更新日:2017年12月15日

流産の兆候は?つわりや妊娠初期症状がなくなる?兆候なしの可能性も!

流産は全妊娠のうち約15%で起こるといわれ、決して珍しいものではありません。流産の兆候は、出血や腹痛の他にもさまざまにあり、つわりや妊娠初期症状にも変化がみられます。しかし、流産の種類によっては自覚症状なしの場合もあります。ここでは、流産の兆候について、流産の種類や原因、処置の方法なども含めて解説します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
2875
0

流産とは

Image

流産とは、エコー検査でお腹の赤ちゃんを包む「胎嚢(たいのう)」を確認後、妊娠22週未満に妊娠が中断することです。自然に妊娠が終わる「自然流産」と、人工的に流産を起こす「人工流産」がありますが、「流産」といえば自然流産を指すのが一般的です。

流産は誰にでも起こるリスクがあり、すべての妊娠のうち約15%の確率で発生します。母体の年齢が高くなるにつれ、発生率は高くなり、40歳以上では25%にも達するといわれています。

流産は発症する時期や、胎児や胎盤などの子宮内容物の状態によってそれぞれ分類されます。

Mobile favicon

自然流産とは?原因・兆候・処置の方法は?自然流産後の生理や妊娠はいつ?

妊娠12週未満は流産のリスクが高い

発症時期
全流産に占める割合
備考
早期流産胎嚢確認後から妊娠12週未満約80%胎嚢確認は妊娠5週~6週頃が多い
後期流産妊娠12週以降22週未満約20%死産として扱われ、死亡届の提出が必要

流産の多くは、心拍確認できずに早期流産だと診断されるケースです。そのため、心拍確認ができれば安心だと一般的にいわれていますが、経腟エコーによる心拍確認後の流産率は全流産のうち16~36%とされ、油断はできません。また、流産は妊娠初期に起こるイメージが強いですが、安定期と呼ばれる妊娠中期(妊娠16週~27週)も流産のリスクはあります。

なお、医学的には流産に分類されませんが、妊娠検査薬で陽性反応が出たものの、エコー検査で胎嚢が確認できる前に流産する「化学流産」というものもあります。妊娠検査薬を使わなければ、妊娠して化学流産にいたったことに気付かないで次の生理を迎える可能性もあります。

Mobile favicon

心拍確認後の流産の確率と兆候は?原因はあるの?

Mobile favicon

安定期も流産に注意!妊娠中期の流産の確率・原因は?症状なしの場合も?

進行流産や稽留流産に分類される

子宮内容物の状態
診断の基準
進行流産子宮内容物が子宮外に流れ出てきている不全流産と完全流産で異なる
稽留流産(けいりゅうりゅうざん)胎児が死亡した状態で、胎児などの子宮内容物が子宮内にとどまっている胎嚢が確認できるが胎児が確認できない「枯死卵(こしらん)」と認める
切迫流産流産にいたっていないものの、流産の危険性が高い胎児と心拍を確認できる

進行流産は、子宮内容物の排出の程度により、さらに「不全流産」と「完全流産」に分類されます。

子宮内容物の排出の程度
診断の基準
不全流産子宮内容物の一部が子宮内に残ったままになっている胎児を認めない・胎児を認めても心拍確認できない
完全流産子宮内容物が完全に排出された状態胎児が確認できない・胎嚢の消失を認める

妊娠12週未満の流産の主な原因は染色体異常

流産の原因は早期流産と後期流産で異なります。

妊娠12週未満に起こる早期流産のほとんどは、受精卵の染色体異常が原因で引き起こされます。胎児側の問題で、もともと流産することが決まっていたと言え、残念ながら予防することはできません。

また、双子などの「多胎妊娠(たたいにんしん)」も子宮収縮が起こりやすく、早期流産の原因になります。

一方、妊娠12週以降の後期流産は、主に母体側の異常が原因です。赤ちゃんを包む膜が細菌感染を起こす「絨毛膜羊膜炎」や、子宮頸管が弱くなって子宮口が開いてしまう「子宮頸管無力症」の他、「子宮筋腫」「子宮奇形」などが考えられます。

なお、最近の研究では、ストレスが妊娠に影響をおよぼす可能性があることが徐々に明らかにされています。強いストレスが長期間続くと、自律神経が乱れて血流が低下しやすく、胎児への栄養や酸素の供給が阻害される可能性があるのです。

Mobile favicon

絨毛膜羊膜炎の症状と原因は?おりものでわかる?治療法・予防法も解説

Mobile favicon

子宮頸管無力症の症状・原因・手術を解説!予防できるの?

流産の兆候・症状は?

