プール熱(咽頭結膜熱)の症状は?子どもや赤ちゃんだけ?大人も感染する?流行時期や治療法、出席停止期間などを解説

プール熱(咽頭結膜熱)は、おもに夏場に流行する感染症ですが、感染するとどのような症状が現れるのでしょうか。もしも感染した場合、保育園や幼稚園は出席停止となってしまうのかも気になるところですよね。ここでは、プール熱(咽頭結膜熱)の症状や特徴、治療法や出席停止期間などについて紹介します。

3440

記事監修

Image

目次

  1. プール熱(咽頭結膜熱)とは?症状は?
  2. プール熱(咽頭結膜熱)の潜伏期間は?
  3. プール熱(咽頭結膜熱)の原因となるアデノウイルスとは?
  4. プール熱(咽頭結膜熱)が流行る時期は? 
  5. プール熱(咽頭結膜熱)の感染経路は?大人もうつる? 
  6. プール熱(咽頭結膜熱)の治療方法は? 
  7. プール熱(咽頭結膜熱)にかかったら何科を受診する?大人の場合は?
  8. プール熱(咽頭結膜熱)を予防するには?
  9. プール熱(咽頭結膜熱)と診断されたら
  10. プール熱(咽頭結膜熱)で保育園や幼稚園は登園できる? 
  11. プール熱(咽頭結膜熱)にかからないよう日々予防を
  12. あわせて読みたい

プール熱(咽頭結膜熱)とは?症状は?

Image

夏になると子どもたちのあいだで流行するプール熱(咽頭結膜熱)ですが、いったいどのような症状が現れるのでしょうか。初期症状や判断基準、溶連菌やヘルパンギーナとの違いについて解説します。

プール熱(咽頭結膜熱)の初期症状

プール熱(咽頭結膜熱)とは、アデノウイルスに感染することによって起こる感染症です。初期症状としては38~39℃の発熱がみられ、ときには40℃を超える高熱がでる場合もあります。その後、のどの痛みや結膜炎などの症状を引き起こすのが特徴です。

プール熱(咽頭結膜熱)の判断基準

発熱やのどの痛みなど通常の風邪の症状によく似ているので、プール熱と通常の風邪のどちらだろうかと迷ってしまうことがあるでしょう。通常の風邪とプール熱とでは、結膜炎など目に何らかの症状がでるかどうかという点で違いがでるようです。目の炎症や充血、目やにや涙が過剰にでるようないわゆる「はやり目」と呼ばれる症状がでると、プール熱の可能性が高くなります。こうした結膜炎の症状が、プール熱の判断基準のひとつになるでしょう。

溶連菌やヘルパンギーナとの違い

プール熱と同じくのどの痛みを引き起こす感染症に、溶連菌やヘルパンギーナなどがあげられます。どちらも子どもに多くみられる流行性の感染症で、高熱やのどの痛みといった症状をともなうという共通点があります。しかし、それぞれ原因となる細菌やウイルスが異なります。

溶連菌の多くは、A群溶血性レンサ球菌という細菌に感染することが原因です。38~39℃の発熱やのどの痛みやだるさといった症状はプール熱とよく似ています。溶連菌の場合は発熱とともに身体に発疹がでることがあります。この症状が、プール熱とは大きく異なる点です。


ヘルパンギーナは、プール熱と同じく夏に流行しやすい感染症です。コクサッキーウイルス、エンテロウイルスといったウイルスが原因となります。プール熱のように突然高熱をだし、熱性けいれんなどを引き起こす場合があります。

のどに痛みがでる症状や高熱がでるという点ではプール熱と似ていますが、ヘルパンギーナや溶連菌、プール熱などは、流行時期や症状が非常に似ています。しかし、それぞれ治療法や対処法は異なるので、自己判断せずに必ず医師の診断を仰ぐようにしましょう。とくに溶連菌の場合には合併症を引き起こす可能性もあります。抗生剤などを処方してもらい、しっかりと治す必要があるでしょう。

プール熱(咽頭結膜熱)の潜伏期間は?

Image

プール熱(咽頭結膜熱)には、主な症状がでるまでのあいだに一定の潜伏期間があります。ウイルスに感染してから、平均5〜7日ほど潜伏期間を経て発症するケースが一般的です。潜伏期間中は、プール熱の症状が現れないため、感染していても気が付かないことが多いでしょう。

プール熱(咽頭結膜熱)の原因となるアデノウイルスとは?

