【写真&体験談】赤ちゃんの血管腫とは?種類と症状・治療法

赤ちゃんの肌に、血管腫と呼ばれるアザがあらわれることがあります。このアザにはいくつか種類があります。ここでは、赤ちゃんの血管腫の種類と症状、治療法について、先輩ママの体験談を交えて解説します。先輩ママが撮影した、実際の症状の写真もご紹介します。

78449

この記事の監修

目次

  1. 赤ちゃんの血管腫とは
  2. 赤ちゃんにできるアザの血管腫の種類
  3. 合併症の可能性がある血管腫
  4. 赤ちゃんの血管腫の治療法
  5. 血管腫の治療のタイミング
  6. 血管腫の体験談&写真
  7. まとめ

赤ちゃんの血管腫とは

赤ちゃんにみられる「血管腫」は、皮膚や皮膚の下、またはその他の皮膚以外の場所にも出現します。血管が広がって一部の場所に集まったり、症状の範囲がだんだんと広くなっていく性質があります。赤みをおびたアザや、できもののような見た目をしています。目の周囲の血管腫は赤ちゃんの視力の発達に影響する可能性があるため、要注意だと言われています。

■ポイント
・血管腫には種類がある。
・合併症を起こす血管腫もある。
・血管腫は必ずしも治療が必要ではない。
・年数とともに自然と消えてなくなる血管腫もある。
・同じ種類の血管腫でも出る場所によって治療時期や方法もかわる。

アザのような血管腫

血管腫は大きく分けると2種類に分けることができます。1つめはアザ、二つ目はできものです。アザと言われるものは、正中母斑・額の真ん中にできるアザをサーモンパッチ、頸の後ろや首など比較的髪の毛で隠れている部分にできるアザをウンナ母斑などと呼びます。そのほかに、単純性血管腫、苺状血管腫などがあります。

できもののような血管腫

できものは、海綿状血管腫や血管内皮腫が有名で、中には合併症を起こすものもあります。さらに、血小板に影響が出ることもありますので、様々な治療が必要なケースもあります。赤ちゃんは言葉で表現できないので、目に見えない症状には注意する必要があります。

赤ちゃんにできるアザの血管腫の種類

正中母斑

赤ちゃんに生まれつきあるアザになります。皮膚との境界が不鮮明で、淡紅色の紅斑です。サーモンパッチとウンナ母斑の2つに分類されます。真皮表層での、毛細血管の機能的拡張が原因となります。自然消失することが多いので、必ずしも治療を必要とするわけではありません。

単純性血管腫

赤ちゃんの顔面や頭部に現れる、盛り上がりのない状態のアザになります。赤ぶどう酒色の斑点(紅斑)で、色の濃淡は少なく、色ムラはあまり見られません。大きなアザだと顔面の半分に及ぶものもあり、真皮内毛細血管が広がることでアザになってしまいます。残念ながら、自然治癒は難しいでしょう。見た目はほとんど変化はしませんが、年数経過とともに色が濃くなり、アザが盛り上がってくる場合があります。

苺状血管腫

赤ちゃんの皮膚に糸くずの様な細かい紅斑が出現し、次第に盛り上がり表面が軟らかいイチゴ状のアザになります。直径数cm程度の血管腫が大半ですが、まれに顔の半分位の血管腫が出る場合もあります。生後半年位までアザが大きくなりますが、その後は大きさが変化しないケースが多いようです。

大体の目安として、7才くらいまでに血管腫の膨らみや色が消えていく事が多いようです。関節や外陰部など、刺激が多かったり傷つきやすい部位に血管腫ができた場合は、傷跡が残る場合もあります。

合併症の可能性がある血管腫

海綿状血管腫

赤ちゃんの身体のどの部位にでもできる血管腫で、大きさは様々です。奇形性血管がつる状に増殖し、蛇がとぐろを巻いた様な見た目の血管の塊ができます。成長とともに増大の可能性があります。舌にできてしまった場合は巨大舌になる血管腫です。

血管内皮腫

赤ちゃんの肺や肝・リンパ節・骨・脾臓などに見られます。特に皮膚の下・耳下腺・肝臓にできやすいです。転移もしくは多中心性発生と考えられているそうです。自然に小さくなることもあります。

カサバッハ・メリット症候群とは

海綿状血管腫や血管内皮腫 によって、急に血小板が少なくなって血が止まりにくくなる症状をカサバッハ・メリット症候群といいます。このような症状が発生してしまったら、血管腫そのものを治療することが必須です。治療しないと血小板はいつまでたっても元に戻りませんので、赤ちゃん自身が大変危険な状態となるのです。

赤ちゃんの血管腫の治療法

血管腫の種類によって治療法は様々で、レーザー治療・ステロイドによる薬物療法・放射線治療・外科的治療・動脈塞栓療法・局所圧迫療法・インターフェロン療法が多く用いられています。赤ちゃんに何かしらの治療を施すとなると親は不安で仕方がないです。不安な事は専門家に詳しく確認することをお勧めします。

血管腫の治療のタイミング

血管腫の種類や状態によって治療のタイミングは大きく変わります。血管腫はいろいろな形や大きさがありますし血管腫が出ている部分でも対処法が大きく変わってしまいます。自然に消える血管腫と消えない血管腫がありますので、消えると言われている血管腫の場合は年数をかけて観察し判断することも大切です。ただし、赤ちゃんの成長に影響が出る場合は別です。急を要するようなケースは専門医から必ず説明されますので、血管腫の種類と出ている場所で対応していくべきだと思います。

血管腫の体験談&写真

筆者の息子の写真です↑

我が家の3人目の息子は、お腹に苺状血管腫がありました。生後1ヶ月ほどの赤ちゃん時代に、苺のようなアザがお腹に出ていました。血管腫は周りの皮膚より盛り上がり少し柔らかみある感じで、最初は体を洗うときにもビクビクしていました。この後、血管腫はさらに盛り上がり大きくなりました。赤ちゃん時代は、薄着をすれば服の上からも赤色とふくらみがわかることも多く、白の肌着は着せるのをためらいました。

あれから3年以上が経過し、今現在の血管腫の状態は、膨らみは殆どなくなり、赤みが落ちて肌の色に近くなってきました。まだ赤くふくらみも残っていた1歳半頃に、病院を3ヶ所回って先生に相談したことがあります。すべての先生から「3歳超えたあたりから薄くなりそうな感じがします。」と言われていたのを思い出しました。

アザが完全に目立たなくなったと感じたのは、2歳半過ぎてからです。そのころから段々と薄くなり、今では遠目ではアザは見えません。先日保健師さんに「血管腫はレーザーで治療したのですか」と聞かれたので、自然に消えたと説明すると驚かれました。

まとめ

血管腫は赤ちゃんにとっても、家族にとってもとても大きな問題です。しかし、血管腫の種類や特性を知ることで早期に治療をするべきなで、どんな治療がいいのかも大体の判断が付きます。専門の知識を持っていなくとも、何も知らないよりは、少しでも知識があるほうが理解は深まりますよ。