更新日:2018年11月12日

生後10ヶ月・11ヶ月の夜泣き対策5選!夜間断乳は効果的?

赤ちゃんの夜泣きは、ママやパパを悩ませる子育ての難所ともいえます。大きくなるにつれてだんだんとおさまる子もいれば、生後10ヶ月頃に突然始まる子もいて悩みはさまざまです。ここでは、生後10ヶ月・11ヶ月頃の夜泣きの原因と、悩めるママ&パパ必見の対策5つを解説します。

526486
9

生後10ヶ月・11ヶ月の赤ちゃんの成長と夜泣き

生後10ヶ月・11ヶ月頃の赤ちゃんはつかまり立ちやつたい歩きが上手になり、なかには歩きだす子もいるなど、運動量が増える時期です。手先が器用になり、「バイバイ」や「パチパチ」などのまねっこ遊びもできるようになり、成長を強く感じるでしょう。

人見知りや後追いが激しくなるのもこの時期です。ママはトイレにもゆっくり入れない大変な時期ですが、ママを「特別な人」と認識した成長の証ともいえます。

このように、生後10・11ヶ月頃は赤ちゃんが運動面でも精神面でも大きく成長する時期です。成長とともに大きな刺激を受けるためか、夜泣きをする赤ちゃんは少なくありません。

夜泣きは、脳が急激に発達する8ヶ月頃をピークに、1歳頃までに落ち着く傾向があります。生後10ヶ月・11ヶ月にはまだ夜泣きが続いている赤ちゃんは多くいます。この時期突然夜泣きが始まる赤ちゃんもいて、夜泣きの様子には大きな個人差が見られます。

生後10ヶ月・11ヶ月の夜泣きの原因

Image

赤ちゃんがなぜ夜泣きをするのかははっきりとわかっていませんが、以下のような原因が推測できます。

・生活リズムが整わず睡眠のサイクルが乱れている
・昼間の刺激が強過ぎて興奮が続いている
・夜中に不安な気持ちが現われている
・歯が生える痛みやむずがゆさ(歯ぐずり)

赤ちゃんが起きるたびに添い乳で授乳をしている場合は、眠りが浅くなるとおっぱいを探して泣く癖がついている場合もあります。風邪をひいたり、旅行などでいつもと環境が変わったりしたときにも夜泣きが激しくなる傾向があります。

生後10ヶ月・11ヶ月の夜泣きへの5つの対策

Image

1.生活リズムを整える

朝起きて日中は活動的に過ごし、夜になったら寝るという生活リズムを整えてみましょう。まずは、朝起きる時間とお昼寝の時間、夜寝る時間をできるだけ一定にしてみます。お昼寝は2時間ほどで切り上げ、長く寝させ過ぎないことがポイントですよ。

日中は太陽の光を浴びて身体を動かすようにし、暗くなったら静かに過ごします。眠るときは電気を消し、静かな環境にすることも大切です。昼夜のメリハリをつけて、夜には眠るリズムが身につくように環境を整えてあげましょう。

Mobile favicon
【保育園の先生にインタビューvol.1】赤ちゃんの生活リズムの整え方・寝かしつけのコツは?

2.お風呂の時間を早くする

1日フル回転させた脳や、身体や休めるために、睡眠中には体温が下がります。赤ちゃんの手足が眠くなるとあたたかくなるのは、体温を下げるために熱を放出しているからです。

こうした身体の仕組みから、寝る直前にお風呂に入ると体温が高いためにスムーズに寝つけず、眠りが浅くなりがちです。お風呂は早めの時間に入り、適度に体温を下げてから寝かしつけるようにしてみましょう。

3.睡眠と授乳を切り離す(夜間断乳)

授乳しながら寝かしつけることが習慣になっていると、夜中に目覚めたときに赤ちゃんひとりでは再入眠できなくなってしまう場合があります。添い乳の大きなメリットは、ママの身体が楽だということです。

しかし、赤ちゃんが1時間おきに起きて泣くなど、ママやパパがつらいと感じている場合は、夜間断乳を決行してみても良いでしょう。最初こそ激しく泣きますが、だんだんと夜にはおっぱいを飲めないことを学習し、赤ちゃんなりの入眠方法を見つけてくれたら大成功です。

