妊娠中に温泉に入っても大丈夫?妊婦NGの泉質や感染症のリスクは?岩盤浴やサウナは?

妊娠中は何かとストレスがたまり、温泉でゆっくりしたいと思うママは多いかもしれません。温泉法で「禁忌」とされていた妊婦の温泉入浴は、2014年の法改正で変わりました。現在では温泉に入っても問題ないとされていますが、リスクはゼロではありません。妊婦さんにおすすめの泉質や入浴の際の注意事項を解説します。

43416

この記事の監修

Image
産婦人科医
池田 貴子

目次

  1. 妊婦は温泉に入っても大丈夫?2014年に温泉法が改訂
  2. 妊婦が温泉に入れる期間はいつからいつまで?
  3. 温泉の効果・効能と妊婦におすすめの泉質
  4. 気になる感染症のリスクは?
  5. 妊娠中の温泉の入り方と注意点
  6. 避けたほうが良い泉質はある?ラドン(ラジウム)や硫黄は大丈夫?
  7. サウナや岩盤浴は大丈夫?
  8. 妊婦お断りの温泉・銭湯も。事前に確認すると安心
  9. 温泉施設や旅館のマタニティプランを活用しよう
  10. 妊娠中の温泉は近場がおすすめ
  11. あわせて読みたい

妊婦は温泉に入っても大丈夫?2014年に温泉法が改訂

温泉法においては、温泉入浴によって良い効果がある「適応症」と、悪い影響をおよぼす「禁忌症」が定められています。かつて、この禁忌症のひとつに「妊娠中(とくに初期と末期)」が入っていましたが、2014年に改正され、現在では省かれています。

一般的な温泉の禁忌症は以下のようなものがあります。

・熱があるとき
・高度の貧血
・出血があるとき

これらの症状があるときは、妊娠に関わらず、温泉入浴は避けたほうが良いでしょう。体調が良ければ、妊娠中の温泉入浴は問題ないといわれています。

しかし、感染症や体調不良となるリスクはゼロではありません。温泉だからではなく、銭湯やプールなどでもリスクは同様であり、注意が必要であることを覚えておきましょう。

Article link icon
妊娠初期に温泉に入れる?気をつけることは?サウナや岩盤浴は?

妊婦が温泉に入れる期間はいつからいつまで?

Image

温泉法の改定前では、妊娠初期と妊娠末期を禁忌としていました。現在のところ、温泉に入って良い時期にとくに決まりはありません。

しかし、つわりが多く体調が安定しない妊娠初期や、破水の可能性がある臨月は避けたほうが良いでしょう。安定期でもお腹が張るときは入浴は控え、ゆっくりと横にると良いでしょう。

温泉の効果・効能と妊婦におすすめの泉質

Image

温泉のなかでも、身体の療養に役立つものを「療養泉」とよびます。療養泉にはさまざまな泉質が存在しています。療養泉は泉質に関わらず、以下のような症状に適応しています。

・痔の痛み
・関節の痛み
・冷え性
・ストレスや自律神経の不安定
・疲労回復

妊娠中のマイナートラブルに悩むママには、嬉しい効果ばかりですね。また、泉質によってもそれぞれ適応症が変わってきます。妊娠中に入ってはいけない泉質はありません。以下でとくにおすすめの泉質を紹介します。

単純温泉

溶存成分が他の温泉よりも低めですが、そのぶん刺激がマイルドなので、肌が弱いママにもおすすめです。まずは単純温泉で試してみて、体調に問題がないようであれば他の泉質を試してみても良いでしょう。

炭酸水素塩泉

「美人の湯」や「美肌の湯」とよばれる温泉に多いのが塩酸水素塩泉です。肌の角質を軟化し、乾燥を防いでくれます。冷え性にも効果的ですよ。

二酸化炭素泉

「泡の湯」ともよばれる二酸化炭素泉は、ぷつぷつと小さな気泡が肌に付着することが特徴です。保温効果や循環効果にすぐれ、自律神経の安定にも効果があるといわれています。

含鉄泉

鉄を多く含む「含鉄泉」は、空気に触れると金色に光ります。入浴すると冷え性や関節痛に効くのは一般的な温泉と同様ですが、適量を飲用することで、鉄欠乏性貧血に効果があるといわれています。温泉を飲むときは、必ず定められた量や飲み方を守りましょう。

気になる感染症のリスクは?