Image

流産すると、出血や腹痛をはじめとして、いくつかの兆候や症状があらわれます。ここで紹介する兆候・症状は、正常妊娠の場合もみられることがあり、流産との判別が難しいかもしれません。気になる症状があらわれたら、自己判断せず、産婦人科で赤ちゃんの状態を調べてもらいましょう。まだ流産にいたっていない切迫流産ならば、妊娠を継続できる可能性もあります。

出血

進行流産では、子宮内膜が剥がれることで出血が起こります。生理に似た茶褐色や鮮血の不正出血ですが、通常の生理よりも出血量が多く、長期間、出血が続きます。また、血の塊やゼリー状の白い塊が一緒に出てくることもあります。不正出血と同時に、陣痛のような下腹部の痛みを伴うことが多いようです。

一方、妊娠超初期から妊娠6週くらいまでに起こるとされている化学流産では、一般的に生理時と同じくらいの量の出血がみられます。そのため、妊娠検査薬を試していなければ、生理だと勘違いしてしまう可能性が高いでしょう。

なお、流産にいたっていない切迫流産では、進行流産に比べて不正出血の量は少ないとされています。出血量が少なくても「大丈夫」だと思い込まず、産婦人科で診察を受けましょう。

Mobile favicon

【体験談あり】妊娠中に出血!原因は?流産や出産、病気の兆候がわかる?

お腹の痛みや張り・腰痛

特に妊娠初期には、正常妊娠でも下腹部痛やお腹の張り、腰痛が起こりやすいといわれています。子宮が大きくなることや、ホルモンバランスの変化によって便秘になることで起こるもので、通常、しばらく安静にして治まるようであれば心配いりません。

しかし、陣痛のような下腹部痛やお腹の張り、腰痛があらわれたら、流産の兆候の可能性もあります。お腹の張りと痛みが5分間隔、10分間隔など周期的にあらわれる、しばらく休んでも症状が治まらない、茶色いおりものや出血を伴うといった場合は要注意です。

Mobile favicon

妊娠初期の腹痛を解説!下痢・便秘?流産の可能性も?出血を伴うことも

Mobile favicon

妊娠初期に起こる「お腹の張り」について知っておきたい知識

おりものが変わる

後期流産の原因のひとつである絨毛膜羊膜炎は、重症化すると、おりものから悪臭がするようになります。おりものの変化とともに、陰部のかゆみや発熱があらわれる場合もあります。

Mobile favicon

妊娠初期のおりものの変化と特徴は?注意するべきおりものの色と状態

つわりが突然なくなる

妊娠初期につわりが突然なくなった場合、流産の兆候のことがあります。

つわりは妊娠8週~9週頃にピークを迎え、妊娠12週~16週頃に徐々に治まっていく人が多いとされています。ただし、つわりが終わる時期は一概には言えないうえ、終わり方も「朝目覚めたら終わっていた」などさまざまです。そのため、つわりが突然なくなっても、流産しているのではなく、単につわりが終わっただけの可能性も大きいのです。

つわりだけで流産かどうかは判断できないため、出血や腹痛といった他の症状があらわれていないかよく確認する必要があります。

Mobile favicon

妊娠初期のつわりの症状と対策!つわり中の食べ物や仕事は?つわりがない人もいる?

基礎体温が下がる

妊娠すると、妊娠を持続させる作用のあるプロゲステロンの分泌量が増え続けます。プロゲステロンには体温を上げる働きもあることから、基礎体温は高温期を維持します。一方、流産してしまった場合、プロゲステロンの分泌量が減るため、基礎体温は下がるのです。

ただし、基礎体温は正常妊娠でも妊娠13週頃から徐々に下がり始め、妊娠20週頃には低温期の体温に戻るといわれています。そのため、基礎体温が下がったからといって流産かどうかはわかりません。

Mobile favicon

妊娠中の基礎体温の変化は?妊娠したらいつまで測る?

胸の張りがなくなる

妊娠初期症状のひとつに、胸の張りがあります。もしも胸の張りが急になくなった場合、流産の兆候かもしれません。しかし、つわりと同じく、胸の張りがなくなっただけでは流産と判断できません。

Mobile favicon

妊娠すると胸の張りはいつから?妊娠初期の胸の張りがない・なくなるのは大丈夫?

頭痛

流産を経験した方の中には、流産が発覚する数日前から激しい頭痛やめまいがしたというケースがあるようです。ただし、頭痛やめまいが流産の兆候や症状だと医学的に証明されているわけではありません。妊娠初期はホルモンバランスが急激に変化するため、妊娠初期症状として頭痛やめまいが起こりやすい状態になっています。そのため、流産前にたまたま症状があらわれていただけという可能性もあります。

Mobile favicon

妊娠初期の頭痛はなぜ起こる?頭痛の原因と対処法

流産は兆候なしのこともある?

