哺乳瓶ブラシ・スポンジは必要?選び方や人気のおすすめ商品11選

哺乳瓶は、免疫力の弱い赤ちゃんが使うものだからこそ、衛生的に保ちたいですよね。しかし一方で、洗浄が不十分だと雑菌が繁殖しやすい形状をしています。哺乳瓶を洗う際、専用のブラシ・スポンジを使うことで細部の汚れまで落とすことができますよ。ここでは、哺乳瓶ブラシ・スポンジの種類や選び方と、先輩ママに人気の哺乳瓶を紹介します。

57938

目次

  1. 哺乳瓶ブラシ・スポンジは必要?
  2. 哺乳瓶ブラシ・スポンジの種類
  3. 哺乳瓶ブラシ・スポンジの選び方
  4. ガラス製の哺乳瓶に!ブラシタイプの哺乳瓶専用ブラシ
  5. 人気のスポンジタイプの哺乳瓶専用ブラシ
  6. 水切れのよさが魅力的!シリコン製の哺乳瓶専用ブラシ
  7. 哺乳瓶ブラシ・スポンジのおすすめ商品(ブラシ・スポンジ一体タイプ)
  8. 乳首専用ブラシならこれがおすすめ
  9. 哺乳瓶ブラシ・スポンジの置き場と収納方法は?
  10. 哺乳瓶専用の洗剤も必要?洗い方のコツは?
  11. 哺乳瓶ブラシを楽天・Amazonでチェック!
  12. 哺乳瓶ブラシ・スポンジでママも赤ちゃんも安心
  13. あわせて読みたい

哺乳瓶ブラシ・スポンジは必要?

免疫力が未熟な赤ちゃんは、ちょっとした細菌に感染するだけでも深刻な感染症になる恐れがあります。赤ちゃんの口に入るものは、衛生面に十分に注意したいですよね。なかでも特に気をつけたいのが、哺乳瓶です。温かいミルクは栄養価が高く雑菌が繁殖しやいため、洗浄が不十分だとミルクと一緒に雑菌まで赤ちゃんの口に入ってしまいます。

哺乳瓶をしっかりと洗うために便利なアイテムが、哺乳瓶ブラシ・スポンジです。洗いにくい哺乳瓶の溝なども隅々までしっかりと洗うことができるので、安心して赤ちゃんに哺乳瓶を使わせることができますよ。

哺乳瓶ブラシ・スポンジの種類

Image

ブラシタイプ

ナイロンなどのブラシがついた哺乳瓶ブラシは、ガラス製の哺乳瓶を隅々まできれいにすることができますよ。ただし、プラスチック製の哺乳瓶に使用すると、細かい傷がついてしまう原因になります。傷がついた部分には雑菌が繁殖しやすくなるので、ブラシタイプはガラス製の哺乳瓶に使用するようにしましょう。

スポンジタイプ

やわらかいスポンジ製のブラシは、プラスチック製の哺乳瓶を傷つけずに洗うことができる点が特長です。もちろんガラス製の哺乳瓶にも使用できますが、ブラシタイプのほうがよりしっかりと汚れを落とすことができます。

シリコン製

シリコン製の哺乳瓶専用ブラシは、ガラス製の哺乳瓶にもプラスチック製の哺乳瓶にも使うことができます。水切れが良く、すぐに乾燥させることができるので衛生的ですね。また、耐久性が高いので、長く使うことができます。

乳首専用ブラシ

乳首専用ブラシは乳首の形に対応しているので、細かいところまできれいに洗うことができます。哺乳瓶の乳首は赤ちゃんの口に直接触れるものなので、特に衛生的に保ちたいですね。しっかりとお手入れができると、乳首のもちも良くなりますよ。

哺乳瓶ブラシ・スポンジの選び方

Image

ブラシのサイズ

哺乳瓶専用ブラシを買うときにまず注意したいポイントが、手持ちの哺乳瓶の中にブラシが入るかどうかです。細身の哺乳瓶やカーブのついた哺乳瓶を使っている場合は、特にブラシのサイズに気をつけてくださいね。持ち手の長さや太さをチェックして、哺乳瓶の底まで届く使いやすいものを選びましょう。

哺乳瓶の素材

ガラス製やプラスチック製など哺乳瓶の素材によって、適したブラシの種類が変わります。購入前に、手持ちの哺乳瓶の素材を確認してくださいね。

赤ちゃんの哺乳瓶のおすすめ人気18選!選び方やサイズ、新生児向きの種類も紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27976
Image