Image

プール熱(咽頭結膜熱)の原因となるアデノウイルスは、感染力が非常に強いウイルスです。アデノウイルスは50種類以上もの型があるため、免疫がつかず何度でも感染する可能性があります。感染する型によって、呼吸器感染症、咽頭結膜熱、流行性角結膜炎、出血性膀胱炎、胃腸炎などのさまざまな疾患を引き起こします。

プール熱(咽頭結膜熱)が流行る時期は? 

Image

プール熱(咽頭結膜熱)は、おもに夏の季節に流行する感染症です。6月頃から少しずつ感染者が増えていき、7~8月に流行のピークを迎えます。

プール熱は、夏のみならず冬であっても流行する可能性は十分にあります。2017年の12月にはここ10年の中でもとくに多くの患者が認められ、季節に関係なく流行する傾向にあるようです。

プール熱(咽頭結膜熱)の感染経路は?大人もうつる? 

Image

アデノウイルスの主な感染経路

プール熱(咽頭結膜熱)の原因となるアデノウイルスは、非常に感染力が強いことが特徴です。感染経路としては飛沫感染と接触感染が多いとされています。くしゃみや咳などを介して感染するほか、ウイルスのついている手や指などが触れることによっても感染してしまいます。直接ウイルス感染者に触れなくとも、感染者が触れたドアノブや、使用したタオルなどを介してウイルスが感染しまうこともあります。

夏にはプールの水などを介して感染するケースが多いためプール熱と呼ばれています。ただし、一定濃度で塩素消毒がされるなど、しっかりと管理されているプールの水であれば、感染源となるアデノウイルスが死滅するため、安全性は高くなります。

大人も感染する

おもに子どもたちのあいだで流行するプール熱(咽頭結膜熱)ですが、大人であってもウイルスに感染することは珍しくありません。プール熱の症状は、大人と子どもで大きな違いはありません。大人が感染するケースとしては、プール熱にかかった子どもの看病が原因となることが多いようです。

妊娠中はとくに注意が必要

妊婦さんの場合は、免疫力が低下していることもあり、より感染しやすい状態にあるため注意が必要です。万が一、妊婦さんがプール熱に感染したとしても、アデノウイルス自体が胎児に直接的に影響を与えることはないとされています。しかし、妊娠中に高熱をだすと、胎児への影響がでる可能性がまったくないとは言い切れません。高熱が何日も続く場合には、病院を受診してしかるべき処置を受けましょう。

プール熱(咽頭結膜熱)の治療方法は? 

Image

プール熱(咽頭結膜熱)の原因となるアデノウイルスには、特効薬がありません。そのため、もしもプール熱にかかってしまった場合には、それぞれの症状に対する対処療法を行います。高熱が5日ほど続く場合もありますが、基本的には徐々に快方へと向かうため、脱水症状などに気を付けながら安静にするといった方法をとります。目の充血やかゆみ、目やにの症状が強い場合には、目薬などで治療をすることもあります。

プール熱(咽頭結膜熱)にかかったら何科を受診する?大人の場合は?

Image

子どもの場合、目やにや充血といった目に関する症状がある場合、まずは眼科を受診し、発熱などの症状が現れた段階で小児科を受診するという形をとる方も少なくありません。もしも、目に関する症状と、のどの痛みや発熱などの症状が同時にでた際には、眼科にかからず小児科で診察してもらうと良いでしょう。

大人にプール熱の症状がみられる場合には、耳鼻咽喉科か内科にかかると良いでしょう。どちらであっても、プール熱か否かの診断は可能ですし、解熱剤やのどの炎症を抑える薬などを処方してもらえます。ただし、目の症状が強い場合は、眼科と内科の両方を受診する形でもよいでしょう。

プール熱(咽頭結膜熱)を予防するには?

Image

プール熱(咽頭結膜熱)にかからないための予防法には、どのようなものがあるのでしょうか。

手洗い、うがい

プール熱を防ぐためには、こまめに手洗いやうがいをすることが大切です。ウイルスが体内に入ることを防ぐことができるでしょう。手洗いをする場合には、水洗いだけでなく石鹸でしっかり洗うことが大切です。

また、プール熱の原因となるアデノウイルスには消毒用エタノールでは消毒効果が弱く、次亜塩素酸ナトリウムの使用が推奨されています。流行時期にはこういったアイテムを手元に用意しておくと良いでしょう。

ウイルスに感染しそうな場所を避ける

人との接触が増えると、それだけ感染する可能性も高くなります。夏にはさまざまなイベントなどで外出する機会も多くなりがちですが、感染しそうな場所はできるだけ行かないようにすることも、プール熱の予防につながります。

