更新日:2017年09月19日

妊娠34週ってどんな時期?妊婦さんの身体の変化と過ごし方

妊娠34週目の赤ちゃんは、体重も2000gを超え、皮下脂肪もつきはじめました。柔らかかった体の骨も硬くなってきましたよ。妊娠34週目のママは産休に入るころで、里帰りを始めるママも多いことでしょう。環境が変わっても体調管理は忘れないでいきましょう。妊娠34週目の赤ちゃんの成長とママの変化をご紹介します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
314692
0

妊娠34週目の赤ちゃんの様子は?

Image

赤ちゃんの大きさは?

妊娠34週目の赤ちゃんの身長は45~46cmくらい、体重は1800~2500gにまで大きくなりました。顔の表情も変わるようになり、爪や髪の毛もしっかり生えていますよ。

ついに2kgを超えましたが、ものにたとえると小さなお米の袋と同じくらいです。お腹にずっとそんな米袋を持ち歩いていると考えると、ママの体の負担も増えているとわかりやすいですね。出来る動きも減ってきたころと思いますが、無理をしないで周りに助けてもらいましょう。

皮下脂肪がつき始めてふっくら

出産に向けて、赤ちゃんもどんどん脂肪を蓄えています。妊娠34週目の赤ちゃんはだいぶふっくらとしてきましたよ。万が一早産で外に出てしまったとしても、十分に生きていける機能が備わってきました。

人間らしいリズムができます

妊娠34週目の赤ちゃんは、自律神経が発達してきます。交感神経と副交感神経のバランスが整ってくるので、呼吸のリズムも整い、心拍数をコントロール出来るようになりました。

感情も発達しているので、どんどん話しかけて、ママやパパの声を聞かせてあげてくださいね。記憶力も発達しているので、生まれてから体内記憶として話してくれるかもしれませんよ。

骨がしっかりしてきました

妊娠34週目になると、骨もしっかり硬くなってきました。赤ちゃんは、脳を守るために頭蓋骨から硬く形成されていきますが、その他の部分の骨はまだ柔らかいものでした。妊娠34週目になると、そろそろ体の骨全体が硬く人間らしくなっていきます。

20~30分おきに寝起きしています

妊娠34週目の赤ちゃんは、20~30分おきに起きたり寝たりを繰り返しています。またそのたびに羊水を飲んで排泄をする練習もしています。

赤ちゃんは羊水の中で排泄をしているので、羊水の中は排泄物が大半を占めているそうです。そう聞くと驚いてしまいますね。でも大丈夫、赤ちゃんの排泄物には老廃物が含まれていないので、衛生的には問題ありませんよ。

ちなみに赤ちゃんは、通常おなかの中にいる間はウンチはしません。でも、もしへその緒が絡まったり赤ちゃんに異常があったりして排便をしてしまうと、排便吸引症候群という大変な病気になってしまうので、羊水が排便で濁っていると診断されると、帝王切開になることがあります。

Mobile favicon

胎児の成長とは?赤ちゃんの成長曲線(発育曲線)と過程・スピード

妊娠34週目のママの変化

Image

妊娠線が一気に増える時期

赤ちゃんの体重もついに2kgを超えてきましたね。妊娠34週目のママは、これから出産にかけて今まで以上に成長する赤ちゃんの体重を支えていかねばならず、皮膚の負担も最大になります。ケアしていたつもりでも、この時期に一気に妊娠線が出てしまうことがあるので、注意してくださいね。

今までも妊娠線ケアをしてきたと思いますが、この先更にしっかり、保湿に気を付けていきましょう。

Mobile favicon

妊娠線予防クリームの選び方と口コミで人気のおすすめクリーム9選

Mobile favicon

妊娠線が消える?!妊娠線を作らない!バイオイルとは?

むくみで靴が入らなくなるくらいに…

Image引用元:mamanoko.jp

妊娠34週目には、むくみも今まで以上にひどくなってきて、靴のサイズが変わることもあります。また、手にしびれが出てくるママもいるでしょう。これらは手足に水がたまりやすい状態になっているために起こります。朝起きて手が握りにくいと感じたこともあるのではないでしょうか。

窮屈な靴を履いていると更なるむくみの原因にもなってしまいます。この先しばらくはゆったりめの靴を履いて出かけることをおすすめします。

筆者はこの時期に幼稚園の行事でパンプスを履く機会があったのですが、持っているものが入らず大きめを購入しました。産後に履いてみるとまったくサイズが合わず、こんなにむくんでいたのだと改めて感じました。

Mobile favicon

妊娠中の手足のむくみの解消法は?マッサージや食べ物で対策できる?

