会陰マッサージの効果は?始める時期やおすすめのマッサージ方法もご紹介!

お産が近づいてくると、楽しみな反面、出産に対する不安が募っていく方も多いでしょう。その中でも、会陰切開に不安を抱いている人は、多いのではないでしょうか。そんな不安を解消する方法のひとつに、会陰マッサージがあります。ここでは、会陰マッサージの効果や行う時期、おすすめのマッサージ方法についてご紹介します。

229036

この記事の監修

Image
助産師・保育士
河井 恵美

目次

  1. 会陰マッサージは会陰切開を防ぐ…?
  2. 会陰マッサージの効果
  3. 会陰マッサージの方法
  4. 会陰マッサージにおすすめのオイル
  5. 会陰マッサージをするときの注意点
  6. 会陰マッサージはいつから?
  7. 会陰マッサージ以外で会陰を柔らかくする方法
  8. 会陰マッサージで出産の不安を減らそう
  9. あわせて読みたい

会陰マッサージは会陰切開を防ぐ…?

出産のときに出口となる部分である会陰の伸びが足りない場合は、切開してお産をスムーズにすることがあります。これを「会陰切開」といいます。会陰とは腟と肛門のあいだの部分であり、ここにハサミを入れることを怖いと感じる人は多いようです。

しかし、十分に出口を広げてあげなければ、腟や肛門が裂傷したり、胎児が長時間苦しんだりすることになります。会陰切開をするか否かの判断は担当医師がするため、不安な場合は前もってしっかりと説明を聞いておきましょう。

会陰マッサージの効果

Image

会陰切開をできるだけ防ぎたい人におすすめなのが、会陰マッサージです。会陰マッサージによって会陰部分をできるだけ柔らかくしておくことで、会陰切開をせずに済む可能性が高くなります。それでは会陰マッサージによる効果とは、実際にはどのようなものなのでしょうか。

会陰が傷ついても小さくて済む

会陰マッサージで会陰が柔らかくなれば、お産のときに出口がよく伸びるため、スムーズに胎児が出てくることができます。たとえ会陰が傷ついたとしても、小さな傷で済む可能性が高いとされています。

産後の回復が早い

会陰の傷が小さいということは、産後の身体の回復が早くなります。やはり、大きく切開すればそれだけ痛みも伴い、座ることさえ困難なケースもあるようです。会陰マッサージによって産後まで楽になると、嬉しいですよね。

お産のイメージトレーニングができる

会陰マッサージをすることで、お産をイメージしやすいという効果も期待できます。実際に赤ちゃんが出てくる場所を触って、そのときどのような状態になるのかなど、会陰マッサージをしながら頭で思い描くことで、落ち着いて出産することができます。

リラックスできる

会陰マッサージには、リラックス効果もあります。お腹が大きいことにより身体がつらく感じたり、出産に対する不安が大きくなったりと、何かと疲れることが多い妊娠時期には、できるだけリラックスした状態を保ちましょう。会陰マッサージをすることで、不安が軽減され、落ち着いたリラックスタイムを過ごせると良いですね。

会陰マッサージの方法

Image

会陰の周囲をUの字を描くようにマッサージ

人差し指にマッサージオイルを塗布して、会陰の周りを押しながらUの字に滑らせます。あまりキツく押しすぎないことが大切ですが、痛くない程度の圧をかけて行います。助産師に教えてもらうと効果がより出やすくなるでしょう。

会陰と肛門のあいだを円を描くようにマッサージ

次に、会陰と肛門のあいだを横にマッサージします。このとき、クルクルと小さな円を描きながら滑らせていくと、より効果的です。

マッサージの時間と回数

会陰マッサージは、やればやるほど良いというわけではありません。5~10分の会陰マッサージを週に1~2回行うと良いでしょう。

マッサージのタイミング

会陰マッサージをするタイミングで、一番おすすめなのはお風呂上がりです。身体が暖まると、オイルも浸透しやすく身体が柔らかくなるため、マッサージもしやすくなり、効果的です。

