胎児性アルコール症候群はいつわかる?顔に特徴が出る?診断基準と対策

妊娠中の飲酒にはさまざまなリスクがありますが、その中でも代表的なものが「胎児性アルコール症候群」です。妊娠中はアルコールの摂取を控えるように指導されるのが一般的ですが、実際に胎児にどのような影響を与えるのでしょうか。胎児性アルコール症候群の症状や確率、エコー検査でわかるのかどうか、診断の方法、対策について解説します。

30958

この記事の監修

Image
小児科医
染谷 朋之介

目次

  1. 「アルコール」は女性にとっても身近な存在に
  2. 胎児性アルコール症候群(FAS)とは?
  3. 胎児性アルコール症候群はいつわかる?エコー写真で検査・診断可能?
  4. 胎児性アルコール症候群を発症する確率と飲酒量
  5. 胎児性アルコール症候群の治療法はあるの?
  6. 胎児性アルコール症候群の対策は?妊娠超初期の場合は?
  7. アルコール摂取を控えて安心できる妊婦生活を
  8. あわせて読みたい

「アルコール」は女性にとっても身近な存在に

お酒は男性に限らず一部の女性にとっても身近な嗜好品のひとつかもしれません。飲み会や晩酌など、さまざまな場面でお酒を飲む機会がある女性もいるのではないでしょうか。

平成27年に厚生労働省がとりまとめた「国民健康・栄養調査」では、女性全体の8.1%が1日当たり20g以上の純アルコールを摂取しているという結果が発表されました。(※1)20gの純アルコールは「生活習慣病のリスクを高める量」として計算されており、清酒1合分、ビールの中瓶1本分、ワイン2杯分に相当する量です。また2008年に行われた全国調査では、20代の女性の飲酒割合が同年代の男性の飲酒割合を上回ったという報告もあります。(※2)

女性にとっても身近になりつつあるアルコールですが、タバコやカフェインと同様に妊娠中には控えるべきだといわれています。医師や周囲の人から控えるように指導されたことがある妊婦さんも多いかもしれませんね。どのようなリスクがあるのでしょうか。

胎児性アルコール症候群(FAS)とは?

Image

妊娠中の飲酒は必ずしも母体や胎児に深刻な影響をおよぼすわけではありませんが、流産や死産の原因になることがあるほか、生まれてくる赤ちゃんにさまざまな影響を与えることがあります。胎盤を通じて届いたアルコールが分解されず、赤ちゃんの体内に残ることがあるためです。飲酒していた妊婦さんから生まれた赤ちゃんにみられる症候群を「胎児性アルコール症候群(FAS: Fetal Alcohol Syndrome)」と呼びます。どのような症状や特徴があるのか、みていきましょう。

低体重や特徴的な顔貌(がんぼう)、脳障害といった症状

胎児性アルコール症候群の特徴としてよく知られているのは、子宮内での胎児の成長が遅く、出生時に低体重だったり、特徴的な顔つきで生まれてきたりする点です。具体的な顔の特徴としては、唇が薄い、鼻が低い、顎が小さい、目が小さい、顔が平ら(彫が浅い)といったものがあげられます。このほか、通常よりも小さな頭位で生まれる(小頭症)、耳が聞こえにくい(難聴)、直立歩行が難しいといった中枢神経にかかわる症状・障害もみられます。

胎児性アルコール症候群の症状すべてに当てはまるわけではなくても、行動や認知に異常がみられるために「アルコール関連神経発達障害」と診断されたり、心臓、腎臓、骨、聴覚に異常があるために「アルコール関連先天異常」と診断されたりするケースもあるようです。

発達障害やうつ病、成人後の影響も

近年では、出生直後にみられる症状や障害だけでなく、発達障害(ADHD)やうつ病、成人後にあらわれる影響など、幅広い影響が懸念されています。

このように飲酒による影響はさまざまであることから、母親のアルコール摂取によって起こる出生障害全体を「胎児性アルコール・スペクトラム障害(FASD:Fetal Alcohol Spectrum Disorders)」という総称で呼ぶこともあります。

胎児性アルコール症候群はいつわかる?エコー写真で検査・診断可能?

Image

胎児性アルコール症候群はいつわかるのでしょうか。妊婦健診で撮影するエコー写真からわかるのかどうか、わかるとすればどのような特徴がみられるのか気になる人がいるかもしれません。

アルコールの影響がいつわかるかは、胎児(赤ちゃん)それぞれの状況によって異なります。エコー写真では胎児の発育状況をみることができるので、胎児性アルコール症候群の特徴のひとつである子宮内での発育の遅れや低体重についてはわかるかもしれません。

しかし、発育の遅れは必ずしもアルコールの影響とは限らず、顔つきの特徴や中枢神経系の障害といった要素がわかって初めて「胎児性アルコール症候群」と診断されるため、確定診断は簡単ではないことが多いでしょう。出生後にさまざまな検査をしてようやく判明する場合もあるかもしれません。厚生労働省のサイトでは、以下の診断基準があげられています。

1.妊娠中の母親の飲酒
2.特徴的な顔貌
3.出生時低体重・栄養とは関係ない体重減少、身長と釣り合わない低体重などの栄養障害
4.出生時の頭囲が小さい・小脳低形成・難聴・直線歩行困難などの脳の障害

