更新日:2017年06月16日

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる・ミルクを飲まないときの原因と対処法!練習は必要?

赤ちゃんが急に哺乳瓶を嫌がるようになったり、飲んでくれなくなったりしたらママは心配になってしまいますよね。今回は赤ちゃんが哺乳瓶を拒否する原因と、その対処法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

19137
2

目次

    赤ちゃんが哺乳瓶で飲んでくれない!

    Image

    ミルクや混合のママはもちろん、完全母乳のママも体調が悪いときや子どもを預けるときなどに哺乳瓶を使用する機会はあるものです。そんな哺乳瓶を赤ちゃんが急に嫌がってしまったり、ミルクを吐き出してしまったりするとママはどうすればいいのか困ってしまいますよね。

    ただ哺乳瓶を赤ちゃんが嫌がるのには、きちんと理由があるんですよ。まだ赤ちゃんは自分の気持ちを言葉で主張することができないので、赤ちゃんの様子を見ながら対処をしていくようにしましょう。

    Mobile favicon

    新生児に哺乳瓶は必要?出産準備で知りたい哺乳瓶の準備時期と注意点

    赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる原因

    Image

    ママのおっぱいの方が好き

    完全母乳や混合で育てている場合、粉ミルクとママのおっぱいの味に違いによって哺乳瓶を嫌がることがあります。とくに生後1~3ヶ月頃になると違いがわかるようになってくるといわれています。その場合は、一度搾乳した母乳を哺乳瓶で飲んでくれるか試してみてはいかがでしょうか。

    お腹が空いていない

    母乳はミルクと違い、どのくらいの量を飲んでいるのか目で見て確認することができません。そのため実際は母乳でお腹がいっぱいになっているのにミルクを与えようとして、赤ちゃんが拒否している可能性があります。

    哺乳瓶は嫌がるけれど母乳は欲しがる場合は、お腹が空いているのではなく、ママに甘えていたいだけなのかもしれません。母乳量に自信がない場合は、赤ちゃんの体重の増減でどのくらいの量の母乳を飲んでいるのかチェックしてみてくださいね。

    ミルクの味が嫌

    粉ミルクはどれも味にあまり違いはないのではないかと思ってしまいがちですが、実はメーカーによって味や匂いが違うもの。またミルクの味が濃かったり薄かったりすることで哺乳瓶を嫌がることもあります。

    温度が熱い・冷たい

    普段母乳中心で育児をしているママや、ミルクの扱いに不慣れなパパなどが調乳した場合、ミルクの温度が適温になっていないことがあります。温度が熱すぎたり冷たすぎたりすることも、赤ちゃんが哺乳瓶で飲んでくれない原因のひとつとして頭にいれておくようにしましょう。

    乳首が合わない

    哺乳瓶の乳首部分は、月齢によって出てくるミルクの量が変わることが多いです。そのためいつまでも低月齢の乳首を使い続けていると、赤ちゃんが思うようにミルクを飲めずに嫌がってしまうことがあるので、月齢にあったものを選ぶようにしましょう。

    ただ赤ちゃんの発達は個人差が大きいので、月齢はあくまで目安として考えるようにしてくださいね。また商品によって乳首の硬さが違うので、我が子にあうものを選ぶようにすることが大切です。

    抱っこの体勢が嫌

    哺乳瓶でミルクや母乳を飲ませるとき、赤ちゃんを抱っこしますよね。その抱っこの体勢が原因で、ミルクを嫌がることがあります。赤ちゃんを横抱きにした状態でミルクを与えると、気管にミルクが入ってむせてしまう可能性があるので、注意が必要です。

    Mobile favicon

    新生児の授乳の仕方のコツは?正しい授乳姿勢と抱き方、時間や回数について

    ミルクアレルギー

    赤ちゃんが繰り返し何度もミルクを吐いてしまうときは、ミルクアレルギーが原因かもしれません。ミルクアレルギーの場合、嘔吐以外に下痢や血便、蕁麻疹などの症状が起こることがあります。またアナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので、赤ちゃんの様子をしっかりとみておくようにしましょう。

    ミルクアレルギーと診断されたら、アレルギー用の粉ミルクを使用することになります。こちらは自己判断で使用せずに、必ず医師や管理栄養士の指示に従って与えるようにしましょう。

    Mobile favicon

    母乳育児は赤ちゃんのアレルギーに影響?母乳とアレルギーの関係

    哺乳瓶の練習は必要?

