【助産師監修】妊娠線のおすすめケア方法は?クリームの塗り方・コツなど対策は?

妊娠中はどんどんとお腹が大きくなるので、妊娠線ができないか気になるところですね。実は妊娠線ケアは、お腹が大きくなる前の早めのスタートが大事です。妊娠線ケアの鉄則は、急激な体重増加は避けることと、乾燥を防いで保湿を十分にすることです。保湿ケアや、おすすめのクリームやオイルをご紹介します。

14330

この記事の監修

河井 恵美
助産師・保育士
河井 恵美

目次

  1. 妊娠線ができるメカニズム
  2. 妊娠線予防ケアはいつから始めるべき?
  3. 妊娠線のおすすめケア方法
  4. 妊娠線ケアには保湿が一番
  5. おすすめの人気妊娠線クリーム6選
  6. 人気のおすすめ妊娠線オイル3選
  7. 妊娠線ケアの体験談
  8. お風呂上がりに妊娠線ケアタイムを
  9. あわせて読みたい

妊娠線ができるメカニズム

妊娠線がいつから出始めるかというと、お腹がどんどんと大きくなってくる6ヶ月頃からです。妊娠線は、お腹が急激に大きくなって皮膚が急に伸ばされることで起こる症状です。表面の表皮は伸びるものの、その下の真皮や皮下組織が急激な皮膚の伸びに追いつけず、分裂してしまいます。赤紫色のみみずばれのように見え、かゆみを伴うこともあります。

妊娠線予防ケアはいつから始めるべき?

できてしまった妊娠線は、産後、少しずつ色が薄くなって目立たなくなります。しかし、残念ながら完全に修復することはありません。そのため、多くの妊婦さんが「できることなら妊娠線は作りたくない」と思うことでしょう。

最近では妊娠線を避けるためのケアが注目されています。ケアはいつから始めると良いのでしょうか。実は、妊娠がわかった早い段階から行うと効果的です。

妊娠初期はまだお腹も大きくなく、突然妊娠線が現れるということはないでしょう。しかし、体重管理を早くから行い、これから妊娠線ができやすいところを保湿することで、柔軟で弾力性のある状態をキープすることが大事です。

妊娠線のおすすめケア方法

体型・体重管理

妊娠線ができる最大の原因は、急激な皮下脂肪の増加です。そのため、急激に太らないようにすることが大切といえます。適度な体重増加のペースを守れるよう、食事のカロリー摂取に気をつけましょう。食べづわりでつらい方もいるかもしれませんが、空腹時に摂取する食品はカロリー控えめのものにするなどの工夫をしましょう。

保湿の徹底

肌が乾燥すると皮膚の伸びが悪くなり、妊娠線ができる要因になることがあります。保湿クリームでマッサージをしながら、しっかりと肌に潤いを与えて柔軟な肌づくりをしましょう。なお、クリームとマッサージによる保湿ケアは、入浴後の血行が良くなっているときに行うとより効果的でしょう。

軽い運動を心がける

脂肪がつきにくい身体にするためには、ウォーキングなどの適度な運動をすると良いでしょう。皮下組織を支える筋力を低下させないようにすることが大事です。しかし、妊娠中に無理は禁物なので、身体に負担がかからない程度にしてくださいね。

妊娠線ケアには保湿が一番

クリーム・オイル・ローションの違い

妊娠線予防のケア用品は、クリーム、オイル、ローションの3つのタイプがあります。

まずは使い勝手の良さからクリームを選ぶと良いでしょう。こっくりとしたリッチなタイプからさらっと軽いライトなものまであり、ほど良い滑らかさでハンドクリームのように手軽に扱えます。また、クリームの良いところは、水分と油分の両方が配合されている点です。肌の皮下組織への水分浸透力もあり、油分は保湿効果を発揮します。

一方、オイルはサラサラとしているため、扱いが少し難しく、塗ったあとにべたべたした感じが残るのも好みが分かれるところです。オイルの強みはその高い保湿効果で、特に乾燥肌の方に向いています。しかし、オイルは水分がないので、ローションやクリームで水分を肌に浸透させたあとに用いると良いでしょう。

