大泉門と小泉門とは?赤ちゃんの頭蓋骨のへこみはいつ閉じる?ふくらみが気になる場合は?

赤ちゃんの頭蓋骨には「大泉門」と「小泉門」というへこみがあることをご存知でしょうか。ここでは、大泉門・小泉門それぞれの概要と、大泉門・小泉門の大きさ、閉じる時期、また閉じないときに考えられる病気を紹介します。頭蓋骨のふくらみやへこみが気になる場合についても解説するので、参考にしてみてくださいね。

123605

この記事の監修

Image
小児科医
染谷 朋之介

目次

  1. 赤ちゃんの頭蓋骨の状態は?
  2. 大泉門(だいせんもん)・小泉門(しょうせんもん)とは?
  3. 大泉門はなぜ押してはいけないの?
  4. 大泉門・小泉門はいつ閉鎖する?閉じない場合は?
  5. 大泉門のふくらみ、へこみが気になるときには?
  6. 赤ちゃんの頭はデリケートなので、注意しよう
  7. あわせて読みたい

赤ちゃんの頭蓋骨の状態は?

生まれるときには頭蓋骨がつながっていない

頭蓋骨は、チューリップの花びらのような形の骨が集まって形成されています。赤ちゃんは、この頭蓋骨の骨がつながっていない状態で生まれてくるため、頭の上の部分にペコペコとした骨のない部分があるのです。この骨のないやわらかい部分のことを「大泉門」といいます。

赤ちゃんが生まれるときは、ママの狭い産道を通らなければなりません。赤ちゃんの頭蓋骨がつながっていないのは、出産のときにママの産道の形に頭蓋骨を変形させるためだと考えられています。

また、生まれたばかりの赤ちゃんの脳の発達は著しく、1年間でおよそ2.5倍になります。大泉門は、頭蓋骨が脳の成長をさまたげるのを防ぐ役割を果たしているのかもしれませんね。

脳と頭蓋骨のあいだに隙間がある

赤ちゃんの脳と頭蓋骨のあいだには、脳脊髄液(のうせきずいえき)で満たされた隙間があります。脳はしっかりとは固定されておらず、頭蓋骨の内側の硬膜(こうまく)と橋静脈(きょうじょうみゃく)という血管でつながれているだけです。そのため、赤ちゃんが頭をぶつけた場合は、橋静脈がちぎれて出血し「硬膜下血腫(こうまくかけっしゅ)」を起こす可能性があります。

赤ちゃんが頭をぶつけたときは、軽くぶつけた程度であっても、普段と様子が違うようなら小児科を受診しましょう。また、赤ちゃんや幼児を強く揺さぶると脳が損傷を受け「揺さぶられっ子症候群(乳幼児揺さぶられ症候群)」になってしまう可能性があります。

首がすわっていない小さな赤ちゃんの場合は、揺さぶられっ子症候群になりやすいので注意が必要です。首すわり前の「高い、高い」は揺さぶられっ子症候群の原因になることがあるため、控えましょう。

Article link icon
揺さぶられっ子症候群はいつまで心配?「高い、高い」遊びはダメなの?

大泉門(だいせんもん)・小泉門(しょうせんもん)とは?

Image

大泉門

大泉門とは、おでこの上の辺りにある頭の骨がないやわらかい部分のことをいいます。赤ちゃんが生まれたときの大泉門は3cm程度の大きさで、ひし形のような形をしているのが特徴です。大泉門は頭のちょうどてっぺんの部分にあるため、正面から赤ちゃんを見ると頭がへこんでいるように見えるでしょう。

1ヶ月健診以降、大泉門が3cm以上ある場合は、精密検査を受けるように指示されることが多いようです。

小泉門

赤ちゃんの後頭部には、「小泉門(しょうせんもん)」という骨のないやわらかい部分があります。小泉門は大泉門と比べて小さく、出生時にはほとんど閉鎖した状態です。出生時より小泉門が大きくなっているようなら「先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)」の可能性があるので、医師に相談してみましょう。

Article link icon
新生児から1歳までの頭囲の平均は?頭の病気の可能性は?

