妊娠22週|妊婦のお腹の大きさと過ごし方、胎動の様子や赤ちゃんの成長【イラスト付き】

【医師監修】妊娠22週(22w)は赤ちゃんの動きがより活発になったりエコー検査で性別を判別しやすくなったりする時期です。ママのお腹は服の上からでも目立つくらいの大きさになり、足元が見えづらくなるので転ばないように注意しましょう。妊娠22週の赤ちゃんの成長とママの身体の変化、妊娠22週の過ごし方などを詳しく解説します。

198915

この記事の監修

Image
産婦人科医
杉山 太朗

目次

  1. 妊娠22週の赤ちゃんの成長の様子
  2. 妊娠22週の妊婦の身体の変化と症状
  3. 妊娠22週からは切迫早産・早産に注意
  4. 妊娠22週の過ごし方と注意点
  5. 妊娠22週のママへ
  6. あわせて読みたい

妊娠22週の赤ちゃんの成長の様子

妊娠22週の赤ちゃんの基礎情報 身長、体重、発達

Image
身長
体重
発達
約27cm320~618g・まぶたが上下に分かれ始める ・指しゃぶりをし始める ・動きがより活発になる

妊娠22週は妊娠6ヶ月の第3週にあたります。赤ちゃんの平均的な重さは500g程度になり、骨格や筋肉もかなりしっかりしてきます。また、このころから赤ちゃんのまぶたが上下に分かれ始め、まばたきをするようになります。

妊娠22週目に胎動を感じるママも!逆子は気にしなくても大丈夫

お腹の中でより激しく動き回るようになるため、今まで胎動を感じていなかったママにもはっきりとした胎動を感じられる瞬間が来るかもしれませんね。

胎動の感じ方には個人差があるので、胎動を感じ始める時期が遅かったり胎動が少なく思えたりしても、エコー検査で赤ちゃんが元気であれば問題ありませんよ。

胎動を感じる位置が下のほうだと逆子を心配するママもいますが、この時期はまだ子宮内のスペースに余裕があり、赤ちゃんはいろいろな体勢でお腹の中をくるくる動き回っています。正産期に入るころには赤ちゃんが自分から正しい向きに戻ることが多いので安心してくださいね。

妊娠22週目に性別がわかることも

外性器の形も整ってきたので、エコー検査のときの角度や赤ちゃんの体勢によっては性別がわかるかもしれませんね。

Article link icon
エコー写真で性別はいつ判明?男の子と女の子の見分け方&画像集!判定間違…

妊娠22週の妊婦の身体の変化と症状

妊娠22週の妊婦の身体の変化と子宮やお腹の大きさ

Image
子宮の大きさ(子宮底長)
お腹の大きさ
外見の変化
18~22.5cm服の上からでもふくらみが目立つ・乳頭と乳輪の色が濃くなる ・足のつけ根が痛む ・おりものが増える

妊娠22週になると、ママの子宮はバレーボールほどの大きさになります。お腹が大きく重くなり、足元が見えづくなったりバランスを崩しやすくなったりするため、転んでしまわないように注意しましょう。

お腹の出方には個人差があり、出産回数やもともとの体形によっても違いが出るので、同じ週数の妊婦に比べてお腹が大きい・小さいというのは基本的に気にしなくても大丈夫です。ただし、まれに羊水過多や羊水過少が原因のケースもあるため、腹痛や胎動の減少など他に気になる症状があるときは受診しましょう。

妊娠22週にあらわれやすい症状 腰痛、おりもの、吐き気…

Image

だんだんお腹が大きくなってくる妊娠22週頃は、足のつけ根にチクチクとした痛みや引っ張られるような痛みを感じたり腰痛に悩まされたりするママが増えます。これは、リラキシンというホルモンが骨盤周りのじん帯や筋肉を緩めることやお腹が大きくなり無意識に姿勢が変わってしまうことが影響しているといわれています。

足のつけ根の痛みや腰痛を緩和するには、腹帯や骨盤ベルトでお腹と骨盤を支える、立ちっぱなし・座りっぱなしを避け休憩をはさみながら作業するなどの対策が有効です。安定期に入ってはいますが、マッサージや整体を受けるときは念のため産科の医師に相談してからにしましょう。

症状
対策
足の付け根の痛み、腰痛・同じ姿勢でいるのを避ける ・腹帯や骨盤ベルトを着用する
おりものが増える・おりものシートを使用し、こまめに交換する ・おりものに悪臭がある、カッテージチーズ状のおりものが出るなどの変化があれば受診する
頻尿、尿漏れ・身体を冷やさない ・排尿時に腕を組みながら前かがみになり、尿を出しきる ・尿ケア専用の吸水ナプキンを使用する
吐き気、食欲不振・消化の良いものを選ぶ ・食べられるものを少量ずつ食べる
むくみ・塩分を控え、カリウムを積極的に摂る ・弾性ストッキングを着用する

