更新日:2018年10月25日

足の付け根が痛い!妊婦の痛みの原因、解消法、注意点

「足の付け根が痛い」と感じることがある妊婦は少なくないかもしれません。妊娠初期・中期・後期を通して現れることがある下半身の痛みですが、症状が進むと歩けない・寝られないといった日常生活に支障が起こることもあります。妊娠中の足の付け根の痛みの原因や解消法の注意点、患部の腫れなどの気をつけるべき点を解説します。

監修 : ままのて 医師・専門家
149725
0

記事の監修

Image
産婦人科医
杉山 太朗

足の付け根などの痛みを妊婦は我慢してしまう?

妊娠による身体の変化は、さまざまな症状を引き起こす場合があります。妊婦の症状は個人差が大きく、すべての妊婦が同じ症状を経験するとは限りませんが、下半身に痛みや違和感がある人は多いかもしれません。足のむくみ、腰・背中・お尻・足の裏などの痛み、こむら返り(ふくらはぎの痙攣)などを経験している妊婦もいるでしょう。足の付け根がチクチク痛いといった症状は、妊娠初期・中期に現れる人もいますが、妊娠後期から臨月にかけて現れる人が多いようです。

足の付け根が痛いと感じる妊婦は多いかもしれません。「足の付け根」というと下腹部と太ももの境目である鼠径部(そけいぶ)を指している人が多いですが、なかには股関節周辺の恥骨・背中・腰の痛みを指している人もいるようです。股関節周辺の痛みが気になる妊婦は多いでしょう。

身体の一部分のみではなく、腰・おしりが痛い、足の付け根・背中が痛いといった複数の症状が現れることもあります。妊婦の下半身の痛みは「お腹が大きくなっているからだ」として、痛みや違和感を我慢してしまう妊婦も多いといわれています。下半身の痛みが深刻化すると、座っていられない・歩けないといった日常生活へ大きな影響を与えるケースもあるため注意が必要です。

Mamanote icon
妊娠中の手足のむくみの解消法は?マッサージや食べ物で対策できる?
Mamanote icon
妊婦の坐骨神経痛は治るの?痛みの原因・解消・予防法

足の付け根など骨盤周辺の痛みを感じる妊婦は多い

Image

下腹部と太ももが接している股関節の周辺がチクチク・ズキズキ痛む、違和感があるといった症状を訴える妊婦は少なくないかもしれません。妊婦は腰痛をはじめ、おしり・恥骨・背中などお腹を中心に周囲の身体の部位に痛みなどを感じることがあります。仙腸関節(せんちょうかんせつ)という骨盤の仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)のあいだにある関節が痛くなる人、太もも・ふくらはぎ・足の裏が痛いと感じる人もいるようです。股関節がチクチク痛いと感じる妊婦は、仙腸関節に痛みを感じている可能性もあるでしょう。

妊娠前であれば腰・太もも・股関節が痛くなる主なケースとしては、足を激しく動かすランニングなどの運動や長距離の歩行、重い荷物を持った場合などが考えられるかもしれません。妊婦が足の付け根や太ももなどに痛みを感じるのは、「胎児の成長に伴ってお腹が大きく・重くなる」、「妊娠中に分泌されるホルモンの影響によって関節が緩む」といったことが主な原因ではないかといわれています。他にも妊婦特有の体重の増加や臨月が近くにつれて胎児の頭が下がってくることが原因で、足の付け根が痛くなったり、違和感をもったりすることがあるようです。

Mamanote icon
妊娠中〜産後の股関節痛の原因・対処法は?おすすめストレッチ動画、骨盤ベルト
Mamanote icon
妊娠初期から産後の恥骨痛の特徴とは?恥骨痛が起こりやすい動作や対処法、動画で見られる対策ストレッチとマッサージ

足の付け根が痛い!妊婦の下半身の痛みの原因は?

