更新日:2018年05月22日

愛知のおでかけスポット!子どもも大人も遊べる施設おすすめ10選!

愛知には、子どもも大人も楽しめるテーマパークや施設がたくさんあります。雨の日でも楽しめる屋内エリアや、授乳室やおむつ替えスペースが完備された赤ちゃん連れに優しい施設が充実していますよ。また、海や山など自然を満喫できるスポットもおすすめです。ここでは、家族で休日や週末に行きたい、愛知のおでかけスポットを紹介します。

73916
0

愛知おでかけスポット1.リニア・鉄道館

Image

名古屋市の「リニア・鉄道館」とは、夢と思い出のミュージアムとして2011年に開館した鉄道をメインとする博物館です。新幹線のジオラマを見たり鉄道の仕組みを学んだりできるほか、運転体験ができる新幹線シミュレーターも人気が高いといえるでしょう。また、小学生未満の子どもと保護者を対象にしたプレイルームでは、プラレールを使用して自由に遊ぶことができます。

2018年3月より、有効期間内に何度でも入館できる年間パスポート「こどもパスポート」が販売されています。高校生以下を対象としたこどもパスポートを所持することで、同伴者のチケットが割引かれたり、デリカステーションの飲み物が割引価格で購入できたりと、館内をお得に利用できますよ。

【施設情報】
▼住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭3丁目2-2
▼TEL:052-389-6100
▼営業時間:10:00~17:30
▼定休日:火曜日/年末年始
※GW/夏休みなどの長期休暇は開館
▼アクセス:
<電車/バス>あおなみ線「金城ふ頭駅」から徒歩2分
<車>伊勢湾岸自動車道「名港中央」I.Cから数分
▼駐車場:無
▼料金:
・大人…1,000円
・小中高生…500円
・幼児(3歳以上未就学児)…200円

リニア・鉄道館ガイド | JR東海の名古屋の鉄道博物館をご案内!

愛知おでかけスポット2.名古屋市科学館

Image

「名古屋市科学館」は、子どもも大人も楽しみながら科学に親しむことができる、体験型総合科学館です。水の性質に関する実験ができるエリアや竜巻が観察できるエリアなど、さまざまな自然の原理を楽しく学ぶことができるでしょう。また、プラネタリウムでは、小さな子ども向けの「ファミリーアワー」や「幼児投影」といったプログラムが開催されていますよ。

さまざまな体験コーナーがあるため、一日では回り切ることができないという口コミがたくさんあります。再入場が可能なので、午前中から来場し、ランチで近隣の飲食店を利用した後に再度館内を楽しむと一通り漫喫できるのではないでしょうか。

【施設情報】
▼住所:愛知県名古屋市中区栄2丁目17−1 芸術と科学の杜・白川公園内
▼TEL:052-201-4486
▼営業時間:9:30~17:00
※入館は16:30まで
▼定休日:月曜日/第3金曜日/年末年始
▼アクセス:
<電車/バス>地下鉄東山線・鶴舞線 「伏見駅」から徒歩5分
<車>名古屋高速2号東山線「白川」I.Cから数分
▼駐車場:有/約130台(30分ごとに180円)
▼料金:
・大人…800円
・大学/高校生…500円(学生証の提示が必要)
・中学生以下…無料

名古屋市科学館

愛知おでかけスポット3.東山動物園

Image

「東山動物園」は、日本有数の入場者数を誇る大きな動物園です。主に、ニシローランドゴリラ「シャバーニ」が有名といえるでしょう。東山動物園には、東山スカイタワーや遊園地が併設され、子どもも大人も一日楽しむことができます。

また、東山動植物園では、平成30年9月に「アフリカの森エリア」(新しいゴリラ・チンパンジー舎)のオープンが予定されています。新施設がオープンするまでは、ゴリラやチンパンジーが見られないことがあるため、HPの情報を確認しながら遊びに行けると安心ですね。

【施設情報】
▼住所:愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
▼TEL:052-782-2111
▼営業時間:9:00~16:50
▼定休日:月曜日/年末年始
▼アクセス:
<電車/バス>
・地下鉄東山線「東山公園」から徒歩3分
・地下鉄東山線「星ヶ丘」から徒歩7分
<車>
・東名高速道路「名古屋」I.Cから約15分
・名二環(東名阪)「上社」「上社南」I.Cから約10分
▼駐車場:有/1,600台(800円/1回)
▼料金:<観覧券>
・大人…500円
・中学生以下…無料

