おむつ用ゴミ箱は必要?カートリッジは?種類、選び方とおすすめ商品11選

おむつを交換した後、どんなゴミ箱に捨てていますか。おむつ用のゴミ箱を購入した方がいいのか迷っている方も多いかもしれません。専用のゴミ箱のメリットや注意点、おすすめのおむつ用ゴミ箱をご紹介します。

166222

目次

  1. おむつ用ゴミ箱は必要?
  2. おむつ用ゴミ箱の種類
  3. おむつ用ゴミ箱にカートリッジは必要?
  4. おむつ用ゴミ箱の選び方
  5. おむつ用のゴミ箱を選ぶ際に注意すること
  6. おすすめのおむつ用ゴミ箱11選
  7. おむつ用ゴミ箱に関する体験談
  8. おむつ用ゴミ箱の売れ筋ランキングもチェック!
  9. おむつの処理もスムーズに
  10. あわせて読みたい

おむつ用ゴミ箱は必要?

「おむつ用のゴミ箱は必要なのか」「普通のゴミ箱との違いは何か」と考えている方も多いのではないでしょうか。筆者も子どもが誕生するまでは疑問でした。おむつ用のゴミ箱は育児アイテムとして必要なのか不要なのか迷っているママに向けて、おむつ用のゴミ箱についてご紹介します。

自宅のゴミ箱が小さい場合はすぐにいっぱいになる

一般的な部屋に置くゴミ箱はさほど大きなサイズのゴミ箱ではないですよね。どちらかといえば小さめのゴミ箱を使用している方も多いのではないでしょうか。自宅にあるゴミ箱が小さい場合、おむつを入れるとすぐにいっぱいになってしまいます。

おむつがにおう

おむつの処理で困ることと言えば「におい」ではないでしょうか。普通のゴミのようにゴミ箱におむつを捨てると部屋の中に独特なにおいが漂う場合があります。おむつ用のゴミ箱はそんな悩みも解消してくれます。

消臭・抗菌加工されているものは清潔を保てる

おむつ用のゴミ箱は、消臭・抗菌加工されている商品が多いので衛生面で安心です。清潔を保ちながら安心して赤ちゃんのお世話ができます。

おむつ用ゴミ箱の種類

専用カートリッジが必要なおむつ専用ゴミ箱

使用済みのおむつを一つひとつ専用フィルムに包んで処理するタイプのゴミ箱です。

メリット

・消臭・抗菌効果があり、においが漏れがしにくい
・ゴミの回収日を気にすることなく過ごせる
・赤ちゃんやペットがいたずらしてもおむつが出にくい
・においが気にならないので、どこにでも設置できる

デメリット

・フィルムがなくなるたびに交換する必要がある
・フィルムが入手しづらい
・ランニングコストが高い
・デザインが選べないのでインテリアに合わないことがある

市販のゴミ袋が使用できるゴミ箱

1つ1つ密閉するタイプではないので、カードリッジタイプに比べればにおいの点で劣ることもありますが、独特の構造でにおいを防いだり、蓋を閉めると密閉されるものがあります。おむつを卒業した後でも使いまわせます。

メリット

・市販のゴミ袋が使えるので経済的
・カードリッジタイプに比べて種類が豊富
・おむつを卒業しても使える

デメリット

・カードリッジタイプに比べてにおいが漏れやすい
・優れた機能性がないと場所を取るので邪魔
・おむつ専用にゴミ箱を買うのがもったいない

おむつ用ゴミ箱にカートリッジは必要?

おむつ専用のカートリッジタイプはにおい漏れせず理想的ですが、消耗品のコストが高く、持続するのは厳しいという意見もあります。カードリッジなどの消耗品は高くても、ゴミ箱本体は他の商品と価格が変わらないものもあります。カードリッジタイプのゴミ箱は構造がしっかりしており、ゴミ箱本体の蓋がキッチリ閉まる、防臭、防菌加工されているなど優れたものが多いのが特徴です。

まずは消臭性に優れたゴミ袋を使うなどしてカードリッジを使用せずに使ってみるのはいかがでしょうか。他の季節に比べてにおいが気になる夏の季節限定で、あるいはにおいが気になるときだけ、来客時のみとケースによって普通のゴミ袋とカードリッジを使い分けても良いですね。

