更新日:2017年08月03日

妊婦はココアやミロを飲んで良い?デメリット・メリットまとめ。カフェインの含有量は?

食事や生活の制限が多い妊婦にとって、大切なリラックスタイム。いろいろな食事や飲みものが制限される中で、ココアを飲んでも良いのか、迷うこともあるのではないでしょうか?ここでは、ココアやそれに似たミロを妊婦が飲んでも良いのか。ココアを飲むことによるメリットとデメリット、カフェインの量などについて、ご紹介します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
20002
0

妊婦はココアを飲んでも良い?

Image

ココアにはカフェインが含まれています。妊婦は、カフェインの含まれるココアを飲んでも良いのでしょうか。

妊婦がカフェインを気をつける理由とは?

カフェインにはさまざまな効果がある分、妊婦であれば、気を付けたほうが良い作用もあります。日本では、カフェイン摂取量の明確な基準はありません。しかし、海外ではカフェインの摂取については制限する助言をする国も多く、日本の機関もそれを参考にするように呼びかけています。

妊婦に限らず、一般的にカフェインによる急性作用としては、中枢神経を刺激するため、不眠症や下痢、めまいや心拍数の増加、吐き気をもたらすことがあるとされています。

イギリスの機関が胎盤・胎児には、カフェインを分解排出するのに必要な酵素がないため、妊娠中のカフェイン摂取には「胎児の発育遅延」の可能性があることを指摘しています。また、200mgのカフェインを摂取した際に、胎盤の血流が25%減少する可能性があるとされています。

Mobile favicon

カフェインレス?それともデカフェ?妊娠中でもごくごく飲める、こんなコーヒーはいかが?

ココアに含まれるカフェイン量

それでは、ココアに含まれているカフェイン量とは、どれぐらいなのでしょうか。ココアにもさまざまな種類がありますが、「ピュア(純)ココア」はカカオ豆を微粉末にしたもので、カフェインが含まれています。100mlのお湯の中に、ピュアココアを4g使用した際のカフェイン含有量は8mgです。

一杯分の分量で、コーヒーは60mg、紅茶は30mgということと比較すると、ココアのカフェイン含有量は、コーヒーの7分の1で、微量であることがわかりますね。

ココアはどれぐらい飲んで良い?ポイントは糖分とテオブロミン

カフェインをココアだけで摂ると考えれば、一日25杯までという計算になり、ほとんど気にせず飲めると思ってしまいそうです。しかし、ココアに関しては、他にも注意すべき点があります。

ひとつは、テオブロミンという成分で、自律神経を調節する働きがあり、リラックス効果があるそうです。しかし、それだけなら良いのですが、カフェインと同じく気管支拡張、利尿、興奮等の生理作用があるといわれています。

具体的な量としては、ピュアココア、約150mL中、カフェイン2~20mgに比べ、テオブロミンが75~150mg。ミルクココアは約150mL中、カフェイン1~15mgに比べ、テオブロミンは50~100mg含まれるといわれています。

こうしてみると、カフェインよりもテオブロミンが多く含まれるので、注意が必要です。眠りを妨げてもいけませんので、眠る前に飲むときは、ミルクを多めにするなど工夫すると良いようです。

もうひとつの点は、ココア、特に調整ココアには糖分が多く含まれるということです。ピュアココアのカロリーが一杯分16kcalであるのに対し、砂糖を含むココアは80kcalですので、体重増加にも注意が必要な妊婦にとっては、何十杯も飲むというわけにはいかなさそうです。

カフェインはあまり気にする必要のない量ですが、テオブロミン、糖分やカロリーなども考えると、一日数杯程度なら安心して飲めるといえるでしょう。

ミロはどれぐらい飲んでも良い?

Image

ココアと似た飲みものに、ミロがあります。似ているようで、成分などは大きな違いがありますので、ここでご紹介します。

ミロに含まれるカフェイン量

まず、ミロとココアの違いですが、ココアはココアパウダーをメインの成分とし、砂糖や乳製品を加えたものです。いっぽう、ミロは麦芽エキスをメインの成分としている麦芽飲料です。麦芽エキスにビタミンやカルシウム、鉄分等の7つの栄養素をプラスしたココア風味の麦芽飲料なのですね。

ただ、ココアもミロの原材料の中に含まれていますので、カフェインやテオブロミンも含まれることになります。しかし、ミロに含まれているカフェインは1杯あたり、コーヒーの10分の1未満のわずかな量になります。

1日に飲んでも良い量

上記のことから、ミロに含まれるカフェインの量はわずかであり、ココアと同じく一日数杯であれば、心配なく飲むことができます。カルシウム等の栄養素も豊富に含まれていますので、うまく活用していきたいですね。