大きくなった子宮が胃や膀胱を圧迫するため、この時期に吐き気や食欲不振などのつわりに似た症状や頻尿や尿漏れに悩まされるママも少なくありません。

尿漏れが気になるときは吸水性やアンモニアに対する消臭効果が優れた尿ケア専用の吸水ナプキンの使用がおすすめです。また排尿時に腕を組みながら前かがみになると膀胱が空になるので、頻尿や尿漏れの予防になりますよ。

吐き気や食欲不振が続くときは食べられるものを少量ずつ食べるようにしましょう。食後の吐き気を和らげるには消化に良いものをよく噛んで食べ、なるべく胃に負担がかからないようにするのが大切です。

Article link icon
妊娠中期の吐き気の原因は?改善するための食生活・行動もご紹介!

妊娠22週からは切迫早産・早産に注意

Image

日本では妊娠21週以前の出産は流産、妊娠22週0日以降の出産は早産と区別されています。妊娠22週に入れば流産や切迫流産の心配はなくなり、もし早産になってしまっても新生児医療によって赤ちゃんが助かる可能性があります。

しかし500g未満で生まれた赤ちゃんの生存率は低く、早く生まれた赤ちゃんほど退院後も重篤な障害が残る確率が高くなります。妊娠中の飲酒や喫煙、過度なダイエットは早産を引き起こす危険性を高めるのでやめましょう。

気をつけて妊娠生活を送っていても、ママの体質や持病、細菌感染などが原因で早産や切迫早産になってしまう場合もあります。規則的なお腹の張り、性器出血、破水感などの症状がみられたときはすぐに受診をしてくださいね。

妊娠22週の過ごし方と注意点

Image

妊娠高血圧症候群に注意して

妊娠中に高血圧を発症することを妊娠高血圧症候群といいます。妊娠高血圧症候群は脳出血などの重篤な合併症や胎児発育不全を引き起こす可能性があり、母子ともに命に危険がおよぶこともある怖い病気です。

妊娠高血圧症候群の治療は安静と入院が中心で、根本的な治療法は見つかっていません。そのため、発症する前に予防することがもっとも重要です。

もともと高血圧の人や糖尿病や腎臓の病気がある人のほか、肥満体形の人も発症のリスクが上がるため、妊娠中の体重管理が妊娠高血圧症候群の予防になるといわれています。妊娠22週頃はつわりが落ち着き食欲が戻ってくる時期なので、急激に体重が増加しないように注意しましょう。

妊娠高血圧症候群はたん白尿を伴うことが多いという特徴もあるため、妊婦健診では医師の診察の前に採尿をして尿中のたん白を調べます。妊娠高血圧症候群の予防や早期発見のためにも、妊婦健診は予定通りにきちんと受診してくださいね。

パーマやヘアカラー、ジェルネイルのオフは今のうちに

妊娠22週はつわりもほとんどおさまり、妊娠中のマイナートラブルとも上手に付き合えるようになってきたころではないでしょうか。妊娠後期になると大きなお腹で長時間座っているのがつらくなる可能性があるので、出産前に美容院でパーマやカラーをする予定があるママは今のうちに済ませておくのがおすすめです。

産後は美容院に行く暇がないまま赤ちゃんと記念写真を撮ったりお宮参りに行ったりしなければならないことが多いので、地毛との差がわかりづらいカラーやケアのしやすい髪型を選ぶと良いですよ。

また、出産の際は手足の爪に体内の酸素量をはかるセンサーをつけることがあるため、マニキュアなどのネイルアートは落とさなければなりません。ジェルネイルをしているママは今のうちにサロンへ行きオフしておきましょう。

足元が見えづらくなるので段差に気をつけて

妊娠22週頃は赤ちゃんの成長に伴って羊水の量も増え、お腹がどんどん大きくなり身体のバランスが取りづらくなったり足元が見えづらくなったりします。普段は気にかけていないような段差にもつまずきやすくなるので、外出中はもちろん家の中でも慎重に過ごしてくださいね。

出かけるときはスニーカーやフラットシューズなどの歩きやすい靴を選び、階段では手すりを使うようにしましょう。背筋を伸ばして歩幅を大きくすると転びにくくなりますよ。

経過が順調であれば性行為もOK

ママの体調が良く経過が順調であれば、妊娠中に性行為をしても問題ありません。感染症を防ぐために避妊具を使用し、無理な姿勢やお腹を圧迫する体勢は避けましょう。お腹が張るときや少量でも出血があるときは控えてくださいね。

