サンアンドビーチの抱っこ紐は新生児に使えておんぶもできる?はおしゃれでかわいいアイテム紹介!

サンアンドビーチの抱っこ紐は、柄のバリエーションが特徴的な商品です。テキスタイル作家とのコラボモデルや刺繍モデルなど様々なタイプがそろっています。また、軽量であったり小柄なママにぴったりであったりなど、機能性にも優れています。ここでは、サンアンドビーチの抱っこ紐の特徴、人気柄、関連グッズ、口コミの紹介をします。

29762

目次

  1. サンアンドビーチの抱っこ紐の特徴
  2. サンアンドビーチの抱っこ紐
  3. 女の子のママに人気のサンアンドビーチの抱っこ紐
  4. 男の子のママに人気のサンアンドビーチの抱っこ紐
  5. サンアンドビーチの抱っこ紐関連グッズ
  6. サンアンドビーチの抱っこ紐なら、毎日がちょっと幸せになる!
  7. あわせて読みたい

サンアンドビーチの抱っこ紐の特徴

ママやパパへの負担が小さい

サンアンドビーチの抱っこ紐は、重い荷物を持つ登山用アウトドアリュックと同様の構造をとっています。肩のみで支える抱っこ紐と比べると、肩への負担が40%以上軽減されるようです。ウレタンパット入りの厚みのある腰・肩ベルトにより、長時間の使用でも、肩や腰が痛くなりにくい作りになっています。

豊富なバリエーション

サンアンドビーチの抱っこ紐には15種類以上のバリエーションがあるため、選ぶ楽しみがあります。子育てで一番大切なのは「楽しむ」ことだと考えるサンアンドビーチらしいですね。人に見せたくなるようなシンプルかつ洗練されたデザインの抱っこ紐がそろっていますよ。

日本人の体形に配慮し小柄なママでも安心!

小柄なママにとっては海外製品の抱っこ紐は大きく、フィットしても調整ベルトがあまるなどのデメリットが付きものでした。国産だからこそのこだわりのひとつが、日本人の体形に配慮したサイズ感です。サンアンドビーチの抱っこ紐は150cm以下のママにも180cm以上のパパにも愛用されています。

安心安全の国内生産

サンアンドビーチは100%国内生産で、一年間の製品保証が付いています。用途に合わせて専用ミシンを使い分け、縫製のプロが質の高い技術で一つひとつ丁寧に製作し、厳重に品質チェックをした上で商品が届けられています。

ペットボトルよりも軽い!

抱っこ紐は毎日使うものなので、サンアンドビーチでは持ち運びのしやすさも大切に考えています。抱っこ紐の重さはペットボトルよりも軽い470gです。折りたたむと幅35cm×高さ15cm×厚み15cmになり、コンパクトに収納できます。

抱っこもおんぶもできる

サンアンドビーチの抱っこ紐は、抱っことおんぶができる2way仕様となっています。装着も簡単で、抱っこからおんぶへの抱き替えの際、抱っこ紐を外す必要がありません。

赤ちゃんの成長と安全に配慮!

赤ちゃんの足は、カエルのようにM字に開いた形が一番楽な姿勢だといわれています。また、小児科の医師も、足を開いた姿勢で抱っこする「コアラ抱き」を推奨しています。

サンアンドビーチのベビーキャリアは、赤ちゃんを支える背中の布と太もも部分にあるクッションにより、ハンモックのような自然な座り心地になっています。このときの赤ちゃんの姿勢はまさに「コアラ抱き」そのものです。また、赤ちゃんの安全を第一に考え、抱っこ紐の内側に赤ちゃんを支えるメッシュ素材のインナーサポートが付いています。おんぶのときも安心ですね。

サンアンドビーチの抱っこ紐

stars-linen

【サンアンドビーチ】stars-linen
¥25,500〜(2022/03/23 時点)