ローションはほとんどが水分のため、さっぱりとした使い心地です。しかし、油分が少ないので保湿力は高くありません。

妊娠線クリームとオイルは併用がおすすめ

クリームは水分と油分がほど良く配合されており、水分が潤いを与える成分を肌の角質層まで届け、さらに油分が肌表面を油膜で保護してくれます。一方、オイルは高い保湿効果が強みです。クリームを塗ったあとにオイルを使って肌表面をさらに油膜で保護すると、保湿効果をぐんと高めることができます。

おすすめの人気妊娠線クリーム6選

クリームの選び方のポイントは、保湿効果が高いもの、合成香料、合成着色料などを使用していない低刺激のものです。妊娠初期から臨月まで使うので、価格も大事になってきますね。

塗り方のコツは、入浴後などの温かい手にたっぷり取ってやさしくなでるように塗ることです。なお、最初に使うときは、少量塗ってみて、赤みやかゆみが出ないか必ずチェックしてくださいね。

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリーム
¥500〜(2021/07/28 時点)

【初回限定】92%オフの特別割引あり

ベルタのマザークリームは、出産経験者のママたちが開発した口コミの評価が高いクリームです。妊娠線ケアだけではなく、産後の肌ケアにまで徹底的にこだわっています。

ハーブから採取した5つのオーガニック成分が、潤いを角質層へ浸透させてくれますよ。さらに葉酸やビタミン・アミノ酸を配合。プラセンタやコラーゲンなどの成分もたっぷり配合されています。

無添加とオーガニックにこだわっているので、赤ちゃんにも使えます。赤ちゃんと産後の自分、両方のスキンケアを同時にできてお得ですよ。

ナチュラルマーククリーム 

ナチュラルマーククリームお得用サイズ
¥7,995〜(2021/07/27 時点)

「ナチュラルマーククリーム」は、妊娠中の肌ケアしたいママにおすすめのスキンケアクリームです。べたつかず伸びの良いクリームが、皮膚にしっとりとしたうるおいを与えます。においに敏感なつわりの時期に配慮した無香料なので、妊娠初期からたっぷりケアができるでしょう。

低刺激処方なので肌への負担を減らし、産後は赤ちゃんのボディケアクリームとして使うことができますよ。ポンプタイプなので、時間をかけずにサッとケアできるのは嬉しいですね。朝晩1回ずつ塗るだけで済む手軽さも評判です。

アロベビー ボディマーククリーム

アロベビー ボディマーククリーム
¥2,980〜(2021/07/28 時点)

99%が天然成分でできている、敏感肌・乾燥肌のママも使いやすいボディマーククリームです。保水力が高いとされるサクランが配合されて、塗った後も潤いが続きやすいでしょう。さらにその潤いを閉じ込めるアクアキシルがダブルで保湿してくれます。

妊娠してからかゆみなどの肌トラブルが起こるようになったママも多いようです。アロベビーはツボクサ、カモミール、ローズマリーなどの天然成分を配合。しっとりして気持ち良いとの声も多い商品です。

mitete マタニティクリーム

出典:464981.com
mitete マタニティクリーム (ストレッチマーククリーム)
¥3,080〜(2021/07/27 時点)

miteteのマタニティクリームは、100人以上の女性の声のもと、肌をすこやかに保つために誕生しました。妊娠中などデリケートな時期はもちろん、赤ちゃんにも使えるよう肌にやさしい成分で作られています。

葉酸がたっぷり配合されているところも特徴。さらっとした使用感とふわっと香るアロマで、リラックスタイムにもおすすめのマタニティクリームです。

ノコア アフターボディトリートメントクリーム

出典:nocor.jp
ノコア アフターボディトリートメントクリーム
¥6,980〜(2021/07/28 時点)

ノコアの「アフターボディトリートメントクリーム」は、ビタミンC誘導体を含み、皮膚のうるおいを保つボディクリームです。オーガニック成分を凝縮し、肌へのやさしさを追求しているので、顔にも使うことができますよ。

やさしいネロリの香りなので、妊娠中でにおいに敏感なママもリラックスできそうですね。夏の紫外線ケアや乾燥が気になる季節のボディケアマッサージにもおすすめです。

MONA MAMMY(モナマミー)

