更新日:2018年11月07日

ロタウイルスの予防接種は必要?メリット、デメリットと副作用

生後2ヶ月になると予防接種が始まります。そのなかには任意接種のロタウイルスワクチンがあります。ロタウイルスは発症すると胃腸炎の原因になるものでほとんどの赤ちゃんがかかります。非常に身近な病気ですが重症化すると非常に危険な病気なのです。今回はロタウイルスの予防接種について解説します。

監修 : ままのて 医師・専門家
115652
0

ロタウイルスの予防接種とは?

日本では2011年に開始

ロタウイルスは毎年のように流行し、幼い子ほど重症化しやすい病気です。これを防ぐために日本では2011年から自費による予防接種が開始されました。

自費で任意接種

日本では任意接種となっており、しかも料金が3万円程度と高いうえ助成が出る市もまだまだ少ないのが現状です。

種類と金額

ロタウイルスワクチンには2種類あります。

1. ロタリックス

ロタリックスは 1価の抗原に有効とされています。ロタリックスは最も流行しやすく重症化しやすい血清型G1Pのヒトロタウイルスを弱毒化したもので 、接種回数は2回、1回およそ14,000円から15,000円なので2回接種で30,000円くらいです。金額は地域や病院によって異なります。

2. ロタテック

ロタテックはウシロタウイルスにヒトロタウイルスを組み込んだものなどの種類のウイルスを混ぜた遺伝子組み換えワクチンで、G1、G2、G3、G4、G9の5種類を組み合わせたものです。接種回数は3回。1回およそ9,000円から10,000円で3回接種で30,000円弱です。

どちらも経口ワクチンなので、注射ではなく飲むタイプです。どちらを摂取しても得られる免疫には変わりがないことがわかっています。

接種スケジュール

ロタリックスの初回接種は、生後20週まで(15歳未満が望ましい)に行い、24週までに摂取を完了させなければなりません。また、ロタテックの初回接種は生後24週までに行い、生後32週までに完了させなければなりません.

ロタウイルスの症状

ウイルスが原因の感染性腸炎

ロタウイルス胃腸炎は乳幼児に多く起こる感染性胃腸炎のひとつで、ロタウイルスというウイルスが原因です。感染性胃腸炎はその原因によってウイルスによるものと細菌によるものとに分けることができます。

胃腸炎の原因ウイルスはロタウイルスの他に、ノロウイルスなどがあります。日本では毎年、冬の前半にノロウイルス、冬の後半から春にかけてロタウイルスによる胃腸炎が流行します。

突然の激しい嘔吐と下痢

突然の嘔吐や白っぽく水のような下痢をはじめ咳や鼻水、発熱などもみられることがあります。重症化するとけいれんや肝機能の異常などを引き起こします。

初めてかかったときは重症化しやすい

ロタウイルス胃腸炎は、世界中のほぼ全員が5歳までに一度は経験するといわれています。しかし、身体が小さいうちに初めて感染すると重症化しやすく、入院による治療が必要になることもあります。日本では、ロタウイルス胃腸炎で入院する小児の3割が0歳児、4割が1歳児です。

一方、ロタウイルスに一度感染すると免疫がつくのでその後は感染しても胃腸炎の症状は軽くなっていきます。

感染力が強い

ロタウイルスは環境に強く、乾いた場所では約10日間生きています。また石けんや消毒用アルコールにも強いため、家族内で感染しないように、嘔吐や下痢で汚れた衣類を消毒はもちろんのこと、おむつを処理した後の手洗いも入念に行う必要があります。

ロタウイルスの予防接種のメリット

幼稚園や保育園で流行したときの予防対策になる

ロタウイルスの感染で特に注意しなければいけないのが集団生活の場。乳児の場合はほとんどの感染源が保育園だといわれています。ロタウイルスに感染するとママも看病のため1週間は仕事を休まなければならなくなります。

きょうだい間での感染を防ぐ

上の子どもが保育園か幼稚園へ通っている場合はそこからウイルスをもらってくる可能性も。その逆で赤ちゃんが感染してしまった場合、それがきょうだいへ感染する可能性も極めて高くなります。家族内の集団感染を防ぐために、予防接種を受ける人もいるほどです。

感染しても症状が軽く済むことがある

ロタウイルスは予防接種をしてもかかることがありますが、感染した場合でも症状が軽く済んだり重症化を防ぐことができるといわれています。特に生後6ヶ月~2歳までは感染しやすく重症化しやすいといわれているので早めの予防接種が必要です。