Image

妊娠初期・中期・後期それぞれの時期を通して、腰やおしり・足の付け根が痛いと感じる妊婦は一定数いるようです。妊婦の足の付け根、太もも、腰、背中、恥骨、おしりなど骨盤周りの痛みは大きく分けてふたつの原因によるといわれています。

一つ目の原因が「胎児の成長につれて大きくなるお腹」です。胎児に成長につれて徐々に大きくなるお腹は血管を圧迫し血液の循環を悪化させることがあります。血流が悪くなることでむくみ、だるさ、違和感、痛みがでることがあります。

二つ目の原因が「妊娠によって分泌が増えるホルモンによる関節のゆるみ」です。妊娠するとエストロゲン・プロゲステロン・リラキシンと呼ばれるホルモンの分泌量の変化により、足の付け根付近が痛いと感じる妊婦がいるようです。一般的にどちらの原因による痛みであっても、出産後は痛みが緩和することが多いといわれていますが、産後数ヶ月は痛みが残る人もいるようです。

Mamanote icon
産後の腰痛の原因は骨盤にあり?ママおすすめの痛み対策&腰痛にならない抱っこや授乳のコツ
Mamanote icon
臨月の腰痛は出産の兆候?臨月の腰痛の原因と対処法とは

妊婦の足の付け根の痛みはいつからいつまで?

Image

妊娠前から股関節や太ももなどに痛みを感じているケースもありますが、妊婦の多くは妊娠後から痛みを感じるようになっているようです。妊娠初期から足の付け根、鼠径部や股関節・太もも・おしりなどの痛みを感じ始める人もいますが、お腹が目に見えて変化していく妊娠5ヶ月ごろや急激な変化を感じる妊娠後期から、痛みを意識し始める人が多い傾向があります。これは各妊婦の産前の痛みの有無、体重増加ペースなどにもよるため個人差はあるでしょう。

臨月あたりの足の付け根の痛みは、赤ちゃんの頭が出産にむけて下がってくることによって生じることがあります。歩く・動くときだけ足の付け根に痛みを感じる人もいます。妊婦の身体の変化や症状は個人差が大きいものも多いため、人によって痛みを感じる時期は異なるかもしれません。ただし一般的に産後は症状が緩和するケースが多いようです。

Mamanote icon
妊婦の体重管理!体重増加のリスクとは?体重を減らすための食事や体重管理アプリを紹介!
Mamanote icon
目標は妊娠前の体重維持!妊娠5ヶ月の体重管理3つのコツ

妊婦の足の付け根の痛み、解消法は?

Image

妊婦は胎児の成長に伴いお腹が大きくなる・重くなることやホルモンバランスの変化で、足の付け根がチクチク痛いといった不快症状を感じることがあります。一方で、足の付け根・腰・背中などの痛みを放置し我慢してしまう妊婦も少なくありません。歩けないほどの痛みや寝る・座るといった日常的な動作に支障が出るほどの症状であれば、ストレスをためないためにも医師に相談することが大切です。

足の付け根・腰・背中・恥骨が痛い場合には、市販の塗り薬や貼り薬、マッサージ・ストレッチ・運動などの解消法を検討する人が多いでしょう。ここで注意が必要なのは「自己判断のみで無理に使用・実施しない」ことでしょう。妊婦には使用してはいけない薬と使用する際にはよく検討しなければいけない薬があるため、市販の塗り薬・湿布などの貼り薬に関しても医師に相談してから使用する必要があります。

マッサージ・ストレッチ・運動での症状解消に関しては、「足の付け根がチクチク痛い」「腰が重い・だるい」といったことだけで判断するのは難しいかもしれません。切迫早産の可能性がある場合や合併症の可能性がある場合などには動きが制限されることもあるため、自己判断のみでマッサージ・ストレッチ・運動などを行うのは危険な場合もあります。自己流で対処することで症状が悪化する場合もあるので、まずは医師に症状を相談し、マッサージやストレッチなどを実施して良いか確認してみましょう。

Mamanote icon
妊婦の腰痛対策!ストレッチ、マッサージ、体操が効果的?妊娠初期のひどい腰痛は切迫流産の症状?
Mamanote icon
妊婦さんのストレッチ!妊娠初期から後期のおすすめ方法とポイント

妊婦の足の付け根の痛み、病院の何科を受診する?