マッサージ後は会陰にオイル湿布

マッサージ後にオイルが残っていて気持ち悪い場合は、速やかに拭き取りましょう。しかし、そうでない場合は、効果のあるオイルをそのまま浸透させます。コットンにオイルを塗布して、会陰部分に湿布をするのもおすすめです。おりものシートをつけておけば、しっかりと浸透させることができます。

会陰マッサージにおすすめのオイル

Image

会陰マッサージをする際に欠かせないマッサージオイルですが、どのようなものを使用するのが良いのでしょうか。

自然由来のもの

会陰部分は非常にデリケートです。動物、植物100%といった自然由来のものを使用しましょう。馬油やココナッツオイルなど、種類はたくさんありますので、自分に合ったオイルを選んでください。

使う前にパッチテストを行う

選んだオイルが自分に合っているかどうかわからない、かぶれたら怖いという方は、使用する前に必ずパッチテストを行うことをおすすめします。腕の内側に10円玉ほどオイルを塗布して、放置します。24〜48時間経過しても、かゆみや腫れ、赤くなるなどの症状が出なければ大丈夫です。ちょっとでも症状が出るようであれば、そのオイルを使用するのはやめましょう。

会陰マッサージをするときの注意点

Image

体調が悪いときは控える

身体の調子が良くないときには、マッサージをすることは控えましょう。少しでも体調が悪いと感じたときは、マッサージはしないことをおすすめします。また、お腹が張っているときも、マッサージは控えましょう。

清潔な手で行う(爪を切る)

会陰マッサージをするときは、必ず手指を清潔にしましょう。特に、爪がのびている場合は切ってください。デリケートな会陰部分が傷ついてしまいます。

肛門に触れないように気をつける

会陰部分は肛門に近いため、間違って触れてしまわないように気をつけましょう。大腸菌がついてしまうなど、身体が不衛生な状態になってしまう可能性があります。

会陰マッサージはいつから?

会陰マッサージは、妊娠が順調で問題ないことを前提として、34週頃から始めるのが良いでしょう。それより早く始めたいという人は、担当医師に相談してみてください。自己判断で勝手に始めないようにしましょう。

会陰マッサージ以外で会陰を柔らかくする方法

Image

適度な運動

身体は、運動しないとどんどん硬くなっていきます。会陰も身体の一部であり、すべてつながっています。できる範囲で適度な運動をすることで、身体を柔らかく保つことができます。お風呂上がりに軽くストレッチをする習慣をつけてみるのは、いかがでしょうか。ただし、医師と相談のうえ、あくまで体調の良いときに行うようにしましょう。

腟、肛門の引き締め運動

よく伸びる筋肉は、一方でよく縮むということでもあります。腟や肛門部分の筋肉をギュッと引き締める運動は、伸び縮みの良い会陰部分へ非常に効果的です。リラックスした状態でいることも大切であるため、やり過ぎないように注意してくださいね。また、必ず医師の許可を得てから行うようにしましょう。

会陰マッサージで出産の不安を減らそう

出産は誰しも怖いものです。何回目でも怖いものは怖いのです。会陰マッサージには、そんな不安を減らす効果もあります。できることはやったという気持ちや、リラックスしてお産を受け入れる気持ち、お産をじっくりとイメージする気持ち、そんな一つひとつがとても重要なんです。大仕事のお産を前に、会陰マッサージで少しずつ心も身体をほぐして臨みましょう。

あわせて読みたい

【妊娠線予防の人気オイル10選】クリーム・オイルどちらがおすすめ?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16772
Image
いきみ逃しの呼吸法と出産時のいきみ方は?テニスボールが役に立つ?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29547
Image
臨月の運動のポイントは?妊娠後期からおすすめの室内運動やスクワットを解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19974
Image
妊婦さんのストレッチ!妊娠初期から後期のおすすめ方法とポイント
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23733
Image
安産とは?安産になりやすいの人の特徴は?出産までにできること
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16885
Image