抱っこ紐の防寒ケープ・カバーの選び方と人気8選!ブランケットで代用はできる?

冬場の赤ちゃんとのおでかけに抱っこ紐を使うと、ママも身軽で温かいですよね。しかし、抱っこ紐から出ている赤ちゃんの手足や頭が冷えないか気になるところです。ここでは、抱っこ紐を使用するときの防寒ケープ・カバーのおすすめと選び方、防寒ケープやカバーを手作りする方法について紹介します。

37218

目次

  1. 抱っこ紐の防寒グッズは必要?上手な選び方は?
  2. 抱っこ紐の防寒に、ダウンのケープやカバーが人気!
  3. 抱っこ紐の防寒にブランケットを代用する人も
  4. 抱っこ紐の防寒にはカバーオール・ジャンプスーツもおすすめ!
  5. ママコートを使えばママもぽかぽか
  6. 冬の防寒の定番!帽子と靴下
  7. 抱っこ紐のときも寒さ対策を忘れずにしよう
  8. あわせて読みたい

抱っこ紐の防寒グッズは必要?上手な選び方は?

抱っこ紐でのおでかけ時に赤ちゃんを守る防寒グッズ

赤ちゃんとおでかけするときに抱っこ紐を使うと、両手が開いて動きやすいので大変便利です。ママと赤ちゃんの顔の位置が近く、身体を密着させて移動ができるので、寒い時期のおでかけにぴったりですよね。

しかし、赤ちゃんの手足や頭が抱っこ紐の外に出てしまうため、風邪をひくのではないかと心配ですよね。赤ちゃんは自分で衣服の調整をしたり、寒さを言葉で訴えたりすることができないので、あらかじめ防寒対策をしておきたいというママもいるでしょう。また、抱っこ紐の防寒カバーや防寒グッズは風を通さず、撥水性を兼ね備えているものも多いので、雨風の強い日のおでかけ時には重宝するでしょう。

抱っこ紐で使える防寒アイテムのほとんどが、抱っこ紐使用時に限らずベビーカーでも使用できます。冬のおでかけに必ずしも必要なものではないですが、持っているといろいろなシーンで活躍しますし、安心して抱っこ紐でのおでかけを楽しめるでしょう。

抱っこ紐防用寒グッズの上手な選び方

抱っこ紐の防寒グッズといっても、防寒カバーに分類されるケープやブランケット、ママコート、赤ちゃんのカバーオール、帽子、フットマフなど種類はさまざまです。赤ちゃんのタイプやママの好みに合わせて、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

ケープやブランケットだと赤ちゃんと一緒にママも温かく移動ができますし、薄手のものを選んでおけば、夏場の冷房よけにもなります。着脱が簡単なものが多く、抱っこ紐からベビーカーに切り替えたときにも、そのままベビーカー用の防寒グッズとして使用できるので便利です。

ママコートや赤ちゃんのカバーオールは、防寒機能がしっかりしているので徒歩や自転車での移動が多い家庭では重宝するでしょう。ただし、室内に入ったときにかさばって荷物になったり、着脱する際に手間がかかったりするかもしれません。

帽子や靴下といった小物の防寒グッズは、ピンポイントで抱っこ紐から出ている部分をカバーすることができますが、落としやすいというのが難点です。手足をよく動かす赤ちゃんや、抱っこよりおんぶで抱っこ紐を使うことの多い家庭では使用時に注意が必要ですね。

抱っこ紐の防寒に、ダウンのケープやカバーが人気!

防寒カバーとして人気が高いのが防寒ケープです。持ち歩きにかさばらない薄手のものから、しっかり赤ちゃんを守ってくれる大判で厚手のものまで、さまざまなタイプのケープが販売されています。

特に、おくるみやブランケットとしても使える多機能なタイプや、軽量で赤ちゃんを外気からしっかり守ってくれるダウンタイプなどが人気です。抱っこ紐の防寒ケープは、クリップやボタンで抱っこ紐にとめることができるため、ずり落ちの心配がありません。取り付け方も簡単で、他の防寒具に比べて着脱しやすいのが特徴です。

Article link icon
抱っこ紐用ケープの人気13選!冬の防寒・夏のUV対策におすすめは?

