更新日:2017年11月29日

妊娠超初期の吐き気はいつから?下痢や腹痛も?急におさまることはある?

妊娠超初期の吐き気はいつから感じることが多いのでしょうか。吐き気とともに、下痢や腹痛、頭痛やめまい、寒気といった症状に悩まされる妊婦さんも少なくないようです。夜中や朝方に吐き気を感じ、寝不足になっている人もいるかもしれません。ここでは妊娠超初期の吐き気の原因や対処法をお伝えします。

1676
0

妊娠超初期とは

Image

妊娠超初期とは医学的な言葉ではありませんが、一般的に妊娠0週~4週をさします。最終月経が始まる週を妊娠0週とし、生理が規則的であれば妊娠2週頃に排卵が起こります。受精卵が子宮に着床すると妊娠成立となり、このときには妊娠3週をむかえているでしょう。妊娠4~5週になると、生理予定日に生理がこないことから妊娠に気づく人が多いかもしれません。

一般的には妊娠5週あたりから吐き気やむかつきといった、つわりの症状が出始めるといわれていますが、早い人だと受精卵が着床する妊娠3週頃から吐き気をはじめとした妊娠超初期症状が現れる人もいます。

Mobile favicon

受精や着床時に自覚症状はある?受精〜着床までの体の変化と妊娠超初期症状について

Mobile favicon

妊娠したかも…と感じたらチェックしたい16の妊娠超初期症状!兆候はいつから?

妊娠超初期の吐き気の原因

Image

つわり

つわりとは妊娠5~6週から現れやすい吐き気や嘔吐などの症状で、妊婦さんの50%~80%が経験するといわれています。つわりがなぜ起こるのかはっきりと判明していませんが、妊娠が成立することによってホルモンバランスが大きく変わることが要因のひとつと考えられています。

つわりの症状には個人差があります。受精卵が着床する妊娠3週頃から吐き気や胸やけを感じる人もいれば、まったくつわりを感じることがないまま妊娠週数を重ねる人もいます。つわりの多くは妊娠12~16週前後に自然におさまりますが、まれに症状が悪化し、治療が必要な妊娠悪阻(にんしんおそ)になる場合があるので注意が必要です。強い吐き気や嘔吐の影響で水分が取れていないときは、早めに病院を受診しましょう。

Mobile favicon

妊娠悪阻の時期や症状、原因を解説!入院は必要?仕事や食事はどうする?

お酒

妊娠に気づかずお酒を飲んでしまったというケースは、妊娠超初期には十分起こりえます。妊娠判明後に、妊娠超初期の飲酒の影響が気になる人も多いでしょう。人によっては、妊娠超初期の吐き気だったのか飲酒後の気分の悪さだったのか、見分けがつかない人もいるようです。

赤ちゃんの器官や胎盤が完成していない妊娠超初期であれば、比較的赤ちゃんへのアルコールの影響は少ないと考えられていますが、完全に安全だとは言えません。妊娠超初期の飲酒について、いつ、どのくらいの量を飲んでも大丈夫なのか、残念ながらわかっていないのです。お酒好きな人にとってはつらいかもしれませんが、妊娠を希望したタイミングでお酒は控えたほうが安心でしょう。

Mobile favicon

妊娠超初期に飲酒しても大丈夫?アルコールの赤ちゃんへの影響は?

妊娠超初期に吐き気を感じたら

Image

薬の服用を控える

妊娠超初期の吐き気を風邪だと思い、症状をやわらげるために風邪薬を飲みたくなるかもしれません。赤ちゃんの身体の器官形成は、妊娠超初期にあたる妊娠4週頃からはじまります。この時期に薬を飲むと赤ちゃんの発育に悪影響が出る可能性があるので、自己判断で薬を飲むのは避けましょう。

また、薬だけでなく放射線を使うX線検査も赤ちゃんにとって大きなダメージとなる場合があります。妊娠を希望している人は、妊娠前から注意が必要です。

葉酸をとる

葉酸は妊娠初期の赤ちゃんのDNA合成を助ける、発育に必要な栄養素です。厚生労働省も妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月まではバランスのとれた食事からの葉酸の摂取に加え、サプリメントなどから付加的に1日0.4mgの葉酸を摂取するようすすめています。