Comment icon【体験談】入眠儀式は指しゃぶりとママの手

息子の場合、入眠儀式は指しゃぶりと私の手を触ることでした。寝かしつけるときは必ず腕を差し出すことになり、姿勢が固定されてつらいときもありました。しかし、夜中に手を求められることはあっても、夜泣きに悩まされることは少なかったです。今思えば親孝行の入眠方法を身につけてくれていたのだなと感じます。
Mobile favicon
夜間断乳はいつから?夜間断乳の方法・失敗したときの対処法・寝かしつけ方法

4.赤ちゃんを少し放置する(ねんねトレーニング)

赤ちゃんが夜中に泣くとママは反射的に抱き上げたり、トントンしたりしますよね。しかし、赤ちゃんが泣いてもすぐに反応せず、しばらく様子を見ることは、赤ちゃんがひとりで眠るトレーニングになる場合があります。

体調が悪くなく、お腹が空いたりおむつが濡れたりして泣いているのでなければ、5~10分ほど放置しても大丈夫です。寝言のようにぐずっただけなのに抱っこして目覚めさせてしまい、本格的に泣き始めることもあるので、場合によっては有効な方法といえます。

放置することに罪悪感を抱くかもしれませんが、赤ちゃんが自分で眠れるようになることを大事な成長過程ととらえ、愛情を持って見守っていれば大丈夫です。もちろん、泣いている赤ちゃんを抱っこしたり、授乳したりすることは良いことなので、無理に放置する必要はありません。各家庭の考え方に合った方法を選ぶことが大切です。

Mobile favicon
放置はほったらかすことじゃない!夜泣きを放置するための6つのステップ
Mobile favicon
ネントレはいつから?ねんねトレーニングの方法と寝かしつけの本を紹介!

5.赤ちゃんを一度完全に起こす

夜泣きにも個性があり、眠りながら大声で泣き続ける赤ちゃんもいます。寝ぼけながら大声で泣いている場合は、一度完全に目覚めさせてから改めて寝かしつけるとすんなり眠ってくれることがあります。

起こしたときにはお茶を飲ませたり、少し遊ばせて気分を変えたりしても良いでしょう。30分程度で落ち着けば、1時間以上泣かれるより楽に感じるかもしれませんね。

赤ちゃんの夜泣きに関するQ&A

Image

夜泣き対策で生後10~11ヶ月で断乳してもいい?

断乳は早くても生後10ヶ月から1歳前後に行うのが一般的で、次のことができるという条件もあります。

1.母乳以外で水分が摂れている
2.離乳食3回+補食2回の栄養が摂れている
3.ひとりでしっかりと歩き、外遊びができる

この中でも、栄養がきちんと摂れているかは大事な点です。ママがしっかり観察する必要があります。

水分が多く必要な夏季や、保育園に入園するなど環境の変化がある時期は避けたほうが良いでしょう。ストレスが少なく、赤ちゃんもママも体調が良い時期に始めるとスムーズです。

Mobile favicon
断乳の方法と進め方は?断乳の時期とやり方を解説

夜泣きに添い乳は良くないの?

おっぱいを飲みながら寝ることが習慣になっていると、夜間の眠りが浅くなったときに赤ちゃんがおっぱいを求めてしまい、夜泣きにつながる場合があります。ただし、添い乳は夜間授乳の負担を減らせるメリットがあります。夜泣きしても添い乳で対応できているのであれば、無理にやめる必要はありません。

Mobile favicon
添い乳での寝かしつけはいつまで?寝ないときには?夜泣きの原因になるの?

赤ちゃんの夜泣きでイライラしたときの対処法は?

赤ちゃんの夜泣きはママの睡眠時間を削るため、どうしてもイライラしてしまいますよね。イライラは赤ちゃんにも伝わり、いつまでも泣きやまないという悪循環になりかねません。

イライラするときは、思い切って寝かしつけの時間を気分転換タイムにしてみましょう。イヤホンで好きな音楽を聞いたり、スマホで好きなサイトやSNSを見たりすれば、イライラした気持ちをすっと逃がすことができます。

