妊娠初期のニキビの原因、対処法は?胎児の性別がわかる?

妊娠初期の症状として、ニキビができたという妊婦さんはたくさんいます。今まで肌トラブルがなくても、妊娠と同時に肌荒れとニキビに悩まされると、つわりでつらい時期も重なりブルーになってしまいますよね。今回は、妊娠初期のニキビの原因や対処法、ニキビと胎児の性別の関係について、医師監修の記事でご紹介します。

81063

この記事の監修

目次

  1. 妊娠初期のニキビの特徴は?
  2. 妊娠初期のニキビの原因は?
  3. 妊娠初期のニキビの対処法は?
  4. 妊娠初期のニキビの危険な行為は?
  5. 妊娠初期のニキビに関する体験談
  6. 妊娠初期のニキビで胎児の性別がわかる?
  7. あわせて読みたい

妊娠初期のニキビの特徴は?

妊娠初期とは、受精卵が子宮に着床した直後からのことをいいます。受精卵が着床すると、女性ホルモンのバランスが大きく変わり、肌質も変わってくる場合がほとんどです。

中には、肌質が改善されたという妊婦さんもいますが、大体は肌トラブルを起こす人が多い様子。妊娠ニキビといえど、通常時にできるニキビと同じく、皮脂が毛穴につまって炎症を起こした状態です。

大抵は、出産後に肌も元の状態に戻りますが、妊娠中に悩まされたニキビのケアを怠ると、その後も肌トラブルが起こったり、跡が消えずに悩んだりするケースもあります。肌が薄い顔や、ケアしづらい背中、胸など広範囲に症状があらわれやすいので、妊娠初期にできるニキビの原因と対策を順に追ってご紹介します。

妊娠初期のニキビの原因は?

Image

妊娠初期のニキビといえど、できる理由は通常のニキビとそう変わりありません。妊娠して生活習慣が変わることが、ニキビのできる直接の原因になっていることもあります。具体的に何が原因なのでしょうか。

1.ホルモンバランスの変化

妊娠初期にニキビのできる原因は、ホルモンバランスが最も大きな原因といわれています。

それは、女性の体調や月経周期に関わる「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンです。妊娠をすると、プロゲステロンという黄体ホルモンが増えます。これは、高温期を維持しながら赤ちゃんを育みやすい体を作る大切な役割を果たしますが、同時に、女性の悩みトラブルを引き起こす原因ともなるのです。

プロゲステロンが増えると、皮脂を分泌しやすくなり、ニキビなど肌トラブルが起こる原因になります。そのため、妊娠初期はニキビができやすくなるのですね。それと同時に、便秘や胸の張り、腰痛、情緒不安定などの不快な症状が出やすくなるのも特徴です。

2.食生活の変化

妊娠初期症状のひとつにつわりがありますよね。つわりがひどい妊婦さんだと、水も口にできない場合もあるので甘くみてはいけません。

ニキビと関連があるのは、つわりからくる食生活の乱れです。つわり中は、やけにファーストフードが食べたくなったりひとつのものを好んで食べてしまったりと、食生活が偏りがちです。美肌の元となる、ミネラルやビタミンをバランス良く摂取することを心がけると良さそうですよ。

妊娠初期におすすめの食べ物・注意したい食べ物は?つわりや貧血時の食事も紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20015
Image

3.便秘

妊娠初期は便秘になりがちなので、それがニキビの原因となることもあります。腸から老廃物がうまく排出されないと、それらの一部は毛穴から排出されます。そのため、肌のトラブルになりやすいのです。

妊娠初期は、便秘になりやすいプロゲステロンが増えるので、辛い時期ではありますが、なるべく便通に良い習慣を心がけると良さそうです。

妊娠超初期の便秘・おならの解消法は?便秘薬は飲める?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28886
Image

4.睡眠不足

妊娠初期は不眠に陥りやすい時期でもあります。ホルモンバランスで眠りが浅くなったり、つわりで気持ち悪かったりして眠れないこともあるでしょう。お腹に違和感を覚えたり、チクチクと痛んだりと、肌だけではなく体にトラブルをきたすこともあります。

ですので、仕事や日常の生活で忙しい中ですが、時間を見つけては休憩する癖をつけると良さそうです。体を休めてストレスを緩和させるのも大切ですよ。

妊娠初期のニキビの対処法は?