出産予定日の1ヶ月前からの性行為は感染のおそれや早期破水、陣痛の誘発に注意が必要となります。産後もしばらくは赤ちゃん中心の生活が続くので、この時期に無理のない範囲でパパとのコミュニケーションを楽しめると良いですね。

そろそろ妊娠線のケアを始めよう

妊娠22週はお腹が徐々に大きくなり、妊娠線の心配が出てくるころです。妊娠線とは、急激に大きくなるお腹や胸に皮膚が伸びるはやさが追いつかず、裂けたような赤紫色の傷ができてしまうことをいいます。産後半年程度で白っぽくなり目立ちにくくなりますが、一度できてしまった妊娠線が完全に消えることはありません。

妊娠線の予防には、体重管理と肌の保湿が効果的です。バランスの良い食生活を心がけ、お風呂上りにボディクリームやボディオイルでお腹や胸の皮膚を保湿する習慣をつけましょう。妊娠中は肌が敏感になっているので、肌につけるものは低刺激のものを選んでくださいね。

アロベビー ボディマーククリーム
¥2,970〜(2019/06/27 時点)

アロベビー妊娠線クリームは、なめらかで美しい肌に導くボディクリーム。厳選オーガニック植物成分がかゆみや肌荒れを防ぐので、ストレスフリーのすこやかな肌に整えます。妊娠線の予防、できてしまった妊娠線、肉割れ、たるみケアにおすすめです。

ヒアルロン酸の約10倍の保水力をもつスイゼンジノリと、植物由来持続型高保湿成分アクアキシル配合。急に大きくなるお腹の皮膚をうるおいで満たし、妊娠線を予防、肉割れをケア。柔らかくなめらかな肌へと導きます。

赤ちゃんにも使えるくらいの優しさにこだわり、99%以上天然由来成分だから敏感な肌に優しくお使い頂けます。産後のボディケアにはもちろん、新生児の赤ちゃんの保湿ケアにも使用できます。

Ec maternity bellyoil b01出典:www.amoma.jp
AMOMA マタニティオイル
¥2,129〜(2018/07/04 時点)

AMOMAの「マタニティオイル」はお腹の保湿がしたいママにおすすめのスキンケアオイル。米ぬかをもとにしたライスオイル、保湿力の高いマカダミアナッツオイルを中心に、原材料には5種類の精油とオイルを使用。きれいなお腹をキープできるよう、AMOMA独自の比率で配合されています。

無添加で100%植物性の優しいオイルが、お腹の皮膚の潤いを逃さず、柔軟性を保ってくれるでしょう。優しい柑橘系の香りは、つわりでつらい時期にもすっきりしていて使いやすいと評判です。

パパにも赤ちゃんの存在を感じてもらおう

ママが早いうちから胎動を感じていても、パパがお腹に手を当てると赤ちゃんが動かなくなってしまうというのはよく聞く話です。妊娠22週は赤ちゃんの動きがより活発になるので、パパも胎動を感じられるチャンスが増えるでしょう。

このころの赤ちゃんはすでに外の音が聞こえていて、ママやパパの声に反応しているといわれています。パパもママと一緒に赤ちゃんに積極的に話しかけるようにすると、赤ちゃんも胎動で反応してくれるかもしれませんね。

81y5nh7mwql. sl1500
ローズマダム はじめてトーク
¥3,132〜(2019/08/01 時点)

はじめてトークは、「胎話」がより効果的にできるように考えられた胎教ツールです。
赤ちゃんとのつながりを深め、健やかなマタニティライフを過ごしましょう。

妊娠22週のママへ

Image

妊娠22週は服の上からでもお腹が目立ち始めたり今までよりも激しい胎動を感じられたりして、赤ちゃんの存在感がより大きくなる時期でしょう。体調も安定してくるころですが、油断は禁物ですよ。これまで通り出血や腹痛などの症状に気を配り、何か異変を感じたら早めに医師に相談することが大切です。

妊娠後期に入ると恥骨痛や息苦しさなどの症状が出やすくなります。長時間外出しなければならない用事は今のうちに済ませておくと安心ですよ。体調が良ければ家族や友人と日帰り旅行を楽しむのも良いでしょう。万が一のときに備えて、外出の際は必ず母子手帳を持って行ってくださいね。

あわせて読みたい

妊娠週数一覧!数え方や赤ちゃんの大きさは?妊婦さんの身体の変化と成長のまとめ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16229
Image
妊娠23週|赤ちゃんの成長や妊婦の身体の変化、胎動・お腹の張りの注意点
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/7508
Image
妊娠中期のおりものに注意して!量が増える・茶色やピンクになるのは大丈夫?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16918
Image
妊娠中期の眠気・だるさの原因と対策は?いつまで続く?なまけじゃない!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28986
Image