右卵巣が腫れていました。私の妊娠7週目の体験談

妊娠7週。この頃になると、すでに一度は産院を受診したママさんが殆どではないでしょうか。そして、心音も確認できればママも一気に安心出来る時期ですよね。筆者も子ども3人、妊娠7週では違った診断を受けました。同じ母体でも子供の個性なのか私の体調なのか症状は色々。そんな筆者の妊娠7週を紹介したいと思います。

134785

目次

  1. 妊娠7週ってこんな時期
  2. 【長男】右卵巣が腫れています。大きな病院へ行って!
  3. 【次男】ひどいつわり。そして、子宮に出血が見られます
  4. 【長女】風邪をひいてました……
  5. 妊娠7週まとめ
  6. 安心できるまで先生に相談して
  7. あわせて読みたい

妊娠7週ってこんな時期

つわりが始まる時期

妊娠おめでとうございます! この頃になるともうはじめて産院を受診しているママさんも多くいらっしゃるのではないかと思います。赤ちゃんの初めてのエコー写真、嬉しいですよね。でも、まだ「え?赤ちゃんどれですか?」と言う感じですよ。大きさも1センチ前後。改めて定規で大きさを測ってみた私ですが「こんな小さいんだ。」と感慨深い思いに駆られた記憶があります。

また、この頃からつわりも酷くなってきたママさんも多いのではないかと思います。かく言う私も、日記を見返しても子ども3人ともに「つわりがひどくなってきた様子。」第二子、第三子に関しては「以前よりもつらいかも」なんて書いてありますが、今考えれば少し大げさだったかも……なんて恥ずかしくも思います。

心音の確認

筆者の受診していた産院では7週の心音が大切だと言われ、第二子第三子ともに7週での受診を必須とされました。先生は7週の心音で赤ちゃんが無事に育つかどうかを見ていたのだと思います。心音は7週と2日で大体145動いていたと記してありますよ。
また、心音が確認される次期は早いと5週当たりから徐々に確認できるそうですね。次男の時私が5週5日で受診したら午前中では確認できなかったのですが、先生曰く「午後なら聞けただろうね」と言われ、赤ちゃんの成長の早さを痛感しました。

赤ちゃんは人型になってきました

そんな7週の赤ちゃんは、まだ指はありませんが手のひらや足が形成され始めて、やっと人間らしくなってきます。目や耳や上唇の形成も始まり、頭と胴体が区別され始めて2頭身になるのです。
「くの字」に丸まっていた胴体が、再びまっすぐに伸び、脳や、腎臓、胃などの臓器も徐々に分化していきます。心臓は4つの心房に分かれていき、肺動脈から大動脈が分離し、7週の終わりには、器官形成の最も重要な時期が終了するのですね。

【長男】右卵巣が腫れています。大きな病院へ行って!

Image

長男を妊娠した時のことです。もちろん、妊娠は望んでいたのですが、「まさか、私が妊娠?」なんて想像もできなかったもので、妊娠の初期症状もだましだましで過ごしていました。そして、「いや、もしかして……」と検査薬で陽性が出たのが6週。そして、7週で初受診をしました。

「初めての妊娠なら気づいたら早く受診をして!」と先生に指導を受け、ビクリとした記憶があります。
そして、私が通ったのは近所の個人医院なのですが「卵巣が腫れているから一度大きな病院で見てもらって」と紹介状を書かれたのです。

卵巣の腫れ

何とも驚きました! 不安でしょうがなかったです。赤ちゃんがダメなのか。なんでもっと早く受診しなかったんだ。と何度も何度も自分を悔やみました。
確かにチクチクとした痛みは常に感じていましたが、そう重要視していませんでした。
しかし、この腫れは妊娠初期には稀にみられる症状のようです。その後、一度は大学病院へ受診しましたが、経過良く腫れが治まってきたため、また近所の個人病院へと戻りました。
ただ、痛みもひどい様だと手術も必要なことのようなので、気になることがあればどんどん先生に聞いてくださいね!

なぜ卵巣が腫れるの?