Image

妊娠初期は、食べものや薬には敏感になりますよね。もちろん、それもとても大切です。では、ニキビができたときはどのように対処をすべきなのでしょうか。

1.皮膚科を受診

妊娠初期のニキビは、どうしても皮膚の薄いところにできやすいです。そのため、胸の辺りや背中にできることもしばしばあります。そのときは、自宅ケアで治すのは難しいので、ひどい場合は皮膚科を受診しましょう。

しかし、ニキビの治療薬には、妊娠中に避けたほうが良い薬がいくつか存在します。全ての薬が、赤ちゃんに影響がゼロであるとは言い切れません。そのため、皮膚科を受診する際は、必ず妊娠していることを診察時に伝えてくださいね。妊娠中でも安心して使える、飲み薬や塗り薬を処方してくれるはずですよ。

2.産婦人科を受診

軽度だったり、妊娠初期のニキビのアドバイスを求めたい場合は、産婦人科の受診でも大丈夫です。

妊娠初期にはやはり産婦人科のアドバイスが、ママにとっても安心できるものになりますよね。重度になってくると皮膚科の受診も視野に入れた方が良いですが、まずは、婦人科の受診があれば、ついでに先生に相談してみると良いでしょう。きっと、アドバイスをもらえるはずですよ。

3.ストレスの発散

妊娠初期は急激に体が変化するので、体調不良や不安などからストレスがたまりやすくなります。つわりが始まったり体調がいつもと違ったりすると、知らず知らずのうちにストレスがたまってしまうものです。そこで、ストレスがたまってるかもと感じたら、思い切ってストレスを発散させましょう。

体調が悪くそんな気分になれない……ということもあるとは思いますが、無理の無い程度で好きなことをしたり、ゆったり過ごすのもひとつのストレス発散方法です。家事を無理せず適度に手を抜いて、家族にお願いするのも良いかもしれませんね。

ストレスがあると、妊娠初期は思わぬところにニキビができやすいので、ストレスフリーを心がけ、前向きに過ごしましょう。

4.無添加せっけんで洗顔する

天然由来成分で配合された洗顔剤や無添加石鹸は肌に優しいので、妊娠ニキビに悩む方にもおすすめです。

妊娠中はお肌が敏感になってしまっています。ニキビの原因は、毛穴に皮脂がたまるからですが、だからといって全部の皮脂を取ってしまうと、逆に乾燥してかゆみを引き起こす原因になりかねません。

そうしたときは、できるだけ植物由来の自然派石鹸を使用して、優しく洗い、余分な皮脂を取り除きましょう。筆者も妊娠初期のニキビに悩まされたときは、硫黄の石鹸を皮膚科で購入して使用したら、ニキビが軽減された経験がありますよ。

5.化粧品を変える

ニキビが酷くなった場合、化粧品を変えるのもひとつの手段です。

ホルモンバランスなどで肌の状態が変わってくるということは、今まで使っていた化粧品も合わなくなってきたということ。今まで効果を感じていた化粧品でも、肌荒れの原因になってしまうこともあります。いっそのこと化粧水や乳液を変えてみると良いでしょう。

オーガニックのもの、低刺激のものなど、お肌に優しいものに変えるのも良いですね。筆者は、妊娠初期のニキビに悩まされたとき、思い切って肌水だけのシンプルなスキンケアに変えたら、ニキビが治まってきた経験がありますよ。

妊娠初期のニキビの危険な行為は?