衛生的に使えるかどうか

哺乳瓶を清潔に保つために使う哺乳瓶専用ブラシですが、ブラシ自体に雑菌が繁殖してしまっては元も子もありません。哺乳瓶を洗ったあとは濡れたままにならないよう、しっかりと乾燥させることが大切です。自立するものや持ち手の部分にフックがついていてぶら下げておけるものなど、乾燥させやすいものを選ぶと良いでしょう。

ガラス製の哺乳瓶に!ブラシタイプの哺乳瓶専用ブラシ

ガラス製の哺乳瓶におすすめ

ピジョン ナイロンブラシ 2WAYタイプ
¥378〜(2018/11/16 時点)

梱包サイズ:48×308×68 mm

哺乳瓶のトップブランドのひとつであるピジョンから販売されているこちらのブラシは、回転洗いとストレート洗いのふたつの使い方ができるのが特長です。ブラシの構造が工夫されているので、細かい部分までしっかりと洗うことができますよ。持ち手部分が握りやすいと、多くのママに愛用されている一品です。

カーブ部分もラクラク洗える「ドクターベッタ」のブラシセット

ドクターベッタ哺乳瓶専用 大小ブラシセット
¥1,188〜(2018/11/16 時点)

哺乳びん用 サイズ:65×65×250mm、材質:白馬毛100%
乳首用 サイズ:18×18×120mm、材質:ナイロン100%

大小ふたつのブラシがセットになっているので、哺乳瓶のカーブや角の部分、乳首の溝までしっかりと洗うことができます。馬毛を使用した大きなブラシで哺乳瓶、ナイロン製の小さなブラシで乳首を洗うと良いでしょう。ガラス製・プラスチック製の両方の哺乳瓶に使用できるのがうれしいですね。

赤ちゃんがミルクを卒業したら、マグや水筒など哺乳瓶以外のものを洗うために使ってみてはいかがでしょうか。また煮沸消毒ができるので、衛生的に使い続けることができます。

天然素材を使った高いデザイン性が魅力

[REDECKER/レデッカー]哺乳瓶/ペットボトルブラシ
¥650〜(2018/11/16 時点)

サイズ 全長:約34cm、ブラシ部分:約13cm、ブラシ毛:約2cm
材質 柄:ブナ、ブラシ:豚毛

哺乳瓶だけでなくペットボトルを洗うときにも便利なこちらのブラシは、持ち手の部分が木製になっているところがかわいらしいですね。柄の部分に角度がついているので、細かいところまでしっかりと洗うことができます。水切れが良いのもうれしいポイントです。一つひとつハンドメイドで作られているこだわりの一品です。

人気のスポンジタイプの哺乳瓶専用ブラシ

人気メーカー「ピジョン」のスポンジブラシ

ピジョン スポンジブラシ 2WAYタイプ プラスチックびん専用
¥378〜(2018/11/16 時点)

サイズ(外装):335×115×60mm
素材 : ポリウレタン、ポリプロピレン

プラスチック製の哺乳瓶を使っているママにおすすめの商品が、こちらのピジョンのスポンジブラシです。同ブランドのナイロンブラシと同じく、回転洗いとストレート洗いで汚れをしっかりと落とすことができますよ。スポンジの先の部分が大きくなっているので、隅までしっかり届き、きれいに洗うことができます。

これひとつで丸ごときれい!哺乳瓶&乳首ブラシセット

テテオ 哺乳びん&乳首洗浄ブラシセット
¥675〜(2018/11/16 時点)

サイズ 哺乳びんブラシ:65×50×270mm 、乳首洗浄ブラシ:30×33×100mm
材質 スポンジ:ポリウレタン、ハンドル、グリップ:ポリプロピレン

哺乳瓶本体と乳首部分、それぞれを洗うことができるスポンジブラシがセットになっています。持ち手の部分が太めなので、ママだけでなくパパにも使いやすいですよ。

哺乳瓶本体用の大きなブラシは、ふたつのスポンジ素材を組み合わせて使うことで、しっかりと汚れを落とすことができるように工夫されています。乳首用のブラシは、やわらかいスポンジでできており、乳首の溝にぴったりフィットします。また、持ち手に大きなリングがついているので、フックなどにひっかけやすいところがうれしいですね。