恥骨が緩んできます

Image

妊娠34週目になると、体が出産の準備に入ってきます。赤ちゃんを出す準備で恥骨が緩みやすくなっていて、痛みを感じる人もいるでしょう。恥骨が緩むことで、おりものの量も増えてきます。痛みがあまりに酷い場合は病院で相談してくださいね。

実は筆者も恥骨が痛くて歩けないほどになりました。通常5分で行ける幼稚園のバス停に行くにも何十分とかかってしまい、上の子もいて生活に支障がでるほどでした。助産師さんに妊婦さんの針治療を紹介してもらい、施術を受けて随分と楽になりました。

何事もですが、妊娠中の不快症状は重症になる前に、ちょっとおかしいなと思ったらすぐに相談することが大切ですね。

Mobile favicon

妊婦の恥骨痛の症状、原因は?改善法とおすすめの座り方・寝方

産休開始、里帰りの時期です

Image

妊娠34週目になり、産休が始まるママもいますね。このころまでには、里帰り出産の人は実家に戻っておきたい時期です。里帰りしない人も、今一度入院準備品の確認をしておきましょう。

産休や里帰りで環境が変わって、つい気が緩んでたくさん食べてしまったり、運動を怠ったりしてしまうことがあるかもしれません。最後のマタニティライフを楽しむのもとても大切ですが、あと少しは気を引き締めて体調管理しましょうね。

Mobile favicon

里帰り出産される方必見、出産前にチェックして!忘れないでほしい手続きと準備

逆子の場合は逆子体操を続けていきましょう

Image

妊娠34週目で逆子が直らないママは、そろそろ焦りがでてきていますよね。妊娠34週以降に逆子だと、帝王切開も視野に入れていかなければならなくなりますが、まだこの先に逆子が直ったという人はたくさんいます。逆子体操も続けていきましょう。

臨月で逆子が直ったという人の体験談の中には、お灸や半身浴で体を温めて直った人もいるようですよ。中には帝王切開の日を決めて開き直った日に直ったという声もありました。

Mobile favicon

逆子に効果抜群の2つのツボ!ツボ刺激の方法と注意点とは

前駆陣痛ってどんなもの?

Image

妊娠34週目くらいから起き始める、今までより少し強いお腹の張りを感じている人がいるかもしれません。痛みが来る間隔が不規則で、一度だけだったり数回続いたりするけれど、結局は痛みが消える陣痛を前駆陣痛といいます。これは赤ちゃんもお母さんも陣痛に耐えるための予行練習です。

生理痛に似ていると感じる人が多いようですが、痛みには個人差があります。お腹の張りがあるときは身体を休めるようにしましょう。おなかが張って静かにしていても治まらず、さらに激しくなるときはトラブルの可能性があります。そんなときはすぐに医師に連絡してください。

Mobile favicon

前駆陣痛から本陣痛、出産までの流れとは?陣痛の時間や間隔、経過について

妊娠線のケアを忘れずに

Img63538779

ベルタ マザークリーム

¥6,980〜(2017/12/06 時点)

購入はこちら

妊娠線のケアは忘れずにしましょう。肌の潤いが足りない状態で、お腹が張ったままになると妊娠線ができるだけでなく、出産後もゴワゴワの肌になってしまいます。妊娠中は匂いに敏感になる時期なので、香りにもこだわって開発されているベルダのマザークリームがおすすめです。日々のケアで、綺麗なお腹を保ちたいですね。

■この商品に関する口コミ
妊娠初期は正直そこまで気にしてませんでした。5ヶ月でお腹が大きくなり、痒くなってきて…母に相談したところ、「お腹の皮が伸びてるから痒くなるんだよ。放っておくと産後、悲惨な事になるよ」と…母のお腹を見てゾッとしました…肌が弱く、敏感肌にも使える商品を探し、ベルタマザークリームの購入を決めました。

引用元:belta-shop.jp
販売サイトはこちら
51%2boyhxy fl. sl1184

ノコアNOCOR アフターボディトリートメントクリーム

¥6,980〜(2017/12/06 時点)

購入はこちら

ノコアは、角質層まで浸透するという高浸透型ビタミンCが配合されているので、高い保湿効果があります。また、紫外線ケア、年齢肌サポート、高保湿が期待できる注目の美容成分「フラーレン」が配合されているのが特徴です。やさしいオーガニックネロリの香りです。

パラベン、アルコール、鉱物油、合成香料、合成着色料などを使用していないところもポイントです。

■この商品に関する口コミ
・2週間ほど使用した感じとしては肌がすごく滑らかになり気に入っています。
・塗り心地はしっかり肌にくっつくようないい感じです。香りもきつくなく、続けられそうです。
・まだ使い始めですがしっとりして気持ち妊娠線も保湿され目立たなくなったような気がします。期待を込めてひとまず使い切りたいと思います。

引用元:review.rakuten.co.jp
販売サイトはこちら

まとめ

妊娠34週目になると、赤ちゃんはもう新生児と体の機能はほぼ同じになってきました。赤ちゃんの体重も2kgを超えて、ママの負担も大きくて辛い時期でしょう。腰痛やむくみ、坐骨神経痛など痛いことだらけでブルーになっている人もいるかもしれませんが、それもあと少しの辛抱です。

この先あと1kgほど赤ちゃんが成長します。体が重くなり動きも辛くなってきますが、安産のために適度な運動は続けていきましょうね。

あわせて読みたい

Image

「妊娠34週の時ってみんなはどうしてるの?」先輩ママの体験談をアンケート大調査! | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13099
Image

妊娠35週目|胎児の成長と妊婦さんの身体の変化について | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/6328
Image

妊娠後期の腹痛!チクチクするのは陣痛や切迫早産?便秘や下痢?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28977
Image

妊娠後期・臨月に眠れないときはどうする?不眠の原因と解消法を解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29012
Image

妊娠後期の胃痛の原因は後期つわり?病気の可能性も?対処法は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29013
Image

妊娠後期の体重増加が止まらない!激太り回避の方法は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/1591

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事