引用元:www.e-healthnet.mhlw.go.jp

胎児性アルコール症候群を発症する確率と飲酒量

Image

発症する確率は全妊婦の0.1~0.2%程度

胎児性アルコール症候群になる頻度・確率は民族や国によって異なりますが、おおむね0.01~0.02%(1万人に1~2人)程度であるといわれています。決して高い数字ではないようにみえるかもしれませんが、飲酒していない妊婦さんも含んでいるので、一概に多い・少ないと判断するのは難しい数値ですね。飲酒した妊婦さんの中での発症率や飲酒量別の発症率といった詳しいデータは不明です。

危険な飲酒量や時期は一概には言えない

胎児性アルコール症候群は妊娠中の母親の飲酒が原因です。妊娠中にこのくらいの量のアルコールを摂取すると発症する、逆にこのくらいなら発症しない、というような明確な基準はありません。少量の飲酒でも発症した例があるため、「少しだけだから大丈夫」と安心できるわけではなさそうです。

また飲酒の時期についても、この時期だから大丈夫、というような具体的な目安はありません。一般的に妊娠初期はさまざまな器官が形成される時期であるため、アルコールの影響による特徴的な顔貌や奇形が起こりやすいと考えられています。一方で、妊娠中期~後期は発育の遅れや中枢神経にかかわる障害が生じやすいといわれています。このように、妊娠中であればどの時期であっても何らかのリスクが考えられるため、時期にかかわらず油断しないようにしたいですね。

飲酒量が多い人は特にリスクが高い

胎児性アルコール症候群を発症する飲酒量の閾値は明らかではありません。一般的に大量飲酒をしている妊婦さんに発症することが多く、飲酒量が多いほど危険性が高いといわれています。厚生労働省の資料には、「1日に純アルコール(エタノール換算)60mL以上の摂取で高頻度の発症が認められている」(※3)との記載があります。この量はビールの中瓶に換算すると約2.5本分、ワインではグラス約4杯分に相当します。

アルコール依存症の妊婦さんや1日に何杯もビールを飲んだ妊婦さんから生まれた赤ちゃんは、胎児性アルコール症候群をはじめとするアルコールによる影響がみられる可能性がより高くなるといえるでしょう。

また、アルコールの合計摂取量は同じであっても、少量のアルコールを毎日飲み続けるケースと短期間に一気に大量の飲酒をするケースでは、後者のほうが、リスクが高いと考えられています。

胎児性アルコール症候群の治療法はあるの?

Image

妊娠中の飲酒によって赤ちゃんが胎児性アルコール症候群を発症した場合、残念ながら現時点では治療法がありません。子どもが大きくなるにつれて顔つきの特徴が目立たなくなったり、精神疾患の特定の症状を薬によって一定程度抑えることができたりするケースは考えられるようです。しかし根本的に治すことはできないというのが現状です。そのため、発症しないように対策を徹底することがもっとも大切になります。

胎児性アルコール症候群の対策は?妊娠超初期の場合は?

Image

妊娠中は飲酒しないのが一番

胎児性アルコール症候群を発症しないようにするためには、「飲酒をしない」ことに尽きます。時期や量によって「このケースなら安全」と言い切ることは難しいため、妊娠中はどの時期であっても、少量であっても、飲酒を控えることをおすすめします。

妊娠超初期の飲酒は心配しすぎないで

妊娠中は飲酒を控えるべきだとわかっていても、妊娠が判明していない妊娠超初期の段階で、たまたまお酒を飲んでしまったという人もいるのではないでしょうか。妊娠超初期のアルコール摂取は胎児の奇形などにはほとんど影響しないとする説もあるようです。しかし安全性が確立しているわけではなく、控えるべきであることに変わりはありません。

しかし、飲酒をしたからといって必ずしも胎児性アルコール症候群になるわけではないため、心配しすぎる必要はないでしょう。妊娠判明後から飲酒を控えるように努めてください。大量に飲酒してしまい不安な場合は、念のため医師に相談しておくと安心できるかもしれませんよ。

Article link icon
妊娠超初期に飲酒しても大丈夫?アルコールの赤ちゃんへの影響は?

アルコール摂取を控えて安心できる妊婦生活を

妊娠中のアルコール摂取を控えることは、流産や生まれてくる赤ちゃんの病気・障害のリスクを下げることにつながるのはもちろんのこと、「赤ちゃんに何かあったらどうしよう」という不安やストレスを避けることにもつながるかもしれません。できるだけ安心して妊婦生活を送るためにも、飲酒は避けるようにしたいですね。

とはいえ、もともと飲酒習慣があったり、飲酒がストレス発散や友人との大切なコミュニケーションの一環になっていたりして、簡単には禁酒できないと感じている人もいることでしょう。

禁酒は最初のうちは少し大変かもしれません。妊活を始めるタイミング、遅くとも妊娠が判明したタイミングからは、お酒の席を控える、ノンアルコールカクテルを飲むようにするなど、自分にあった方法を試していきましょう。できれば周囲の協力も得られると心強いですね。どうしても難しい場合は、ひとりで悩まずに医師に相談してみましょう。

あわせて読みたい

妊娠中の飲酒は障害などの影響が出る?少量などケース別の疑問を解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19952
Image
妊活中のお酒やカフェインはダメ?胎児に与える影響は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28277
Image
低出生体重児の我が子、1歳の特徴は…?原因やリスクは?【体験談&小児科医監修】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/11273
Image
妊娠中のタバコの影響は?副流煙のリスクや禁煙方法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/12748
Image
タバコは不妊に関係する?妊活中の男性・女性の身体への影響を解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28655
Image
デカフェ・カフェインレスの意味は?ノンカフェインで、妊婦も安心の飲み物をご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/7925
Image
妊婦は紅茶を何杯飲める?ノンカフェインのおすすめ紅茶や飲みすぎに注意が必要な理由
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28385
Image