乾かしやすくて衛生的

まめいた ビーンズライフ 置くだけたっち! スポンジ プラスチックびん用
¥399〜(2018/11/16 時点)

サイズ:269 x 114 x 64 mm
材質:ハンドル:ポリプロピレン・エラストマー、スポンジ:ポリウレタンフォーム

日本で数少ない、ブラシに特化したメーカーである「まめいた」が製造販売しているブラシです。泡立ちの良いスポンジなので、プラスチック製の哺乳瓶も傷つけずに底までしっかりと洗うことができます。ハンドルが自立するので、狭いスペースにもコンパクトに収納できるのが魅力的ですね。フック穴もついているので、吊るして収納することも可能です。

水切れのよさが魅力的!シリコン製の哺乳瓶専用ブラシ

衛生的で長持ちするシリコン製

エジソン シリコーンブラシ オレンジ(1本入)
¥695〜(2018/11/16 時点)

サイズ 403 x 91 x 49 mm
材質 ブラシ:シリコン、柄:ポリプロピレン

こちらのブラシは、食器洗い機で使えて煮沸消毒もできるので、お手入れが簡単な点が魅力です。水切れがよく、ブラシの間に汚れがたまりにくいところも特長のひとつです。やわらかいシリコンなので哺乳瓶を傷つけることがなく、安心して使うことができますね。弾力のあるシリコンブラシは、哺乳瓶だけでなく水筒などを洗うときにも活躍してくれますよ。

哺乳瓶ブラシ・スポンジのおすすめ商品(ブラシ・スポンジ一体タイプ)

ブラシとスポンジの良いとこ取り

Bean's Life 哺乳びんブラシ(先曲がりタイプ)
¥644〜(2018/11/16 時点)

サイズ 100×330×36mm
材質 ハンドル、先端パーツ:ポリプロピレン線材:18-8ステンレススポンジ:ポリウレタン毛:ナイロン先端パーツ:エラストマー

1本でスポンジとナイロンブラシを兼ね備えた商品です。ブラシの先端が曲がるため、哺乳瓶の底の角までしっかりと洗えるところが特長です。ブラシの間にあるスポンジが洗剤の泡立ちを良くし、ナイロンブラシでしっかりと洗い上げることができますよ。泡切れ・水切れの良い乳首用のスポンジがセットになっているので、乳首まできれいに洗えるのもうれしいですね。

乳首専用ブラシならこれがおすすめ

取り替えに便利な2本セット

ピジョン乳首ブラシ乳首洗い専用2本入
¥298〜(2018/11/16 時点)

サイズ:187×55×17mm

哺乳瓶の乳首部分をひっくり返さずにそのまま洗うことができる乳首ブラシです。ウレタン製スポンジでできているので、乳首を傷つけてしまう心配がありません。2本セットになっているので、スポンジが消耗してきたらすぐに取り替えられて便利ですよ。

細部までやさしくフィット

チュチュベビー 乳首ブラシ
¥268〜(2018/11/16 時点)

サイズ:65 x 35 x 120 mm

乳首を傷つけないやわらかなスポンジでできた乳首ブラシです。乳首の形にしっかりとフィットするので、隅々まできれいにすることができますよ。ブラシの先端部分は、母乳育児中に活躍する乳頭保護器などの洗浄にも役立ちます。

泡立ちの良いスポンジですっきりと洗える

まめいた ビーンズライフ 置くだけたっち! 乳首洗い
¥278〜(2018/11/16 時点)

梱包サイズ:10.3 x 7 x 3 cm

立てて置いておくことができるこちらの乳首ブラシは、フック用の穴がついているのでぶらさげて収納することもできます。スポンジ部分は泡立ちや水切れが良く、衛生的に使うことができます。また先端部分がシリコンになっているので、乳首を傷つけることなく洗浄できるのがうれしいですね。

哺乳瓶卒業後も大活躍

マグブラシセット
¥378〜(2018/11/16 時点)

サイズ 約100×約25×約245mm
材質 ハンドル:ポリプロピレン、毛:ナイロン、線材:ステンレス鋼、スティック:ABS樹脂、極細繊維:ポリエステル

極細ナイロン毛でできたソフトな「ストローブラシ」、隅の汚れを落とすのに便利な「グリグリブラシ」、極細の繊維で隙間の汚れまでしっかり落とせる「すみっこブラシ」の3本がセットになった商品です。哺乳瓶を卒業したあとのストローマグの洗浄に便利なセットですが、細かい隙間の汚れが落とせるので、哺乳瓶の洗浄にも適しています。哺乳瓶の卒業後も使うことができるので、手元にあると重宝しそうですね。

哺乳瓶ブラシ・スポンジの置き場と収納方法は?