■対応月齢:生後2週間から3歳頃まで
■ウエストサイズ:60~115cm
■素材:麻100%
※ベビー安全ベルトは磁気バックルのためペースメーカーなど電子医療機器装着の方は使用しないでください。

遠州産の麻キャンバス生地に、星と月の刺繍をさりげなくあしらったナチュラルテイストの抱っこ紐です。生地は手間がかかる工程を経てつくられ、肌あたりの良いふっくらとした風合いに仕上がっています。

サンアンドビーチの抱っこ紐は、新生児から使えるのも特徴です。もともとはインサートを使用していましたが、リニューアルしてそのまま使えるようになりました。使い勝手の良さがアップしたのはうれしいですね。

女の子のママに人気のサンアンドビーチの抱っこ紐

margaret Annie

【サンアンドビーチ】margaret Annie
¥27,500〜(2022/03/23 時点)

■対応月齢:生後2週間~3歳頃まで
■ウエストサイズ:60~115cm
■素材:綿100%
■テキスタイルデザイン:日本
※ベビー安全ベルトは磁気バックルのためペースメーカーなど電子医療機器装着の方は使用しないでください。

サンアンドビーチのmargaret Annieは、細やかな花柄が特徴的なリバティプリントを採用しています。このテキスタイルはサンアンドビーチ限定の特別なモデルとしてつくられました。

美しいパープルのグラデーションが胸元を明るくし、気持ちを晴れやかにしてくれます。主張しすぎない落ち着いたトーンなので、幅広い年代にマッチすることでしょう。

男の子のママに人気のサンアンドビーチの抱っこ紐

denim navy

【サンアンドビーチ】denim navy
¥27,500〜(2022/03/23 時点)

■対応月齢:生後2週間から3歳頃まで
■ウエストサイズ:60~115cm
■素材:綿100%
※ベビー安全ベルトは磁気バックルのためペースメーカーなど電子医療機器装着の方は使用しないでください。

日本のデニム生産3大聖地といわれている、備中備後(福山市)のデニムを使った本格的なデニム抱っこ紐です。洗っても色落ちせず、デニムの難点をカバーしました。これで赤ちゃんがなめても安心して使えますね。

デニムとはいえデザインはサンアンドビーチらしいやわらかな曲線のままのつくりなので、ママもパパもおしゃれに使いこなせることでしょう。

サンアンドビーチの抱っこ紐関連グッズ

抱っこ紐用よだれパッド

【サンアンドビーチ】ishi-keri(パッド)
¥2,310〜(2022/03/23 時点)

■素材:外側/綿100%、内側/オーガニックコットン100%(生成りベージュ)
■サイズ:フリー
※肩ベルトが6~8cm程度のベビーキャリア/抱っこ紐に使えます。

サンアンドビーチは抱っこ紐と一緒に使えるオプションアイテムが豊富にそろいます。こちらは男女ともに人気のデザイン「ishi-keri(石けり)」のテキスタイルを使用したよだれパットです。柄面とオーガニックコットン製の無地面のリバーシブル仕様なので、気分によって使い分けられるのが魅力です。

石けり以外にも、サンアンドビーチの抱っこ紐と同柄のデザインがそろうので、柄を合わせるのはもちろん、まったく別のデザインでもコーディネートが楽しめますよ。

いずれも吸水性にすぐれた3層構造で作られており、赤ちゃんがパッドをなめても裏まで浸透しにくいつくりです。裏返せばいつでも清潔を保てるのがうれしいですね。

抱っこ紐用ヘッドサポート

【サンアンドビーチ】Margaret Annie(ヘッド)
¥3,135〜(2022/03/23 時点)

■対象月齢:首すわり頃から3歳頃まで
■素材:綿100%
■テキスタイルデザイン:イギリス
■サイズ:フリー
※リュック式の各社ベビーキャリア/抱っこ紐に使えます。

抱っこやおんぶ中に寝てしまった赤ちゃんのはとても不安定ですね。グラグラと首が揺れる様子はとても気になるものです。サンアンドビーチのヘッドサポートは、中に5mmのウレタンの芯材とクッション性のあるタフタ生地を配した5層構造になっており、ぐらつく赤ちゃんの首をしっかり支えます。