重症化や合併症の予防

初めてロタウイルスにかかる乳幼児の重症化の確率は40人に1人といわれており入院が必要となります。重症化により脱水になったり脳症による後遺症も心配になってきます。しかし予防接種を受けることにより、入院などの重症化する可能性を90%以上防ぐことができるとされていますので、予防接種を受ける事をおすすめします。

ロタウィルスの予防接種のデメリット

生後6週~24週(あるいは32週)と早い時期に接種する必要がある

赤ちゃんのうちに受けたほうが良い予防接種はウイルスに感染する可能性を考え、あまり遅くならないほうが良いとされています。

予防接種スケジュールに組み込みにくい

生後2ヶ月になるとロタの他にもヒブ、肺炎球菌、B型肝炎などの予防接種を受ける時期になります。ヒブや肺炎球菌など、不活化ワクチンと呼ばれるものは次の予防接種ができるのが1週間後と比較的短くなっていますが、ロタは生ワクチンと呼ばれ、接種後4週間の間隔を空けなければなりません。そのためスケジュールが組みにくいという意見もあります。

費用がかかるためきょうだいが多いと負担が大きい

地域や病院によっても異なりますが、1回の接種で1万円~1万5,000円ほどかかります。そのためきょうだいが多くいる家庭には負担になりがちです。

副作用、後遺症などのデータが少ない

予防接種に副作用・副反応はつきものです。特にロタの予防接種は飲むタイプなので、赤ちゃんが吐いたりすることもあります。また、機嫌が悪くなる赤ちゃんもいるためママが疲れてしまう可能性もあります。

ワクチンで完全には防げないこともある

効果は接種後3年間と、一時のものであるため予防接種は不要と判断する方もいるようです。

ロタウイルスの予防接種の副作用

Image

主な副作用

主な副作用としていわれているのが、ぐずりや発熱、鼻水、嘔吐、食欲不振などですが、これらの症状も通常は数日程度で治ります。

国内臨床試験で報告された副反応

ぐずり(7.3%)、下痢(3.5%)、咳・鼻水(3.3%)ぞの他:発熱、食欲不振、おう吐などが予防接種後30日間に報告されたとされる副反応です。

海外臨床試験で報告された副反応

ぐずり、下痢、(1~10%未満)、鼓腸(お腹がふくれること)、腹痛、皮膚炎(0.1~1%未満)などが海外で報告された副作用になっています。

被害救済の対象

ロタリックス内容液を適正に使用したにもかかわらず発生した副反応などにより、入院が必要な程度の疾病や障害などが生じた場合は、胃薬品医療機器総合機構法に基づく被害救済の対象となります。健康被害の内容、程度に応じて、薬事・食品衛生審議会での審議を経た後、医療費、医療手当、障害年金、遺族年金遺族一時金などが支給されます。

ロタウイルスの予防接種に関する体験談

筆者も息子が2ヶ月のときにロタウイルスの予防接種を受けさせました。もちろん費用面や副作用などいろいろ考えましたが、万が一ロタウイルスに感染して重症化してしまうようなことになっては困るということから接種を決めました。

生後2ヶ月から始まる膨大な数の予防接種は大変でしたが、かかりつけ医が的確にスケジュールを組んでくれたためスムーズにすべてを終えられたのが救いです。接種を迷っている方もまずは医師に相談するのが良いかもしれませんね。

予防接種は万が一にそなえる保険のようなもの

任意の予防接種に関して受けるか受けないかはそれぞれ自由です。費用やスケジュールなどの条件を踏まえつつ、ロタウイルスにかかってしまったときのことなどを考えて、どうするのかを家族でよく話し合って赤ちゃんにベストな選択をしてあげてくださいね。

あわせて読みたい

Image
任意の予防接種を受けるべき?アンケート結果も!料金や種類、メリット、注意点を紹介!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/25689
Image
予防接種のスケジュールの立て方は?アプリを使って管理しよう!同時接種も必要?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/25559
Image
赤ちゃんの予防接種の種類と注意点!いつから受ける?定期接種と任意接種の違いは?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26602
Image
予防接種後の赤ちゃんのお風呂の注意点は?何時間後から入浴可能?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/23021
Image
予防接種法とは?予防接種の目的と種類、義務について
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/25030
Image
予防接種の副作用とは?副作用の対処法と予防接種後の注意点
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/25708
Image
【生後2ヶ月】初めての予防接種!種類と時期は?受けた後の様子は?先輩ママの体験談をご紹介!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/5657
Image
手洗い、うがいで感染予防!子どもが楽しく手洗いできる!おすすめのうたや絵本
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29348
Image
【体験談】抱っこ紐・スリングはいつからいつまで?2歳や3歳でも使う?商品別に何歳まで使えるかも紹介!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28713

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

おすすめの記事