もちろんイヤホンは片耳にし、スマホの灯りを赤ちゃんに向けないようにするなどの配慮は必要です。イライラに直接向き合わず、上手に発散できると良いですね。

Mobile favicon
寝かしつけでイライラ!ひどい夜泣きの対処法は?泣き止まない赤ちゃんには夫婦で対応しよう

つらいのは当然だから、思い詰めないで

Image

夜泣きを実際に体験すると想像以上につらく、赤ちゃんのお世話に自信がなくなってしまうママは少なくないでしょう。大人とはいえ、睡眠不足になれば気持ちに余裕がなくなるのは当たり前のことなので、自分を責めたり、「なぜ泣きやまないのだろう」と思い詰めたりする必要はありません。

イライラした気持ちをどうにも持て余したら、パパに話して気持ちを受け止めてもらっても良いでしょう。家族一丸となってつらい時期を乗り越えてくださいね。

夜泣きサポートアイテム

赤ちゃんの夜泣きが続くときには、アロマを活用するのもおすすめです。ただし子どもは大人に比べて嗅覚が敏感なため、長時間の使用は避けるようにしてくださいね。

Ec babysleep b01 1
出典:www.amoma.jp
AMOMA ベビースリープ
¥1,388〜(2018/11/02 時点)

ママと赤ちゃんのためのナチュラルブランド「AMOMA(アモーマ)」の「ベビースリープ」は、赤ちゃんの夜泣きに悩むママにおすすめのブレンドエッセンシャルオイル。ヨーロッパや地中海で収穫された新鮮な3種類のハーブを原料とし、合成香料・防腐剤などは無添加の精油を作りました。

ラベンダーとベルガモット、クラリセージの香りが、赤ちゃんの「すやすや習慣」をサポートしてくれるでしょう。やさしく香るように、寝かしつけやお昼寝のときにアロマディフューザーに入れて使うと良いですね。お昼寝時にアロマディフューザーに入れたりしても良いかもしれませんね。

あわせて読みたい

赤ちゃんの睡眠に関する記事

Image
【月齢別】新生児・赤ちゃんの寝かしつけの方法やコツ!おすすめグッズもご紹介
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28436
Image
簡単にできる寝かしつけ!赤ちゃん・子どもがウトウト眠くなるツボとマッサージ
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13316
Image
お昼寝の寝かしつけにはコツがあった!ぐっすりと寝かしつける12の方法
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27221
Image
試してみる価値あり?!ティッシュ1枚で1分以内に寝かしつけ
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/26919
Image
寝かしつけはいつまで必要?子どもにひとり寝させるトレーニング法とコツ
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25692
Image
哺乳瓶はいつまで使う?卒業方法や寝かしつけ、卒業後のマグと飲み物は?
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25231

生後10~12ヶ月の赤ちゃんに関する記事

Image
生後10ヶ月ってどんな時期?赤ちゃんの成長と子育てのポイント
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19474
Image
生後10ヶ月の授乳回数は?夜間授乳は?先輩ママの体験談を紹介!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13887
Image
「生後10ヶ月の癇癪ってどうだった?」先輩ママの体験談をアンケート大調査!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13895
Image
「生後10ヶ月の赤ちゃんとの外出ってどうだった?」先輩ママの体験談をアンケート大調査!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13891
Image
「生後10ヶ月の1日のスケジュール・過ごし方ってどうだった?」先輩ママの体験談をアンケート大調査!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13893
Image
「生後10ヶ月の赤ちゃんが泣くってどうだった?」先輩ママの体験談をアンケート大調査!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13892
Image
生後11ヶ月の授乳回数は?夜間授乳・寝かしつけどうしていた?先輩ママの体験談を紹介!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13918
Image
生後11ヶ月の1日のスケジュール・過ごし方!先輩ママの体験談をご紹介
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13924
Image
生後11ヶ月の赤ちゃんの成長!平均身長・体重・行動は?
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/7694
Image
「生後11ヶ月の赤ちゃんが泣くってどうだった?」先輩ママの体験談をアンケート大調査!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13923
Image
「生後11ヶ月の赤ちゃんとの外出ってどうだった?」先輩ママの体験談をアンケート大調査!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13922
Image
1歳の誕生日ケーキはどうする?先輩ママがおすすめする通販ケーキとレシピ
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21677
Image
【体験談】ママ必見!1歳の誕生日プランでやったこと・やればよかったこと
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21234
Image
1歳誕生日には一升餅でお祝いを!食べ方、由来、人気商品、風呂敷の包み方
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25069

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

mamanoko編集部公式アカウントです。 【Ins…

おすすめの記事