おむつ用ゴミ箱の選び方

衛生を保ちやすいもの

衛生的にも拭き取り掃除ができるおむつ用ゴミ箱や、中を水洗いできるようなタイプのおむつ用ゴミ箱は、清潔な状態を保つことができるのでおすすめです。

密閉性に優れているもの

おむつの処理で気になるのは「におい」ですよね。においが漏れないような密閉性の優れているおむつ用のゴミ箱を使用すると、においに悩まされる心配はありません。専用カートリッジを使用するゴミ箱などは密閉性に優れています。

ゴミ箱の容量

一般的におむつ用のゴミ箱は15L、20Lサイズです。15Lのゴミ箱に入るおむつの枚数は、20~25枚程度です。20Lのゴミ箱に入るおむつの枚数は、30枚以上のものが多いようです。

おむつ用のゴミ箱を選ぶ際に注意すること

おむつ用のゴミ箱を選ぶときに注意したいことを4つご紹介します。子どもや使用する部屋のことを考えてみてくださいね。

カートリッジタイプを選ぶときは手に入りやすいか

専用のカートリッジが必要なゴミ箱はカートリッジが自宅の近くのお店で手に入るか、ネット注文する場合もすぐに届くものなのか確認が必要です。おむつを使用する期間は個人差がありますが、年単位で使用する物なのでカートリッジの価格もチェックしておいたほうが安心です。

ゴミ箱を置くスペースが十分かどうか

おむつ用のゴミ箱は通常のゴミ箱と違って大きい商品もあるので、ゴミ箱のサイズを確認して、おむつ用ゴミ箱を置けるスペースが十分にあるかどうかを購入前に確認すると安心です。

お部屋の雰囲気をそこねないか

部屋のスペースに対して大きすぎるおむつ用のゴミ箱は邪魔になってしまう場合があります。部屋の雰囲気を損ねないか事前にチェックしましょう。

子どものおむつの量に合っているかどうか

子どもの月齢などによって、おむつ交換の回数は変わりますが、子どもが双子や年子の場合はおむつ交換の回数が多いので小さいサイズのゴミ箱ではすぐにいっぱいになってしまいます。使用するゴミ箱のサイズには注意が必要です。

おすすめのおむつ用ゴミ箱11選

サイズや機能などおむつ用のゴミ箱は種類豊富です。楽天やAmazonで人気のあるおむつ用のゴミ箱を口コミも合わせてご紹介します。おむつ用のゴミ箱選びの参考にしてみてくださいね。ご紹介する商品情報は、2021年7月時点の情報です。

1.コンビ「強力防臭抗菌おむつポット ポイテック」

強力防臭抗菌おむつポット ポイテック
¥1,798〜(2021/07/14 時点)

おむつを一つひとつ閉じ込めて、においを強力密封します。おむつを入れて回転レバーを回すだけのかんたん操作が特徴的です。99%抗菌フィルム、フィルム表面の菌の繁殖を抑制し、付属のカッターでフィルムをカットします。そのまま捨てるだけなので、ゴミ捨てがかんたんです。

おすすめポイント
・カラー:オパールグリーン、オールドローズ、ワインレッド、ウォームグレーの4種類
・カートリッジを使用
・おむつを1枚ずつ密封するのでにおいが気になりません
・おむつを入れてレバーを回すだけのかんたん操作で、ゴミ捨てもかんたんです

2.Aprica〔アップリカ〕 「NIOI-POI 強力消臭おむつポット」

Aprica(アップリカ) 強力消臭 おむつ ごみ箱 ニオイポイ(NIOI-POI)
¥1,814〜(2021/07/14 時点)

ママの日課となるおむつ替えには、使用済み紙おむつのにおい対策として紙おむつ処理ポットがおすすめです。

おすすめポイント
・カートリッジ使用
・3層フイルムで99%防臭
・片手で捨てられる
・約3日分の使用済みおむつをためることができる
(Mサイズのおむつ1日6個の場合)