MONA MAMMY(モナマミー)
¥1,980〜(2021/07/28 時点)

初回特別価格

保湿だけではなく、お肌が本来持っているサイクルに注目したのがモナマミーのケアクリームです。妊娠中に肌のリズムが狂うと、妊娠線につながることもあります。モナマミーは肌にしっかりとうるおいを与えてくれます。

ココナッツ・アルガン・シアバターなどのオーガニックオイルが肌を保湿し、果実の持つ幹細胞エキスを配合。パッチテスト済みなので、刺激に弱いママでも使いやすいでしょう。

妊娠線のケアだけではなく、「最近肌がごわついてきたな」というママも使用してみてはいかがでしょうか。お腹だけではなく、二の腕やバストに使うのもおすすめですよ。

人気のおすすめ妊娠線オイル3選

スキンケアに用いられるオイルは天然由来の植物性オイルが主で、アルガンオイル、ホホバオイル、椿油、ココナッツオイルなどがあります。特にホホバオイルは保湿性があり、角質層まで浸透して皮膚を保護してくれます。

ヴェレダマザーズボディオイル

ヴェレダ マザーズボディオイル 100mL
¥4,104〜(2021/07/28 時点)

「ヴェレダ マザーズボディオイル」は、ドイツの自然医薬品メーカー「ヴェレダ」が助産師の声をもとに開発しました。厳しく管理された100%天然由来成分で、高品質のアーモンドオイル、ビタミンEを多く含む小麦胚芽オイル、アルニカのエキスなどを配合しています。

妊娠線のケアや産後のボディの引き締めにもぴったりです。

バイオイル

バイオイル 125mL
¥3,300〜(2021/07/28 時点)

バイオイルは、世界95ケ国で愛されるロングセラー商品で、愛用しているモデルさんなどの芸能人も多いことで有名です。

保湿オイルとして人気で、特長としては、「ピュアセリンオイル」が肌角質層深部にスッと浸透するところです。優れた保湿効果で乾燥による小じわを目立たなくし、産後の肌を整えるボディケアの目的で使われています。

妊娠線ケアの体験談

早めにケアすれば良かったと後悔

妊娠線ができ始めたのはだいたい8ヶ月になったころからでした。もともとアトピー持ちだったのでお腹が大きくなるにつれてかゆみが若干出てきたこともあり、かいてしまった跡くらいに思っていました。色味も赤っぽかったので余計にそう感じました。

助産師さんに妊娠線かもしれないと言われて慌ててクリームを毎日塗りましたがもう遅かったです。やっぱり線ができる前にケアしておかないとダメだと思いました。私はそれまで一切ケアしていなかったので反省しています。それでも今ではほとんどわからないくらいになっています。(30代女性)

お風呂上がりに妊娠線ケアタイムを

妊娠線ケアのためのクリームやオイルはさまざまな種類が販売されており、使い心地や成分、においなども商品によって異なります。無印良品で市販されているオイルなどはテスターもあるので、購入前に店頭で試せるのがうれしいですね。

お気に入りのケア用品を早めに見つけて、1日の終わりのお風呂上りに妊娠線ケアタイムを設け、心と身体をときほぐしてあげましょう。

あわせて読みたい

【体験談】妊娠線ケアクリーム5選!保湿&ボディケアにおすすめのブランド!正中線ができたママの声
https://mamanoko.jp/articles/31627
妊娠線は作りたくない!先輩ママたちに選ばれ続けている妊娠ボディケアクリームとは?
https://mamanoko.jp/articles/30447
【産後の悩み】妊娠線は消える?妊娠線を消すおすすめのケア方法とは
https://mamanoko.jp/articles/30164
妊娠線予防の方法は?ニベアの効果やケア方法、注意点をご紹介
https://mamanoko.jp/articles/30159
ノコアの妊娠線クリーム・オイルの口コミや評判を調査!お得に購入できる方法もご紹介
https://mamanoko.jp/articles/30155
【市販もご紹介】妊娠線クリームのおすすめは?人気5選&塗り方・注意点
https://mamanoko.jp/articles/24349