ココアの効果とは

Image

ココアの注意点だけでなくココアの持つ良い効果についても、代表的なものをご紹介します。

冷え性の改善効果

ココアには冷え性改善効果があるといわれています。指先などの身体の末梢部の血行が改善される効果があり、それが冷え性の改善をもたらしているようです。アイスココアでも体の表面温度の変化が少なく、低下しても元の温度に戻りやすい傾向がみられます。

冷たい飲みものでも、身体が冷えにくいという嬉しい効果です。ショウガと比べても、長い時間、身体が温まるという結果もあるようです。

食物繊維による便秘改善

ココアには、便秘改善効果があるといわれています。例えば、純ココア10gには、食物繊維が2.8g含まれており、その中でも不溶性食物繊維のリグニンが、腸内環境の善玉菌を増やしてくれるそうです。便秘に悩まされがちな妊娠中には嬉しい効果ですね。

風邪やインフルエンザ、O157 などに対する抗菌作用

最近の研究では、ココアの抗菌作用について注目が集まっています。インフルエンザウィルスのワクチンを接種したときに、ココアを飲んだ人の方が、インフルエンザにかかりにくいという効果があったという報告がされています。

また、風邪についても、予防できたり、たとえかかっても症状が軽く済んだりするような効果が報告されています。O157などに対してもその予防効果が現れたデータもあり、身体を守る作用がたくさんありそうです。飲める薬も限られる妊娠中には嬉しい効果ですね。

おすすめのココアをご紹介

おいしくて身体にも良い、おすすめのココアをご紹介します。

純ココア

81q4ojxfuzl. sl1500

バンホーテン ピュアココア 200g

¥797〜(2017/08/03 時点)

内容量は200g。カロリーは1杯4.0g当たり 16.8Kcal。原材料はココアパウダー(ココアバター22%~24%含有)。商品サイズは(高さ×奥行×幅)130mm×70mm×70mm。

バンホーテン ピュアココア 200gは、カカオ豆100%からつくられています。香料や添加物を含まない純ココアです。1828年、世界で初めてココアパウダーの製造法を発明したのがバンホーテン。やはり、深い味わいのココアで、純ココアの中では有名で、手にも入りやすい商品です。

ミルクココア

41httwo1hpl

森永製菓 ミルクココア スティック 5本入

¥230〜(2017/08/03 時点)

原材料は、砂糖、ココアパウダー(ココアバター15~17%)、脱脂粉乳、ぶどう糖、食塩、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)。栄養成分は1本(12g)当り、熱量43kcaL、たんぱく質1.4g、脂質0.6g、糖質7.9g、食物繊維1.2g、ナトリウム53mg、ポリフェノール150mg。アレルギー物質は乳。

こちらも有名な森永のミルクココアです。手に入りやすいもので、カカオ本来の豊かな香りと味わい、ミルクのコクを感じられます。こちらは、便利なスティック包装になっています。

大人な黒糖ココア

61lppmhmn l

大人な黒糖ココア150g

¥540〜(2017/08/03 時点)

調整ココア。原材料名は粗糖、有機ココアパウダー(ココアバター20~22%)、黒大豆きなこ(国産)、黒ねりごま、黒糖(沖縄産)、糖蜜。内容量 150g。賞味期間 製造から300日。

沖縄宝島ブランドの「大人な黒糖ココア」です。有機ココアに、黒糖と、黒ごま、黒大豆きな粉を使用。黒大豆きな粉は国産、黒糖は沖縄産で、安心して飲めます。

妊婦に良いことたくさんのココアで楽しい時間を

Image

ほっと一息つきたいときの、大切なきっかけになる飲みもの。注意すべき点もありますが、適量を守ればココアには嬉しい効果もたくさんあります。

筆者も妊娠中は、普段はノンカフェインのお茶などを飲む中で、外出中に立ち寄ったコンビニでお茶以外の温かいものを飲みたくなると、ココアにお世話になっていました。うまく活用して、楽しい時間を手に入れて、風邪も寄せつけない元気な日々をお過ごしください。

あわせて読みたい

Image

【妊活・妊娠・授乳・卒乳】ママに人気のAMOMAのハーブティー・オイルとは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28364
Image

妊娠中におすすめの飲み物・注意すべき飲み物一覧!先輩ママ100人のアンケートも記載

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/16399
Image

妊婦さんにおすすめのルイボスティー3選!妊娠中にカフェインがダメな理由とは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28341
Image

妊娠中に飲んではいけないハーブティーは?流産の危険性も?おすすめも紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/11174
Image

妊婦はほうじ茶・玄米茶・緑茶などを飲んでもよい?妊娠中におすすめのお茶は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28349

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事