【体験談】ママのストレス解消法!原因は?上手に発散してリフレッシュしよう

妊娠中・育児中のママは人間関係や赤ちゃんのことなど、さまざまなストレスがたまりがちです。できるだけ楽しく妊娠期間を過ごしたり育児したりするためにも、自分なりの方法で上手にストレスを減らしていきたいですよね。ここではママたちのリアルなストレス解消法を見ていきましょう。

4201

目次

  1. ママがストレスを感じる原因は?
  2. 【妊娠中】ママのストレス解消法
  3. 【睡眠】ママのストレス解消法の体験談
  4. 【食事】ママのストレス解消法の体験談
  5. 【家事】ママのストレス解消法の体験談
  6. 【ママ友と交流・仕事】ママのストレス解消法の体験談
  7. 【リフレッシュ】ママのストレス解消法の体験談
  8. 【子ども】ママのストレス解消法の体験談
  9. ママにおすすめのストレス解消法
  10. 上手にストレス解消して楽しい育児ライフ
  11. あわせて読みたい

ママがストレスを感じる原因は?

ストレスの感じ方は個人差が大きいですが、下記のような原因が考えられます。育児中はママも余裕がなくなりがちなので、ささいなことでもストレスになるというケースも多いようです。

夫やママ友など対人関係

学校でも職場でも、「人間関係」がストレスになる場合も少なくありません。ママも、夫、ママ友、義父母、親族、さまざまな人に気を遣う場面があるでしょう。

子どものためを思うからこそ、苦手な人との付き合いをすぐ止めるわけにもいかずストレスの原因につながる方も多いようです。

育児書や他の子どもと比較してしまう

子どもの発達がゆっくりだったり公共の場で泣いてばかりだったりすると、ママはつい悩んでしまいがちです。「他の子は○○なのに、どうしてうちの子どもは…」と感じる場面もあるでしょう。

赤ちゃんの個性は多様で育児書通りにいかないことも多いですよね。思い通りにいかないことが積み重なって、ママのストレスになることもあります。

達成感がない

仕事には「賃金」「他人のためになる」という成果がありますし、勉強にはテストの点や「合格」といったゴールがあります。しかし、育児には報酬やゴールが存在しません。

日々頑張っても誰かからほめられることがなく、達成感を味わえる瞬間が少ないですよね。子どもの成長がご褒美とはいえ、終わりが見えない育児にストレスを感じるママが多いようです。

完璧を目指してしまう

子どもを思うあまり、ついつい育児にも完璧を目指してしまうことがありますよね。しかし、育児は思い通りにいかないことも多いものです。あまりにきちんとしようと意識しすぎると、物ごとがスムーズにいかずストレスがたまる場合があります。

相談する人がいない

悩みや愚痴を聞いてくれる相手がいないと、ストレスはどんどんたまっていってしまいます。とくにワンオペ育児や密室育児では、相談相手がおらず孤独になりがちです。悩みや不安がうまく相談できず、ストレスになることもありますよ。

【妊娠中】ママのストレス解消法

妊娠中は体調が悪かったり出産への不安があったりして、ストレスがたまりますよね。リラックスすることは安心につながりますから、ストレス解消は大切です。マタニティ期のママは、空いた時間を上手に利用してそれぞれの方法でストレス解消しているようですよ。

空想の世界でストレス解消

妊娠中、暇なときはいわゆる「乙女ゲーム」をしていました。パズルゲームは頭を使うしロールプレイングはまとまった時間が必要ですが、乙女ゲームはテキストを読むだけなので、体調が悪いときにも楽だったのです。つわりがひどいときや出産が不安なときも、キラキラした空想の世界に入り込むことで良いストレス解消になりましたよ。

低カロリーでヘルシーなおいしい食べ物でリフレッシュ

妊娠中のストレス解消法はおいしいものを食べることでした。しかし、食べ過ぎは体重の増加やむくみが気になります。できるだけ低カロリーで胃もたれしないものを選んでお腹を満たしていましたよ。いつの間にか、身体にやさしくおいしいものを食べると気持ちが落ち着いていました。

【睡眠】ママのストレス解消法の体験談

よく寝ることが、一番のストレス解消になるというママもいます。育児中は授乳や赤ちゃんの泣き声で細切れ睡眠になることも多いので、どうやってまとまった睡眠をとるかがストレス解消のポイントになります。

夫が休みの日はぐっすり眠っています

子どもが生まれてからの私のストレス解消法は、何よりも睡眠時間を優先すること。週末の夫の休みには、ひとりになって部屋でぐっすり寝させてもらいます。「そんなことでストレスが解消されるの?」と思われがちですが、子どもが1歳を迎えた今でも継続中です。夜中に子どもの声が聞こえるだけで起きてしまうので、夫に甘えて自分のタイミングで起きることができるのは本当にありがたいです。