東山動植物園

愛知おでかけスポット4.モリコロパーク

Image

愛知万博跡地で有名な「モリコロパーク」では、子どもが楽しめる広場をはじめ、屋外プールや夏でも滑れるスケートリンク、大観覧車などが設置されています。自然を体感できる水のエリアでは、小石を積んで遊ぶことができますよ。木陰が充実していることから、ピクニックを楽しむ親子も多いでしょう。

また、モリコロパークでは、多くの人から親しまれている「サツキとメイの家」に加え、2022年度中に「ジブリパーク」をオープンする予定で調整が行われているようです。ジブリの世界をリアルに表現したエリアが誕生することから、さらに注目を浴びるスポットといえるのではないでしょうか。

【施設情報】
▼住所:愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
▼TEL:0561-64-1130
▼営業時間: <公園>
・4月〜10月/8:00〜19:00
・11月〜3月/8:00〜18:30
▼定休日:施設により異なるため確認が必要
▼アクセス:
<電車/バス>東部丘陵線(リニモ)「愛・地球博記念公園駅」から徒歩すぐ
<車>
・名古屋瀬戸道路に分岐「長久手」I.Cから約5分
・東名高速道路「名古屋」I.Cから約20分
▼駐車場:有/500円
▼料金:施設により異なるため確認が必要

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
Mamanote icon
三鷹の森ジブリ美術館の楽しみ方!チケット予約やアクセス、カフェや見どころをご紹介!

愛知おでかけスポット5.中部国際空港セントレア

Image

「中部国際空港セントレア」のターミナルビル4Fには、ショッピングやグルメをはじめ、キャラクターショップや展望風呂などの商業施設が並びます。スカイデッキでは、迫力ある飛行機の発着を間近で見ることができるでしょう。「セントレアまるわかりツアー」といった滑走路やターミナルを見学するコースも人気が高いようですね。

セントレアには授乳室やミルク用のお湯の用意があったり、ベビーカーの貸し出しがあったりと、子連れに優しいサービスが充実しています。コインロッカーに大きな荷物を預けて、館内を回る方法もおすすめですよ。

【施設情報】
▼住所:愛知県常滑市セントレア1丁目1
▼TEL:0569-38-1195
▼営業時間:10:00~21:00
※施設やエリアにより異なるため確認が必要
▼定休日:不定休
▼アクセス:
<電車/バス>名鉄「名古屋駅」からミュースカイ
<車>セントレアライン「セントレア東」I.Cからすぐ
▼駐車場:有/5,800台(1,500円/1日最大)
▼料金:無料
※施設やコースにより有料

中部国際空港 セントレア

愛知おでかけスポット6.レゴランド

Image

「レゴランドジャパン」とは、レゴをモチーフとしたアトラクションが楽しめたり、レゴに触れて創作体験ができたりするテーマパークです。園内にはレゴの造形物がたくさんあり、撮影スポットとしても人気が高いといえるでしょう。

レゴランドジャパンでは、2018年4月よりレゴブロックをモチーフとした宿泊施設「レゴランドジャパンホテル」や、レゴに囲まれながら学んだり体験できたりする水族館「シーライフ」がオープンしました。レゴランドジャパンリゾートとして、さらに人気が高まるスポットといえるでしょう。

【施設情報】
▼住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2-1
▼TEL:050-5840-0505
▼営業時間:10:00~17:00
※土日祝日/夏休みなどは10:00~18:00
▼定休日:火曜/水曜
※GWや長期休暇期間は無休
※臨時休園は問い合わせが必要
▼アクセス:
<電車/バス>あおなみ線「金城ふ頭駅」から徒歩すぐ
<車>伊勢湾岸自動車道「名港中央」I.Cからすぐ
▼駐車場:無
▼料金:<ワンデーパスポート>
・大人(13歳以上)…6,900円
・子ども(3~12歳)…5,300円

レゴランド®・ジャパンへようこそ!

愛知おでかけスポット7.茶臼山高原

Image

「茶臼山高原(ちゃうすやまこうげん)」とは、春は芝桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、オールシーズン景色や自然を楽しむことができる高原です。高原のため夏でもとても涼しく、爽やかな風を感じることができると評判ですよ。

また、ボールやフリスビーをはじめ、マウンテンバイクやマウンテンボードといったバラエティー豊かな遊具の貸し出しがあります。近隣施設ではブルーベリー狩りや釣りなどの体験ができることから、子どもも大人も楽しめるエリアといえるでしょう。