    Image

    哺乳瓶は、赤ちゃんが栄養や水分をとるために重要なもの。それなのに嫌がって口にしてくれなくなったら、脱水や栄養失調になるのではないかと心配になりますよね。ただ無理に練習をさせてしまうと、赤ちゃんにより苦手意識を植え付けてしまう可能性があります。

    おしっこの量や機嫌、体重増加などで水分や栄養が足りているかを確認し、急激な異変がある場合は医師に相談するようにしましょう。

    Mobile favicon

    ピジョンの哺乳瓶!新生児におすすめの哺乳瓶・乳首の種類と人気商品

    赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がるときの対策

    Image

    哺乳瓶本体・乳首を変える

    哺乳瓶本体や乳首部分はさまざまなものが販売されているので、どれを選んでいいのか悩んでしまいますよね。とくに乳首部分は月齢によって使用できるものが変わることがあるので、赤ちゃんの発達に合ったものを選ぶようにしましょう。

    月齢に合わせて乳首のサイズを変えた途端哺乳瓶を嫌がるようになった場合は、急に出てくるミルクの量が増えたことが原因かもしれません。そのときは一度元の乳首に戻し、1~2週間後にもう一度サイズアップした乳首を試してみてくださいね。

    また月齢にあったものを用意していても、乳首の硬さや素材などによって赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がってしまうことがあります。そのためどうしても哺乳瓶を拒否するときには、まず同じメーカーの違う乳首を試してみるようにしましょう。それでも嫌がって飲まないときには、思い切って違うメーカーのものに変えてみるのもひとつの方法です。

    Mobile favicon

    ママに人気のおすすめ哺乳瓶17選!種類と選び方は?

    Mobile favicon

    赤ちゃんの成長に合わせて!哺乳瓶のちくびのサイズ交換時期・選び方ガイド

    ミルクの味を変える

    メーカーによって、ミルクの味や匂いは微妙に異なるもの。そのため、違うメーカーのミルクに変えると赤ちゃんがゴクゴク飲んでくれるようになることがあります。またミルクが濃すぎたり薄すぎたりして嫌がっている可能性もあるので、まずは濃さを調節してみてもいいですね。

    ミルクの味が嫌なのか、哺乳瓶自体が嫌なのか見極めたいときには、お茶や果汁、搾乳した母乳を与えてみるのもひとつの方法です。お茶などならば問題なく飲める場合は、ミルクに問題がある可能性が高いですよ。

    飲んでくれるのかわからないミルクを大きな缶で買うのに抵抗がある場合は、ドラッグストアやメーカーのホームページから試供品を手に入れてみてはいかがでしょうか?必ずもらえるとは限りませんが、キャンペーン情報などをチェックしてみてくださいね。

    Mobile favicon

    粉ミルクのおすすめは?選び方と人気メーカー6社の商品特徴

    ミルクの温度を変える

    普段あまり粉ミルクの扱いに慣れていない人が調乳するときには、ミルクの温度調整に注意するようにしてくださいね。赤ちゃんに与えるミルクの温度は、人肌温度の40度前後が目安とされています。手首の内側などの皮膚が薄い部分で温度を確かめるようにするとわかりやすいですよ。

    またプラスチック製の哺乳瓶よりもガラス製の哺乳瓶の方が熱が伝わりやすいので、ミルクの温度が確認しやすいです。

    Mobile favicon

    調乳ポットは必要?メリット・デメリット、おすすめ10選

    乳首部分を温める

    ミルクの温度が適温になっていても、乳首の部分が冷たいと赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がってしまうことがあります。そのためとくに冬場などで乳首が冷たくなっているときには、ママの乳首と同じ程度の温度になるように温めてあげるようにしましょう。