子どもの寝かしつけと一緒に寝ます

子育て中は体力をたくわえるためにも、睡眠を優先しています。夜、子どもが寝つくタイミングで眠るようにしていますよ。夫の夕食は事前に用意しておいて、レンジで温めて食べてもらっています。睡眠を優先すると昼間に子どもと一緒に存分に活動できるので、しばらくは今の生活を続けようと思います。

【食事】ママのストレス解消法の体験談

おいしいものを食べることは、とても良いストレス解消になりますよね。妊娠中は我慢していたお酒も、授乳中でなければ自分のペースでたしなむのも良いでしょう。ちょっと贅沢なレストランに食べに行くのも良いですし、自分でゆっくり好物を作るのも素敵です。

手作りレシピで達成感をあじわっています

最近、ベーグル作りにはまっています。もくもくと没頭できることと、仕上がったときに達成感があるのでリフレッシュできますよ。今度、ママ友に声をかけてみんなでベーグル作りをする予定です。

お酒でストレス解消

授乳が終わりました。もともとお酒が大好きなので、子どもを寝かしつけてから好きなおつまみをあてにお酒をたしなむのが最近の楽しみです。最大限に自分を甘やかすと、次の日はすっきりしています。育児とストレスは背中合せのような気がするので、ときには自分を甘やかすのも良いかもしれませんね。

ひとりショッピングの時間においしいスイーツを探してきます

育児中は、なかなかひとりになれる時間がありません。夫が休みの日にたまに子どもをあずけて、ショッピングに出かけています。お土産においしいスイーツを購入するのですが、ゆっくり吟味しながら選べるのでそれだけでも充実感がありますよ。

今度、夫がOKをくれたらママ友とリッチなランチを食べに行きたいなと思います。

【家事】ママのストレス解消法の体験談

毎日の家事をストレス解消がわりにする人もいます。好きな家事を楽しむことで、家の中も心もすっきりできれば最高ですよね。ママたちはどのように家事を楽しんでいるのか見ていきましょう。

鏡を磨くと心もすっきり

子どもをお風呂に入れた後、100均のうろこ取りで鏡を磨いていました。曇っていた鏡が少しずつきれいになると、なんとなく気分がスッキリしますよ。うろこ取りしながら顔にパックをしたり、髪をトリートメントパックしたりするのもおすすめです。

洗濯でリフレッシュ

天気の良い日は、思いきり洗濯をします。シーツやカーテン、マットなど、ベランダがいっぱいになるほど干しますよ。洗濯物をたたんだりしまったりするのは大変ですが、家じゅうのものがきれいになったときの爽快感はとても気持ちが良いですよ。

【ママ友と交流・仕事】ママのストレス解消法の体験談

育児は孤独との戦いですから、人と交流することはストレス解消につながります。ママ友と日々のことを話しあったり、笑いながら愚痴ったりすると、心がリフレッシュしますよ。仕事でストレスを解消しているママもいます。社会とつながりを持つことで、育児の閉そく感が薄まりますね。

子育てサロンでたくさん話しています

育児中は一日誰とも話さなかったということもあります。もともと人と話すのが好きなので、できるだけ子育てサロンや児童館へ行ってママ同士で交流を持つようにしています。ママ友やスタッフさんと会話して、子育ての悩みを打ち明けるのもストレス解消のひとつです。

仕事がストレス解消の場です

0歳で子どもを保育園にあずけ、ワーキングマザーをしています。もともと仕事が好きなのですが、子育て中の今は仕事がストレス解消になっています。少しだけ子どもと離れて自分のやりたいことに没頭することで、より子どもとの時間を大切に感じるようになりましたよ。

子連れでカルチャースクールに通っています

育児休業中の長期の休みを利用して、赤ちゃんと一緒に行ける筆ペン教室に通っています。ほかにも、ワークショップに参加したりパン教室に行ったりと、いろいろなことを学んでいますよ。そこで出会った方たちとランチをしたりバイキングに行ったり、外へ出かけることでストレス発散をしています。

【リフレッシュ】ママのストレス解消法の体験談

忙しいママこそ、リフレッシュは重要です。ジムやヨガ、ウォーキングなど、身体を動かすことがリフレッシュにつながります。美容院やエステなどのいつもはできないケアをしても良いですね。他のママはどのようなリフレッシュ体験をしているのでしょうか。

子連れヨガに通っています

週一回ですが、子連れで通える溶岩ヨガで身体を動かしてリフレッシュしています。地域にもよるようですが、自治体などで、子連れでできるヨガやエアロビクスなどがあるようですね。ヨガの他にも自治体が開催している子連れで通えるダンスがあるので、チャレンジしてみようかと思います。