Image

入浴中、お湯を介して性感染症などに感染する可能性はほとんどないといわれています。妊娠中は免疫が弱くなっているため、感染症のリスクはありますが、温泉の入浴が外陰や腟、子宮からの感染を助長するわけではありません。

妊娠中にかぎらず、ヘルペスやトリコモナス症、カンジダ症、毛じらみなどは、シーツやタオルからも感染する可能性があります。心配し過ぎる必要はありませんが、清潔な自分のタオルを使う、ブラシは共有しない、椅子は座る前に一度洗うなど、脱衣所や洗い場では注意しましょう。

妊娠中の温泉の入り方と注意点

Image

妊娠中にかぎらず、食事の直前や直後の入浴は避けましょう。温泉に入る前、入った後はしっかりと水分補給をする必要があります。急な血圧上昇を防ぐため、以下のような流れを守ると安心です。

1.手足にかけ湯する
2.全身を洗い流す
3.入浴は1回当たり3~10分程度にする(慣れたら少しずつ延長する)

高血圧の人やのぼせやすい人は、42度以上のお湯に入るのは避けましょう。床が滑りやすくなっているので、足元に気をつけてゆっくり移動し、転倒に注意してください。

温泉を出るときは成分を流さないように、シャワーをせずにタオルでふき取ることが推奨されています。湯冷めしないように、上がったらすぐに服を着ましょう。

温泉にきたら「温泉卵」を食べたいというママもいるかもしれません。生卵を65〜68℃程度のお湯に30分以上浸けたものを温泉卵とよびます。市販の温泉卵でサルモネラ菌に感染する可能性は低いですが、不安であれば避けたほうが良いでしょう。

避けたほうが良い泉質はある?ラドン(ラジウム)や硫黄は大丈夫?

Image

妊婦が入ってはいけない泉質は、基本的にありません。微量の放射能(ラドン)を含む「放射能泉」を不安に思う人もいますが、微量の放射能は炎症に効果があり、胎児への直接の影響はないとされています。

酸性が強い「酸性泉」や強い殺菌力がある「硫黄泉」は、人によっては皮膚に染みたり、肌荒れしたりすることがあります。肌に合わないと感じたら、入浴を控えましょう。また、アルカリ性が強い泉質は床がぬるぬるしやすいので、転ばないように注意が必要です。

サウナや岩盤浴は大丈夫?

Image

妊娠中のサウナや岩盤浴に関しては、賛否両論があるようです。きちんと時間や方法を守れば問題ないという意見もありますが、大量に汗をかくことで脱水症状やのぼせが起こるリスクがあります。感染症の可能性もゼロではありません。

基本的には、妊娠中のサウナや岩盤浴は避けたほうが無難でしょう。どうしても入りたいときは、事前に医師に相談してくださいね。

妊婦お断りの温泉・銭湯も。事前に確認すると安心

Image

温泉法では妊娠中の入浴は禁じられていませんが、お店の方針によっては断られることがあります。転倒や破水など妊娠中のトラブルを予防するため、他のお客さんに迷惑をかけないようにするためなど、理由はさまざまです。妊娠中に旅行や日帰り入浴を検討している場合は、事前に確認すると良いでしょう。

温泉施設や旅館のマタニティプランを活用しよう

Image

温泉に行くのであれば「マタニティプラン」がある場所を選ぶのも良いでしょう。マタニティプランでは、ママに嬉しいサプライズや特典が用意されています。

サービス内容はさまざまです。抱き枕を用意してくれたり、禁煙のお部屋にお部屋食を通してくれたり、ノンカフェインの飲み物を用意してくれたり、体調不良によるキャンセル料が免除されたりします。

「マタニティプラン」と宣伝していなくても、温泉施設によっては妊婦歓迎のところが多く存在しています。ぜひこの機会に活用してみましょう。マタ旅(マタニティ旅行)の際は、母子手帳や健康保険証を忘れずに持って行ってくださいね。

妊娠中の温泉は近場がおすすめ

Image

妊婦さんが温泉に入っても、基本的に問題はありません。しかし、妊娠中はいつ体調が変化するかわからず、転倒などにも注意が必要です。

温泉に行く際はママの身体を第一に考え、くれぐれも無理をしないようにしてくださいね。温泉旅行を企画するのであれば、すぐに産院に行ける距離までにしておくと、いざというときでも安心でしょう。

あわせて読みたい

妊娠初期に飛行機に乗れる?放射線や気圧の影響は?気をつけることは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28987
Image
妊婦の旅行はいつまでOK?注意点は?おすすめスポットから持ち物までマタ旅を徹底解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/17335
Image
安定期はいつからいつまで?妊娠何週目が目安?つわりの変化や過ごし方、流産のリスクについて
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30440
Image
マタニティグッズ、本当に必要なものは?一覧と購入できるお店・通販
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26789
Image