妊娠と同時に卵巣が腫れていると言われた方は少なくないようです。その場合には、2通りの可能性が考えられ、

・腫瘍性のもの……いわゆる卵巣嚢腫の場合。
・ルテイン嚢胞……妊娠性に腫れるものの場合。

の2パターンがあるそうです。

腫れがあったとしても痛みが起こらない限りは自然に小さくなるものです。そのため、経過を見ていれば良いものですが、痛みがかなりひどい場合には、手術する必要があるかもしれません。その際は医師としっかりと相談をするようにしましょう。

【次男】ひどいつわり。そして、子宮に出血が見られます

Image

つわりがひどい

次男の時のつわりは一番酷かったかもしれません。私はどちらかと言うとつわりを感じる方だと思います。しかし、次男の時のつわりはまさに船酔い! 妊娠7週のこの頃から徐々に強くなっているのを痛感しました。
そして、この頃からなかなか起きられなくなり、長男の友達はNHKの「いないいないばー」。これをエンドレスで流して私はソファーで横になる……。
何ともダメ母だと自分を責めました。もっともっと遊んでやりたい。そんな思いに駆られていた妊娠7週でした。

子宮に出血あり

また、次男の時、妊娠7週に「子宮に出血があるね」とサラッと言われて「うわーーー!」と長男に続き恐怖した記憶があります。
ただ、この子宮内出血も妊娠初期には稀にあるとの事。激しい運動は控えて、出来るだけ安静にしていたら宮内で吸収されていってなくなっていくそうです。

ですので、筆者も出来るだけ安静に……と心がけましたが、ただただつわりの辛さから自動的に安静にする羽目になっていたので、中期の頃には出血はなくなっていました。
しかし、この時期は流産にも気を付けなければいけないので、ちょっとでも出血したらすぐに病院へ来てね! と指導を受けましたよ。

【長女】風邪をひいてました……

Image

妊娠初期の風邪には注意

妊娠初期恐るべし! 風邪が全く治りません。ずーーーと平行線の症状。つわりかとも思うけど、実際風邪です。
そんなこんなで、もちろんつわりも感じていたのですが、それ以上に風邪症状に悩まされ、耳鼻科を受診したほど。妊娠も判明していたので、よわ~い薬はもらったもののなかなか効かない。妊婦は予防が必須だと痛感した7週です。

つわりで性別が分かるジンクスは本当?

つわりは女の子の方がひどい……と言う説も聞きますが。
確かに長女の時もつわりはありました。しかし、女の子の時の方が辛いかと言うと、私の答えはNO! 次男の時が一番つらかったです。
つわり時にご飯の炊ける匂いは3人ともダメでしたが、一番動けなかったのは次男の時。一日中船酔いしてる気分でしたよ。しかし、徐々に大きくなってくるお腹、お腹が前に出ていたら男の子。横に出ていたら女の子。これは私には当てはまりました。長男次男の時は、妊娠後期になると立ったまま靴下がはけませんでしたが、長女の時はまだ履くことができました。参考までに。

妊娠7週まとめ

Image

妊娠7週になるともう妊娠に気づいているママさんも多いですよね。そして、つわりや体調不良が目立ってくる時期だとも思います。筆者の症状としては

・つわりが徐々に酷くなってきた
・長男の時に関しては卵巣が腫れていた
・次男の時は子宮内出血があった
・風邪をひくとやけに長引く

と言う症状がありました。ママもこれから徐々に赤ちゃんを育んで行く時期です。と同時に流産も気を付けなければいけない時期です。
体調が悪かったりお腹が痛かったりしたら遠慮せず先生に相談して、どうか赤ちゃんを育んでくださいね。

安心できるまで先生に相談して

私の妊娠7週は卵巣や子宮にトラブルがあると言われて慌てた記憶があります。しかし、いずれも妊娠初期にはいくらかある症状とのこと。それを聞いて安心しました。これらも酷くなると手術となったり安静が必須になったりします。ですから、何かマイナートラブルがあれば、安心するまで先生によく相談するのがおすすめです。

そうして、ママさんはこれからどんどん成長していく赤ちゃんを育んでくださいね。

あわせて読みたい

【妊娠7週目】妊娠初期の流産で妊婦さんが注意したいことって?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/7189
Image