3.Color Korbell おむつポット

出典:shop.r10s.jp
Color Korbell おむつポット
¥2,930〜(2021/07/14 時点)

おむつのいやなにおいを防ぐおむつペールです。二重のフタと、芳香剤入りの取替えロールでいやなにおいを抑えます。フタに手を触れずにそのままポイッと捨てられるペダル式です。おむつがたまれば、ロールを適当な長さにカットして捨てられます。

おすすめポイント
・足でペダルを踏めば蓋が開くのでかんたんに捨てられます
・二重の蓋付き
・芳香剤の香り付き専用ロールを使用

4.コンビ(Combi)「5層防臭おむつポット スマートポイ」

5層防臭おむつポット スマートポイ
¥1,800〜(2021/07/14 時点)

5層防臭フィルムでにおいをシャットアウトします。お得ににおい対策したいママにおすすめです。

おすすめポイント
・5層抗菌フィルム
・約180枚分のおむつが処理可能
・捨て方も簡単、蓋を開けておむつを入れて蓋を閉めるだけです
・本体カラーは3種類あります

5.ウッビー Ubbi 「インテリアおむつペール」

ウッビー Ubbi インテリアおむつペール
¥8,120〜(2021/07/14 時点)

専用のゴミ袋を使わないので、経済的で環境にもやさしいおむつペールです。インテリアに溶け込む、おしゃれなカラーバリエーションで毎日のおむつ替えが楽しくなります。

おすすめポイント
・豊富なカラーと種類が特徴です
・インテリアとしてもオシャレ
・2つのパッキンで臭いをシャットアウト
・市販の30L以上のゴミ袋対応

6.ピジョン pigeon「らくらくおむつポットン片手でポイ!」

ピジョン Pigeon おむつ処理ポット ステール Suteru
¥3,804〜(2021/07/14 時点)

専用カセット不要の経済的な紙おむつ処理器

おすすめポイント
・市販のゴミ袋使用、推奨サイズは20〜30Lのゴミ袋
・ゴミ箱におむつを入れてレバーを倒すだけのかんたん操作
・インテリアにも馴染みやすいスタイリッシュなデザイン

7.プーポット「おむつペール」

プーポット(おむつペール)
¥5,170〜(2021/07/14 時点)

ラバーキャップと一体のパッキンできっちり密閉します。フタ裏の効果が異なるふたつの専用消臭剤で、開けたときもにおいにくいです。ゴミ袋の取り付けは、におい防止と目隠しに役立つ袋止めに袋を通してセットするだけです。本体を持ち上げてゴミ袋を取り出すので、捨てる時もスマートです。容量は20Lで、新生児のおむつなら約30個入ります。

おすすめポイント
・20Lの大容量
・市販のゴミ袋45Lが使用できる
・サッと捨てられる構造設計
・専用消臭剤と、キャップでしっかり消臭
・スタイリッシュでリビングにも置けます

8.リトルプリンセス 「おむつ処理容器 くるっとポン」

リトルプリンセス おむつ処理容器 くるっとポン
¥5,480〜(2021/07/14 時点)

専用の袋も消臭剤も必要ナシ、市販の袋が使えるのでとっても経済的です。使い方はとてもかんたんで嫌なにおいをシャットアウトします。おむつを入れてハンドルを回せば処理完了です。片手でもラクラク操作できます。1回で約30個の使用済みのおむつ処理が可能です。かんたんに分解して水洗いOKです。

おすすめポイント
・市販の袋が使用できる
・使い方も簡単、おむつを入れたらハンドルを回すだけ
・分解して水洗いができるので衛生的
・1回で約30個のおむつ処理が可能

9.リッチェル Richell「ミッフィー おむつポイポイ」

ミッフィー おむつポイポイ
¥3,747〜(2021/07/14 時点)

パッキンと袋止めが密着して、におい漏れを防ぎます。市販のポリ袋やスーパーの袋が使えるので、経済的です。Sサイズのおむつが約21枚(約3日分)は入ります。おむつの時期が終わったら、ゴミ箱として使えます。