Image

ブラシ・スポンジを濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖してしまいます。雑菌の繁殖を防ぐためには、使ったあとのブラシ・スポンジをしっかりと乾燥させて保管することが大切です。

使い終わったブラシ・スポンジは、手で握ってよく水を切ってから風通しの良い場所に干しましょう。持ち手にフックがついているものであれば、壁などにぶら下げて干すことができます。干す場所に困る場合には、両面テープ式や吸盤式のフック、S字フックなどを活用すると良いですね。こうしたフックは、ダイソーやセリアなどの100均でも購入できます。キッチンのシンクの上に干すスペースを作ると、水滴がたれても気になりません。

食器用のかごのスペースに余裕があれば、箸立ての部分に立てかけておくのも良いですね。また、自立するタイプのものであればそのまま置いておけるので、乾燥のためのスペースに困らず便利です。

哺乳瓶専用の洗剤も必要?洗い方のコツは?

Image

哺乳瓶を洗浄するときに、大人が使った食器を洗うときに使う食器用洗剤と同じものを使っても大丈夫なのか、不安に思うママもいるのではないでしょうか。基本的には大人と同じ洗剤を使っても問題はありませんが、哺乳瓶専用の洗剤であれば、野菜を洗えるようなやさしい成分で作られているため、安心して哺乳瓶を洗うことができますね。

哺乳瓶や哺乳瓶の乳首の溝には、ミルクのカスや唾液がたまりやすいので、細かい部分が洗える哺乳瓶ブラシ・スポンジを使い、丁寧に汚れを落とすようにしましょう。

【哺乳瓶用洗剤まとめ】洗剤は必要?洗い方や消毒方法は?選び方とおすすめ洗剤12選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25269
Image

哺乳瓶ブラシを楽天・Amazonでチェック!

楽天・Amazonで哺乳瓶ブラシの他の商品を探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

哺乳瓶ブラシ・スポンジでママも赤ちゃんも安心

毎日使う哺乳瓶は、なるべく手早くきれいに洗いたいものですよね。哺乳瓶ブラシ・スポンジを使わなければ洗えないわけではありませんが、使うのと使わないのとでは洗う時間も手間も違います。実際に購入してみて「もっと早くに使えば良かった」というママも多いので、一度試してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

哺乳瓶(本体)に関連する記事はこちら

ビーンスターク哺乳瓶のちくびや種類は?使い方や消毒方法、新生児のママにも人気の商品を紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25112
Image
ドクターベッタの哺乳瓶!ちくびの形や飲ませ方は?新生児も使える?種類や人気のセット商品をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25113
Image
ヌーク哺乳瓶・ちくびの種類や使い方は?スタンダードタイプが人気?おすすめの商品を紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25155
Image
ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」で授乳の悩みを解決!ちくびの特徴や母乳実感との違いは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18448
Image
「母乳実感」哺乳瓶のちくびや特徴を徹底解説!産院用の直付けタイプもある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18361
Image
チュチュベビー哺乳瓶の使い方や種類は?ちくびは新生児からOK?人気の理由と商品を徹底紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25892
Image

哺乳瓶に関連する記事はこちら

新生児に哺乳瓶は必要?出産準備で知りたい哺乳瓶の準備時期と注意点
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/4512
Image
哺乳瓶の消毒は電子レンジが便利?時間や方法、おすすめの人気商品9選!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25156
Image
使い捨て哺乳瓶のメリットとデメリットとは?おすすめの人気商品5選をご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25272
Image
【サイズ別】哺乳瓶ケース・ポーチおすすめ人気16選!代用や手作りの方法も紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25354
Image
赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる・飲まない理由は?拒否するときの飲ませ方のコツと10の克服方法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28023
Image
哺乳瓶はいつまで使う?卒業方法や寝かしつけ、卒業後のマグと飲み物は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25231
Image
哺乳瓶のちくびのサイズや種類、替え時、選び方は?おすすめ商品10選!ピジョン、コンビが人気?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28084
Image