マイナス1歳からの虫歯予防!赤ちゃんが生まれる前のマタニティ歯科とは?流産や早産の予防になる?

赤ちゃんが虫歯になるリスクを減らすための「マイナス1歳からの虫歯予防」をご存じですか。赤ちゃんがお腹の中にいるうちから虫歯を予防していこうというもので、妊婦さんに配慮した歯科検診や治療が受けられるマタニティ歯科外来を中心に広まっています。ママの歯周病予防や流産・早産の予防にもつながる口腔ケアについてご紹介します。

1493

この記事の監修

雨森 洋貴
歯科医
雨森 洋貴

目次

  1. マイナス1歳からの虫歯予防・マタニティ歯科とは?
  2. マタニティ歯科のメリットは?
  3. マタニティ歯科治療はいつから始める?
  4. レントゲンや麻酔による胎児への影響は?
  5. マタニティ歯科でマイナス1歳からの虫歯予防
  6. あわせて読みたい

マイナス1歳からの虫歯予防・マタニティ歯科とは?

虫歯の原因となるミュータンス連鎖球菌(れんさきゅうきん)は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在していません。ところが、赤ちゃんに触れるママやパパが保菌していると、食器や箸などを介して赤ちゃんにうつる可能性があるのです。

そこで生まれた考え方が、マイナス1歳からの虫歯予防です。妊娠中のママの口腔をケアすることでお腹の中にいる赤ちゃんの虫歯を予防しようというもので、生まれる前から赤ちゃんのお口の健康を視野に入れているのが新しい視点といえるでしょう。

この考え方をもとにしたマタニティ歯科も広がりをみせています。妊娠中はホルモンバランスやつわりの影響で口腔環境が変化し、細菌が繁殖しやすい状況です。マタニティ歯科では、妊娠前と比べて口腔内のトラブルが起こりやすい時期に、妊婦さんに配慮した歯科治療を行っています。

マタニティ歯科のメリットは?

流産・早産の予防になる

妊娠中に分泌が増えるエストロゲンやプロゲステロンは、歯周病の原因となる細菌を活発化させると考えられています。これが妊婦さんは妊娠性歯肉炎や歯周病になりやすいといわれる理由のひとつです。

歯周病による炎症が広がると、口腔内で炎症性物質であるサイトカインやプロスタグランジンが産生されます。これらの物質は子宮を収縮させる作用があり、胎児の発育不良や胎盤機能の低下につながることが示唆されています。流産・早産や低体重児を予防するためにも、マタニティ歯科で歯周病を予防することが重要なのです。

赤ちゃんの虫歯リスクを減らせる

マタニティ歯科によるお口のケアには、ママの口内環境を健康に保つだけではなく虫歯の原因菌が赤ちゃんへ運ばれるのを防ぐという目的もあります。マタニティ歯科でケアすることで、虫歯の治療や原因菌が繁殖しやすい環境を改善するばかりではなく、赤ちゃんの虫歯予防に対する意識も高まることでしょう。

マタニティ歯科治療はいつから始める?

マタニティ歯科による治療や検診を受ける時期は、安定期となる妊娠16週~27週頃が目安です。妊娠初期はつわりの影響が出やすく、妊娠後期は大きくなったお腹にかかる負担が大きくなるため、控えたほうが良いでしょう。

虫歯が痛む、歯肉が腫れて出血している、詰め物が取れたなどの至急な処置が必要な場合は、かかりつけの産婦人科医に相談してから歯科医を受診するようにすると安心です。

レントゲンや麻酔による胎児への影響は?

レントゲン(エックス線撮影)

レントゲンを用いた診断は放射線による影響が気になりますね。一般的に100mSv(ミリシーベルト)以上の高い線量を浴びると胎児の発達遅延などのリスクが高まるといわれています。(※1)

しかし、通常の医療用レントゲンでも1回の撮影で受ける線量は腹部で0.1~1mSv(ミリシーベルト)であり、歯科治療で用いられるレントゲンはそれよりも低い0.01mSv以下です。防護エプロンも着用して撮影するため、赤ちゃんや健康への影響を心配することはないでしょう(※2)。

放射線というと原子力発電所など特殊な場所に用いられているイメージですが、実は宇宙や大地、鉱物・食物にも存在しています。普通に生活していても日本では自然放射線を年間平均約2.1mSv浴びていることから、妊婦さんでも安心して歯科治療を受けられますね。

※Sv(シーベルト)…人体が受けた放射線による影響の度合いを表す単位

麻酔

歯科治療で用いるのは赤ちゃんに影響がない局所麻酔です。無痛分娩でも用いられている成分なので、通常量でも問題がないとされています。心配なときは歯科医や産婦人科医による説明を受け、納得したうえで治療を受けましょう。

マタニティ歯科でマイナス1歳からの虫歯予防

虫歯は治療するのではなく、予防するもの。健やかに成長し、いつまでもおいしいものを食べられる歯を保つためには、虫歯をつくらないことが大切です。

子どもが虫歯になるリスクは、原因菌に感染する時期が早いほど高くなることも示唆されています。ていねいな口腔ケアを心がけ、赤ちゃんが生まれる前から歯の健康を守る環境を整えていきましょう。

※この記事は2022年7月時点の情報をもとに作成しています。掲載した時点以降に情報が変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

【歯科医監修】妊娠中に歯科検診を受けよう!歯科検診の時期と費用、内容
https://mamanoko.jp/articles/22565
エナメル質形成不全の原因や特徴は?治療はできるの?虫歯との違いは?
https://mamanoko.jp/articles/12374
子どもの虫歯は放置しても大丈夫?乳歯の虫歯治療について徹底解説!
https://mamanoko.jp/articles/26215
【妊娠線ケアの人気オイル10選】クリーム・オイルどちらがおすすめ?
https://mamanoko.jp/articles/16772
【妊婦のマイナートラブル集】先輩ママが経験したマイナートラブルTOP3!貧血?胸焼け?意外と知られていないトラ…
https://mamanoko.jp/articles/32052