赤ちゃんの肌にあたる部分は薄手でやわらかい肌触りの生地を採用しているので、デリケートな肌にも安心して使えますよ。しかも、各抱っこ紐に対応した柄が用意されているので、抱っこ紐の雰囲気を損ないません。肩ベルトに通すだけで装着できるため、気軽に付け外しすることができます。

抱っこ紐収納カバー

【サンアンドビーチ】origami抱っこ紐収納カバー
¥3,135〜(2022/03/23 時点)

■素材:綿100%
■テキスタイルデザイン:日本(SOU・SOU)
■サイズ:フリー
■ポケット寸法:14×37cm
※リュック式の各社ベビーキャリア/抱っこ紐に使えます。

抱っこ紐の持ち運びに便利な収納カバーも人気のアイテムです。カバーを付けたまま抱っこ紐を使用することができ、収納するときも抱っこ紐を外さず腰でまとめることが可能です。カバーがあれば赤ちゃんの「自分で歩く」にも「抱っこして」にも柔軟に対応できますね。

こちらの折り紙をイメージしたテキスタイルは、京都発のテキスタイルブランドSOU・SOUが手掛けたもの。ほかの抱っこ紐と同柄のテキスタイルも豊富に扱っているので、洗い替えでいくつかパターンを用意するのも良いでしょう。

サンアンドビーチの抱っこ紐なら、毎日がちょっと幸せになる!

ママは出産後は特に「自分ひとりの時間」がなかなか作れません。思い通りにならない毎日を送る中でも、抱っこ紐くらいはママの大好きな柄をチョイスしてみませんか。ママの気分が上がるお気に入りのテキスタイルをまとって、赤ちゃんとおでかけしましょう。

「思い切ってカフェに行ってみよう」「ちょっと足をのばして街までお散歩してみよう」「今日はパンでも焼いてみようかな」など、毎日を楽しもうとする気持ちがわいてくると良いですね。お気に入りの抱っこ紐で、いつもの景色をほんの少し幸せに彩りましょう。

※この記事は2022年3月時点の情報をもとに作成しています。掲載した時点以降に情報が変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

【助産師監修】抱っこ紐で腰痛に?正しい付け方と腰が痛くならない方法は?
https://mamanoko.jp/articles/20857
抱っこ紐とスリングどちらがおすすめ?抱っこ紐の種類の違いも紹介
https://mamanoko.jp/articles/14884
キューズベリーの抱っこ紐でおんぶはできる?使い方は?人気のデニムタイプも紹介
https://mamanoko.jp/articles/29667
抱っこ紐で赤ちゃんと自転車に乗るのはNG!?いつから前かごに乗せられる?
https://mamanoko.jp/articles/29743
napnap(ナップナップ)の抱っこ紐は小柄なママにおすすめ!特徴や種類を紹介
https://mamanoko.jp/articles/29732
グレコの抱っこ紐ルーポップの特徴&使い方は?新生児にはインサートが必要?
https://mamanoko.jp/articles/29810
抱っこ紐のおすすめ人気商品の使いやすさを徹底比較!種類や選び方のポイントは?
https://mamanoko.jp/articles/4751
抱っこ紐でおんぶするならコレ!おんぶがしやすいおすすめ7選をご紹介!
https://mamanoko.jp/articles/29744
エルゴオーガニックの特徴!オリジナルとの違い、選び方の注意点は?
https://mamanoko.jp/articles/27393
ファムベリーのスリングと抱っこ紐6選!新生児から使える?特徴や使い方は?
https://mamanoko.jp/articles/29797
ババスリングは新生児から使える?使い方や口コミを紹介
https://mamanoko.jp/articles/29776
抱っこ紐のレインカバー・レインコート7選!雨の日のおでかけにおすすめのアイテムは?
https://mamanoko.jp/articles/29812