【施設情報】
▼住所:愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字御所平70-185
▼TEL:0536-87-2345
▼営業時間: 8:00〜16:30
※施設や季節による変動有
▼定休日:木曜
※臨時休園は問い合わせが必要
▼アクセス:
<車>「名古屋」「豊橋」「浜松」から約2時間
▼駐車場:有/1,000台(無料)
※芝桜まつり開催時は700円
▼料金:無料
※施設やエリアにより有料

オールシーズン楽しめる♪「茶臼山高原」天竜奥三河国定公園

愛知おでかけスポット8.愛知牧場

Image

「愛知牧場」は、動物との触れ合いが楽しめたり芋ほり体験ができたりと、自然を満喫できる牧場です。ブタやロバ、ヒツジやチャボなど、さまざまな動物を触ったりエサをあげたりすることで、貴重な体験になったという口コミがたくさんあります。2歳から体験できる乗馬や、バター・アイス作りといったイベントも充実していますよ。

また、バーベキューガーデンが備わっているため、季節によっては家族や友人と楽しむ姿が多くみられるようです。利用する際は、早めに予約をしておくと安心でしょう。

【施設情報】
▼住所:愛知県日進市米野木町南山977
▼TEL:0561-72-1300
▼営業時間:10:00~16:00(16:30 閉園)
▼定休日:年末年始
※施設により異なるため確認が必要
▼アクセス:
<電車/バス>名鉄豊田線「黒笹駅」から徒歩約10分
<車>東名高速「東名三好」I.Cから数分
▼駐車場:有(500円/1日)
※平日無料
▼料金:無料
※施設により有料

愛知牧場 | バーベキュー・パターゴルフ・乗馬など、名古屋近郊のレジャー施設

愛知おでかけスポット9.名古屋港シートレインランド

Image

名古屋港に面した「名古屋港シートレインランド」とは、大観覧車やファミリーコースター・バッテリーカーといった子ども向けのアトラクションが充実した遊園地です。2歳までは無料で遊べるアトラクションが多いことから、休日は親子連れで賑わうスポットといえるでしょう。

名古屋港シートレインランドの近くには、名古屋港水族館やガーデンふ頭臨港緑園といった海を感じられるエリアがたくさんあります。名古屋港シートレインランドを楽しむついでに、名古屋港周辺を探索するルートもおすすめですよ。

【施設情報】
▼住所:名古屋市港区西倉町1-51
▼TEL:052-661-1520
▼営業時間:10:00~22:00
※季節や日程による変動有
▼定休日:月曜日
※連休や長期休暇の場合は開園
▼アクセス:
<電車/バス>名古屋市営地下鉄・名港線「名古屋港駅」から徒歩5分
<車>国道23号線「築地口」I.Cから数分
▼駐車場:有(1,000円/1日)
▼料金:無料
※アトラクションによって有料

【名古屋港:シートレインランド 〜AMUSEMENT PARK〜】

愛知おでかけスポット10.日間賀島(ひまかじま)

Image

タコの島とも呼ばれる「日間賀島(ひまかじま)」では、漁師が底引き網漁やタコつぼ漁などを教えてくれる漁体験が有名です。サンセットビーチでは、イルカとタッチができるアクティビティーが豊富ですよ。島にはビーチが2ヶ所あり、のんびり歩いて2時間程度で一周できる大きさです。

また、季節によってはキッズアドベンチャーといったイベントが開催され、いかだ作りやキャンプファイヤー・シュノーケリングなど、さまざまなイベントが楽しめるでしょう。

【施設情報】
▼住所:三河湾に浮かぶ離島
▼TEL:0569-68-2388
▼営業時間:施設やイベントにより異なる
▼定休日:なし
※施設やイベントにより異なるため確認が必要
▼アクセス:<船>
・「師崎港」から高速船で約10分
・「伊良湖港」から高速船で約30分
・「河和港」から高速船で約20分
▼料金:無料
※施設やイベントにより有料

タコとフグの里海 - 日間賀島観光協会

【愛知】おでかけスポットにおすすめの本

まっぷる 家族でおでかけ東海北陸18~19

9784398284150
出典:shop.r10s.jp
まっぷる 家族でおでかけ東海北陸18~19
¥972〜(2018/07/04 時点)

発売日: 2018年03月24日頃
出版社: 昭文社
ページ数: 175p

「まっぷる 家族でおでかけ東海北陸18~19」には、0歳~小学生が楽しめる東海・北陸のおでかけスポットが紹介されています。東海版には、日常的に遊びに行ける公園や工場見学などから、レゴランド・ジャパンなどのテーマパーク・遊園地まで幅広いスポットが楽しめるでしょう。