【おすすめポイント】
・容量は、15L(Sサイズのおむつは約21枚)
・蓋の内部に市販の消臭剤を入れられるケース付き
・市販のポリ袋やスーパーの袋が使用可能

10.ティーワールド「消臭ペール」

防臭ペール
¥2,753〜(2021/07/14 時点)

二重蓋構造だから、におい漏れをダブルで防止します。フタの要所要所にパッキンが付いているので、しっかり密封されます。市販の消臭剤が入れられるポケット付きで、袋掛け用のフック付きです。取っ手付きビニール袋も使用できます。

おすすめポイント
・2重構造の蓋でしっかり密封
・市販の消臭剤が入るポケット付き
・容量14L(おむつ約12枚)

11.アスベル エバン おむつ用プッシュペール20L イエロー

アスベル おむつ用プッシュペール20L
¥2,220〜(2021/07/14 時点)

優れものの防臭おむつ用ゴミ箱です。Wパッキンでにおいを密閉します。上フタの裏とフタ本体裏にパッキンが付いており、密閉性が高いです。新生児用なら約40枚、Sサイズなら約25枚入ります。フタはかんたんワンプッシュでオープンできます。

おすすめポイント
・容量は20L(Sサイズなら約25枚分)
・安心の日本製
・Wパッキンで密閉

おむつ用ゴミ箱に関する体験談

わが家は年子の兄妹なので、赤ちゃんのころは双子のようにふたりでおむつを使用している期間が長かったです。第一子が誕生して少し経ってから、ベビー用品店でおむつ用のゴミ箱を購入しました。普通のバケツに蓋が付いているようなタイプのゴミ箱で、使用後は普通のバケツとしても使えると書いてあったので購入しました。蓋の内側に専用の消臭剤を貼って使用していました。

見た目は普通のバケツですが、気になるにおいなどはありませんでした。最初はおむつ専用のゴミ箱は不要だと思っていたのですが、購入するとおむつの処理も楽でにおいもあまり気にならなかったので購入して良かったです。

おむつ用ゴミ箱の売れ筋ランキングもチェック!

楽天・Amazonでおむつ用ゴミ箱のランキングを確認したい方は、以下のリンクから探してみてください。

おむつの処理もスムーズに

おむつの処理で気になるのは「におい」ですよね。特に暑い夏場はにおいが気になるのではないでしょうか。においに悩まされている方は、おむつ用のゴミ箱を使用することで育児ストレスをひとつ減らすのも良いのではないでしょうか。おむつを使用しなくなったらゴミ箱として、生ゴミや汚物を入れることができる商品もあり便利ですよ。

トイレに流せるおしりふきのおすすめ6選!メリット・デメリットと先輩ママ…

ベビー用品をお得に購入するには

ベビー用品をお得に購入したい場合は、「Amazonファミリー」がおすすめです。Amazonファミリーとは、子育てアイテムをお得に購入したい家族におすすめのサービスで、15%OFFのおむつ・おしりふき以外にも、ベビーカー・粉ミルク・ベビーフードなどさまざまな割引を受けることができます。さらにいち早く商品を届けるお急ぎ便や、子ども向けのアニメや映画が見られるプライムビデオなど、子育て中に嬉しいサービスも利用することができますよ。

年会費は4,900円。プライム会員(Amazonの有料会員のこと)の場合、Amazonファミリーに年会費はかかりません。利用するかどうか悩む場合は、30日間無料トライアルを利用してみても良いかもしれませんね。

Amazonベビーレジストリとは?出産準備お試しBoxがもらえる?お得…

あわせて読みたい

おむつなし育児(EC)って実際どうなの?おまるやおむつは必要?|助産師監修
https://mamanoko.jp/articles/28224
【体験談あり】新生児におすすめの人気おむつ10選!パンパースも使える?種類と選び方も紹介!
https://mamanoko.jp/articles/25099
布おむつ育児の体験談!紙おむつと比較したメリット・デメリットは?
https://mamanoko.jp/articles/9075
おむつ替えの方法を動画と一緒に簡単解説!必要なグッズも紹介【テープ・パンツ別】
https://mamanoko.jp/articles/28250
体験談|おむつポーチは必要?便利なおすすめおむつポーチ10選!
https://mamanoko.jp/articles/7036