1.BuddyBuddy  くるみけっと

くるみケット
¥4,180〜(2018/11/08 時点)

BuddyBuddyのくるみけっとは、抱っこ紐専用ではなくおくるみや授乳ケープとしても使える多機能タイプです。スナップボタンで簡単に装着できますよ。おくるみや幼児のケープとしても使用ができるよう設計されており、新生児期から3~4歳くらいまで活躍します。

2.BuddyBuddy Premium フィットケープ

BuddyBuddy Premium フィットケープ
¥5,500〜(2018/11/08 時点)

BuddyBuddy プレミアムダウンケープは、赤ちゃんをしっかり包みこむように設計された、フェザー入りダウンの抱っこ紐用防寒ケープです。撥水性のあるタフタ素材の表地なので急な雨にも安心です。赤ちゃんの足や胴体部分まですっぽりと覆うことができるようになっているので、おんぶで抱っこ紐を使用するときにも安心です。

Article link icon
バディバディ(Buddy Buddy)の抱っこ紐の使い方と人気14選!…
Article link icon
バディバディのおんぶ紐6選を紹介!特徴や使い方、口コミは?

3.SWEET MOMMY ダウンブランマフ

SweetMommy ダウンマフ
¥9,622〜(2018/11/08 時点)

SWEET MOMMYのダウンブランマフは、上質なダウンを使用しているので軽くて暖かいのがポイントです。ケープとフットマフの機能を両立させているので、寒い日のおでかけにも安心です。ほかにも6通りの使用方法があり、「成長に合わせてフットマフの長さ調節ができる」「ハンドウォーマーつきの収納用ママトートがついている」などうれしいオプションが盛りだくさんです。

外側は撥水加工ですが、内側はオーガニックコットンとなっているため、肌の弱い赤ちゃんや、天然素材にこだわりのあるママに嬉しい作りになっています。

防寒ケープの手作りはできる?

防寒ケープを手作りするのは一見難しそうに思えますが、赤ちゃんの首から足先までをすっぽり覆うことができるくらいの大判の布地とスナップボタンなどがあれば、ミシンで簡単に作れるようです。防寒用なのでフリースやネルといった温かい肌触りの素材がおすすめですが、お気に入りのデザインのものを見つけて防寒ケープを手作りするのも良いでしょう。

抱っこ紐の防寒ケープは抱っこ紐を使わなくなれば、使うチャンスがないかもしれません。多くの防寒ケープは多機能だったり、材質がダウンやフリースなどしっかりしたもので作られていたりして高額な商品もあります。オリジナルな一枚を手作りできると素敵な思い出にもなりますし、経済的ですよね。

ネットで検索をすると、手作り防寒ケープを販売しているママもいますし、防寒ケープの作り方を紹介しているブログやまとめサイトなどもあります。ぜひ参考にして思いのこもった防寒ケープを手作りされてみてはいかがでしょうか。

抱っこ紐の防寒にブランケットを代用する人も

抱っこ紐の防寒に、ママや赤ちゃんのお気に入りのブランケットを代用する人もいます。100円均一やベビー用品店などで手に入るクリップを使えば、ブランケットは立派な防寒カバーになります。持ち運びや取り外しも楽で、ママや赤ちゃんのお気に入りの一枚を利用できるところが良いですよね。ブランケットの素材にもよりますが、金具がついていないので洗濯も簡単です。

4.kashwere(カシウエア) ベビーブランケット

ベビーブランケット&キャップ
¥5,390〜(2018/11/08 時点)

カシウエアは1999年にアメリカで発売されて以来、カシミアのようなふわふわな肌触りが評判を呼び、ハリウッドセレブを中心に世界中の人を魅了しているファブリックブランドです。

カシウエアのなかでも、定番のベビーブランケットとキャップのセットは色のバリエーションが豊富です。キャップ付きのこのセットは、ブランケットを防寒カバー代わりに利用したときに、カバーから出る赤ちゃんの頭をしっかり外気から守ってくれます。カシウエアは吸水性、速乾性が優れているため、まめに洗濯をして清潔に保つことができるのも魅力のひとつです。

Article link icon
ベビーカーのブランケットクリップ12選!選び方や使い方は?安い、キャラ…
Article link icon
ベビーブランケットの役割や生地とは?人気ブランドと作り方

抱っこ紐の防寒にはカバーオール・ジャンプスーツもおすすめ!

防寒ケープやブランケットなどの気に入った防寒カバーが見つからなかったというママは、防寒機能のあるウェアを利用するのも良いでしょう。

抱っこ紐を装着する前に、赤ちゃんに暖かい素材のカバーオールやジャンプスーツを着せておくと、安心しておでかけできそうですね。カバーオールやジャンプスーツには、つま先まで覆っているデザインやフードがついたものがあり、抱っこ紐から出ている頭や手足をしっかり寒さから守ってくれます。

子どもがアウターでカバーオールを着ることができるのは、赤ちゃんのときだけです。かわいい赤ちゃん時代の思い出になる一枚を見つけられると良いですね。

5.着ぐるみ 赤ちゃん ベビー用着ぐるみ 変身耳付き

着ぐるみ 赤ちゃん ベビー用着ぐるみ 変身耳付き
¥3,229〜(2018/11/08 時点)