また「得クーポン&プレゼントBOOK」といった付録が付いているため、クーポンを利用してお得に遊びに行くことができますよ。

レゴランド・ジャパン・リゾート攻略ガイドブック

9784048962186
出典:shop.r10s.jp
レゴランド・ジャパン・リゾート攻略ガイドブック
¥972〜(2018/07/04 時点)

発売日: 2018年04月03日
出版社: KADOKAWA
ページ数: 128p

「レゴランド・ジャパン・リゾート攻略ガイドブック」には、18年4月にオープンした「レゴランド・ジャパン・ホテル」や、水族館「シーライフ名古屋」の2大新施設が徹底紹介されています。さらには、レゴランド・ジャパンのアトラクションやショップ情報も網羅され、この一冊で「レゴランド・ジャパン・リゾート」を攻略できますよ。

愛知のおでかけスポットにおすすめの本を楽天・Amazonでチェック!

楽天・Amazonで愛知のおでかけスポットにおすすめの他の本を探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

楽天で探す
Amazonで探す

愛知のおすすめのおでかけスポットで休日を満喫しよう

Image

愛知には、子どもも大人も楽しめる施設やテーマパークがたくさんあります。週末に日帰りで気軽に遊びに行けるスポットが多いことから、子どもの体力的にも負担なく楽しめるのではないでしょうか。

授乳室やおむつ替えスペース・ミルク用のお湯といった設備が整った施設が多いため、赤ちゃん連れでも安心して遊ぶことができます。名古屋市周辺は公共交通機関が発展していることから、電車を利用して目的地へ向かうのもおすすめですよ。愛知のお気に入りのおでかけスポットを見つけて、親子で休日を満喫できると良いですね。

※本記事は2018年5月21日時点での情報です。掲載した時点以降に変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

おでかけおすすめスポット

Image
夏休みのおでかけに!関東・関西・東海・九州おすすめスポット28選【2018】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30250
Image
【監修記事】赤ちゃんの旅行はいつから?関東・関西のおすすめホテル20選!人気スポットも紹介
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29874
Image
子連れディズニーランド・シー完全攻略!2018年版【先輩ママおすすめのアトラクションや持ち物は?】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29614
Image
妊婦のディズニーランド・シーの楽しみ方!優待や注意点は?アトラクションに乗れる?ゲストアシスタンスカードとは?【保存版】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/7799
Image
アソボーノ攻略法!混雑回避法や料金・クーポンやアクセスなどを詳しく解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/25329
Image
横浜の子連れおでかけスポット12選!人気観光地やホテルも紹介【体験談あり】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/20884
Image
アクアパーク品川へ行こう!アクセス・割引・所要時間や見どころを徹底解説【体験談あり】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/25461
Image
サンリオピューロランドの混雑回避方法は?子連れでの楽しみ方・攻略法・宿泊施設・アクセスなど徹底解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/25343
Image
三鷹の森ジブリ美術館の楽しみ方!チケット予約やアクセス、カフェや見どころをご紹介!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26169
Image
花やしき【浅草】へ行こう!アクセスやアトラクションは?割引でお得に回れるって本当?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26135
Image
宇都宮の子連れランチにおすすめのお店5選!【座敷・キッズスペース・個室あり】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/24919
Image
滋賀県の子どもが喜ぶ公園おすすめ10選!【アスレチックや遊具で大満足!】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/24635
Image
【横浜・大阪】カップヌードルミュージアム予約は必要?料金やアクセス、混雑状況は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/23790
Image
八景島シーパラダイス【攻略法】ホテルやアトラクション、水族館のおすすめを紹介!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/24097
Image
子連れシンガポール旅行におすすめの観光スポット&ホテルをご紹介!【体験談あり】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/15915

子連れのおでかけにおすすめグッズ

Image
授乳ケープのおすすめ15選!種類や使い方、ベベオレが人気?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26384
Image
おむつポーチは必要?便利なおすすめおむつポーチ10選
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/7036
Image
子どもとのおでかけに必要なものとは?赤ちゃん、幼児、季節別の持ち物リスト
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/21443
Image
【編集部厳選】ベビーバギー(B型ベビーカー)のおすすめ10選!メリットとデメリットは?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28207
Image
レカロのベビーカー「イージーライフ」は安くてコンパクト!コストコで買える?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30125
Image
赤ちゃんの日焼け止めはいつから?塗り方・落とし方のコツや人気のおすすめ商品をタイプ別に紹介!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30122
Image
ベビーカーに扇風機は必要?おすすめ人気商品5選!トイザらスや西松屋でも買える?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30163

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

ままのて編集部公式アカウントです。 【Instagr…

おすすめの記事