祖父母手帳とは?入手方法はAmazon?内容とさいたま市などの実例

「祖父母手帳」という言葉を耳にしたことはありませんか。祖父母手帳は、はじめて孫が生まれる祖父・祖母に向けて、今と昔の子育ての違いや親世代との関わり方、子どもとの遊び方などが記されている冊子です。最近では独自の祖父母手帳を発行する自治体も増えています。ここでは祖父母手帳の内容や入手方法・購入方法をお伝えします。

14930

目次

  1. 祖父母手帳とは
  2. 祖父母手帳の入手方法は?Amazonで購入?
  3. 購入できるおすすめの祖父母手帳
  4. 祖父母手帳の内容【自治体別】
  5. 祖父母手帳を楽天・Amazonでチェック!
  6. 祖父母手帳を親世代も利用しよう
  7. あわせて読みたい

祖父母手帳とは

祖父母手帳は、孫をむかえる祖父・祖母向けに作られた、孫の育児に役立つガイドブックです。今と昔の子育ての違いや、孫との遊び方、孫が遊びに来たときの事故を防止するためのチェック項目などが掲載され、充実した内容となっています。

祖父母手帳は無料配布されているもの、有料のものなどさまざまです。自治体によってはweb上で公開しており、ダウンロードが可能なものもあります。web上で無料公開されていると祖父母世代だけでなく、親世代も勉強のために閲覧できるのでありがたいですね。

祖父母手帳の入手方法は?Amazonで購入?

自治体配布

お住まいの自治体で祖父母手帳を発行していれば、母子手帳を受け取る際に一緒に配布されたという人がいるかもしれません。また、祖父母手帳を発行している自治体は、窓口だけでなくHPでも広報していることが多いです。気になる方は、まずはHPをチェックしてみてはいかがでしょうか。

購入

地域の自治体が祖父母手帳を発行していない場合や、内容がより充実している祖父母手帳が欲しいときは祖父母手帳を購入する選択肢もあります。最近は、親世代が祖父母手帳を購入し、祖父母にプレゼントするというケースもあるようです。

購入できるおすすめの祖父母手帳

web上で購入できるおすすめの祖父母手帳を紹介します。役立つ情報が満載の祖父母手帳を一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

「祖父母手帳」/東京法規出版 

東京法規出版の「祖父母手帳」は、赤ちゃんのお世話の仕方や今と昔の子育ての違い、孫との過ごし方などの情報が網羅されています。祖父母手帳内のさまざまなページに、「お世話メモ」や「持ち物メモ」といった記入欄が豊富にあるのが特徴的です。巻末には祖父母と父母の家族内で交換日記ができるスペースが設けられているので、孫を預かる場合の対応に関することや、口頭では言いにくい親世代へのお願いなどを書き込んでも良いかもしれませんね。東京法規出版のサイトから購入が可能です。

はじめて孫をむかえる人のための「おまごbookミニ」/日本助産師会出版

はじめて孫をむかえる人のための「おまごbookミニ」
¥216〜(2018/12/13 時点)

日本助産師会出版の祖父母手帳は、今と昔の子育ての違いや赤ちゃんとのコミュニケーションの取り方などが、わかりやすく解説された一冊です。遊び方だけでなく、子どもの行事、事故、発達の目安の情報もコンパクトにまとまっています。フルカラー20ページの冊子なので、手軽に持ち運びができるのも嬉しいですね。日本助産師会出版のサイトやAmazonなどで購入が可能です。

「祖父母手帳」森戸やすみ(監修)/日本文芸社

孫育てでもう悩まない! 祖父母&親世代の常識ってこんなにちがう? 祖父母手帳
¥1,404〜(2018/12/13 時点)

小児科専門医の森戸やすみ先生監修の祖父母手帳です。冒頭の「祖父母と親の育児心得」では孫育て・子育てをする上で祖父母と親のお互いの気持ちを知り、協力し合うコツが書かれています。

ひとつの疑問に対して、祖父母世代・親世代の意見がそれぞれ掲載されているので、この本を読み終わるころにはお互いの常識や考え方がわかり、きっと世代間ギャップが埋まっていることでしょう。赤ちゃんとの過ごし方だけでなく、妊娠中や出産に関する疑問についても丁寧に解説されているので、親世代にもおすすめの一冊です。

祖父母手帳の内容【自治体別】

独自の祖父母手帳を発行する自治体が最近増えています。ダウンロードしてプリントアウトができるものもあるので、孫の名前や緊急連絡先など記入欄があるものは印刷してから使用してみましょう。誰でも無料で閲覧できる、自治体のHPの祖父母手帳を中心に紹介していきます。