葉酸が不足すると、赤ちゃんの先天性異常のひとつである神経管閉鎖障害を発症するリスクが高まります。葉酸の摂取が十分でないと、赤ちゃんだけでなくママについても免疫機能の低下や貧血といった症状が出やすくなります。妊娠を希望した時点で葉酸の積極的な摂取を心がけましょう。

Mobile favicon

葉酸はいつからいつまで飲む?妊娠前から必要な葉酸

Mobile favicon

妊娠中期・後期にも葉酸は重要?摂取量や効果、不足したらどうなる?

妊娠超初期の吐き気とともに感じる症状

Image

腹痛

下腹部全体が痛む人もいれば下腹部の一部がチクチク痛む人もおり、腹痛といっても感じ方には個人差があります。妊娠超初期はホルモンバランスが変化し、赤ちゃんを育てるために子宮が大きくなる準備をする時期です。その影響で腹痛を感じることがあると心得つつも、痛みが強くて心配なときは病院に相談してみましょう。

下痢

妊娠中に分泌されるホルモンのひとつのプロゲステロンは、妊娠を維持させるために、子宮の収縮を抑える働きがあります。人によっては、プロゲステロンの影響で消化器系の器官の働きも抑えられ、便秘や下痢が起こるケースがあります。

吐き気とともに下痢の症状が続くと脱水症状に陥りやすいため、水分はこまめに取るようにしましょう。長期間、下痢が続いている場合は食中毒や感染性胃腸炎が原因となっている可能性があります。一度、病院を受診してみましょう。

げっぷ

げっぷもホルモンバランスの変化で起こりやすい妊娠超初期症状のひとつです。食事直後やストレスのあるときに、げっぷはよく起こります。妊娠超初期の吐き気がストレスになってげっぷが起こるケースや、その吐き気を抑えようと無意識のうちに多く空気を飲みこんでいるためにげっぷが出るケースがあるようです。

炭酸飲料を控えたり、ストレスをためこまないようリラックスすることを心がけたり
して、げっぷの発生を抑えるようにしましょう。

頭痛・めまい

妊娠によるホルモンバランスの乱れや、吐き気によって十分な食事がとれず栄養が偏っていることが原因で、頭痛やめまいが起こることもあります。また、妊娠すると赤ちゃんの成長のために多くの鉄分が使われ、ママの身体は鉄分不足になりがちです。特にめまいは鉄分不足による貧血から起こることがあるため、積極的に鉄分を摂取するようにしましょう。

寒気

妊娠したことによるホルモンバランスの変化から自律神経が乱れ、体温調節がうまくいかず寒気を感じることがあります。また、基礎体温をつけている人にはわかりやすいのですが、妊娠超初期には高温期が続きます。いつもよりほんの0.3~0.5℃の体温の上昇が、寒気を感じやすくしている可能性があるのです。

吐き気を感じなければ温かい食事をとるようにしたり、衣服を重ねたりするなど冷え対策をしてみましょう。

Mobile favicon

妊娠超初期の下腹部痛とは?いつまで続く?原因・対処法まとめ

Mobile favicon

つわりとげっぷの関係は?妊娠初期のげっぷの原因と対策

妊娠超初期の吐き気の対処法

Image

食べられるものを食べる

吐き気で食欲不振になっているときに、いつも通りの食事をとろうとするとさらに吐き気が生じることがあります。のどごしが良いものやサッパリとしたフルーツなど、食べられるものを食べるようにしましょう。妊娠中は食べ物の好みが変わることも多く、妊娠前に口にしなかったものを食べたくなることがあります。