赤ちゃんに着せるだけで、かわいいウサギ、羊、クマに変身できる、もこもこなボア素材の防寒用ジャンプスーツです。ボア素材では珍しく、肌に優しい綿100%で作られています。70、80サイズは袖口を裏返すとミトンになり、かわいい肉球が付いています。足元は足裏まで覆われるデザインとなっているので寒い日にも安心です。90、100サイズは足底が付いていないタイプです。

ママコートを使えばママもぽかぽか

赤ちゃんを抱っこやおんぶしたまま着用できるコートを一般的に「ママコート」と言います。赤ちゃんを抱っこしていてもゆとりのある設計で、ママが使いやすい工夫がほどこされているため、ママと赤ちゃんが一緒に暖まることができます。赤ちゃんとの一体感を感じられるデザインになっているので、ママも赤ちゃんも安心して冬のおでかけを楽しめるでしょう。

ほとんどのママコートには、付属品として「ダッカー」という取り外し可能な布がついています。ダッカーを取り外すと一般的な女性用のコートに見えるため、赤ちゃんを抱っこする機会が減ってもママのアウターとして着用できます。

6.SWEET MOMMY スマートダッカー付き かるかわ キルティング ママコート

SWEET MOMMYのオリジナルママコートです。ママのおしゃれを応援するSWEET MOMMYらしく、着ぶくれしない薄手のキルティングコートです。そのため、妊娠中から利用したり、秋口から春先まで長期間着用したりするママも多いようです。

素材は撥水加工のほどこされたタイプや、赤ちゃんの肌にも安心なコットン100%のタイプがあります。好みで選べるので、素材に選択肢があるというのは嬉しいですよね。

スマートダッカー付き かるかわ キルティング ママコート
¥9,676〜(2018/11/08 時点)
Article link icon
人気のマタニティ・ママコート6ブランドの商品をご紹介!無印のコートがお…

冬の防寒の定番!帽子と靴下

暑がりなタイプの赤ちゃんには、場合は帽子とソックスを着用させるのも良いでしょう。

寒い冬にまだ髪が生えそろっていないと、外出時に頭部から身体が冷えてしまいます。赤ちゃんを寒さから守るためにも帽子を利用しましょう。赤ちゃんらしいかわいらしいデザインのものから、大人顔負けのおしゃれなニットキャップまでさまざまなデザインが販売されています。赤ちゃんが心地良く被ってくれるように、肌当たりの良い素材の商品を選びたいものですね。

家の中では冬でも靴下を履かせていない人も多いですが、外出時には足先が出ていると身体の芯まで冷えてしまいます。赤ちゃん用ソックスはおでかけにかかせないアイテムです。締めつけがきついものや、履き心地が悪いものは赤ちゃんのぐずりの原因になりかねないので、肌に優しい素材で履き心地の良いものを選びましょう。

また、着用させる際は帽子のあご紐を利用したり、マルチクリップやレッグウオーマーを使用したりして、外出先で紛失しないよう注意しましょう。

7.Amorosa mamma ゆるゆるくまちゃんフード

Amorosa mamma ゆるゆるくまちゃんフード
¥2,052〜(2018/11/08 時点)

肌触りの良いオーガニックコットンでできた、安心の日本製ベビーニットキャップです。チクチクしない素材と余裕を持たせて被らせるデザインは、長時間の着用でも赤ちゃんに不快な思いをさせません。

8.FAR EAST LOCALMADE ベビーブーティソックス

FAR EAST LOCALMADE ベビーブーティソックス
¥1,728〜(2018/11/08 時点)

抱っこ紐のときも寒さ対策を忘れずにしよう

寒い日のおでかけにはママと赤ちゃんが密着できる抱っこ紐がぴったりです。冬場は日の入りが早く、外出先から帰宅するころには予想外に気温が下がっていたということもあるでしょう。一見暖かそうに見える抱っこ紐での外出でも、防寒グッズを準備しておくとより安心して楽しめるでしょう。防寒対策を忘れずに外気から赤ちゃんをしっかり守りましょう。

あわせて読みたい

【出産祝いにもおすすめ】ベビーポンチョの選び方!通販で人気の10選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28098
Image
【夏冬別】新生児の外出は控えた方がいい?お出かけはいつから?注意点と持ち物
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28429
Image
おくるみの巻き方は?いつまで使う?正しく巻くコツと注意点
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24970
Image
【ベビーソックス】赤ちゃんの靴下はいつから必要?サイズ表とおすすめ商品15選!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28083
Image