大泉門はなぜ押してはいけないの?

Image

大泉門は頭蓋骨の隙間の部分なので、強く押すと脳に損傷を与える可能性があります。赤ちゃんの大泉門は、強く押さないように注意しましょう。赤ちゃんの大泉門に触れることに不安を感じるママもいるようですが、よほど強い力で押さない限り問題はないといわれています。

誤って大泉門を押してしまい、赤ちゃんが大丈夫なのか心配な場合は、ママの不安を解消するためにも病院を受診しましょう。

大泉門・小泉門はいつ閉鎖する?閉じない場合は?

Image

閉鎖する時期は?

大泉門は生後10ヶ月頃から閉じ始め、1歳半から2歳頃には完全に閉鎖するといわれています。小泉門は、生後2ヶ月から3ヶ月を目安に閉鎖するようです。

閉じない場合は?

赤ちゃんの大泉門や小泉門が目安の時期を過ぎても閉じない場合、どのような原因
が考えられるのでしょうか。大泉門が閉じない場合は、「水頭症」や「ダウン症候群」「骨疾患」「先天性奇形症候群」などの病気が疑われる場合があります。下記の症状が伴っている場合は、早急に専門医やかかりつけ医に相談しましょう。

・頭囲が成長曲線の範囲を超えて大きくなっている
・頭蓋骨異常
・顔貌異常
・成長遅延
・発育遅延

また、小泉門が閉じない場合には「先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)」などが疑われます。大泉門や小泉門の状態が正常なのかどうか、素人では判断することが難しいものです。自己判断をせず、乳幼児健診を定期的に受診して赤ちゃんの異変を見逃さないようにしましょう。

大泉門のふくらみ、へこみが気になるときには?

Image

大泉門がふくらんでいるとき

赤ちゃんの大泉門がふくらんでいる場合は、以下のような病気の可能性が考えられます。

■水頭症(すいとうしょう)
「水頭症」とは、脳の真ん中に水がたまる病気です。赤ちゃんの頭蓋骨は脳の大きさに合わせて大きくなるため、水頭症になると頭が異常に大きくなることがあります。赤ちゃんの頭が大きくなっていることに、ママが一目で気づくのは困難なことです。このような病気を見逃さないため、乳幼児健診では頭囲をチェックします。

■髄膜炎(ずいまくえん)
大泉門がふくらんでおり、嘔吐や発熱を伴っている場合は「髄膜炎」を起こしているかもしれません。小さな子どもほど髄膜炎は症状が軽くなる傾向があり、発熱しないこともあります。赤ちゃんの場合、低体温や黄疸などの症状がでることもあるので、疑わしい症状がある場合はすぐに小児科を受診しましょう。

大泉門がへこんでいるとき

大泉門がへこんでいる場合は、脱水症状を起こしている可能性があります。小さな赤ちゃんは身体の水分量が多いため、脱水症状を引き起こしやすいものです。以下のような症状が併発している場合、特に注意しましょう。

・舌・口・目が渇いている
・お腹や太ももなどの皮膚の弾力が低下している
・おしっこの量が少ない
・赤ちゃんの泣き方が弱々しい

当てはまる症状がある場合は、早急に病院へ向かいましょう。

赤ちゃんの頭はデリケートなので、注意しよう

赤ちゃんの頭蓋骨には、脳の成長に対応できるように大泉門や小泉門という隙間があります。赤ちゃんの頭は脳と頭蓋骨のあいだにも隙間があり、脳が固定されていないため、非常にデリケートな状態です。大泉門を強く押したり、強く揺さぶったりすると、脳が傷ついて重い後遺症が残ってしまうかもしれません。

ただし普通に生活している分には何も問題はないので、あまり心配しなくても大丈夫です。赤ちゃんが頭をぶつけたり、強く揺さぶってしまったりしたときは、異変がないか様子を見るようにしましょう。様子が普段と違うようなら、早めにかかりつけの小児科医に相談することをおすすめします。

あわせて読みたい

【生後0ヶ月】新生児期にみられる心と身体の発達とは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/9139
Image
新生児の沐浴の時間やタイミングは?手順と方法について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19585
Image