ウォーキングしています

天気の良い日は散歩を兼ねて、ベビーカーを押しながらウォーキングしています。いつもの買い物も少し早歩きでウォーキングを意識すると、身体がリフレッシュできる気がします。少し遠くのスーパーも歩いていくようにしていますよ。歩数を測れるスマートウォッチを購入したので、毎日の運動量を見るのが楽しみになっています。

【子ども】ママのストレス解消法の体験談

子どもとコミュニケーションをすることが、ストレス解消になるというママもいます。育児のストレスを子どもと解消するのは、とても良い循環ですよね。ママの笑顔が多くなれば子どもの喜びにもつながりますし、さらにママの心はすっきりするはずですよ。

写真を撮って一緒に見る

子どもの写真や動画を撮って、一緒に騒ぎながら見ると楽しいです。子どもの機嫌が悪いときや泣いているときでも、不思議と笑顔になってくれますよ。写真や動画を撮った当時の気持ちを思い出すと、自分の心もゆっくりほぐれていきます。周囲の情景が思い出せるような、短めの動画がおすすめですよ。

子どもと一緒に歌ったり踊ったりします

産後のストレス解消法は子どもたちと大きな声で歌うことです。すると、上の子も楽しそうにダンスをしながら歌い、下の子は私が抱っこしながら歌ったり踊ったりしているといつの間にか眠りに落ちています。楽しくスキンシップを取りながらストレスも解消できるので、一石二鳥のストレス解消法です。

ママにおすすめのストレス解消法

ストレッチする

適度な運動は血液の循環を良くし、自律神経を整えてくれます。家の中で可能なストレッチなら、赤ちゃんがいてもできますよ。時間は一回10分程度で十分ですが、毎日継続することが大切です。

Youtubeなどの動画を観ながらストレッチするのもおすすめです。抱っこが多い人は肩回りや腰、むくみがちな人は足や腕を中心にストレッチしましょう。

赤ちゃんと一緒にゴロゴロする

睡眠不足や疲れがイライラにつながることもあります。ママは「頑張らなきゃ」という気持ちを捨てて、赤ちゃんとゴロゴロしてしまいましょう。さぼっているのではなく、ママが笑顔でいるために必要なことだと割り切ることも大切ですよ。

一緒にお昼寝することも、ひとつのコミュニケーションですよ。赤ちゃんはママの体温やにおいを感じてご機嫌なはずです。

たまには好きなものを食べる

おいしいものを食べると、疲れていてもにっこり笑顔になれますよね。普段は我慢しているママも、たまには自分のために食べたいものを用意してはいかがでしょうか。

お気に入りのお店のケーキを買ったり、パパに赤ちゃんを任せてひとりでランチをしたりするのも良いでしょう。どうしても家を離れられない場合は、ウーバーイーツなどの配送サービスを利用するのもおすすめです。

ひとりの時間を作る

365日24時間赤ちゃんと一緒の生活は、やはり大変ですよね。可能ならばパパや実家、預かり保育などに赤ちゃんを預けて、ひとりの時間を作りましょう。数時間程度であれば、赤ちゃんへの負担もそれほど大きくありません。

友達に会ったり、ゆっくり本を読んだり、好きに過ごすと良いですよ。ひとりの時間を作ることで、赤ちゃんへの思いを実感することもあります。リフレッシュしたら、また育児を頑張れそうですよね。

上手にストレス解消して楽しい育児ライフ

頑張るママほど、どうしてもストレスはたまってしまいます。楽しく育児を続けるために、ストレス発散はとても大切ですよ。ストレスがたまる理由も、解消法も個人差があります。

まずは自分に合ったリフレッシュ方法を探してみてください。運動するのも良いですし、おいしいものを食べてみるのも良いでしょう。自分なりの方法で上手にストレスを解消して、子どもと楽しい時間を過ごしてくださいね。

※この記事は2020年1月時点の情報をもとに作成しています。

あわせて読みたい

妊娠生活を楽しむ方法と注意点!妊娠中に「つらい」と思ったらこの方法でリフレッシュ!
https://mamanoko.jp/articles/29183
【体験談】赤ちゃんの後追いの意味は?いつから?対策とママのストレスとの付き合い方
https://mamanoko.jp/articles/24088
妊娠中は夫にイライラ?飲み会や浮気、性生活などストレスの原因について
https://mamanoko.jp/articles/29677
赤ちゃんとのスキンシップの効果とは?遊びや歌で赤ちゃんと触れ合おう!
https://mamanoko.jp/articles/6086
【月齢別】1歳児の室内遊びはコレ!発達の目安も解説【今日は何しよう?】
https://mamanoko.jp/articles/30654