Image

子宮内容物が子宮内にとどまっている稽留流産の場合、出血や腹痛などの自覚症状があらわれないため、流産していることに気付かないことがあります。胎児が亡くなった後も、正常妊娠のときのホルモンバランスを維持して、つわりがなくならず、基礎体温も高温のままというケースもあるようです。

一方、進行流産が進み、子宮内容物がすべて自然に出てしまう完全流産では、出血や腹痛といった症状が軽減または消失します。

Mobile favicon

稽留流産の原因と兆候は?出血なしでも流産する?

流産の手術の方法・手術後の生理や妊娠は?

Image

流産の手術の方法

流産の処置の方法は、流産の種類や妊娠週数によって異なります。

稽留流産や不全流産の場合、子宮内容物をそのままにしておくと大量出血などのリスクがあるため、基本的に「子宮内容除去術」という手術を行います。

早期流産では、手術を行わず、子宮内容物が自然に排出されるのを待つ「待機療法」を選択できる場合があります。ただし、長期間待っても排出されなければ、結局手術を行う可能性があるのがデメリットです。

後期流産の場合、子宮内容除去術は母体への負担が大きいため行えません。陣痛促進剤で強制的に子宮を収縮させ、通常の出産と同様に子宮口を開き、胎児と胎盤を排出する処置をとります。

流産後の妊娠検査薬の反応

流産後しばらくのあいだは、妊娠検査薬は陽性反応を示します。

妊娠検査薬は、妊娠すると分泌量が増えるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)ホルモンに反応する仕組みです。流産の処置後や完全流産後は、通常、しばらく経つと、hCGホルモンの分泌が少なくなり、非妊娠時のホルモンバランスに戻っていきますが、hCG値が高いままで陽性反応が出続けることがあります。これは、処置で取り除ききれなかった組織から分泌されているhCGホルモンに反応しているほか、ホルモンバランスが乱れていることが原因と考えられます。

流産後、妊娠検査薬でいつまで陽性反応が出るかは個人差があります。1週間程度で陽性反応が出なくなることもありますが、1ヶ月たっても陽性反応が出続ける場合もあるようです。

流産後の生理や妊娠

流産後の生理は、流産の処置後、3~6週間経過してから再開することが多いようです。ただし、流産後は心身のストレスなどにより、生理周期が乱れやすいため、あくまで目安と考えてくださいね。

流産後に性行為を再開するタイミングについては、医師の指示に従いましょう。少なくとも1~2回は生理を見送るよう指導されることが多いようです。「胞状奇胎」といった疾患が原因で流産した場合、半年~1年間の避妊期間が必要になることもあります。

流産後、再び妊娠して無事に出産できるか不安になる方は多いでしょう。流産経験後、無事に妊娠・出産した先輩ママはたくさんいるので、安心してくださいね。ただし、流産を2回繰り返す「反復流産」の頻度は4.2%、3回以上繰り返す「習慣流産」の頻度は0.88%とされ、流産を繰り返す可能性がゼロではないことも確かです。反復流産や習慣流産は、染色体異常や子宮奇形など、何らかの原因がもともとあることも考えられ、男性、女性ともに検査をして原因を探る必要があります。

Mobile favicon

胞状奇胎の原因・症状・治療法!エコー検査や手術費用・術後の管理についても解説

流産が起こっても自分を責めないで

Image

流産はすべての妊娠のうち約15%で起こってしまいます。原因の多くは胎児側にあり、確実に予防する方法はありません。また、自覚症状がまったくなく、いつの間にか流産していたというケースも多くあります。そのため、流産が起こっても、自分を責め過ぎないでほしいのです。流産後は、自分の心と身体をケアすることを第一に優先してくださいね。亡くなってしまった赤ちゃんもきっと、ママの回復を願いながら見守ってくれていますよ。

あわせて読みたい

Image

流産とは?原因・種類・手術の方法は?予防できる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29417
Image

妊娠超初期の流産の症状と原因は?予防はできるの?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18010
Image

妊娠初期症状がない人の特徴は?個人差や胎児への影響について

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19848
Image

妊娠初期の倦怠感の原因は?妊娠初期の倦怠感の対処法とは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/20231
Image

双子の妊娠はいつ判明する?初期はつわりがひどい?お腹の大きさはどうなる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29236
Image

子宮筋腫とは?症状や検査・治療の方法は?妊娠への影響は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19405

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事