    ママ以外がミルクを与える

    Image

    母乳中心、または混合育児の場合、ママが哺乳瓶でミルクを与えようとすると拒否をすることがあります。「ママ=母乳」というイメージが赤ちゃんの中にあると、母乳がほしいのにミルクを飲ませられることを嫌がってしまう可能性があります。

    そういうときには、パパや祖父母など、ママ以外の人にミルクを与えてもらってみてはいかがでしょうか。抵抗なくミルクを飲んでくれるかもしれませんよ。

    Mobile favicon

    うちの旦那は父親の自覚がない?諦める前に知ってほしい父親への道

    空の哺乳瓶で練習してみる

    哺乳瓶は嫌がるけれど、歯固めやおもちゃなどは抵抗なく赤ちゃんが口にしているようならば、中身を入れていない状態で哺乳瓶に慣れさせてみてもいいですね。哺乳瓶の乳首部分をくわえてくれるようになったら、ミルクに挑戦してみましょう。

    ただ練習のために赤ちゃんに渡す哺乳瓶は、プラスチック製にしてくださいね。ガラス製だと、赤ちゃんが落としてしまったときにけがをしてしまう危険があるので注意が必要です。また万が一乳首部分が外れて赤ちゃんが誤飲してしまわないよう、練習中は目を離さないようにしましょう。

    哺乳瓶を使わずにミルクを飲ませる

    哺乳瓶をどうしても受け付けてくれないときには、スプーンやカップなどを使ってミルクを与えるのもひとつの方法です。月齢の小さな赤ちゃんの場合は、少量ずつ与えやすいスプーンやスポイトを使うと飲ませやすいですよ。小さなカップで飲ませるときは、赤ちゃんの口にいきおいよくミルクが流れ込んでしまわないように注意しましょう。

    また赤ちゃんの発達に合わせて、スパウトやストローなどに挑戦してみるのもおすすめです。ただスパウトやストローが苦手な赤ちゃんもいるので、こちらも赤ちゃんのペースで練習をすすめるようにしてくださいね。

    Mobile favicon

    一番使いやすいストローマグは?口コミで人気のおすすめ6選

    赤ちゃんのペースに合わせて練習しよう

    Image

    赤ちゃんが哺乳瓶を受け付けてくれなくなると、心配になって何とか飲んでもらおうとママは頑張りたくなりますよね。ただママが必死に飲んでもらおうとすればするほど、赤ちゃんが哺乳瓶に苦手意識を持ってしまう可能性があります。

    赤ちゃんの健康や発達に問題がなければ、哺乳瓶の練習を一度中断してしまうのもひとつの方法です。時間を置いてからまた練習してみると、すんなりと飲んでくれるようになるかもしれませんよ。哺乳瓶を拒否する赤ちゃんにやきもきしてしまうかもしれませんが、根気強く練習に付き合ってあげるようにしましょう。

    Mobile favicon

    母乳を嫌がる&飲み過ぎをまとめて解決!飲ませ方チェックと授乳姿勢

    あわせて読みたい

    Image

    哺乳瓶の消毒方法とおすすめグッズ。いつまで続ける?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25059
    Image

    哺乳瓶はいつまで使う?卒業方法、寝かしつけ、卒業後のマグ

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25231
    Image

    ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」で授乳の悩み解決!母乳実感との違いは?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18448
    Image

    使い捨て哺乳瓶のメリットとデメリットとは?人気商品5選をご紹介!

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25272
    Image

    ベッタ哺乳瓶の人気の理由と使い方!種類やセット商品をご紹介!

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25113
    Image

    ビーンスターク哺乳瓶の特徴や種類は?人気の理由と商品

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25112
    Image

    チュチュベビー哺乳瓶の特徴や種類は?人気の理由と商品を徹底紹介

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25892
    Image

    哺乳瓶用の洗剤は必要?洗い方、消毒方法とおすすめ洗剤6選!

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25269

    キーワードで記事を探す

    関連する人気の記事

    子育て・育児のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    チーター

    新米ママのチーターです♡ よろしくお願いします!