夜中や朝にすぐつまめるものを用意する

空腹を感じると吐き気の症状が出る、食べつわりに悩まされる人もいます。夜中や朝といった空腹を感じやすい時間に気持ちが悪くなってしまうのも、食べつわりの特徴のひとつです。こうした時間帯に食べつわりが出る場合は、おにぎりやクッキーなど、すぐにつまめるものを枕元に置いておくなどの工夫をしてみましょう。

香りが少ないものを食べる

特定のにおいをかぐと、吐き気を感じるという妊婦さんも多いでしょう。苦手になるにおいには個人差がありますが、よくみられるのが作りたての料理のにおいがNGになるケースです。この場合、冷ましてから食べたりにおいが少ない食材を選んだりするなどしてみましょう。

締め付けない衣服を着る

吐き気を感じたときに、ゆったりとした衣服に着替えるだけでつわりが軽減されることがあります。ブラジャーをノンワイヤーのもの、もしくはカップ付きのインナーに変えるだけで楽になったという人もいます。マタニティウェアやインナーの使用もおすすめですよ。

歯磨き粉を変える

においつわりの一種で歯磨き中に吐き気を感じることがあります。歯ブラシや歯磨き粉のにおいが受け付けなくなり、歯磨きをするだけでえずくことがあるのです。毎日しなければならないことだけに、歯ブラシを持つことが苦痛になる人も少なくありません。においや味がある歯磨き粉を使用している場合は、無香料のものに変えてみましょう。

趣味や仕事に集中する

趣味や仕事に集中することで、吐き気を感じにくくなることがあります。仕事中は吐き気を感じず、仕事が終わったとたんに気持ち悪さを感じる人もいるようです。読書にゲームに映画鑑賞など、安静に過ごせるものを選んで気分転換をしてみましょう。

無理をしない

妊娠前と同じように生活しようとすることで、身体に無理をさせてしまっている場合があります。家事も仕事も、妊娠前と同じようにテキパキとこなせないことにストレスを感じているママもいるかもしれません。吐き気の症状が出ているときは、赤ちゃんからの「ママ、ゆっくり休んで」というメッセージだととらえて、なるべくゆったり過ごすことを心がけましょう。

Mobile favicon

つわりを軽減したい!つらいつわりを和らげる方法とは?

Mobile favicon

つわり中の食事や家事のポイントは?おすすめメニューや手抜き術を体験談でご紹介

妊娠超初期の吐き気が急になくなる・おさまることも

Image

妊娠超初期の吐き気が急になくなると身体は楽になる反面、赤ちゃんのことが気にかかるママも多いでしょう。妊娠超初期の吐き気がおさまる原因のひとつとして、妊娠が継続できずに流産が起こっている可能性があるといわれているからです。しかし、吐き気が急になくなったからといって必ずしも流産になるとはかぎりません。つわりが早めにおさまっただけという場合や、日によって吐き気の感じ方が違うこともあります。

吐き気の有無が気になり、それがストレスになってしまうことのほうが赤ちゃんにとってもママにとっても負担になってしまうかもしれません。妊娠の確証が得られずソワソワしてしまう時期ですが、なるべくゆったりとした気持ちで過ごしたいものですね。

妊娠超初期の吐き気と上手につきあおう

Image

吐き気や嘔吐といったつわりの症状を抑える特効薬は、残念ながら今はありません。自分が吐き気をどういったときに一番感じるのか、早めに特定して軽減させる方法を探してみましょう。吐き気が続くととてもつらいですが、いつかは解放されるときがきます。赤ちゃんも頑張って成長していると思いながら、前向きに乗り切りたいものですね。

あわせて読みたい

Image

つわりがひどい原因は?性別が関係?つわりの対策と病院へ行く基準

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18775
Image

妊娠中に避けたい食事は?コンビニ食、生ものは大丈夫?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/8221
Image

妊娠超初期の出血は大丈夫?茶色や鮮血、色に違いはあるの?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/16520
Image

妊娠超初期のおりものは少ない?においや色の特徴は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28451
Image

妊娠初期の働き方で気をつけることは?仕事を休むときや辞めたいときは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/8129

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

mamanoko編集部

mamanoko編集部公式アカウントです。 【Ins…

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事