Image

妊婦は足の付け根、腰、背中、おしりなどが痛いと感じる人が多いといわれています。妊娠が進むにつれて痛みを感じる人は増える傾向があり、なかには歩けない・寝られないほど症状が深刻化する人もいるようです。素人ではさまざまな痛みの原因を特定することは難しく、自分で判断して対処した方法が誤っており、症状が悪化する人も少なくありません。お腹の赤ちゃんのためにも、安全を期して病院を受診し、医師に相談するのが良いでしょう。

妊婦が足の付け根の痛みなどで病院を受診する場合には、かかりつけの整形外科もしくは産婦人科で相談しましょう。今までの病歴を理解しているかかりつけの整形外科があれば、妊婦である旨を告げて受診すると良いでしょう。産婦人科に相談するのはおかしいのではと考える人も多いですが、これまでの妊娠の経過をよく知っている産婦人科医に、妊娠に伴い現れた症状については相談するのは大切なことです。整形外科の受診が必要であれば産婦人科医からその旨が告げられるでしょう。

足の付け根が腫れている?鼠径ヘルニアの可能性も

Image

妊婦が「足の付け根が痛い」と感じるのは珍しいことではありません。お腹の赤ちゃんの成長に伴い、大きさ・重みが出てくることで痛みを感じることがあるためです。妊婦が足の付け根が痛いと感じる場合に注意しなければいけないのが「鼠径(そけい)ヘルニア」です。

「鼠径部(そけいぶ)」と呼ばれる太ももと下腹部が接している部分が立っているとき・力を入れたときに突出している・腫れている場合、鼠径ヘルニアの可能性があります。脱腸とも呼ばれる鼠径ヘルニアは、鼠径の組織がもろくなることで臓器が入り込むこともある腹膜が飛び出します。飛び出た臓器の血流が悪くなると、腹膜炎を引き起こす可能性があります。足の付け根の痛みが続く、ひどい痛みがある、腫れているといった場合には病院に相談しましょう。

足の付け根の痛みは重症化する前に病院へ相談を

Image

「足の付け根が痛い」と感じることは妊娠前にもあるかもしれません。妊娠中は妊娠初期・中期・後期を通して、身体のさまざまな部位が痛いと感じたり、不快な症状に悩まされたりすることが多いため妊娠前と似た症状であっても感じ方は違うかもしれません。チクチクとした足の付け根の痛みにストレスを感じることもあるでしょう。

妊婦だからと痛みや違和感を我慢するのではなく、症状の緩和に向けて病院に相談することが大切でしょう。かかりつけの産婦人科医に相談済みであれば、気分転換を兼ねてストレッチやマッサージなどを行うのも良いでしょう。症状を放置してしまうことで、歩けない・寝られない・座れないといった日常生活へ支障が出てしまう場合もあるため、なるべく症状が深刻化する前に病院に相談するようにしてくださいね。

あわせて読みたい

Image
妊婦の恥骨痛の症状、原因は?改善法とおすすめの座り方・寝方
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/23593
Image
妊婦の湿布の使用は大丈夫?腰痛・肩こりの悩みのケアについて
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29542
Image
妊娠中~産後の味方、トコちゃんベルトの効果と着け方!寝るときはどうする?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26748
Image
妊娠線でお尻が肉割れする原因は?予防・ケア・治療法とは?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26739
Image
妊娠中の寝方、仰向けはだめ?シムスの体位など楽な寝方や抱き枕、腰痛・寝苦しさ対策について
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/24044
Image
不眠に悩む妊婦は多い?原因や寝れないときの対策は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29144

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

おすすめの記事