埼玉県さいたま市・祖父母手帳「笑顔をつなぐ孫育て」

さいたま市の祖父母手帳は、表紙をめくると孫の名前や生年月日、祖父母の気持ちなどを記入でき、写真を貼れるスペースがあります。異なる世代間でも上手に良い関係を築いていけるよう、祖父母が孫育てをすることによるメリットや親世代との付き合い方、子育ての新常識などが掲載されています。

読み聞かせや手遊び、こまやお手玉など昔の遊びの紹介のほか、一緒に遊びに行けるさいたま市内の子育て支援センター、児童センター、図書館、公園といった地域情報も載っているので、おでかけの際にも活用できますよ。

横浜市「地域と家族の孫まご応援ブック」

横浜市の祖父母手帳は、祖父母世代の力の重要性や、地域での親世代との関わり方を中心に書かれています。親世代にかける言葉としてOK・NGなセリフも紹介されているので、祖父母世代は目を通しておくと安心かもしれません。

家族以外に、地域の親世代・孫世代をサポートしたい人に向けた「横浜子育てサポートシステム」の紹介もあります。地域で子どもと関わりを持ちたい、自分の力をいかしたいと考えている人は一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

岐阜県「孫育てガイドブック~孫でマゴマゴしたときに読む本~」

妊娠期・出産期・育児期・幼児期・学童期と成長にあわせた構成になっているため、それぞれの時期にあった親世代・孫世代との付きあい方を知ることができます。また、岐阜県では子育て支援センター以外に、祖父母が孫と一緒に行ける「孫育てサロン」という場所が数ヶ所あり、その場所の情報や利用時間も紹介されています。祖父母仲間との交流や孫育ての情報収集の場として利用してみてはいかがでしょうか。

熊本県「子育てサポート・孫育て手帳」

妊娠中から孫が成長して中高生になるまでの孫との関わり方や、親へのサポート方法が掲載されています。孫育てに関する4コマ漫画や、看護師、大学の准教授、保育園の園長、臨床心理士といった、さまざまな分野の専門家から孫育てのアドバイスが収録されており、読みごたえたっぷりの祖父母手帳です。

石川県「いしかわ孫育てガイド」

祖父母世代・親世代それぞれの子育てでギャップを感じることが、ランキング形式で掲載されているほか、今と昔の子育ての傾向がわかりやすくフルカラーで紹介されています。石川県内の家族で楽しめる遊び場も紹介されているので、外出が好きなお孫さんと一緒におでかけの計画を立てても良いかもしれませんね。

また、孫育てに悩んだときに利用できる電話相談の窓口やメール相談先も紹介されています。孫との関わり方で困ったことや聞きたいことが出てきた場合は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

この他に、祖父母手帳は静岡県三島市や広島県などで発行されています。また、千葉県佐倉市のHPでは昔と今の子育てを紹介し、祖父母世代と親世代の世代間ギャップを埋める情報が提供されています。今後、こうした祖父母向けの情報提供は増加するかもしれませんね。

祖父母手帳を楽天・Amazonでチェック!

楽天・Amazonで他の祖父母手帳を探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

祖父母手帳を親世代も利用しよう

祖父母手帳は、子育ての新しい常識や、親・孫との関わり方が書かれているものが多いです。しかし、なかには子どもの発達の目安や事故を防止する部屋作りのポイント、祖父母世代との付き合い方など、親世代が読んで勉強になる内容も多く収録されています。親世代も祖父母手帳を利用することで今と昔の子育ての違いを理解し、祖父母世代・親世代ともに歩み寄った子育てができると良いですね。

ご紹介した情報は2018年1月時点のものです。各自治体で祖父母手帳の名称や内容が変更になる可能性もありますので、ご了承ください。

あわせて読みたい

父子手帳とは?欲しい場合は購入?交付先や内容をご紹介
https://mamanoko.jp/articles/29692
母子手帳の書き方は?表紙の名前や妊婦自身の記録はどう記入する?
https://mamanoko.jp/articles/23094
母子手帳アプリのおすすめと導入自治体は?スマホで予防接種を記録・管理できる!
https://mamanoko.jp/articles/29681
母子手帳ケースの人気ブランド21選!オシャレでかわいいおすすめ商品を価格帯別に紹介
https://mamanoko.jp/articles/23237
母子手帳の内容・中身は?体重や出産予定日の記録?出生届出済証明とは?
https://mamanoko.jp/articles/29643