪

と歌われています。夜泣きも乳吐きも分かります。でも、この中で疳の虫(かんむし)だけが昔から、何か分かりませんでした。

疳の虫とは○○だった!!

Image

疳の虫(かんのむし)とは、3歳までの乳児に起こる異常行動を指していう俗称です。夜泣きや癇癪・ひきつけなどを総称したものでもあります。

「疳」とは漢方医学で脾疳(ひかん)のことで、乳児が異常食欲を起こしたり腹部膨満などの不調をおこすことだそうです。

日本では特に医学の発展していない時代には乳児が親に理解ができないような行動を起こすのが疳の虫によって引き起こされていると信じられていました。そのため呪医(まじない師)によって虫切りや虫封じ、疳封じが施されていたそうです。内容は乳児の手のひらに真言や梵字などの呪語を書いてから塩で洗って清めます。しばらく置いて手が乾くと指先から細い糸状の疳の虫が出てくるんだそうです。(もちろんこれはまやかしで、実際は手を洗う水の中に真綿の繊維を少量混ぜておくので、乾くとその繊維が見えるようになる、というものだったそうです)

何と疳の虫の正体はただの繊維だったのです!!筆者はこの事実を知った時、かなり驚きました。

もちろん、疳の虫という現象はあります。それは赤ちゃんの夜泣きだったり、癇癪だったり。しかし、疳の虫という虫は存在しないのです。確かに疳の虫は民間信仰のようなものでいないだろうとは思っていましたが、まさか、綿の繊維だったとは…。虫封じに行って、これが疳の虫ですよと見せらせたら、うっかりそれが虫だと勘違いしてしまいそうです。

Image

疳の虫ってどうやって出すの?謎に包まれた疳の虫の正体に迫る! | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/1948

虫封じは意味がない?

Image

疳の虫の正体が分かったところで、続いての疑問です。疳の虫が実際には存在しない虫であるならば、昔から行われている虫封じは意味がないのでしょうか?しかし虫封じを実際に行った方からは「虫を追い出したらその日から子どもが変わったようにぐずらなくなった」という話も少なくありません。

確かに、虫は存在しないかもしれません。しかし虫封じをお願いするときに、神社やお寺は清々しく清められている場所なので、それだけでも気持ちが良いものです。お寺のご住職だったりおばあさんに育児の相談や悩み相談が出来て、親の心が軽くなるということはあると思います。また親子3代以上で虫封じに通っているという神社などもあるでしょう。「自分もここで虫封じをしてもらったんだ」と思ったら安心感もありますよね。

おそらく、虫封じは子どもの疳の虫を追い出すというのが目的なのではなく、親のためのカウンセリングの一種なのではないでしょうか。親がピリピリとしているとどうしても子どもも泣いたりわめいたりが続くようになります。親に心の余裕が出来れば、子どももそんな親の心理状態を何となく感知し、ヒステリックな泣き方が減ります。これが虫封じの本当に姿なのだと筆者は思いました。もし、そうであるならば、虫封じにはかなりの意味があると思います。

虫封じをしてくれる場所

Image引用元:nm64home.exblog.jp

慶龍寺
住所:茨城県つくば市泉2348
TEL:029-867-0323

子安神社
住所:東京都八王子市明神町4-10-3
TEL:042-642-2551

三宅八幡宮
住所:京都市左京区上高野三宅町
TEL:075-781-5003

安楽寺
住所:和歌山市中之島801
TEL:073-423-4616

金剛寺
住所:愛知県蒲郡市三谷町南山1−9
TEL:0533-69-7379

※他にも全国各地のお寺や神社でご祈祷をしてもらえます。地元の氏神様でもやっていないか問い合わせてみるのも良いかもしれませんね。また、虫封じのやり方は、各寺院や神社によって違いますので、どんな方法でやってもらえるのかあらかじめ聞いてみたほうが良いかもしれません。ほとんどは朱印を押してもらったり梵字を手のひらに書いてもらったりするなど穏やかな方法ですが、場所によっては針で指を刺したり、子どもを叩いて虫を追い出すという流派の場所もあるようです。

自宅で出来る虫封じのやり方

Image

まずはご自宅で試してみたいという方は、ご自宅でも簡単に虫封じの儀式を行うことができます。

<用意するもの>
・粗塩 一掴み
・水
・手を拭くもの(ほこりや毛羽立ちの出ない物)

<やり方>
(1)赤ちゃんの手に粗塩をまんべんなく揉みこみます。
(2)流水で手を洗います。
(3)手を拭います

やり方は以上です。簡単な方法ですので、興味がある方はやってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。疳の虫の正体が繊維だったなんて意外でしたね。

夜泣きやギャン泣きはママの強いストレスになります。もう辛い、しんどいと感じた時に虫封じを試してみてもいいかもしれませんね。

あわせて読みたい

Image

疳の虫ってどうやって出すの?謎に包まれた疳の虫の正体に迫る! | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/1948

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

もんち

毎日、息子と格闘しながら育児をしている新人ママです。 子…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事