Image

上記でも紹介したように、妊娠初期にニキビができるのは仕方のないことです。しかし、できたニキビで悩みますし気になりますよね。ここでは、自己判断で行うと危険につながる行動を紹介します。

自己判断でステロイド系の薬を塗る

妊娠中は、ステロイド系の薬の使用は、医師の判断の元で適切に行う必要があります。

ニキビができると、気になるのでどうしてもステロイド系の薬を塗りたい方も中にはいるとでしょう。しかし、リスクを考えると、自宅にステロイド系の薬があったとしても自己判断で塗るのは避けるべきです。

ニキビはできるだけ薬に頼らずに、日常生活で改善できることで治すのがベストですが、そうもいかない場合も多いのが妊娠初期のニキビ。そのときは、しっかりと皮膚科や婦人科を受診して、医師の判断を仰ぐのがベターですよ。

自分で無理やりつぶす

ニキビができると、中の芯をとってつぶしたくなってしまいますよね。しかし、これもニキビにはタブーです。自分で無理やりつぶすとそこから雑菌が入り、炎症が悪化する元となりかねません。傷が残る危険もあるので避けた方が良いでしょう。

できてしまったニキビは、むやみにいじらず、ニキビ跡を残さないようケアしていくことが大切です。

妊娠初期のニキビに関する体験談

Image

筆者も、妊娠初期のニキビのニキビに悩まされた妊婦でした。

3度の妊娠・出産を経験しましたが、3度とも妊娠初期には、その時期以外に経験したことの無いほどの肌荒れがあり、触れなくとも痛みをともなうニキビができました。顔でいえば、特に顎や頬の辺りにできて、胸や背中、太ももの裏にまでニキビのようなものができて痛かったのを覚えています。

あまりに痛かったもので、思い切って1人目のときから皮膚科を受診しました。妊娠していることを告げると、先生は適切な薬を処方してくれて、毎日続けることによって痛みが和らいでいき、安心しました。先生が仰るに、やはり妊娠初期には良くある症状のようです。

そして、皮膚科ですすめられて硫黄の洗顔石鹸を購入しました。これが筆者には合っていたのか、その後ニキビが気にならなくなりましたよ。そして、化粧水はしっとりからさっぱりのものに変えると、それだけでもなお肌の調子が良くなった気がします。

この経験から2人目、3人目のときも同様に処置をすることで、ニキビも酷くならずに済みましたので、気になったら早目に皮膚科を受診するのがおすすめです。

妊娠初期のニキビで胎児の性別がわかる?

妊娠初期のニキビはプロゲステロンが増えるために、トラブルが起こりやすいと紹介しました。

「妊娠初期のニキビで赤ちゃんの性別がわかる」と聞くこともありますが、これは、残念ながら医学的な根拠は無いそうです。ただ、ママの勘ほど当たるものもありませんので、そのころに感じた性別は、もしかしたら当たるかもしれません。

ちなみに筆者は「男」「男」「女」でしたが、男の子のときの方が肌荒れが酷くて、女の子のときの方がまだ気にならずに過ごせましたよ。どちらにしても、お肌のトラブルはストレスの原因にもなりますので、早目のケアとひどいようなら受診をして、適切な処置を受けるようにしてくださいね。

妊娠中に摂取しておきたい葉酸

妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月の女性は葉酸を摂取するよう心がけましょう。厚生労働省は妊娠可能性のある女性に対し、食事からの摂取に加えて1日400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。

Yp1 s1 2出典:belta-ad.jp
ベルタ葉酸サプリ
¥3,980〜(2019/01/18 時点)


ベルタ葉酸サプリは400μgの葉酸を摂取できるほか、鉄分やカルシウム、ビタミン、ミネラルや美容成分も一緒に摂取でき、妊娠中の健康維持に役立ちますよ。

葉酸を効率良く摂取できるように体内にとどまりやすい「酵母葉酸」を使用している点もこだわりポイントのひとつです。香料、着色料、保存料などを使用していないところもうれしいですね。サプリメントの大きさは直径9mmと小さく飲みやすいですよ。

葉酸サプリおすすめ人気ランキング!妊活・妊娠中の効果や口コミをご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28265
Image

あわせて読みたい

妊婦の肌荒れの原因と対処法!食事などで予防は可能?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29568
Image
妊娠初期の肌荒れの原因と対策!肌荒れで胎児の性別がわかる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23293
Image
妊娠超初期の下腹部痛とは?いつまで続く?原因・対処法まとめ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/17075
Image
妊娠初期に起こる「お腹の張り」について知っておきたい知識
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/15669
Image
【妊娠線予防の人気オイル10選】クリーム・オイルどちらがおすすめ?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16772
Image