スイミングやプールの後には消毒を

水質の管理がしっかりとされているプールなどでは、基本的にはアデノウイルスの感染は心配ありませんが、シャワーでしっかりとプールの水を流したり、石鹸を使って洗ったりといった対策をすると、より予防効果が期待できるでしょう。また、プールなどウイルス感染が心配な場所では、タオルの共用は絶対にしないことが大切です。

プール熱(咽頭結膜熱)と診断されたら

Image

解熱後の入浴がベター

病院でプール熱(咽頭結膜熱)と診断された場合でも、熱が下がればお風呂に入っても問題はありません。ただし、プール熱の症状がでている期間や、症状が治まって以降2日ほどのあいだは、他者へ感染させてしまう可能性があります。タオルの使い回しや同じお風呂のお湯を利用することで、二次感染してしまう場合があるため、注意が必要です。

のどに優しい食事を

プール熱はのどの痛みなどの症状をともなうため、なかなか思うように食事がとれないことが多いでしょう。基本的には食べられるものであれば何でも構いませんが、のどに痛みがあるうちは薄味で柔らかい、うどんやおかゆといったメニューがおすすめです。高熱によって水分が不足している場合もあるので、食事に加えてこまめな水分補給も大切ですね。

プール熱(咽頭結膜熱)で保育園や幼稚園は登園できる? 

Image

プール熱(咽頭結膜熱)は、登園停止や登校停止、出席停止などの措置が必要とされる感染症です。学校保健安全法第19条の第二種にあたります。感染を広げないためにも、二次感染の可能性がある期間は保育園や幼稚園への登園はできません。

プール熱の場合には、のどの痛みや発熱などの主要症状がなくなり2日を経過するまでは登園ができません。園によっては目やにや目の充血など、結膜炎の症状が残っている場合、その期間は登園停止と定めているところもあります。登園を再開するためには、医師による治癒証明や感染症罹患後の登園許可についての意見書(登園届)などを必要と定める園がほとんどです。あらかじめ園に確認し、医師に許可をもらってから登園するようにしましょう。

プール熱(咽頭結膜熱)にかからないよう日々予防を

Image

プール熱(咽頭結膜熱)は、6月から8月の夏の季節に毎年流行する感染症です。非常に感染力が強い上に、潜伏期間が長いため、知らないうちにウイルス感染してしまうケースは少なくありません。周囲に感染者がでてからの対策では間に合わないこともあるため、日ごろから手洗いやうがい、消毒などを心がけて予防をすることが大切ですね。

あわせて読みたい

子どもの感染に注意

麻疹(はしか)に赤ちゃんや子どもが感染したら?予防接種前は?後遺症は残る?【2018】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30268
Image
りんご病は妊婦も感染する?妊娠初期~後期における症状と胎児への影響
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29444
Image
子どもの結膜炎の症状・治療法は?どんな病気?感染する結膜炎としない結膜炎
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/7486
Image
乳幼児は要注意!知らないと怖いRSウイルス感染症とは
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26107
Image
手足口病は妊婦にも感染する?妊娠初期~臨月における胎児への影響は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29376
Image
中耳炎とプールの関係は?感染、治療、予防、注意点について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25765
Image
子どもの帯状疱疹の症状とは?原因、治療法、感染について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25814
Image
耳下腺炎はおたふく風邪?耳下腺炎の症状、治療、予防法とは
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26744
Image
インフルエンザの特徴や初期症状!検査方法や風邪との違いは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29267
Image
おたふく風邪で髄膜炎になることも?原因や症状、治療法について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26658
Image
子どもの中耳炎の症状と原因は?子どもが風邪で耳が痛いときの受診先は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25907
Image

子どもの風邪や体調不良時のケア

子どもの風邪の症状(咳・鼻水・目やに・熱)と過ごし方!外出は控えるべき?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/15585
Image
赤ちゃんの風邪への対処法と予防法!咳・鼻水・熱を早く治すには?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/7671
Image
熱のある赤ちゃんをお風呂に入れる判断基準は?何日後、いつから?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19770
Image
子どもが風邪のときの食事は?控えたい食べ物は?乳児は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29325
Image
子どもの夏風邪!高熱・発疹・下痢の症状の原因と対策は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29510
Image
新生児にも風邪はうつるの?鼻水・咳の症状と病院へ行く目安
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29512
Image
子どもに風邪薬を飲ませないでもいい?病院で処方される薬と市販薬との付き合い方
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29511
Image